Outlookでメールの暗号化(SSL/TSL)設定を確認する方法

今日はメールの暗号化についてお話します。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

SSL/TSLって何?

みなさんSSL/TSLという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

これは通信(メールの送受信含む)する際に、データを暗号化してくれる技術の事です。現在使われているメールソフトでは大部分がこのSSLを設定しているので、第三者にメールの内容を覗かれるというような事はありません。

ただ、4~5年前のメールソフトですとまだSSL化されていない場合もあるので、心配な方はご自分のメールソフトがSSLに設定されているか確認してみてください。

OutlookでのSSL設定、確認方法

今回は代表的なソフトOutlookでの確認方法を解説します。その他のメールソフトでも設定方法はほぼ同じです。

ファイル→情報→アカウント設定→既存の接続設定を変更します。
Outlookでメールの暗号化(SSL/TSL)設定

アカウント情報一覧が表示されるのでご自分の使っているアカウントを選択し「変更」をクリックします。
Outlookでメールの暗号化(SSL/TSL)設定

アカウントの接続情報が表示されるので右下の「詳細設定」をクリック。
Outlookでメールの暗号化(SSL/TSL)設定

「インターネット電子メール設定」というダイアログボックスが表示されます。「全般」、「送信サーバー」、「詳細設定」とタブがあるので、「詳細設定」を選択。
Outlookでメールの暗号化(SSL/TSL)設定

この画面で下記項目を設定します。
Outlookでメールの暗号化(SSL/TSL)設定
受信サーバー(POP3)(I) 995
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E) にチェックする。

送信サーバー(SMTP)(O)  プロバイダーの支持通りの番号を記入。
使用する暗号化接続の種類(C) 種類を選択する。

ここの項目は、SSLやTSLなど他の選択肢もありますが、何を選択するかはメールサーバの設定によって変わってくるので、プロバイダーやレンタルサーバ会社に確認してください。

上記の方法で、ご自分のメールソフトの暗号化設定が正しくされているかどうか一度ご確認ください。

まとめ

最後に、一部古いサーバのでは、SSLの設定が上手くいかない事があります。もし、そのようなサーバをお使いの場合は新しいサーバへの切替が必要となります。
サーバの切替でご不明な点などありましたら、お問い合わせください。

以上、ご参考までに。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加