出張サポート|Outlookのデータファイルを変更

本日のサポートはOutlookの挙動がおかしいので見て欲しいというご依頼でした。Outlookが起動時に画面が固まってしまい、プログラムを強制終了させますとのメッセージが出ることがたまにあるということです。同じ症状でお悩みの方は参考にしてください。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

Outlookの動作がおかしい

Outlookにはメールアカウントごとに「データファイル」というモノが存在します。データファイルとは、パソコン内に保存されているメールデータの核みたいな物です。そこに何らかの不具合が起こると、Outlookにも影響を及ぼします。そうなった場合は新しいデータファイルを作り、そちらにメール情報を移動し、アカウントを紐付けすることで問題は解決されます。
では具体的にデータファイルの追加、変更作業を見ていきましょう。

OutLookデータファイルの追加・変更

データファイルの追加

「ファイル」→「情報」→「アカウント設定」で設定画面を開きます。

outlookデータファイル01

アカウント設定画面より、「データファイル」タブを選択。「追加」ボタンを押します。

outlookデータファイル02

データファイル作成画面にて、任意の名前をつけてOKボタンを押し追加する。これで新しいデータファイルが追加されました。

outlookデータファイル03

新しいデータファイルを「既定に設定」

次は、Outlookに対して、「データファイルが新しくなったから今後はこちらのデータファイルを使ってくださいね」という設定をします。設定方法は簡単で、先ほどの画面で新規追加したデータファイルを選択し、「既定に設定」ボタンを押すだけです。

outlookデータファイル04

アカウントへ紐付ける

次の作業はアカウントへの紐付け作業です。どのメールアカウントにどのデータファイルを紐付けするかということですね。複数のメールアカウントがある場合は気をつけて設定してください。

設定作業は、アカウント設定画面より「電子メール」タブを選択。目的のアカウントを選択し、画面下の「フォルダーの変更」ボタンでデータファイルを選択してください。

outlookデータファイル05

受信フォルダ内のメールを移動

最後は今までの使っていたデータフォルダ内の受信メールを新しいデータファイルに移動します。データファイルを追加すると、ホーム画面の左側に新しい受信トレイなどが作成させれます。そちらに、メールをコピー&ペーストして完了です。自分で作られた受信フォルダはドラッグ&ドラッグでそのまま移動できます。

outlookデータファイル06

メールの移動が終わったら、メールの送受信がちゃんと出来ているか確認してください。古いデータファイルは削除せずに、名前だけ変更して残しておきましょう。これで作業完了です。

まとめ

以上、Outlookデータファイルの追加、設定変更を説明しました。メールの設定というと難しく感じるかもしれませんが、意外と簡単にできてしまいましたね。Outlookの不具合でお悩みの方は是非お試しください。

パソコン・ITでお困りのことがあればいつでもご連絡ください。
とげおネットが迅速・丁寧に対応いたします。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加