Windows7,Windows8/8.1のパソコンを劇的に早くする3つの方法

ITの世界は日進月歩で「スマホ」や「タブレット」が流行していますが、それでも業務で資料を作ったり複雑なことはまだまだパソコンに頼らざるを得ません。

さて、最近のパソコンは(特にここ5年ほどは)性能の面で以前ほど飛躍的に伸びるということはなくなってきました。10年前は年で倍の性能など普通だったのですが、5年ほど前のパソコンでも使い方次第で十分使い物になります。

そこで今回は、現在もまだWindows7,Windows8/8.1パソコンを使い続けている方のために、パソコンを早くする3つの方法をお知らせします。ただしここに記述する方法は、全て自己責任でお願いいたします。難しくはないですが、方法を間違えると壊れてしまうこともありますので…。

まずは、お金のかからない方法からご紹介します。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

その1:Windowsを再インストールする

Windowsを再インストールする

簡単に言うと購入状態に戻します。そもそも性能不足の場合は意味がありませんが、パソコンというのは使っているうちに、いろいろなゴミが溜まってだんだん遅くなっていきます。

購入した時に付属してきたマニュアルやCD,DVDを用意してください。マニュアルを見ると「再インストールの方法」という項目があるはずです。もしかしたらマニュアルは、ウェブサイトからダウンロードする方法かもしれません。やり方はDVDになっているものや、あるボタンから起動するものなどパソコンによって様々です。マニュアルの方法に従ってください。

次は多少お金がかかる方法です。

その2:HDDをSSDというものと取り換える

HDDをSSDというものと取り換える

HDDをSSD(Solid State Drive)に変更するだけで、劇的に処理が早くなります。

パソコンの部品の中で、SSDを出しているメーカはいくつかありますが弊社のお奨めは「Intel(インテル)」です。他メーカに比べて値段は張りますが、その分現在使っている環境をそのまま移行できるツールを提供してくれています。

こちらを使えば移行も難しくはありません。→Intel® Data Migration Software

最後にネットやメール以外にも、がっつりパソコンを使う人向けの方法をご紹介します。

その3:64bit版のOSに変える&メモリを増設

64bit版のOSに変える&メモリを増設

Windows7やWindows8/8.1は実はいろいろなバージョンがありややこしいですが、その中で「32bit版」と「64bit版」の区別があります。

これは一度に処理できる量を示しています。当然、大きいほうが一度により多くのデータを処理することができます。また、利用できるメモリ量にも違いがあり、「64bit版」は「32bit版」に比べるとかなり多くのメモリを利用できます。

「64bit版」のWindowsを買い、インストールをしてPCを再設定する必要があり、非常に面倒ではありますが、重たい処理をするなら実行されてもいいかもしれません。

注意点とまとめ

一つだけ注意があるとすると、だいたいのパソコンは業務で5年ほど使うと寿命が来ます。

家庭用の場合は、使用頻度が少ないでしょうからもう少し持ちますがその点はご注意を!

弊社ではこういったパソコンの延命作業のサポートも行っておりますのでご興味ある方はご連絡ください。下記、ITサポート報告をご覧ください↓↓

サポート|Windows7を32bit版から64bit版に変更、メモリー増設
本日のサポートは、有楽町の会社にOSの再インストール作業でした。 以前より不調を訴えておりました社長さまのパソコンをスペックを増強した...
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加