会社のPCを一元管理する「ActiveDirectory」とは?

会社のPCを一元管理する「ActiveDirectory」とは?

本日はPCの管理のために出来ることについてのお話し。

社内のパソコンの台数が増えると管理がとても大変になります。セキュリティも心配ですし、1台1台見て回るというのも限界があります。

最近はやりのApple製品は、個人の利用しか想定されておらず「複数台」まとめて管理する機能は、提供されていないと言ってよく(出来なくはないですが機能は貧弱で高価です)企業でのApple製品の導入が進まない理由はそこにあります。

複数台のパソコンを管理するActive Directoryとは

PCを集中管理する仕組みをマイクロソフトでは「Active Directory(アクティブ・ディレクトリ)」として提供しています。

ただしActive Directoryは、その資料を読んでも「専門用語が満載」で、何が何だかよく分からないという印象をお持ちの方は非常に多いかもしれません。

ですので、仕組みそのものではなく、「導入して出来ること」に注目したらいかがでしょう?マイクロソフト自身もたくさんの資料を出しています。

Active Directoryに関する資料

【資料】Active Directoryのすすめ Microsoft

【資料】Active Directoryのすすめ Microsoft

資料をダウンロードする

Active Directoryはなぜ必要なのか

Active Directoryはなぜ必要なのか
基礎から分かるActive Directory再入門

Active Directoryでできること

Active Directoryでできること
Active Directoryの構築について

上記で紹介したサイトなどを参考に、まずは「Active Directory」の全体像を理解し、どんな事が可能になって、会社にとってどんなメリットがあるか確認してみるところから始めてみるといいかもしれません。

まとめ

正直な話ですが、中小企業のシステム担当者が、細かなところまで「Active Directory」の設定を理解し、正しく導入するというのは非常に難しいです。

そういう時こそ、弊社の力をお使いください。全力でお手伝いさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

問い合わせリンク

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

メールで問い合わせる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。