Windows10の仮想デスクトップ機能を使おう

仮想デスクトップを使おう

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

仮想デスクトップ機能を利用しよう

パソコンで仕事をするときは、エクセルを開きながらPDFファイルを見たいけど、休憩時間にゲームで遊ぶ時はゲーム画面とブラウザを開きたい、というように「やりたい場面」によって、アプリの組み合わせを切り替えたいということがあると思います。

仮想デスクトップって何?

その場合は、Windows10の新機能「仮想デスクトップ」機能をお試しください。仮想デスクトップとは、デスクトップ画面を複数用意して、切り替えながら利用できる機能のことです。画面下のタスクバーにある「タスクビュー」ボタンを押すと、新しいデスクトップを追加するボタンが表示されます。「タスクビュー」画面から、新しいデスクトップを増やしたり、複数あるデスクトップを切り替えられるようになっています。

仮想デスクトップの使い方

まず、タスクバーにある「タスクビュー」アイコンをクリックしてください。

タスクビューアイコン

開いているアプリがサムネイル画像付きで表示される「タスクビュー」が開くので、右下の「新しいデスクトップ」をクリックしてください。

新しいデスクトップを追加

すると、画面下に新しい「デスクトップ2」という画面が作成されます。この仮想デスクトップは複数作成することが可能で、デスクトップを切り替えることで、開いているアプリをすばやく変更することができます。

新しいデスクトップを追加

アプリを他のデスクトップへ移動させる

それぞれのデスクトップでアプリを起動するのはもちろん、「デスクトップ1」で使っていたアプリを「デスクトップ2」へ移動させるなんてことも可能です。

タスクビュー画面にて、移動させたいアプリの上で右クリックをします。メニュー項目から「移動」「移動させたいデスクトップ」と選択してください。

アプリを他のデスクトップへ移動させる

「デスクトップ1」で起動していたペイントアプリが「デスクトップ2」へ移動しました。

アプリを他のデスクトップへ移動させる

さらにデスクトップを増やして、それぞれのデスクトップにアプリを移動させることもできます。デスクトップごとにアプリを管理でき、画面もタスクバーもスッキリして使いやすいですよね。

windows10_003

タスクビューアイコンを表示させる方法

もし、タスクバー上に「タスクビュー」ボタンが見当たらない場合は非表示設定になっていると思われます。その場合は、アイコンが何もないタスクバーの上で右クリックをし、メニュー項目から「[タスクビュー]ボタンを表示」を選択すれば表示されます。

タスクビューアイコンを表示させる方法

仮想デスクトップ機能をオフにしたい

仮想デスクトップ機能をオフにしたい場合は、タスクビュー画面で仮想デスクトップの上にマウスカーソルを合わせ「☓」ボタンをクリックすれば、デスクトップは削除されていきます。すべての仮想デスクトップを削除すれば、仮想デスクトップ自体は無効になります。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加