Excel基本編.2-2 〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜

見やすい集計表

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

1.文字サイズを変更する

表のタイトルを入力して、目立つように文字の大きさを変更します。初期状態で文字は「11」ポイントという大きさで表示されていますが、より大きいポイント数にすれば文字を拡大できます。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜文字サイズを変更する
セルA1に「市場調査アンケート」と入力して、「Enter」キーを押します。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜文字サイズを変更する
文字サイズを変更するセル(ここではセルA1)をクリックして選択します。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜文字サイズを変更する
「ホーム」タブの「フォントサイズ」欄の「▼」ボタンをクリックし、メニューのポイント数にマウスポインターを合わせると、設定結果をプレビューできます。ポイント数を選択すると、文字のサイズが変わります。

2.フォントを変更する

入力したタイトルのフォント(書体)を変えて、文字を強調しましょう。エクセル2016の場合初期状態のフォントは「遊ゴシック」だが、ここでは、よりインパクトのある「HGS創英角ポップ体」に変えてみます。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜フォントを変更する
フォントを変更するセル(ここではセルA1)をクリックして選択します。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜フォントを変更する
「ホーム」タブの「フォント」欄の「▼」ボタンをクリックし、メニューのフォント名にマウスポインターを合わせると、設定結果をプレビューできます。変更したいフォント名を選択しクリックします。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜フォントを変更する
文字のフォントが変更されました。

太字・斜体・下線を設定する

文字を目立たせるには、「ホーム」タブにある「太字」「斜体」「下線」などの書式を設定する方法もあります。ボタンをクリックすると書式が設定され、再度クリックすると設定が解除されます。「太字と斜体」のように複数の書式を組み合わせることも可能です。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜太字・斜体・下線を設定する

3.セルを統合する

タイトルの文字は、表の幅の中央に配置するとバランス良く見えます。「セルの統合」を利用すると、隣接する複数のセルが連結されて1つの大きなセルになり、文字を中央に配置できます。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜フォントを変更する
統合するセル(ここではセルA1〜E1まで)をドラッグして範囲選択します。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜フォントを変更する
「ホーム」タブの「セルを結合して中央揃え」ボタンをクリックします。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜フォントを変更する
セルA1〜E1が統合されて1つのセルになり、文字が中央揃えになりました。ここでは同様に、セルA3に文字を入力して、セルA3〜E3を統合しました。なお、結合を解除したいときは、統合したセルを選択して、再度ボタンをクリックすれば0Kです。

4.文字の配置を変更する

エクセルでは、ひらがなや漢字などの文字は、セル内で左揃えに配置され、数値は右揃えで配置されます。この文字の配置は、「ホーム」タブの「配置」グループにある各ボタンで変更できます。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜文字の配置を変更する
入力した見出しの配置を変えてみます。配置を変更するセル(ここではセルA5〜E5まで)をドラッグして選択し、「ホーム」タブの「中央揃え」ボタンをクリックします。

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜文字の配置を変更する
選択したセルの文字が、それぞれのセルの中央に配置されました。

文字の配置を活用する

「ホーム」タブの「配置」グループにあるボタンで、セル内の文字を「上・上下中央・下」「左・左右中央・右」に配置できます。また、「インデントを増やす」とボタンは押すごとに1段落ずつ字下げを行い、「インデントを減らす」ボタンは押すごとに1段落ずつ字下げを解除します。

文字揃えの種類

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜文字の配置を活用する
クリックすると文字揃えが設定されます。「上下中央揃え」以外は、再度ボタンをクリックすると解除されます。

インデントで文字下げする

Excel基本編〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜文字の配置を活用する
左揃えの文字でインデントを設定すると、セルの左側が空き、右揃えの場合は、セルの右側が空きます。

「ページ2」へつづく⇒

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加