Excel関数編.2-2【SUBTOTAL】指定した集計方法で集計する

Excel関数編.2-2 【SUBTOTAL】指定した集計方法で集計する

SUBTOTAL関数は(読み方:サブトータル)、引数の集計方法で指定した方法で範囲の値を集計します。

例えば、合計を求める場合には「9」、平均を求める場合には「1」を指定します。また、集計範囲内にある小計のセルでSUBTOTAL関数を使うと、小計を除外した集計ができるので便利です。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

小計を除外した合計を求める

Excel関数編【SUBTOTAL】小計を除外した合計を求める

使用例 =SUBTOTAL(9,C3:C10)

指定した集計方法(9、合計)で、範囲1(セルC3〜C10)の値を集計します。

【解 説】

班別昆虫採取結果表で、1班と2班を合わせた採取数を求めています。合計範囲内にある班ごとの「小計セル」には、SUBTOTAL関数が入力されています。そのため、合計のセルでは、小計のセルを除外した値が合計されています。

個人別平均点が含まれる表で、全体の平均点を求める

Excel関数編【SUBTOTAL】個人別平均点が含まれる表で、全体の平均点を求める

使用例 =SUBTOTAL(1,F3:F14)

範囲1(セルF3〜F14)内の数値を、集計方法(1、平均値)で集計します。

【解 説】

学期別成績一覧表の科目別平均点の行で、全体の平均点を求めています。個人別平均点を求めているセル(セルF6、F10、F14)は、SUBTOTAL関数を使っているので、除外されて集計されています。

= SUBTOTAL(4,F3:F14)
範囲1(セルF3〜F14)内の数値を、集計方法(4、最大値)で集計しています。

SUBTOTAL関数で使用できる集計方法

SUBTOTAL関数で指定する集計方法には、下表のような種類があります。範囲に列データ(縦方向に並んでいるデータ)を指定した場合、集計方法の値を「101」〜「111」で指定すると、非表示セルを含めずに集計することができます。

集計方法 引数 引数
平均値 1 101
数値のセルの個数 2 102
空白以外のセルの個数 3 103
最大値 4 104
最小値 5 105
すべての数値の積 6 106
標本による標準偏差の予測値 7 107
母集団全体の標準偏差 8 108
合計 9 109
標本による分散の予測値 10 110
母集団全体の分散 11 111

まとめ

=SUBTOTAL(集計方法,集計範囲1[,集計範囲2,…]) 指定した集計方法で集計する関数

◆◆関連ページ◆◆
Excel関数編.1-1 〜関数の基本と入力方法〜
Excel関数編.1-2 〜関数のしくみ(関数、引数、戻り値の関係)を理解する〜
Excel関数編.1-3 〜引数の指定のしかたを覚える〜
Excel関数編.1-4 〜エクセル関数の修正方法〜
Excel関数編.1-5 〜テーブルと関数〜構造化参照によるセル参照

Excel関数編.2-1 【SUM】指定したセル内の数値を合計する
Excel関数編.2-3 【PRODUT/SUMPRODUCT】複数の数値を掛け合わせる
Excel関数編.2-4 【SUMIF/SUMIFS】指定した条件に一致する値を合計する
Excel関数編.2-5【ROUND】四捨五入して指定した桁数にする
Excel関数編.2-6【ROUNDDOWN/ROUNDUP】切り捨て(上げ)して指定した桁数にする
Excel関数編.2-7【CEILING/FLOOR】基準値の倍数となるように数値を切り上げる/捨てる

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加