【働くDB】中小企業の業務システム導入サポートしてきた話【ITサポート支援】

去年より新規にITサポート契約を結んだお客様で、既存の業務システムが古くなったので、新しいシステムに移行したいとのご依頼を受けました。今回は中小企業の業務システム導入サポートについてお話させていただきます。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

業務システムって何ですか?

簡単に言ってしまえば、人間が手作業でやっていた事をコンピューターが代わりにやってくれるシステムのことです。

例えば、会計システム、経理システム、顧客管理システム、商品管理システム、発注管理システム、受注管理システム、売上管理システム、支払管理システム、請求管理システム、売上分析システムなどです。

これら、ひとつひとつが業務システムです。

業務システムを導入するメッリットは?

最大のメリットは何と言っても、業務の効率化によるコスト削減と利益の最大化です。今まで手作業でやっていたことが、コンピューター処理により、そのスピードが飛躍的に向上し、処理可能なデータ件数も大幅に増えます。

さらに、様々なデータを一元管理できるようになり、社内での情報共有・情報伝達が簡単になることや、データの保存、履歴の保存、検索の向上などデータ活用の利便性が向上します。

業務システム導入によるデメリット

良いことばかりに思える業務システムですが、デメリットもあります。どんなデメリットがあるか具体的にご紹介します。

  • 導入時にある程度のコストが必要となる。
  • システムの運用・保守・管理に専門知識を持ったIT技術者が必要になる。
  • システムが故障し使えなくなってしまう危険性がある。
  • 社外からの不正アクセスによりデータを持ち出される危険性がある。
  • システムの使い方を覚えなければいけない。
  • 社員への教育、習得までに移行時間がかかる。

実際の導入事例【働くDB】版

こちらは、店舗内のAV機器の設置・設計・工事を行っている会社です。この会社の特徴としては、顧客数と扱う商品数がかなり多く、請求書や支払いのタイミングが取引先ごとに違っているので、ひとつひとつ日付を紐づけるなどのカスタマイズが必要でした。

業務フローを分析した結果、「働くDB」という業務システムを提案させていただきました。こちらの会社に合わせて項目を追加し、システムをカスタマイズしていきました。

作成した主な業務システムは、「見積管理」「受注管理」「発注管理」「請求管理」「支払管理」「経費管理」「顧客管理」「商品管理」「売上分析」「担当者別月別売上表」「商品区分別月別売上表」です。これらのデータが相互に関連付けされているため、柔軟にデータを活用することができます。

システム導入時に一番大切なことは?

あらたに業務システムを導入する際に、まず考えなければならないことは、そのシステムを導入する目的を社内ではっきりさせることです。

・このシステムで何を実現したいのか?
・どのように活用し、どういった業務を効率化したいのか?

さらに、投資したコストに対する費用対効果も考える必要があります。業務の効率化によって、どの程度のコスト削減が見込めるのか?何年で投資コストを回収できるのか?

上記の内容を総合的に分析して、自社に最適な業務システムを選ぶ(提案してもうらう)ことが重要です。

御社に最適な業務システムをご提案いたします

弊社では、パッケージタイプから、独自開発タイプ、さらに「働くDB」「Sales Cloud2」「Zoho」「FileMaker」「あみ蔵」「デヂエ」などのCRMなどの業務システムまで幅広くサポートしております。御社のワークフローに合わせて最適にカスタマイズし、業務効率を最大化いたします。

業務システム導入でお悩みの法人様(ご担当者様)は、お気軽にご相談ください。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加