会社(パソコン)のデータを確実にバックアップする方法/やり方

会社(パソコン)のデータを確実にバックアップする方法/やり方

私が言うまでもなく会社(パソコン)のデータをバックアップすることはとても大切なことです。多くの会社がバックアップの重要性は理解しているものの、「正しいバックアップの方法(やり方)」が分からず各社員に任せていたり、ほぼやっていないケースもあるようです。

そこで、こちらのページでは最低限「これだけやっておけば会社のデータを守れる!!」というバックアップ方法をご紹介します。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

社員各自でパソコンのデータをバックアップする

RAID1の外付けHDDにバックアップする

社員各自で会社パソコンのデータをバックアップする場合は、RAID1というミラーリング機能が搭載された外付けHDDを使います。RAID1というのは、2つHDDにデータを二重に書きこむミラーリングという機能で、片方のドライブが故障しても、もう一方のドライブでデータは保存される仕組みになっています。RAID機能の詳細についてはコチラのページをご覧ください。

バックアップとRAIDの違いとは?社内データを守る方法【パソコン,NAS,サーバ】
突然ですが、「RAID」と「バックアップ」の違い、分かりますか? どうしてこんな質問をするかというと、「RAID」を「バックアップ」と...

【おすすめ】バックアップ用外付けHDD(RAID1機能搭載)

WESTERN DIGITAL / My Book Duo(2017)

大容量のデスクトップRAIDストレージ。冗長性を確保するために、搭載されている2つのドライブにデータをミラーリングするRAID1構成が可能。USB 3.1 Gen 1/3.0/2.0対応。

BUFFALO Drive Station/HD-WLU3 / R1シリーズ

2TB,4TB,6TB,8TBとデータ容量に応じてタイプを選べる。RAID1機能搭載。「Secure Lock+Guard」という専用ソフトでデータを暗号化し、ウイルスや不正侵入からアクセスできない仕組みになっている。
[table “2” not found /]

I-O DATA / HDS2-UTXシリーズ
I-O DATA HDS2-UTXシリーズ
コンパクトな本体に超高速なハードディスクを2台搭載。「ミラーリング(RAID1)」に対応!さらに、ネットワークHDD(NAS)のバックアップはeSATAで接続することでUSB 3.0よりも高速転送が可能。
[table “3” not found /]

バックアップするデータはPCのユーザーデータ

パソコンのCドライブをまるごとバックアップしてもいいのですが、出来るだけバックアップするデータ量を抑えるため、ユーザーデータのみをバックアップします。
バックアップするデータはPCのユーザーデータ
ユーザーデータの中には、「お気に入り」「デスクトップ」「ダウンロード」「ドキュメント」「ピクチャー」「ビデオ」「ミュージック」など、基本的なデータが全て入っています。このデータがあれば、他のパソコンに現在お使いの環境を復元することも可能です。

【ユーザーデータの場所】

Cドライブ」→「ユーザー」→「お使いのユーザー名

会社全体のデータをバックアップする

RAID1(RAID5,6)のNASにデータを保存しバックアップする

会社全体のデータをバックアップする場合は、NAS(ネットワークディスク)にデータを集約して、そのデータを外付けHDDにバックアップします。NASはRAID1、全体のデータ量が大きくなる場合はRAID5か6でHDDを構成します。RAID1の場合は2台、RAID5,6の場合は3台以上の内蔵HDDが必要になります。以下、おすすめのNASをご紹介いたします。

【おすすめ】社内データ管理用NAS(RAID1,5,6搭載)

BUFFALO TeraStation シリーズ
BUFFALO TeraStation シリーズ

  1. BUFFALO TeraStation TS3210DN0202 2TB(1TB×2)
  2. BUFFALO TeraStation TS3410DN1604
  3. BUFFALO TeraStation TS3210DN0802

国内メーカーの中でも有名なバッファローのテラステーションシリーズです。①と③は2ベイ(内蔵HDDが2個)のRAID1(ミラーリング)でデータを二重化して保存します。②の商品は4ベイ(内蔵HDDが4台)でRAID5/6の構成が可能。その他に、3年保証、障害からの復旧サポート、ウィルスチェック機能、セキュリティー機能など様々な機能とサポートが受けられる。

I-O DATA LAN DISK シリーズ
I-O DATA LAN DISK シリーズ

  1. I-O DATA LAN DISK “HDL4-X/TMシリーズ”
  2. こちらのNASは、本体にトレンドマイクロ社の「Trend Micro NAS Security」があらかじめインストールされているため、社内へのウィルス感染被害を最小限にすることができます。拡張性にも優れており、新規導入に最適なスタンダードモデル。本体・HDDを含めた3年保証。

  3. I-O DATA LAN DISK “HDL6-Hシリーズ”
  4. 6基のHDDを内蔵し、ハードディスク故障時のデータ損失リスクを大幅に低減する仮想ファイルシステム「拡張ボリューム」を採用。RAIDシステムと違い、ファイルをブロック単位で分割しないため、書き込み速度が速く、復元も簡単。システムの冗長性も高く安全なデータ管理が可能。「Trend Micro NAS Security」の追加オプション有り。

  5. I-O DATA LAN DISK “HDL-Z4WQDシリーズ”

OSにWindows Storage Server 2016 Workgroup Editionを採用。Active Directory連携しユーザー情報の管理や、権限の設定が可能。セキュリティ機能が強化されたSMB3.1.1、マルウェア対策ソフトWindows Defenderが標準で利用できます。Windowsサーバー環境下でおすすめのNASです。

Synology DiskStation DS218j
Synology DiskStation DS218j
デュアルコア搭載の多機能2ベイNASキット。RAID1に対応。他社製品と比べ、同時アクセス時の処理能力が高く、動作が格段に速い!!と評判です。さらに、付属のアプリで様々な機能を追加することができます。スマートフォンからのアクセスはもちろん、VPNを構築して社外からNASにアクセスすることも可能。DropboxやGoogleドライブなどのクラウドストレージとの同期にも対応。

Synology DiskStation DS414 slim
Synology DiskStation DS414 slim
2.5インチHDDを4台搭載することができ、RAID5,6に対応。ファイルサーバとしてだけでなく、メディアサーバや、メールサーバ、DHCPサーバなどに使え、SOHOレベルなら、これ1台でサーバ機能を全て補えるくらいの能力があります。RADIUSサーバーを立てて、セキュリティーレベルの高い社内ネットワークを構築することも可能です。

バックアップの設定方法

NASのバックアップは管理画面から行う【差分バックアップ】


具体的なバックアップの方法ですが、NASの場合はNASの管理画面からバックアップの設定をします。おすすめのバックアップ方法ですが、「フルバックアップ+上書き差分バックアップ」です。最初に全てのデータを完全バックアップして、その後は毎日深夜に差分バックアップするという具合です。設定方法は動画内で詳しく説明しているので参考にしてください。

バックアップとRAIDの違いとは?社内データを守る方法【パソコン,NAS,サーバ】
突然ですが、「RAID」と「バックアップ」の違い、分かりますか? どうしてこんな質問をするかというと、「RAID」を「バックアップ」と...

無料で使える!!おすすめのバックアップ(フリー)ソフト

NASの管理画面以外でバックアップを設定する場合は、バックアップソフトを使います。バックアップソフトを使うメリットは、より複雑なバックアップの設定ができることです。バックアップソフトが付属されている商品もありますが、フリーソフトでも高機能なモノがあるので紹介します。

BunBackup

初級者から上級者まで幅広いユーザーに使われている定番のバックアップソフトです。世代管理機能があるので、日付を指定すれば過去にさかのぼってその日のデータを確認することができます。その他にも、指定時刻の自動バックアップ、ログの記録、上書き警告、圧縮保存、暗号化など多機能です。

Backup

バックアップ元とバックアップ先を指定するだけでの簡単設定でミラーリングが可能。本当に最低限のバックアップだけでいいという人向けのお手軽フリーソフトです。複雑なバックアップは必要ないという方はこちらのソフトをおすすめします。

BackupF2F
BackupF2F
BunBackupと同様にシンプルで使いやすいインターフェイスながら、様々な機能を搭載しているバックアップソフト。コマンドラインも用意されていて使い勝手が良い。さらにエラー発生時の処理も設定できるので、やり損ねが少ない。ただし、ネットワーク経由でのデータバックアップには非対応。

知識のない方がゼロから設定するのは正直難しい…

ここまで長々とバックアップについて書いてきましたが、正直、知識の無い方がゼロから法人向けのバックアップシステムを構築するのは至難の業です。個人のパソコンレベルでしたら何とかなるかもしれませんが、会社のデータを安全に確実にバックアップするにはそれなりの知識と経験が必要になってきます。

弊社では、数多くの企業様のNASや社内サーバの設置実績があり、もちろんその全てでバックアップの設定もしております。現在、会社のデータのバックアップでお悩みの方は是非一度ご相談ください。御社に最適なバックアップシステムを構築させていただきます。

【NASの導入事例】
【社内ファイル共有】法人向けNAS新規設定(入れ替え)サポートとデータ移行
今回のITサポート報告は、古くなったNASの入れ替え作業です。こちらの会社のNASは、5年ほど前に弊社で設置したもので、データ容量的に厳しく...
【社内サーバの導入事例】
古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】
今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。 こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなっ...
問い合わせリンク

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加