Windows10をWindows7/8.1へ戻す方法

Windows Updateによる「Windows10の自動更新プログラム」が開始された事により、自分の意思に反してWindows10にアップデートしてしまった方も少なからずいると思います。今回はそのような方々のために、Windows10を元のWindows7/8.1に戻す方法を解説します。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

元のバージョンに戻せる条件

OSを元のバージョンに戻すためには、下記条件に当てはまっている必要があります。詳しい内容はMicrosoftのサイトを参考にしてください。Microsoft Windows10の回復オプション

戻せる期間は1ヶ月以内

元のバージョンに戻せる期間はWindows10にアップデートしてから1ヶ月以内だということです。既に1ヶ月以上経ってしまっている方はどうにもなりませんので、諦めてWindows10を使いましょう。

windows.oldファイルを削除していないこと

Windows10にアップグレードすると、Cドライブにwindows.oldというファイルが作成されます。この中にはWindows7時に使っていた重要なファイルが保存されています。ファイルサイズが大きいので削除される方もいますが、これがないと元のWindowsに復元することはできません。削除しないように気をつけてください。

ユーザーの追加・削除をしていないこと

Windows10にアップグレードした後に、ユーザーアカウントの追加や削除を行っていると復元が難しいようです。こちらも気をつけてください。

以前のパスワードを覚えていること

前バージョンで使っていたパスワード(Windowsにサインインする際に使うパスワード)が必要になります。お忘れなく。

手順

こちらが元のバージョンに戻す手順です。
「スタートボタン」 → 「設定」 → 「更新とセキュリティ」 → 「回復」 → 「Windows7に戻す」以上で終了です。後はOSが元に戻るのを待つだけです。

失敗する可能性

上記に表記した通り、元のバージョンに戻す手順はとてもシンプルですが、どうやら5回に2回くらいは失敗するようです。成功確率60%ということでしょうか。

失敗する原因

  1. Windows10上でシステムファイルのクリーンアップ機能を使う
  2. Windows10上でこのPCを初期状態に戻す機能を使う
  3. Cドライブの空き容量が少なかった(最低でも10GB以上は必要)
  4. ハードディスクの構成を増やしたり減らしたりした

私もお客様の依頼でWindows10からWindows7に戻す作業をやりました。その時は無事にWindows7に戻す事が出来ましたが、作業中は正直ドキドキでした。もし失敗したら、最悪の場合Windowsの起動に不具合が起こる可能性も十分考えられましたので。作業前にはデータをバックアップしておくことをオススメします。

お困りの事がありましたらお気軽にご相談ください。
メールでのお問合せ 03-6869-0595

株式会社とげおねっと

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加