当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Excel基本編.4-1 〜基本のグラフと複合グラフの作り方をマスターしよう〜

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

Excel基本編.4-1 〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜

報告書や企画書の資料として数値の表を添付するなら、数値をビジュアル化したグラフも盛り込んだ方が絶対に見やすいですよね。表に並べた数値より、データの傾向をわかりやすく訴求できます。

エクセルには、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフなどさまざまな種類のグラフが用意されています。データを効果的に見せるのに、適切なグラフを選ぶことが「魅せるグラフ」への第一歩です。

ここでは、「基本的なグラフ」の作り方と、いろいろなタイプのグラフや単位の異なる数値を2軸のグラフにして比較しやすくする「複合グラフ」について解説していきます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

基本的な主なグラフの種類

エクセルで作成できるグラフのうち、主なグラフの役割を紹介します。

棒グラフ

Excel基本編〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜棒グラフ
数値の大小を棒の高さで表して比較できる。

折れ線グラフ

Excel基本編〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜折れ線グラフ
時系列に並べた数値の変化を確認できる。

円グラフ

Excel基本編〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜円グラフ
データの構成比や内訳など、全体を100%とした場合の各項目の割合を確認できる。

その他のグラフ

他にも散布図、バブル図、株価、等高線、レーダーなどのグラフがあります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

応用したグラフ

基本的な棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフを組み合わせて複雑なグラフを作ることができます。

積み上げグラフ


データ全体の集計値や割合を比較するのに向いています。

異なる種類のグラフや単位の異なる2軸を使う複合グラフ

Excel基本編〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜複合グラフ
色々な種類のグラフを重ねたり大きさや単位の異なる2種類のグラフで表せます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    グラフ各部の名称と役割

    グラフを作成する前に、まずグラフ各部(グラフ要素)の名称と役割を確認しておきましょう。
    Excel基本編〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜グラフ各部の名称と役割

    A. データ系列 グラフ上の同色で表される、表の1行または1列に入力されたデータの集まり。このグラフには、4つの系列(「英検」「宅建」「簿記」「秘書検」)がある。
    B. データ項目 グラフの縦軸に並ぶ、表の1行または1列に入力された項目のこと。このグラフには、3つの項目(「6月」「7月」「8月」)がある。
    C. データ要素 データ系列を構成する一つひとつのデータのこと。このグラフには、12個のデータ要素(4系列?3項目)がある。
    D. 縦(値)軸 数値の目盛りを配置する軸。
    E. 横(値)軸 データの項目名を配置する軸。
    F. グラフエリア グラフ全体の領域。ここをクリックすると、グラフ全体を選択できる。
    G. プロットエリア 棒や折れ線など、グラフのデータが表示される領域。
    H. グラフタイトル グラフのタイトルを表示する領域。
    I. 凡例 データ系列またはデータ要素とその図形の対応表。
    J. 軸ラベル 縦軸や横軸の名称を表示する領域。
    K. データラベル データ要素の数値などを表示する領域。

    グラフと元の表との関係

    上のグラフとその元になっているワークシートの表との関係は、下のとおりです。
    Excel基本編〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜グラフと元の表との関係

    グラフ要素の選択方法

    グラフエリアやデータ系列などのグラフ要素を選択するには、そのグラフ要素をクリックします。ほとんどのグラフ要素はワンクリックで選択できますが、データ要素の場合は、あらかじめデータ系列をクリックして選択してから、もう一度クリックして選択します。

    Excel基本編〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜グラフ要素の選択方法
    1回目のクリックでデータ系列が選択されます。ここでは「英検」系列の3本の棒が選択されます。

    Excel基本編〜基本のグラフと複合グラフをマスターしよう〜グラフ要素の選択方法
    2回目のクリックでデータ要素が選択されます。ここでは「英検」系列の「6月」の棒が選択されました。

    ◆◆関連ページ◆◆
    Excel基本編.1-1 〜画面構成と操作の基本を理解しよう〜
    Excel基本編.1-2 〜入力と計算をおぼえよう〜
    Excel基本編.1-3 〜効率よくデータ入力する方法〜
    Excel基本編.1-4 〜セル、行、列を上手に操作する方法〜
    Excel基本編.1-5 〜ワークシートの使い方をマスターしよう〜

    Excel基本編.2-1 〜集計表と家計簿で学ぶ表計算の基本〜目次
    Excel基本編.2-2 〜レッスン1:見やすい集計表を作成する〜
    Excel基本編.2-3 〜レッスン2:かんたんな家計簿を作成する〜
    Excel基本編.2-4 〜セルの表示形式をマスターしよう!!〜

    Excel基本編.3-1 〜住所録と顧客名簿で学ぶデータの整理と活用法〜目次
    Excel基本編.3-2 〜レッスン1:管理しやすい住所録を作成する〜
    Excel基本編.3-3 〜レッスン2:仕事で使う顧客名簿を作成する〜
    Excel基本編.3-4 〜失敗しない印刷テクニック〜

    Excel基本編.4-2 〜基本のグラフを作成する〜
    Excel基本編.4-3 〜複合グラフを作成する〜

    関連記事

    土日祝日受付可能

    電話 05068776115受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する