めがねを使わずにブルーライトをカットする方法

私は、仕事がら朝から晩まで一日中パソコンの前に座って仕事をすることがあります。長時間の作業になると目が疲れてパソコンの画面を見るのがとても辛くなります。原因は「ブルーライト」です。
最近は、ブルーライトをカットしてくれるパソコン用メガネが流行っていますね。もちろん、そういったメガネを購入されるのもいいですが、別にブルーライト専用のメガネを用意しなくても「ブルーライト」をカットしてくれる超便利な無料ソフトがあるのでご紹介します。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

なぜブルーライトは目に悪いのか?

blue09
ブルーライトが目に悪いというのは何となく知ってはいましが、具体的にどのような事が原因で目に悪影響を及ぼしているか調べてみました。

光には色々な種類の色がある

普段、私たちが見ているスマホやパソコンの画面からは赤や黄色、緑といった様々な色の光が発せられているそうです。その中でも元になる色が「赤、緑、青」の光の3原色です。この「3つの光」を組み合わせることによって、あの様なカラフルな画面を表現しているなんて本当に凄いですよね。

青色は特に目に悪い

目に見える光の中で特にエネルギーが強いのが青色の光(ブルーライト)です。紫外線がお肌に悪いというのはご存知だと思いますが、光の中で一番青みがかっていてエネルギーが強いのが紫外線なのです。光には波長があり、青色の波長は他の色の波長より短く、網膜まで到達し細胞に悪影響を及ぼすことが大学などの研究で明らかになっています。

ノーベル賞を受賞した青色LED

2014年のノーベル賞で青色LED開発の功績が認められ、3人の日本人が「物理学賞」を受賞しました。現在、スマホやパソコンの液晶画面にもこの青色LEDが搭載されています。ノーベル賞を受賞し、世の中の発展に大きく貢献した「青色LED」の光が皮肉にも私たちの目に悪さをしていたんですね。

ブルーライトをカットする無料ソフト

めがね無しで「ブルーライト」をカットしてくれる便利なソフトが「f.lux」という無料のソフトです。 Windows,Mac,Linuxで使えます。残念ながら今のところAndroidでは使えません。

こちらがf.luxの公式サイト

英語のサイトですが、Windowsの方もMacの方もダウンロードしインストールするだけで使えます。インストール後に場所を尋ねられますが、キャンセルしても問題ありません。標準の設定では時間帯によってブルーライトのカット量が自動調節され、夜になるとブルーライトがカットされて「暖色」で表示されるようになります。もちろん自分でも調節することが可能です。

blue01  blue02
左がブルーライトをカットした画面、右がノーマル画面。
画面全体が黄色がかっているのが分かるとおもいます。

iPhone/iPadはソフトなしで大丈夫

iPhone/iPadでブルーライトをカットする場合、先ほど紹介したソフトやアプリをインストールする必要はありません。「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」で同様の機能がすでに使えるようになっているのです。ただし、こちらの機能はiOS 9.3からの新機能なので、ご利用の際は必ずOSのバージョンを確認してください。

blue05  blue06

blue07  blue08

使ってみた感想

私は仕事柄、長時間パソコンを使うことが多いので目が疲れがちなのですが、このソフトを使ってから目が疲れることが本当に少なくなりました。私と同様にオフィスワークが中心で眼精疲労でお悩みの方は絶対にインストールされた方がいいです。

私はAndroidのタブレットを使っているので、Android版もぜひ出してほしいところです。注意事項として、デザイナーなど「色にこだわる職業の方」は色味がだいぶ変わってしまうので仕事中は使えないでしょう。

以上、ご参考まで

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加