2020年でも有効なWindows7をWindows10に無償・無料でアップグレードする手順とその注意点

post_excerpt

この記事では、Windows7からWindows10に無償(※)アップグレードする方法をまとめました。とげおネットでは色々なお客様のアップグレード作業を経験しており作業そのものはそんなに難しくありません。ただしアップグレードして使い物にならなくなってしまうケースもあるようです。この記事ではアップグレードに適したパソコンと適していないパソコンの判別方法やアップグレード作業を行う前に必要な準備、それから実際のアップグレード方法についてまとめました。

企業でパソコンがたくさんある場合は特に問題が起こりやすいと思われます。自社のパソコンがアップグレードに適しているのか?準備はどのようにすればよいのか、引き続き今のパソコンを使いたいな~、という方はこのページをご参考ください。

※無償アップグレードをするにはいくつか条件があります。詳細な条件はMicrosoft社にご確認ください。

2020年1月14日サポートの期限を迎えました

Windows7は2020年1月14日(日本時間で1月15日朝)に最後のWindowsUpdateが配信されてサポート期限を迎えました。今後もお使いになりたい方は買い替えやアップグレードをご検討ください。今後セキュリティの更新がされないためコンピュータウイルスに感染するリスクが時間を追うごとに高くなります。今までの大規模なウイルス感染は「すでに知られている脆弱性(既知の脆弱性)」を利用したものが大半なのです。Windows10で原則として強制的にWindowsUpdateが適用されるのはそのためです。2017年に流行ったWannaCryではまさにWindowsUpdateを適用していないパソコンが狙われて結果として全世界に広がりました。

企業向けパソコンならESU(拡張セキュリティ更新プログラム)もあります

もしお使いのパソコンが企業向けのパソコンであればESU(Windows7 Extended Security Updates, 拡張セキュリティ更新プログラム)で2023年まで3年間有償でマイクロソフト社のサポートを延長することもできます。色々な都合でWindows8.1、Windows10に移行できない事情がある場合はESUの購入も検討ください。ただし1年ごとに提供価格が高くなっていくように設定されています。
注意すべきなのは家庭用のHomeエディションではESUを利用できません企業向けのProfessionalエディション、もしくはEnterpriseエディションである必要があります。
エディションを確認する方法は以下になります。

Windowsのバージョン、エディションを確認する方法
post_excerpt

アップグレード前に確認すべき事項

無償でアップグレードできる、とは言ってもあまりに古いパソコンやスペックが低いパソコンではWindows10で快適に使うことは期待出来ません。またWIndows10では動かないソフトも存在します。アップグレード作業を行う前に以下のことを確認することをお勧めします。

・メーカーがWindows10で動くようにサポートしている機種か?確認しましょう。サポートしていない場合アップグレード出来なかったり出来てもドライバが上手く動作せず「音が聞こえない」「画面表示が変」など不具合が出ることがあります。そもそも購入されてから5年ほど経ったパソコンは買い替えをご検討されることをお勧めします。それ以前のパソコンだと部品の寿命が近くなりスペック的にも今後使用していくのは厳しいからです。まともに動かない場合もあります。どうしてもと言う場合はHDDをSSDに換装したりメモリが足りない場合は増設しましょう。メモリは最低でも4GB必要です。

▼買い替えに関する参考記事

パソコンの寿命は何年?買い替えのタイミングと対応方法
長い間パソコンを使っていると動作が重いと感じたことがありませんか?可能性としてパソコンの寿命が近づいている場合があります。この記事では、パソコン買い換えのタイミングとパソコンの寿命が近づいたときどんな症状が発生するのか事例をまとめました。
Windows7からWindows10への買い替え、データ移行方法について
post_excerpt

▼SSD換装に関する参考記事

超簡単!古い遅いパソコンをHDDからSSDに入替えて高速で快適に使う方法
post_excerpt

▼メモリ増設に関する参考記事

サポート|Windows7を32bit版から64bit版に変更、メモリー増設
post_excerpt

・Cドライブの空き容量が少ないとアップグレードできないことがあります。最低でも20GBほどの空き容量が必要なようです。あらかじめいらないファイルは消しましょう。

▼Cドライブの空き容量増加に関する参考記事

Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする8つの方法
post_excerpt

・今まで利用中のソフトの中にはWindows10に適応しておらず調達しておく必要があることがあります。Windows10に適合していないソフトは勝手にアンインストールされることもありましてアップグレードしたときにアンインストールされてしまった証拠写真が以下になります。

・残念ながらVista以下のパソコンはWindows10のアップグレード対象外です。買い換えてください。

Windows10にアップグレードしなくてはいけないケースもあります(ダウングレード権)

2015年にWindows10が出てからもあえてWindows7のパソコンを購入された企業は多いと思います。このような会社の場合Windows10のライセンスを購入されてWindows7を利用し続けている(これを「Windows10のダウングレード権」と言います)と思いますが、このようなパソコンではWindows7のサポート期限切れと共にWindows7を使う権利を失い、Windows10に強制的にアップグレードしなくてはいけません。

アップグレードに関するその他の注意点

・32bit版は32bit版、64bit版は64bit版にしかアップグレードできません。Windows7は32bit版が主流でした。Windows10は基本的に64bitなので64bitにするのがおすすめです。ただし32bit版を64bit版にしたい場合はクリーンインストールする必要があります。

・インターネット環境やパソコンのスペックによってダウンロードとアップグレードにかかる時間がかなり左右されます。
アップグレード時間はインターネット環境やパソコンのスペックによって大きく左右されるようです。
今回のWindows10への移行を試したパソコン(10年ほど前のノートパソコン、ただしSSDに換装済み)ではダウンロードに20分から30分、アップグレードに40分から50分ほどかかりました。5年ほど前のHDDのパソコンの場合は全部で4時間ほどかかるようです。ご参考まで。

・Windows10用のドライバを入れなおさないといけないことがあります。必要な場合にはメーカーサイトからWindows10用のドライバをダウンロードして適用ください。

・Windows7でよく使われていたWindows Live MailはWindows10ではもうサポートされておりません。他のメーラーを利用しましょう。Outlookに移行する場合は以下のページを参考ください。

【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへデータを移行する方法【Outlook2010,2013,2016,2019,365対応】
Windows Live MailにはOutlookにデータを移行するツールがついているのですがうまく動かないことが多くちょっと手間がかかりますがツールを使って確実に移行できる方法を書きましたので参考にしていただければと思います。

・その他、細かな設定は基本的にリセットされてしまいますのでアップグレード後に再設定が必要です。

Windows7, 8.1を10に移行する具体的な方法

具体的にWindows7からWindows10へ移行する方法は、主に2つの方法があります。

1.アップグレード

PCのテータを残したまま移行する方法

2.クリーンインストール

PCの中のデータを消去してからWindows10へ書き換える方法

クリーンインストール か 他のマシンでインストールする場合

・DVD-Rなどの光学メディア

・USBメモリ(8GB以上)

上記のどちらかでインストール用ディスクを作成する必要があります。以下のUSBメモリなどが便利です。

どちらの方法も長所、短所があるので所有PCにあった方法で移行しましょう。

大まかなアップグレードの流れ

今回は、「1.アップグレード」する方法を記事にまとめました。

1.所有PCがアップグレードの対象か確認する(注意点を参照)

2.アップグレード前にバックアップをとる

3.アップグレードに必要なツールを入手する

4.アップグレード作業を行う。後はウィザードに従って作業を進める。

※まずWindowsUpdateが必要と言われたら素直にWindowsUpdateしましょう。

5.インストールを開始、Windows10にアップグレード完了まで待機

6.Windows10に移行が完了したら、細かい再設定を行う。

※「2.クリーンインストール」の場合はWindowsの再インストールと同じ方法になります。

アップグレード手順

手順0.インストールツールをダウンロードする

※アップグレード前に必ず行ってください

重要なファイルのバックアップを取っておくことを推奨します。

Windows7からWindows10にアップグレードするときは、インストールツールをダウンロードしましょう。

以下のサイトからダウンロードできます。

Windows 10 のダウンロード

 

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックする。

手順1.exeを保存する

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックすると、「名前を付けて保存」の画面が表示されます。

任意の場所に保存しましょう。

 

手順2.MediaCreationToolを起動する

保存した場所に「MediaCreationTool.exe」が保存されます。

「MediaCreationTool.exe」をダブルクリックしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

手順3.アップグレード作業①

「MediaCreationTool.exe」をダブルクリックすると、「Windows10セットアップ」の画面が表示されます。

適用される通知とライセンス条項を確認し、「同意する」をクリックします。

 

 

手順4.アップグレード作業②

「実行する操作を選んでください」という画面が表示されるので、「このPCを今すぐアップグレードする」を選択し、「次へ」を選択する。

クリーンインストール あるいは他のパソコンでアップグレードをしたい場合は「別のPCのインストール メディアを作成する(USB フラッシュ ドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択します。以下のようなUSBメモリが利用できます。大量のパソコンをアップグレードしたい場合は便利です。

 

手順5.アップグレード作業③

適用される通知とライセンス条項を確認し、「同意する」をクリックします。

 

手順6.インストール開始

インストールする準備ができましたという画面が表示されるので、「インストール」をクリックする。

 

インストールをクリックすると、画面が次の写真のように切り替わります。インストールには時間がかかります。今回は40分から50分ほどインストールに時間がかかりました。

 

 

インストール開始後、数回再起動を繰り返します。インストール完了後、Windows10画面が表示されるので案内に従って設定をしましょう。

Windows8.1はアップグレードできるのか?

Windows 8.1も上記と同じの方法でアップグレードが可能です。

アップグレードに失敗するケースと対応

いろいろな理由でアップグレードに失敗することがあるようです。次の記事も参考ください。

Windows10のアップグレードに失敗した時の対処法まとめ
post_excerpt
【実録】Windows7→10アップグレードに失敗して試行錯誤した結果
post_excerpt

アップグレード後の不具合は?

残念ながらWindos10にアップグレードした後で不具合が起きてしまうケースもよくあります。現象と対処法を簡単に列挙しますのでご参考ください。

動作が遅すぎて使い物にならない

Windows10で快適に動かせる性能でないことが原因です。買い替えをお奨めしますがどうしても引き続き使いたいのであれば以下の記事をご参考ください。

【効果絶大!!】遅くなったパソコンが確実に速くなる方法【必見!!】
post_excerpt
超簡単!古い遅いパソコンをHDDからSSDに入替えて高速で快適に使う方法
post_excerpt
サポート|Windows7を32bit版から64bit版に変更、メモリー増設
post_excerpt

特定のソフトが使えなくなってしまう

再インストールが必要になります。有償ソフトの場合はインストーラー、ライセンスなどご用意ください。
場合によってはWindows10に適応したバージョンのソフトを新たにご用意する必要があるかもしれません。

周辺機器などが使えなくなってしまう

ドライバの更新が必要です。とげおネットのサポートでは以下のような経験がありました。

  • プリンタから印刷できない
  • 液晶モニタの表示がおかしい(グラフィックカードが原因)
  • 音が出ない(サウンドカードが原因)
  • 増設したUSBカードが使えない

古い機器によってはWindows10用のドライバが用意されていないケースがあります。その場合は残念ながらWindows10でその機能は使えません可能性があります。

まとめ

この記事ではWindows7からWindows10への無償アップグレードの方法について紹介いたしました。

Windows7のサポート期限は2020年1月に終了します。マイクロソフトはサポート終了後、有償で3年のみ延長サポート(ESUプログラム)することを発表していますが早めにWindows7からWindows10に移行することをおすすめします。とげおネットではアップグレードも買い替えの場合のデータ移行もサポートしております。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

パソコンの寿命は何年?買い替えのタイミングと対応方法
長い間パソコンを使っていると動作が重いと感じたことがありませんか?可能性としてパソコンの寿命が近づいている場合があります。この記事では、パソコン買い換えのタイミングとパソコンの寿命が近づいたときどんな症状が発生するのか事例をまとめました。
Windows7からWindows10への買い替え、データ移行方法について
post_excerpt
超簡単!古い遅いパソコンをHDDからSSDに入替えて高速で快適に使う方法
post_excerpt
サポート|Windows7を32bit版から64bit版に変更、メモリー増設
post_excerpt
Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする8つの方法
post_excerpt
Windows10のアップグレードに失敗した時の対処法まとめ
post_excerpt
【実録】Windows7→10アップグレードに失敗して試行錯誤した結果
post_excerpt

電話で相談    メールで相談

サポートエリア続々拡大中!

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区, 葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市, 武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
北海道
【札幌市】厚別区,北区,清田区,白石区,中央区,手稲区,豊平区,西区,東区,南区
小樽市,石狩市,岩見沢市,江別市,北広島市,恵庭市,千歳市,苫小牧市
大阪府
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

電話で相談    メールで相談

サポートエリア続々拡大中!

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区, 葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市, 武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
北海道
【札幌市】厚別区,北区,清田区,白石区,中央区,手稲区,豊平区,西区,東区,南区
小樽市,石狩市,岩見沢市,江別市,北広島市,恵庭市,千歳市,苫小牧市
大阪府
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

パソコン,インターネットの設定トラブル出張解決,データ復旧,ITサポートなら株式会社とげおネット
Windows10 Update(アップデート)不具合Windows10アップグレード問題Windowsの記事パソコン修理/ITサポートブログ
とげおネットをフォローする
パソコン,インターネットの設定トラブル出張解決,データ復旧,ITサポートなら株式会社とげおネット

コメント

  1. 田村 より:

    むつかしい

    • y より:

      ウィンドウズのサポートセンターとやらに電話がつながったものの、過去にアップデートした記憶がないなら有料で10をいれるよう、散々待たされての返答。

      こうして素人でも試してみることができて本当にありがとうございます。
      ただ今ダウンロード中。
      無事にアップデートできますように

      感謝です。

  2. たむちん より:

    むつかしいいがいいです。

  3. きの より:

    大変分かりやすく解説されていてスムーズにできました。
    有難うございます。

  4. 匿名 より:

    とても助かりました。
    ありがとうございます。

  5. kayoko より:

    詳しく記載されていたのでスムーズにできました。
    ありがとうございます。

  6. CAD使い より:

    解説していただいている手順そのままで
    本日、Windows7から10へグレードアップしました。

    プロダクトキーの入力を求められることもなく
    無事にグレードアップを完了する事ができました。

  7. kanban86 より:

    大変解りやすく助かりました
    win7からWin10へアップグレード

    有難うございました。

  8. まにあ より:

    無償アップデートの適用期間を過ぎてるので、今やればライセンス違反になります。

    プロの会社として知らないなんて恥ずかしくない?

    Microsoftのページにもはっきりと、≪Windows 10 への無償アップグレードは、2016 年 7 月 29 日に終了しました。≫と書かれてます。

    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4057281/windows-7-support-ended-on-january-14-2020

    • user より:

      コメントありがとうございます。無償アップデートの可否についてはご指摘の事項以外にも細かな条件がございますのでご心配でしたらマイクロソフト社に直接確かめていただければ、と思います。弊社のこの記事に関しては主に法人向けのProエディションについて記述しております。

    • 匿名 より:

      Çok teşekkürler aydınlandım

  9. 匿名 より:

    無事無償アップグレードできました。
    有償と無償の違いに悩みましたが、
    拡張機能等や保証の必要性が無いため
    無料でアップグレードできて良かったです。
    ありがとうございました

  10. 匿名 より:

    無償でアップグレード出来ました!
    初心者だけど簡単に出来て驚きです。こちらのサイトに出会えて良かった!ありがとうございました。

  11. 匿名 より:

    できますよね。
    プロダクトキーをきちんと控えておいた方がいいと思いますが。Windows7だとパソコンの裏に貼ってあったりしますが。
    いろいろやってみて、マイクロソフトアカウントを取得し、そこにライセンスを関連づけておいた方がいいと思います。
    あと、アップデートすると、Officeが消えます。Officeのプロダクトキーを控えておく方がより深刻に必要です。これがないと、アップデートしたところで使えなくなる可能性が出ます。

    おすすめは、Windows7の段階で、修復ディスクとイメージファイル。そしてメーカー品なら、リカバリーディスクも作っておくことです。最悪どうしようもないとき、これで戻れます。
    また、SSDに換装するなら、HDDはとっておいた方がいいです。(HDDは外付けの形でのデーターを引き出すことはできず、本体に戻すしか中を見れなくなりますので、バックアップは必須)

  12. 62歳のじーじ より:

    説明通りで全く問題なく、認証も聞かれずアップグレードできました。ワード、エクセル、パワポもそのまま使えました。32bitのオーバーライトです。
    ありがとうございました。

  13. PC より:

    メーカーで無償アップグレード対象外の製品になっていますが、その場合はクリーンインストールも不可なのでしょうか?
    HDをSSDに換装してクリーンインストールをの実施をしようと思っています。
    ちなみにPCは富士通LIFEBOOK AH550/5Bです。

    • user より:

      コメントありがとうございます。クリーンインストールしてみたらどうなるか他の方の参考にもなると思いますので結果をまたコメントいただけますとうれしいです。もしサポートをご希望であれば電話、またはメールにてご連絡いただけますと幸いです。

      • PCより より:

        その後の経過報告です。
        Windows7を64bitに変更し、BIOSをいじって何とかWindows10へ無償アップグレード出来ました!
        普通にアップグレードしたら、エラーが出て出来ませんでしたが、エラーコードで検索したら、対処方法が有ったので、その通り(Cドライブの空き容量100ギガ以上とBIOSを1か所変更)実施したら、何とか成功しました!
        その後、HDDをSSDへ換装し、メモリーも8ギガに増量し、大変快適に使っております。
        諦めずにトライして良かったです。
        最小限の出費で済みました。

    • PCより より:

      その後の経過報告です。
      Windows7を64bitにしてBIOSをいじって何とかWindows10にアップグレード出来ました!
      その後HDDをSSDに換装し、メモリーも8ギガに増やし、とても快適に使っています!
      ※普通にアップグレードしたらエラーが出て出来ませんでしたが、エラーコードで検索し、対処法を見つけ、その通り実施したら出来ました!
      最小限の出費で済みました。

  14. 有村朋香 より:

    複雑でない、解りやすい解説をありがとうございました。
    以前、Windows vistaのDELLを、あちこちのサイトを見較べながら、苦労してクリーンインストールし、Windows 10にアップデートしました。この場合は、Windows 10 homeと、Office 2016 professional Plus のプロダクトキーの購入が必要でした。
    今回は、実家のWindows 7のLavieを譲り受け(親は新しいPCを買い替えました。)、指南通りにアップデートしてみました。
    1度目は、手動でアンインストールしなければならないソフトがあり、失敗。
    2度目は、参照画像のように、自動削除される過程で、再起動に失敗。
    3度目の正直で、18時間以上掛かりましたが、無事Win10homeにアプデ成功しました!(Officeも、何も触らずとも、ログインだけでアプデされてるのですね。)
    危うく、PC専門店に無料で引き取られる所でしたが、子供の情報系課題制作用に利用させていただきます。
    このページを見て、廃棄処分予定のPCが、延命され、必要な人達の役に立ったら、素晴らしいですね。

  15. Makoto より:

    スペックは高いけど、OSがWindows7のパソコンをどうしようか悩んでいました。とても分かりやすい解説で一読しただけで大まかな流れは把握できました。多くのこの手の解説は、読んでいて、途中でだいたい挫折していました(笑)。1度目は、うまくいかなかったのですが、手動でアンインストールしなければいけないソフトが原因だと、有村朋香さん↑のコメントを読んでわかり、再チャレンジ。(コメントを読んでいなかったらここで挫折していました!)すると思ったより早く無事アップデートできました。起動も早くなり快適に使っています。ありがとうございました。

  16. エロ助平 より:

    Windows7のライセンスで使っていないものがあったので、オークションで落としたOSなしのノーパソに、それをクリーンインストールして10にアップデートしようと思っています。7のウィンドウズアップデートが嫌になるほど時間がかかって、途中まででやめて10へのアップデートをしようかと思ったのですが、7のアップデートを全部やりきってからの方が安全でしょうか?

    • user より:

      コメントありがとうございます。サポートをご希望の場合は問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますようよろしくお願い申し上げます。

  17. Windows 7 より:

    むつい

  18. Windows 7 より:

    できません
    どうすればいいでしょうか
    なんかHP ProtectTools を消せといわれるんですが、けせなくて…

    • user より:

      コメントありがとうございます。弊社でも何か分かったら追記させていただきます。もしサポートをご希望の場合は問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますようよろしくお願い申し上げます。

  19. y より:

    ウィンドウズのサポートセンターとやらに電話がつながったものの、過去にアップデートした記憶がないなら有料で10をいれるよう、散々待たされての返答。

    こうして素人でも試してみることができて本当にありがとうございます。
    ただ今ダウンロード中。
    無事にアップデートできますように

    感謝です。

  20. sleepsheep より:

    分かりやすい解説ありがとうございます。
    アプリがwindows7に対応してなくて、OS買わないとダメかなと諦めてかけてましたが、ここのおかげで無償アップグレードが出来ました。

  21. おっさん より:

    https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

    ここからダウンロードしてアップグレードしたらできました。
    念のためマイクロソフトに確認したら偽のサイトでやったら規約違反ですと言われました。
    今更ロールバックできませんが使い続けて大丈夫なのでしょうか?

  22. 太郎 より:

    これ偽物サイトじゃない?よく出来てますね

    • user より:

      リンク先はマイクロソフト社のサイトです。URLアドレスをご確認ください。

      • プロダクト より:

        プロダクトキーを聞かれてます

        • user より:

          コメントありがとうございます。弊社でも何か分かったら追記させていただきます。サポートをご希望の場合は問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますようよろしくお願い申し上げます。

  23. peaco より:

    お陰様でWindows7→Windows10に移行出来ました。
    たいへん助かりました。
    ところで下記に示すような不思議な現象が起きています。
    officeのエクセル、アウトルックの画面右上に小さなルート地図みたいなものが表示されてます。
    はて?これはなんなのでしょうか?
    原因が分かれば教えて頂きたいのですが…
    宜しくお願いします。

  24. リュウタ より:

    windws7から10へアップグレードしようと色々検索して、貴サイトに辿りつきました。

    分かりやすく丁寧に手順を解説してくださっており、アップデートツールのダウンロードURLをリンクしてくださっているのが大変助かりました(※というか、MSで公開している事も知りませんでした汗)

    8年前のDELL XPS17でメーカーサイトでも動作確認機種に記載されていませんでしたが、無事に完了できドライバ関係も問題なさそうです。

    非常に困っていたので本当に助かりました。
    また困った事があれば、貴サイトを拝見させていただきます。
    ありがとうございました。

  25. プロダクトキー出現 より:

    プロダクトキーを聞かれています。なぜ?

  26. プロダクトキー出現 より:

    プロダクトキーを聞かれてます!助けてください。

  27. rogers より:

    windows7からのアップデートはマイクロソフトも推奨しています。
    なので「MediaCreationTool.exe」でアップデートができるのです。

    但し、快適に動作するにはCPUのクロックは2.4GHz以上が望ましい。
    メモリーは最低でも8GBは必要。さらにSSD駆動が望ましいです。

    それとwindows7から10にいったん上書きインストールして認証を取った後に
    クリーンインストールすると劇的に快適になります。
    手間ですが効果は絶大です。20H2バージョン快適です。
    クリーンインストールのプロダクトキーは不要です。注)必ず1度認証を取ってからしてください。でないと認証を受けられなくなります。

  28. mh より:

    ずっと更新プログラムです!!!
    なんで?!

    • user より:

      コメントありがとうございました。サポートをご希望の場合はサポート窓口からお問い合わせください。

  29. T.おやじ より:

    「MediaCreationTool.exe」でノートパソのWin7をオンラインで去年
    Win10にアップグレードしていたのですが、1703バージョンでした。
    それから3年ほど、違うノートPCを使っていたので放置していた
    のですが、気が付いて思い出してWin10にアップグレードしてみたのですが、
    何度も失敗してしまいました。
    Windows Update でも1909バージョンがインストールできません
    でした。めんどくさくなって、1909の失敗したアップデートを
    20回ぐらい消去して自動アップデートだけにして毎日使っていた所、
    5か月ぐらいですか~最近、Win10の2004バージョンになってました。

    こんなこともあるんですね。

    また、1909バージョンをディスクにダウンしてて、
    他のWin7のアップグレードに使えると思ったら。。だめでした。
    たまたま、3年前の1709でやってみたところ、うまくWin10になり、
    そのあと、1909までアップグレードできました。
    今は、無償でオンラインで忘れていた、Win7をWin10にできるように
    なったのでしょうか?2020年の11月ですか・・・・

  30. T.おやじ より:

    Win10の1909にアップグレードされない時は、いつのまにか
    1703で認証していたのに、プロダクトキーは無効って
    なってました。
    正規版でWin7にしたのを1703のWin10のアップグレードでは
    うまく認証済みになっていたのをアップデートでは・・・
    プロダクトキーは、無効って表示するうんです。

    Win10を1703のあいだに、i3CPUをi7CPUの640に替えて、
    メモリーを4GBから8GBに増やしただけです。

    基盤は代えてないので大丈夫なはずです。
    いろいろ調べましたが、わからず。

    手持ちの1709Win10ディスクでもアップグレードできませんでした。
    3年も放置していたんでしかたないですけど・・ってそのまま
    使っていました。20回以上Windowsのアップデートあったでしょうか。
    もうファイルを消すのも、めんどいのでそのまま毎日つかっていたら

    いつのまにかWin10の2004になってました。
    いまは20H2です。
    もちろん、認証済みです。