2019年も有効なWindows7をWindows10に無償・無料でアップグレードする手順とその注意点

使い慣れているWindows7のパソコンをWindows10に無償でアップグレードする期間はとっくの昔に終わりましたが実は今でもアップグレード可能です。Windows7は2020年早々にサポート切れになるので買い替えやアップグレードをご検討ください。

この記事では、Windows7からWindows10に無償アップグレードする方法をまとめております。アップグレード作業そのものはそんなに難しくありません。ただしアップグレードしてその後使えなくなってしまっては困りますよね。実際に使い物にならなくなってしまうケースもあります。この記事ではアップグレードに適したパソコンと適していないパソコンの判別方法やアップグレード作業を行う前に必要な準備、それから実際のアップグレード方法についてまとめました。

企業でパソコンがたくさんある場合は特に問題が起こりやすいと思われます。引き続き今のパソコンを使いたいな~、という方はこのページをご参考ください。

自分のパソコンがアップグレードに適しているのか?準備はどのようにすればよいのか、アップグレード作業に不安を感じている方はお気軽に電話やフォームでお問い合わせください。

電話で問い合せる    メールで問い合わせる

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

アップグレード前に確認すべき事項

無償でアップグレードできる、とは言ってもあまりに古いパソコンやスペックが低いパソコンではWindows10で快適に使うことは期待出来ません。またWIndows10では動かないソフトも存在します。アップグレード作業を行う前に以下のことを確認することをお勧めします。

・メーカーがWindows10で動くようにサポートしている機種か?確認しましょう。サポートしていない場合アップグレード出来なかったり出来てもドライバが上手く動作せず「音が聞こえない」「画面表示が変」など不具合が出ることがあります。そもそも購入されてから5年ほど経ったパソコンは買い替えをご検討されることをお勧めします。それ以前のパソコンだと部品の寿命が近くなりスペック的にも今後使用していくのは厳しいからです。まともに動かない場合もあります。どうしてもと言う場合はHDDをSSDに換装したりメモリが足りない場合は増設しましょう。メモリは最低でも4GB必要です。

▼買い替えに関する参考記事

Windows7からWindows10への買い替え、データ移行方法について
Windows7のサポートは2020年1月に終了予定です。サポート期間が終了する前に、Windows10へ移行する必要があります。 この記事ではWindows10のPCを買い替えた際、Windows7からWindows10へデータを移...

▼SSD換装に関する参考記事

超簡単!古い遅いパソコンをHDDからSSDに入替えて高速で快適に使う方法
PCで作業している時に、PCの速度が遅いと感じたことがありませんか。特に古くて遅いパソコンの場合、もっと早ければな~、と思うことがしばしばあるのではないでしょうか。このページではちょっとお金がかかりますが高速にして快適にPCを使いこなす方法...

▼メモリ増設に関する参考記事

サポート|Windows7を32bit版から64bit版に変更、メモリー増設
Windows7を32bit版から64bit版に変更する手順とメモリーの増設方法について解説しています。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595

・Cドライブの空き容量が少ないとアップグレードできないことがあります。最低でも20GBほどの空き容量が必要なようです。あらかじめいらないファイルは消しましょう。

▼Cドライブの空き容量増加に関する参考記事

Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする8つの方法
パソコンが重いと言う方は必見!!Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする7つの方法をご紹介。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595

・今まで利用中のソフトの中にはWindows10に適応しておらず調達しておく必要があることがあります。Windows10に適合していないソフトは勝手にアンインストールされることもありましてアップグレードしたときにアンインストールされてしまった証拠写真が以下になります。

・残念ながらVista以下のパソコンはWindows10のアップグレード対象外です。買い換えてください。

アップグレードに関するその他の注意点

・32bit版は32bit版、64bit版は64bit版にしかアップグレードできません。Windows7は32bit版が主流でした。Windows10は基本的に64bitなので64bitにするのがおすすめです。ただし32bit版を64bit版にしたい場合はクリーンインストールする必要があります。

・インターネット環境やパソコンのスペックによってダウンロードとアップグレードにかかる時間がかなり左右されます。
(今回のWindows10への移行を試したパソコンではダウンロードに20分から30分、アップグレードに40分から50分ほどかかりました)

・Windows10用のドライバを入れなおさないといけないことがあります。必要な場合にはメーカーサイトからWindows10用のドライバをダウンロードして適用ください。

・Windows7でよく使われていたWindows Live MailはWindows10ではもうサポートされておりません。他のメーラーを利用しましょう。Outlookに移行する場合は以下のページを参考ください。

【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへ移行する方法【Outlook2010,2013,2016,2019対応】
2017年1月10日で、Windows Live Mailを含む「Windows Essentials 2012」のサポートが終了になりました。 それにともない、「Windows Live Mail」から「Outlook」へ移行したい...

・その他、細かな設定は基本的にリセットされてしまいますのでアップグレード後に再設定が必要です。

Windows7, 8.1を10に移行する具体的な方法

具体的にWindows7からWindows10へ移行する方法は、主に2つの方法があります。

1.アップグレード

PCのテータを残したまま移行する方法

2.クリーンインストール

PCの中のデータを消去してからWindows10へ書き換える方法

クリーンインストール か 他のマシンでインストールする場合

・インストール用DVD

・USBメモリ(8GB以上)

上記のどちらかを作成する必要があります。

どちらの方法も長所、短所があるので所有PCにあった方法で移行しましょう。

大まかなアップグレードの流れ

今回は、「1.アップグレード」する方法を記事にまとめました。

1.所有PCがアップグレードの対象か確認する(注意点を参照)

2.アップグレード前にバックアップをとる

3.アップグレードに必要なツールを入手する

4.アップグレード作業を行う。後はウィザードに従って作業を進める。

※まずWindowsUpdateが必要と言われたら素直にWindowsUpdateしましょう。

5.インストールを開始、Windows10にアップグレード完了まで待機

6.Windows10に移行が完了したら、細かい再設定を行う。

※「2.クリーンインストール」の場合はWindowsの再インストールと同じ方法になります。

アップグレード手順

手順0.インストールツールをダウンロードする

※アップグレード前に必ず行ってください

重要なファイルのバックアップを取っておくことを推奨します。

Windows7からWindows10にアップグレードするときは、インストールツールをダウンロードしましょう。

以下のサイトからダウンロードできます。

Windows 10 のダウンロード

 

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックする。

手順1.exeを保存する

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックすると、「名前を付けて保存」の画面が表示されます。

任意の場所に保存しましょう。

 

手順2.MediaCreationToolを起動する

保存した場所に「MediaCreationTool.exe」が保存されます。

「MediaCreationTool.exe」をダブルクリックしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

手順3.アップグレード作業①

「MediaCreationTool.exe」をダブルクリックすると、「Windows10セットアップ」の画面が表示されます。

適用される通知とライセンス条項を確認し、「同意する」をクリックします。

 

 

手順4.アップグレード作業②

「実行する操作を選んでください」という画面が表示されるので、「このPCを今すぐアップグレードする」を選択し、「次へ」を選択する。

クリーンインストール あるいは他のパソコンでアップグレードをしたい場合は「別のPCのインストール メディアを作成する(USB フラッシュ ドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択します。

 

手順5.アップグレード作業③

適用される通知とライセンス条項を確認し、「同意する」をクリックします。

 

手順6.インストール開始

インストールする準備ができましたという画面が表示されるので、「インストール」をクリックする。

 

インストールをクリックすると、画面が次の写真のように切り替わります。インストールには時間がかかります。今回は40分から50分ほどインストールに時間がかかりました。

 

 

インストール開始後、数回再起動を繰り返します。インストール完了後、Windows10画面が表示されるので案内に従って設定をしましょう。

Windows8.1はアップグレードできるのか?

Windows 8.1も上記と同じの方法でアップグレードが可能です。

まとめ

この記事ではWindows7からWindows10への無償アップグレードの方法について紹介いたしました。

Windows7のサポート期限は2020年1月に終了します。マイクロソフトはサポート終了後、有償で3年のみサポートすることを発表していますが早めにWindows7からWindows10に移行することをおすすめします。とげおネットではアップグレードも買い替えの場合のデータ移行もサポートしております。お気軽にお問い合わせください。


電話で問い合せる    メールで問い合わせる

関連記事

Windows7からWindows10への買い替え、データ移行方法について
Windows7のサポートは2020年1月に終了予定です。サポート期間が終了する前に、Windows10へ移行する必要があります。 この記事ではWindows10のPCを買い替えた際、Windows7からWindows10へデータを移...
超簡単!古い遅いパソコンをHDDからSSDに入替えて高速で快適に使う方法
PCで作業している時に、PCの速度が遅いと感じたことがありませんか。特に古くて遅いパソコンの場合、もっと早ければな~、と思うことがしばしばあるのではないでしょうか。このページではちょっとお金がかかりますが高速にして快適にPCを使いこなす方法...
サポート|Windows7を32bit版から64bit版に変更、メモリー増設
Windows7を32bit版から64bit版に変更する手順とメモリーの増設方法について解説しています。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする8つの方法
パソコンが重いと言う方は必見!!Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする7つの方法をご紹介。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
Windows10のアップグレードに失敗した時の対処法まとめ
Windows10のアップグレードに失敗した時の対処法を分かりやすくまとめました。まずはコチラの方法を試してください。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
【実録】Windows7→10アップグレードに失敗して試行錯誤した結果
Windows7→10へアップグレードに失敗し、試行錯誤した結果なんとかインストール成功。その対処方法を公開しています。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595

コメント