当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Windows11が動くCPUのスペック(仕様)要件について

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

アイキャッチ

2021年秋にリリースされた「Windows11」では、Windows10に比べるとより性能の高いCPUが必要になります。セキュリティや信頼性を確保し、現在使っているソフトウェアとの互換性を保つためです。

この記事ではWindows11に必要なCPUのスペックと、現在お持ちのパソコンでの対策方法について解説します。

CPUとは
PC上で中心的な役割を果たし、人体でいえば頭脳にたとえられるパーツです。計算を行う「演算」と、パーツやデバイスの動作をコントロールする「制御」の役割を担っています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

Windows11は、32bitには非対応、

Windows10まで32bitバージョンと64bitバージョンの両方が利用できましたが、Windows11からは32bitには非対応となります。全て64bitで動作します。詳しくは以下のページをご参考ください。

Windows 32bitと62bitの違いと確認方法
自分のPCのバージョン、エディションを調べた時に、bitという表記があることに気づいた人はいますか?今回はこのbitの意味や定義などについて解説をしています。ただの単位だと捉えてるよりも、意味を把握しておいた方がよりPCの理解が深まるはずです。

[Windows11のシステム要件]

CPU 1GHz以上、2コア以上の64ビット互換プロセッサ
または System on a Chip (SoC)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB以上
システム ファームウェア UEFI、セキュアブート対応
TPM TPM2.0
グラフィックス カード DirectX12以上 (WDDM2.0) に対応
ディスプレイ 対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

概要としては現在のところ、これ以上の仕様がはっきりしていませんが、少なくとも64bitのCPUが必要になります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

お使いのパソコンが64bitCPUなのか確認する手順

ご自身がお使いのパソコンに64bitCPUが搭載されているかどうかは、Windowsの「システム」からわかります。

①画面の左下、Windowsアイコンを右クリック

Windowsアイコン

②メニューから「システム」を選択

Windows メニュー

③画面右下「デバイスの仕様」を見る

Windows システム

④「システムの種類」の右端を見ると、64bitCPUかどうかわかります。

  • x64 ベース プロセッサ・・・64bitCPU
  • x86 ベース プロセッサ・・・32bitCPU

Windows システム

32bitCPUだった場合、Windows11へのアップデートはできません。

Windows10のサポートが終わる2025年10月までに、Windows11が稼働するパソコンへの買い換え、または対応するCPUを載せられるマザーボードへの入れ替えなど、何らかの対策が必要です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

現在対応予定のCPUなのかチェックするには

さらに64bitCPUのすべてが、Windows11に対応しているわけではありません。

お使いのパソコンのCPUがWindows11対応しているかどうかは、Microsoftの公式サイトで調べればわかります。

今秋のリリースまでに、まだ対応を検討中のCPUも

64bitCPUの中でも、現在のところ対応しているのは以下のCPUとなります。

  • Intel 第8世代プロセッサ
  • AMD Zen 2
  • Qualcomm 7/8 シリーズ

おおよそ2018年より最近に発売されたパソコンであればほぼ対応しています。
さらに Intel 第7世代プロセッサ、AMD Zen 1への対応も現在検討中です。

(参考:Update on Windows 11 minimum system requirements | Windows Insider Blog

Windows11対応のCPUかどうかチェックする方法

お使いのPCのCPUが、Windows11に対応するか公式サイトで調べてみましょう。

①パソコンに載っているCPUの型番を調べる

先ほど開いた「システム」→「デバイスの仕様」をもう一度見て、「プロセッサ」に書いてあるCPUの型番をチェックしておきます。

CPUの型番

上記の例では「Intel Core i7-8700」が型名になります。

②Microsoftのサイトに掲載されているか調べる

次に下記のMicrosoft公式ページから、お使いのパソコンのCPUを探します。おそらくほとんどの方が「Intel」です。

[メーカーごとのCPU対応ページ]

リストにはたくさんのCPUが掲載されています。ブラウザ上から[Ctrl+F]キーなどを使い検索すれば見つかりやすいですよ。

CPUのリスト

「Intel Core i7-8700」はリストに掲載されているため、Windows11に対応しているパソコンだとわかります。

このリストに掲載されていなければ、現在のところWindows11には対応していません。

しかし64bitCPUの場合、現在このリストに載っていなくても、今秋のリリースまでに対応される可能性もあります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

CPUがWindows11に対応されなかった場合の対策

CPUがWindows11対応に該当しなかった場合には、以下のような対応が必要になると考えられます。

1.引き続きWindows10を利用する

Windows10のサポートが終了する2025年10月14日までは、引き続きWindows10を使えます。サポート終了までに新しいパソコンにリプレースするなど、先々での対応が必要です。

2.新しいパソコンに買い換える

現在発売されているPCは、Windows11へのアップデートに対応しています。これから新しいPCを用意するなら、Windows11対応を心配する必要はありません。

3.パーツを交換する

デスクトップPCなど拡張性のあるパソコンで、CPUだけがWindows11に対応していなかった場合、対応済みのCPUに載せ替えて対応できる可能性もあります。メーカの既成PCでは難しいでしょう。自作PCでは対応できる可能性があります。

しかしこのような場合、CPUを載せるマザーボード(基板)ごと交換が必要になる可能性が高いです。新しいパソコンの買い換えを検討したほうが、コストは安く済むかもしれません。

4.無理やりWindows11にアップグレードする

レジストリを編集してチェックを回避して第6世代以前の古いPCにインストールする方法をMicrosoftは公開しています。マイクロソフト社の公式情報は以下のページ(英語)です。中段のWarning部分に記載されています。
自己責任で実行ください、とのことですのでお気を付けください。

Ways to install Windows 11

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    Windows11に対応するCPUの種類まとめ

    Windows11に対応するCPUの種類と、対策方法について解説しました。

    Windows11には64bitCPUが必要となり、今まで対応していた32bitCPUには非対応となりました。この記事ではWindows11に対応したCPUを見分ける方法について解説しました。Windows11へアップデートを考えていらっしゃる方はぜひご確認ください。

    CPU以外にも、Windows11で必要とされるハードウェア要件は全体的に少々厳しくなっています。CPUだけでなくパソコン全体を見て、最終的な対応を決めるのが良いでしょう。

    一般的に購入して5年を超えてくると寿命が近くなってきます。買い替えることもご検討ください。

    パソコンの寿命は何年?買い替えのタイミングと延命方法
    長い間パソコンを使っていると動作が重いと感じたことがありませんか?可能性としてパソコンの寿命が近づいている場合があります。この記事では、パソコン買い換えのタイミングとパソコンの寿命が近づいたときどんな症状が発生するのか事例、延命方法をまとめました。

    Windows11関連記事

    ▼通常のWindows11へのアップグレード方法は以下の記事を参考ください。

    【2024年最新】Windows10からWindows11に無料・無償でアップグレードする方法
    出張相談は050-6877-6115、Windows10からWindows11にアップグレードする際の事前確認事項や注意点とアップグレードの方法、Windows11のメリット、デメリット、不具合等について

    Windows11の初期化、再インストールについては以下の記事をご参考ください。

    Windows11を再インストールする色々な方法まとめ
    Windows11を初期状態にする方法のまとめ記事となります。「PCのリセット」を利用した初期化の種類や手順、インストールメディアによる初期化の方法を紹介します。また、windows再インストールにあたってどのようなオプションを実施すべきかについても説明をしています。

    ▼Windows11のアップグレードの要件については、以下の記事を参照ください。

    「Windows11を実行するための最小システム要件を満たしていません」でもアップグレードする方法
    「このPCは現在、Windows11を実行するための最小システム要件を満たしていません」と表示される場合2パターンあります。設定でWindows11にアップグレードできるケースとそもそもそのパソコンがWindows11に対応していないケースです。
    Windows11でHDDモデルPCが遅くなる?Windows10からのアップグレードで注意!
    Windows11をHDDで動作しているPCで、HDDの大幅な劣化や故障、動作不良を起こしているケースがみられるようです。Windows11とHDD・SSDに関する情報や、Windows11の切り替えに当たってのストレージ選定に関する情報を取りまとめています。

    ▼Windows11へアップグレードしても、10日以内ならダウングレードできます。

    Windows11からWindows10にダウングレードする方法
    いつの間にかWindows11にアップグレードされて困った人も多いのではないでしょうか。この記事では、Windows11にアップグレードしたけど慣れているWindows10に戻したい(ダウングレード)したい人に向けて手順をまとめました。

    ▼Windows11の新機能、カスタマイズ方法は以下の記事を参照ください。

    Windows11の新機能とWindows10の違い
    今年2021年中にWindows11が発表されることが明らかになりました。 Windows10が最新であった時は、アップデートの更新によりバージョンアップしていく最後のOSだと言われていたのに、やはりアップデートによる更新だけでは追い付かな...
    Windows11のスタートボタンを画面左側に表示する方法
    Windows11が2021年10月5日に正式リリースされました。従来の画面より見た目(UI)が一新されています。この記事では中央に表示されているスタートメニューをWindows10のように左側へ変更し表示する方法をまとめました。
    Windows11の右クリックをWindows10と同じに戻す方法
    Windows11ではUIが刷新され、Windows10で表示されていた「その他の項目」は右クリックメニューの「その他のオプションを表示」に格納されました。この記事では従来のように右クリックを押したらすぐにメニューが表示する変更方法をまとめました。
    Microsoft EdgeでInternet Explorerを使うIEモードを設定する方法
    Windows11がリリースされましたが、従来まで搭載されていたInternet Explorerが今回未搭載になりました。この記事ではWindows11でInternet Explorerで表示する便利な機能「IEモード」について解説いたします。

    関連記事

    土日祝日受付可能

    電話 05068776115受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する