Windows 32bitと62bitの違い

過去にこちらのブログでWindowsのバージョン、エディションについて解説をしましたが、その時エディションの箇所に記載があった32bit,64bitという言葉について今回は解説をしていきます。

Windowsのバージョン、エディションを確認する方法
自分の使っているPCがWindows〇〇ということは把握していても、PCのエディションになるとわからないという人もいるのでないでしょうか? そんな時に、すぐに調べてわかるように、PCのバージョン、エディションがわかる方法を挙げていきました...

 

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

32bitと62bit、bitという単位について

bitというのは情報の単位と思っておいてよいでしょう。PCが一度に処理できる情報の量を32bit、62bitという数値で表していて、32bitとは2の32乗64bitとは2の64乗の情報量を表しています。
32bit、62bitはわかりやすく言うとCPUの違い記憶装置(CPU)のbit幅の違いとも表現できます。

記憶装置
主にレジスタのことを指します。PCの中のメモリというと「キャッシュメモリ」というのを聞いたことがある人がいるかもしれませんが、レジスタはキャッシュメモリよりも高速で、コンピューターの中で最も高速に情報を処理できる記憶媒体と言われています。主に演算や結果の記憶に使われています。
レジスタの容量が大きい方が処理がより高速化し、一度に処理できる情報量も増えます。つまり64bitの方が早く処理でき、処理できる情報量も増えると言えます。

bit数の調べ方

WindowsキーXキーを同時に押してコントロールパネルを表示します。
コントロールパネルの中から「システムとセキュリティ」をクリックし、システムをクリックします。


「コンピューターの基本的な情報の表示」という画面になるので、「システムの種類」という項目を確認します。


〇bitオペレーティングシステム」という記載があるので、ここで確認ができます。

32bitと64bit、それぞれのメモリ容量

32bitメモリ容量の上限は4GBと言われています。しかしWindowsではメモリマップドIOというしくみを採用しているため、実際の上限は3.3GB程度だと言われています。Home,Pro共通です。
64bitの方のメモリ上限は128GB(Proは2TB)です。

メモリマップドIOとは
Windowsのメモリの一部をIOの制御に使っている。IOとは入出力の意味。そのため、実際に使用できるメモリは上限の4GB(32bitの場合)よりも下回っている。
HDDの容量は?
32bitの場合はだいたい2TBまで64bitの場合は2TB以上となっています。

アップグレードで注意したいこと

64bit版で32bit版は動作するのか

Windows10の64bitのCPUで32bitの命令を実行することができます。これはWindows10の64bit版の中に32bit版のライブラリ(動作環境)が含まれているからです。しかし32bitのCPUで64bitのCPUの命令を実行することはできません
またWindows以外のOSの場合はLinuxのように64bit版だからと言って、32bitの動作環境を含んでいないOSもあります。

32bitと62bit、まとめ

現在はHDDは3TBが主流と容量が進化してきており、同じく記憶媒体のSSDもテラバイトに進化きています。既に現状32bitで適応できない状況が大きくなってきているので、これからを考えるなら64bitに照準を合わせていったほうが得策でしょう。Windows10をお使いの人は64bitが主流となっているので問題ありませんが、32bit版のWindws7からWindows10にアップグレードした人は例外的に32bit版のWindows10を使っていることになるのでご注意ください。

コメント