サポート|Windows7を32bit版から64bit版に変更、メモリー増設

サポート|Windows7を32bit版から64bit版に変更、メモリー増設
パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

本日のサポートは、有楽町の会社にOSの再インストール作業でした。

以前より不調を訴えておりました社長さまのパソコンをスペックを増強した上で、Windowsを再インストールすることになっておりました。

1 メモリを増設
2 より高性能なWindows7の64bit版をインストール

上記の手順で作業してきました。

メモリーの増設作業

最初にパソコンのケースを開けて中を確認。
Windows7再インストールとメモリー増設

空いているスロットに購入したメモリー(8Gx2)を挿入。
Windows7再インストールとメモリー増設

Windows7を32bit版から64bit版へ

DSP版のWindows7/64bitを購入

今回購入したOSは「DSP版」のWindows7/64bitです。DSP版とはパソコンのパーツや周辺機器とセットで販売されていて、単体で買うより安く手に入れることができるのです。
Windows7再インストールとメモリー増設

Windows7を32bit版から64bitに変更し、メモリーも増設する今回のケースにはピッタリのパッケージです。

OSのインストール|BIOSのboot設定

始めに、BIOSの設定で起動順位の変更を行います。CD-ROM、DVD-ROMから起動 (BOOT) に設定することでディスクからのインストールが可能になります。この設定をしないと、ディスクを挿入していても普通にWindowsが立ち上がってしまうので、インストール前には確認しておきましょう。
Windows7再インストールとメモリー増設

BIOS画面の表示方法は各メーカーによって多少違いますが、一般的には、再起動時に画面が真っ黒くなった状態で「F2」か「Delete」ボタンを連打すると立ち上がります。ただ、パソコンによっては「F10」ボタンを押す場合もあるので、そこは各メーカーのサイトで確認してください。

ディスク0のパーティションにWindowsはインストールできません

Windows7再インストールとメモリー増設
順調に行くと思われたOSのインストールでしたが、C:ドライブのどのパーティションを選択しても、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクにはMBRパーティションがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」とのエラー表示。

ネットで調べると、要するにC:ドライブをフォーマットしなければ新しいWindowsはインストール出来ないことが判明。

C:ドライブのユーザ情報をバックアップ

C:ドライブをフォーマットしてしまうと、現在使っているユーザ情報(デスクトップやお気に入り、メールの設定情報など)も全て無くなってしまうので、まずはそちらを外付けHDDにバックアップすることにしました。

ユーザ情報の場所は「C:ドライブ」→「ユーザ」→「ご自分のユーザ名」フォルダです。このフォルダ内のデータを全てコピーしますが、ここでひとつ大事な注意点。隠しフォルダ/ファイルを表示するように表示設定を変更し、その隠しフォルダ/ファイルも全てバックアップしてください。
Windows7再インストールとメモリー増設

隠しフォルダの表示方法はこちらを参考にしてください。
http://policy.jugem.cc/?eid=296

OSのインストールとユーザ情報の移行

C:ドライブのユーザ情報を抜き出した所でやっとOSのインストールです。インストールが終わったら、ドライバ等をインストールし、先ほどのユーザ情報を新しいWindowsのユーザ情報に上書きします。場所は先程と同じです。全フォルダを選択してまるまる移動させましょう。
Windows7再インストールとメモリー増設

これで以前使っていた設定が移行できているはずです。

メールの設定、各種ソフトのインストール

ここまでくれば、あと少しです。Officeをインストールして、ウィルス対策ソフトやプリンターのドライバなど必要なソフトをインストールしていきます。

最後にメールの設定です。メールのデータファイルを現在のOutlookに紐付けします。以前のOutlookデータファイルの場所は、先ほど移動したユーザデータの中の「ドキュメント」→「Outlook」の中です。詳しい設定方法については以前書いた記事で詳しく説明しているので、そちらをご覧ください。
https://togeonet.co.jp/post-1670

メール設定の際にはこちらのソフトも便利です。


以上、サポート報告でした。

コメント

  1. […] このフォルダ内のデータを全てコピーし、新しいPCのユーザ情報へ上書きコピーします。詳しいやり方はコチラの記事でも説明しているので参考にしてください。 https://togeonet.co.jp/post-1695 […]

  2. 宇山誠一 より:

    今回W7-PRO 32BITを64BITにグレードアップしようと思いメモリは4GB
    から8GBに増やしました。CPUはi7-2.1GHです。そこであるツールを使って
    先にC-DRIVEを消去しました。この場合にはW7-PRO 64BIT版の正規版か
    DSP版かでCD-DRIVEからインストールする必要があるのですか?
    この場合各DRIVEはインストール中正しく表示されますか?
    なぜかというと今までプロダクトキーを売っているダウンロードW7ではCD
    に焼いても起動しませんでした。また他のパソコンのW7-PRO 64BITの
    パソコンのウインドウズをバックアップしたものをCDでやいても復元でドライブを認識しませんでした。おそらく装置/ハードウエアがコピーされていないので認識できないのと思いますが?
    今オークションでDSP版をゲットする予定ですが中古でも大丈夫ですか
    プロダクトキーはついているようですが?

    • togeo.net より:

      >宇山誠一さま
      コメントいただきありがとうございます。ご連絡が遅くなり申し訳ございません。

       >この場合にはW7-PRO 64BIT版の正規版かDSP版かでCD-DRIVEからインストールする必要があるのですか?
        はい。必要です。BIOSのBoot設定でCD-ROMドライブを1番上にしてからインストール作業をしてください。

       >この場合各DRIVEはインストール中正しく表示されますか?
      されると思います。

       >今までプロダクトキーを売っているダウンロードW7ではCDに焼いても起動しませんでした。
        BIOSのBootの優先順位の設定をしていないのでは?

       >他のパソコンのW7-PRO 64BITのパソコンのウインドウズをバックアップしたものをCDでやいても復元でドライブを認識しませんでした。
      それはそうだと思います。Windowsをインストールすることと、Windowsのデータを移すことは別の事ですので。

       >今オークションでDSP版をゲットする予定ですが中古でも大丈夫ですか。プロダクトキーはついているようですが?
        正直何とも言えません。使えるかもしれませんし、使えないかもしれません。その販売者の評価をよく確認して購入された方がいいです。