LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

パソコン間でファイル共有をする方法
スポンサーリンク

ノートパソコンにデスクトップパソコンのファイルをコピーしたい時、みなさんはどのようにしていますか?USBメモリを使うか、メールに添付して送信するか、Dropboxやグーグルドライブのようなクラウドストレージを使うか。方法は色々とありますが、このページでは同じネットワークに接続されているパソコン同士なら、簡単な設定でNAS化、サーバ化して直接ファイルのやりとりができるようになる方法をお伝えします。自宅の複数のWindowsパソコンの間で簡単にファイル共有を自作することができます。また無線Wifiを準備すればiPhone, iPad, Androidなどのスマホとタブレットからアクセスすることもできるようになります。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

パソコン間でファイル共有の設定をする

その設定とは「ファイル共有」というものです。大規模な会社などでは慎重に扱う必要がある機能ですが、少人数の規模であれば簡単な設定をするだけで問題なく使えます。(ただし、社内サーバーやNASが設置してある場合はこの機能を使う必要はないので、そちらをお使いください。)

設定の手順

  1. パソコン側の共有設定
  2. 共有したいフォルダの共有設定

設定の手順は、まずパソコン側の共有設定を有効にします。続いて、共有したいファイルが保存されている「フォルダ」に対して、共有の設定を行い完了となります。

設定完了後に他のパソコンでエクスプローラーを開き、「ネットワーク」という項目を見ると、先ほど設定したパソコン名が表示されているはずです。そのパソコンをクリックすると共有設定したフォルダーが表示されるので、あとは通常の操作でファイルをコピーなどすればいいだけです。

手順1:パソコンの共有設定をオンにする

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

タスクバー上にあるネットワークのアイコンを右クリックします。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

次に、「ネットワークと共有センターを開く」をクリック。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

「共有の詳細設定の変更」をクリックします。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

詳細設定の画面が表示されたら、「ファイルとプリンターの共有を有効にする」をクリックします。これでパソコン本体の共有設定は完了になります。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法
先程の、「ファイルとプリンターの共有を有効にする」の設定項目の場所から、下にスクロールすると、「パスワード保護共有」という設定項目があります。こちらは、ファイル共有をするパソコンに接続する際にパスワードが必要かどうかの設定になります。パスワードが無い方が簡単に接続できるので、こちらの設定をOFFにしておきましょう。

手順2:フォルダーに共有設定をする?

続いてフォルダーに共有設定をします。ここではデスクトップに「共有フォルダー」という名前のフォルダーを作成しました。共有したいフォルダーを右クリックし、「共有」「特定のユーザー」を選択してください。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

ファイル共有のダイアログが表示されたら、プルダウンメニューの項目から「Everyone」を選択して「追加」ボタンを押してください。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

下のボックスに「Everyone」が表示されたら、その右にある「アクセス許可のレベル」「読み取り/書き込み」に変更します。最後に「共有」ボタンをクリックすれば設定完了となります。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

手順3:フォルダーに共有設定をする?

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法
共有するフォルダーの設定がもうひとつあります。先程と同じように、フォルダー上で右クリックしメニューを表示させます。一番下の「プロパティ」を選択してください。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法
共有フォルダのプロパティ画面が表示されます。画面上部の「共有タブ」を選択し、「詳細な共有」ボタンを押してください。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法
画面上部の「このフォルダーを共有する」にチェックを入れます。チェックを入れたら、「アクセス許可」ボタンを押してください。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法
アクセス許可画面の「許可」の全てのチェックボックスにチェックを入れてください。フルコントロールをチェックすれば、全ての項目にチェックが入ります。これで共有の設定作業は完了になります。

手順4:他のパソコンから共有フォルダーを見る

同じLANに接続されている別のパソコンでエクスプローラーを開くと、共有設定したパソコンが表示され、それをクリックしていけば共有設定したフォルダーが表示されます。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

同じLANで接続されているパソコンであれば、Macパソコンでも共有可能です。

LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法

異なるOS間(Windows10⇔Windows7など)で共有フォルダを設定しても共有フォルダが見えないことがあります。その場合は以下の記事も参考ください。
Windows10アップデート後に共有フォルダ/NASが見えない!!接続できない!!SMBv1の無効化が原因
Windows10のアップデート後に、社内の共有フォルダが見れなくなった(NASにアクセスできなくなった)というお問い合わせをよくいただきます。原因は様々ですが、多くのケースでSMBの設定が原因となっています。もし同様のトラブルに遭遇し...

ワークグループとホームグループに注意

Windowsには複数のパソコンで共有を行うために、ワークグループとホームグループという2種類のネットワークがあります。動画や音楽を共有するだけならホームグループのほうが簡単ですが、Windows7以降でないと使えないため、ワークグループを設定しておきたいところです。

ワークグループは「スタートボタン」を右クリック→「コントロールパネル」「システムとセキュリティ」「システム」で確認や設定変更ができます。

社内ネットワーク間でのファイル共有は「NAS or サーバ」がベスト

ご家庭の利用であれば以上のようなファイル共有で十分だと思われますが業務でファイル共有をするなら、パソコン同士をネットワークで繋ぐより、セキュリティー面や、ファイル保護の観点から「NAS(もしくは社内サーバ)」の利用をオススメいたします。以下に理由を5つ上げました。ご参考ください。

理由01 そもそも筐体の耐久性が全然違う

NAS/社内サーバもパソコンもCPUやメモリ、HDD/SSDなどで構成されていることは変わりありません。しかし使い方が違います。パソコンの場合は作業用に使うことから「メインタスクをしっかり処理する」ことに重点が置かれています。それに対してNASや社内サーバは「24時間365日連続稼働を前提として一度に多くの要求を処理する」ことに重点が置かれています。パーツも用途に合わせてNASや社内サーバでは耐久性が高いものが選択されているのです。

理由02 多種多様なアクセス手段が提供されている

一口にファイル共有と言ってもその実現手段はいくつかの方式があります。SMBが一般的ですがAFP、FTP、NFS、DAVなどいろいろな方式がありそれぞれメリットやデメリットがあります。NASや社内サーバは多くのファイル共有手段を備えており、社外からのアクセスに標準で対応しているNASもあります。

理由03 大切なデータをしっかり保護・管理できる

NASは、一般的に複数のHDDに分散してデータを書き込んでいる(※RAID)ため、故障によるデータ消失のリスク、業務が止まるリスクを非常に低くすることができます。さらにデータバックアップのための仕組みがあらかじめ用意されており別のHDDにバックアップも取ることで、確実にデータを保護することができます。クラウドストレージと連携してクラウドバックアップが出来る機種もあります。

理由04 情報漏えい等、セキュリティー上の問題も解決

社員それぞれのPC内にデータがあると、そのパソコン(外付けHDD)が壊れた場合、大切なデータを失うことになります。さらに、社員のパソコンから情報漏えいする可能性も十分考えられます。NASにデータを集約しておけば、そのようなリスクを減らすことができます。

理由05 データへのアクセス制限を設定し、社内でもデータを守る

NASでは、データごとにアクセスできる人を制限することが可能です。データの重要度に応じて、アクセス権限を設定し、社内の中でもデータを守ります。

※RAIDについては以下の記事をご覧ください。

バックアップとRAIDの違いとは?社内データを守る方法【パソコン,NAS,サーバ】
「RAID」と「バックアップ」を利用して大切なデータを完璧に守る方法をご紹介。【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595

以下は実際に弊社がNASを導入させていただいたお客様の事例になります。

【社内ファイル共有】法人向けNAS新規設定(入れ替え)サポートとデータ移行
今回のITサポート報告は、古くなったNASの入れ替え作業です。こちらの会社のNASは、5年ほど前に弊社で設置したもので、データ容量的に厳しくなってきたので、新しいNASに入れ替えることになりました。 そもそも「NAS」って何? ...

まとめ

ご家庭の利用であれば以上のようなパソコンを使ったファイル共有でも十分だと思われます。

一方で社内でのファイル共有は、パソコンをネットワークで繋ぐより、セキュリティー面やファイル保護の観点から「NAS」や「社内サーバ」を利用するべきです。

費用も数万円で収まるので、コスト面を見てもいい投資になると思います。NASの設置や入れ替えをご検討されている中小企業のご担当者様は、お気軽にご相談ください。迅速・丁寧に対応させていただきます。

関連記事一覧

中小企業で使うNAS、共有サーバの種類と選び方 | 必要な機能,おすすめ製品
社内やオフィス内にて、ネットワーク経由でファイル共有をしたり、データの保管場所として便利なNAS(network attached storage/読み方:ナス)ですが、みなさんの会社ではお使いでしょうか?社内サーバに比べ、値段も安く、設定...
【社内ファイル共有】法人向けNAS新規設定(入れ替え)サポートとデータ移行
今回のITサポート報告は、古くなったNASの入れ替え作業です。こちらの会社のNASは、5年ほど前に弊社で設置したもので、データ容量的に厳しくなってきたので、新しいNASに入れ替えることになりました。 そもそも「NAS」って何? ...
Windows10アップデート後に共有フォルダ/NASが見えない!!接続できない!!SMBv1の無効化が原因
Windows10のアップデート後に、社内の共有フォルダが見れなくなった(NASにアクセスできなくなった)というお問い合わせをよくいただきます。原因は様々ですが、多くのケースでSMBの設定が原因となっています。もし同様のトラブルに遭遇し...
社内サーバは「Windowsサーバ」と「Linux(リナックス)サーバ」どちらを選ぶべきか?
先日、某不動産仲介会社に社内サーバを新規で設置してきました。そちらの会社では、主にファイル共有用としてNASを使われていたのですが、同時接続可能人数が30人程度のNASに100人以上がアクセスしていたため、速度が遅くなったり、ファイルが開け...
会社(パソコン)のデータを確実にバックアップする方法/やり方
私が言うまでもなく会社(パソコン)のデータをバックアップすることはとても大切なことです。多くの会社がバックアップの重要性は理解しているものの、「正しいバックアップの方法(やり方)」が分からず各社員に任せていたり、ほぼやっていないケースもある...
【法人用ファイルサーバー】業務でNASを使うときに注意すべきこと
「サポート報告」でもよく書いていますが、法人向けのITサポートをしていると、社内サーバやNASを設置して欲しいというご依頼をよく受けます。特にNASはサーバよりも費用が安価なため、小規模事業所などでは導入されるケースが多いようです。今回は「...
社内サーバをクラウド化するための課題、メリットとデメリットは
寿命がきたサーバを新しいサーバへ入れ替える際に、お客様より「社内サーバのクラウド化」についてよくご質問を受けます。 クラウドシステムはみなさんもご存知の通り便利ではありますが、社内のシステムをクラウド化しようとすると、越えなければなら...
古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】
今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。 こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなってきたことと、OSのバージョンも古くなっていたので、新しいサーバに取り替えることになりました。 W...
バックアップとRAIDの違いとは?社内データを守る方法【パソコン,NAS,サーバ】
「RAID」と「バックアップ」を利用して大切なデータを完璧に守る方法をご紹介。【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
社内データ(サーバ,NAS,パソコン,スマホ)を完全に保護するバックアップ方法
みなさんの会社ではデータのバックアップはどのようにやっているでしょうか? PCのHDDはいつ故障するか予想できないので、大切なデータは確実にバックアップしておきたいものです。このページでは、重要なデータ消失の危険性を回避し、データを完...
社内にNASを導入する時に注意しなければいけない事
意外に知られていないNAS導入時に注意しなければいけないことについて解説【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
ITサポート報告・古いサーバを使い続ける"コスト"と"リスク"を考える
古いサーバを使い続ける"コスト"と"リスク"について私なりの意見です。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
ITサポート訪問|社内データをクラウド上に自動バックアップ(SugarSync)する方法
出張サポート|社内データをクラウド上に自動的にバックアップするように設定してきました。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595

コメント