古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】

古くなったサーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003サポート終了】
パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。

こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなってきたことと、OSのバージョンも古くなっていたので、新しいサーバに取り替えることになりました。

スポンサーリンク

Windows Server 2003 サポート終了

2015年7月15日にWindows Server 2003のサポートが終了しました。そのタイミングでサーバを入れ替えた会社も沢山あるとおもいますが、万が一、現在もWindows Server 2003を使用しているようでしたら、すぐにOSのバージョンアップか、新しいサーバに切り替えてください。

今回のお客様はwindows server 2008をお使いでしたので、まだサポート期限まで余裕はありましたが、新しいマシンを購入したのでOSもバージョンアップさせました。

購入した新サーバの構成

【ハードウェア要件】
筐体Dell社 PowerEdge T130 Server
CPUインテル® Xeon® プロセッサー E3-1220v5
(3.0GHz,8MBCache,4C/4T,69W)
メモリ8GB(UDIMM / 2133 MT/s , ECC)
HDD500GB 7.2K RPM SATA 3Gbps 3.5in Hard Drive
フォルダ構成Cドライブ:150GB    Dドライブ:330GB
OSMicrosoft® Windows Server® 2012 R2 Standard Edition

サーバ入れ替え作業(準備日)

  • コンピュータ名とIPの変更
  • 仮パスワードを設定
  • Cドライブは150GB、Dドライブは330Gに割り当てる
  • ウイルスバスターの移行の準備(現行のバージョンやライセンスの確認)
  • 旧サーバの共有ファイルを新サーバに同期設定
  • リモートデスクトップ有効化(作業のため、終了後無効化)
  • Teamviewerインストール(作業のため、終了後アンインストール)
  • 新サーバの基本的なセットアップ、データの移行、必要な機能の有効化

準備段階でやることは、主に共有ファイルを新サーバに同期させることです。サーバともなるとデータ容量が大きくなるので同期にはかなりの時間が必要になります。

あとは、ウイルス対策ソフトの移行手順を確認しておくことが重要になります。各メーカーによって移行の手順が違いますし、移行時のみ古いサーバのバージョンに合わせないと上手くいかないパターンなど色々注意点があります。

サーバ入れ替え作業(本番)

  • 共有フォルダ同期中の差分データを新サーバに移行
  • 新サーバのIPとサーバ名を変更
  • 旧サーバの電源を落とし撤去し、旧サーバの場所に新サーバを設置
  • サーバの共有ファイルにアクセスできるか確認
  • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0をインストール後に9.0SP3へアップデート
  • 各クライアントPCを再起動してウイルスソフトが適用されたことを確認
  • スキャンの設定(新しいスキャンフォルダを新規作成し既存の設定は削除)
  • 不要なファイル処理と不要なソフトのアンインストール

最後に、新サーバ管理画面のパスワードとIDをご担当者に設定していただき終了となりました。

まとめ

最近はクラウドサーバをご利用されている企業も多くなってきましたが、今回サポートした法律事務所のような会社はやはり自社でデータを管理されたいそうで、社内サーバを強くご希望されています。

よく、クラウドサーバと社内サーバどちらが良いのですか?という質問を受けます。答えは「どちらも優れています」です。会社の規模や、働き方によってその企業に合ったサーバを選んでいただくのがベストだと思います。

社内サーバは設置する時はある程度まとまった金額が必要にはなりますが、長い目で見るとクラウドサーバよりお得だったりもします。サーバの事でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。御社にとって最適なサーバ環境をご提案させていただきます。

【ITサポート】社内サーバ/NAS関連記事

【社内ファイル共有】法人向けNAS新規設定(入れ替え)サポートとデータ移行
今回のITサポート報告は、古くなったNASの入れ替え作業です。こちらの会社のNASは、5年ほど前に弊社で設置したもので、データ容量的に厳しくなってきたので、新しいNASに入れ替えることになりました。 そもそも「NAS」って何? ...
【サポート事例】故障して接続できないNAS Buffalo LinkStationからデータを取り出して復旧するまで
弊社で以前導入させていただいたお客様のBuffalo社のNAS、NAS(Buffalo社製LinkStation LS220D0202G)で障害が発生しました。その記録を公開します。似たような現象でお困りならお気軽にお問い合わせください。 ...
社内サーバは「Windowsサーバ」と「Linux(リナックス)サーバ」どちらを選ぶべきか?
先日、某不動産仲介会社に社内サーバを新規で設置してきました。そちらの会社では、主にファイル共有用としてNASを使われていたのですが、同時接続可能人数が30人程度のNASに100人以上がアクセスしていたため、速度が遅くなったり、ファイルが開け...
会社(パソコン)のデータを確実にバックアップする方法/やり方
私が言うまでもなく会社(パソコン)のデータをバックアップすることはとても大切なことです。多くの会社がバックアップの重要性は理解しているものの、「正しいバックアップの方法(やり方)」が分からず各社員に任せていたり、ほぼやっていないケースもある...
【法人用ファイルサーバー】業務でNASを使うときに注意すべきこと
「サポート報告」でもよく書いていますが、法人向けのITサポートをしていると、社内サーバやNASを設置して欲しいというご依頼をよく受けます。特にNASはサーバよりも費用が安価なため、小規模事業所などでは導入されるケースが多いようです。今回は「...
社内サーバをクラウド化するための課題、メリットとデメリットは
寿命がきたサーバを新しいサーバへ入れ替える際に、お客様より「社内サーバのクラウド化」についてよくご質問を受けます。 クラウドシステムはみなさんもご存知の通り便利ではありますが、社内のシステムをクラウド化しようとすると、越えなければなら...
古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】
今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。 こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなってきたことと、OSのバージョンも古くなっていたので、新しいサーバに取り替えることになりました。 W...
バックアップとRAIDの違いとは?社内データを守る方法【パソコン,NAS,サーバ】
「RAID」と「バックアップ」を利用して大切なデータを完璧に守る方法をご紹介。【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
社内データ(サーバ,NAS,パソコン,スマホ)を完全に保護するバックアップ方法
みなさんの会社ではデータのバックアップはどのようにやっているでしょうか? PCのHDDはいつ故障するか予想できないので、大切なデータは確実にバックアップしておきたいものです。このページでは、重要なデータ消失の危険性を回避し、データを完...
社内にNASを導入する時に注意しなければいけない事
意外に知られていないNAS導入時に注意しなければいけないことについて解説【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
ITサポート報告・古いサーバを使い続ける"コスト"と"リスク"を考える
古いサーバを使い続ける"コスト"と"リスク"について私なりの意見です。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
ITサポート訪問|社内データをクラウド上に自動バックアップ(SugarSync)する方法
出張サポート|社内データをクラウド上に自動的にバックアップするように設定してきました。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法
ノートパソコンにデスクトップパソコンのファイルをコピーしたい時、みなさんはどのようにしていますか?USBメモリを使うか、メールに添付して送信するか、Dropboxやグーグルドライブのようなクラウドストレージを使うか。方法は色々とありますが、...

コメント