【法人用ファイルサーバー】業務でNASを使うときに注意すべきこと

業務でNASを使うときに注意すべきこと

「サポート報告」でもよく書いていますが、法人向けのITサポートをしていると、社内サーバやNASを設置して欲しいというご依頼をよく受けます。特にNASはサーバよりも費用が安価なため、小規模事業所などでは導入されるケースが多いようです。今回は「業務でNASを使う際に注意すべきこと」についてお話しします。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

NASを導入するメリット

会社にNASを導入すると具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?下記にいくつか書き出してみました。

簡単にデータ共有ができる

NASを使っていないのであれば、データのやり取りはUSBメモリーやCD-ROMといったメディアが中心になると思います。もちろんそれでも構いませんが、NASであれば共有フォルダにデータを置くだけで、社内全員がそのデータにアクセスできます。USBメモリーの様に、各々のパソコンに挿してコピーしてもらう必要はありませんし、CD-ROMなどにデータを書き込む手間も省けます。

データの安全に管理できる

よくあるパターンとして、大切なデータが社員それぞれのパソコンの中だけにあり、そのパソコンが壊れたらデータもアウトというような状態のまま業務をされているということです。NASであれば重要なデータは共有フォルダにて一括管理でき、バックアップもとっているのでデータを失う危険性はかなり低くなります。

データにアクセスする人を制限できる

フォルダごとにアクセス権限を付与することで、特定のデータにアクセスできる人を制限することが可能できます。例えば、経理関係のデータは経理部の方と、社長だけが見れるようにするといったことも簡単にできます。

大容量データも共有可能

NASは大容量のデータを共有するのにも向いています。無料で使えるクラウドストレージサービス(「Googleドライブ」や「OneDrive]、「Dropbox」)はインターネットを介するため、転送速度が回線の速度に依存します。NASは社内ネットワークですのでストレスなくファイルの送受信が可能です。

どんなNASを選べばいい?

では、実際にNASを購入する時はどんなNASを選べばいいのでしょうか?次の事に気をつけて選ぶといいと思います。

自動バックアップ機能がついている

NASを設置したら必ず外付けのHDDにバックアップをとります。そのため、自動バックアップ機能がついているNASを選ぶようにしてください。

RAID1又はRAID6に対応している

バックアップとは別にRAID(レイド)も導入しましょう。RAIDとは複数のハードディスクでデータを補完し合い、障害が起こった場合でもハードディスクの機能が維持されるシステムです。RAIDにはRAID1,5,6,0の種類があります。容量が少ない場合はRAID1、多い場合はRAID6の機能があるNASを選択してください。

データ容量

データ容量は、大体4〜5年間分のデータ量の倍ぐらいの容量でいいと思います。また、バックアップ用の外付けハードディスクは、NASよりも多くのデータを保存するため、さらに大きい容量が必要になります。

HDDを交換できるタイプ

基本的には、24時間365日動き続ける物なので、故障していなくても3年に1度はHDDを交換した方が安全です。そのために、HDDを取り出せるタイプのNASを選んだ方が良いでしょう。

UPSとの連動機能

落雷など、突然の停電でNASやハードディスクが壊れてしまうケースがあります。そういった事態を未然に防ぐために、UPS(無停電電源装置)の設置はかかせません。UPSと連動してNASを自動シャットダウンしてくれる機能がついているかどうか確認しましょう。

設定作業

NASを購入したら今度は設定作業が待っています。実際にどんな作業をするのかというと、先日、ちょうどNASの入れ替え作業をしてきましたので、こちらのサポート報告をご覧ください。

新規お客様のサポート(NASの入れ替え、データ移行、VPNの設定)
先日、社内環境調査(詳しくはこちらをご覧ください)を行った会社へ再度サポート訪問。今回はNASの入れ替え作業とVPNの設定がメインの作業となりました。 NASの入れ替え(移行)設定作業 新しいNASに共有フォルダを作成し、ユーザ作成と各...

まとめ

いかがでしたでしょうか?NASを1つ購入・設置するだけでも、これだけの確認事項と設定項目があることがお分かりいただけたと思います。もし、NAS導入をご検討の際は「とげおネット」までお問い合わせください。御社に最適なNASを設置させていただきます。

【ITサポート】社内サーバ/NAS関連記事

【社内ファイル共有】法人向けNAS新規設定(入れ替え)サポートとデータ移行
今回のITサポート報告は、古くなったNASの入れ替え作業です。こちらの会社のNASは、5年ほど前に弊社で設置したもので、データ容量的に厳しくなってきたので、新しいNASに入れ替えることになりました。 そもそも「NAS」って何? ...
【サポート事例】故障して接続できないNAS Buffalo LinkStationからデータを取り出して復旧するまで
弊社で以前導入させていただいたお客様のBuffalo社のNAS、NAS(Buffalo社製LinkStation LS220D0202G)で障害が発生しました。その記録を公開します。似たような現象でお困りならお気軽にお問い合わせください。 ...
社内サーバは「Windowsサーバ」と「Linux(リナックス)サーバ」どちらを選ぶべきか?
先日、某不動産仲介会社に社内サーバを新規で設置してきました。そちらの会社では、主にファイル共有用としてNASを使われていたのですが、同時接続可能人数が30人程度のNASに100人以上がアクセスしていたため、速度が遅くなったり、ファイルが開け...
会社(パソコン)のデータを確実にバックアップする方法/やり方
私が言うまでもなく会社(パソコン)のデータをバックアップすることはとても大切なことです。多くの会社がバックアップの重要性は理解しているものの、「正しいバックアップの方法(やり方)」が分からず各社員に任せていたり、ほぼやっていないケースもある...
【法人用ファイルサーバー】業務でNASを使うときに注意すべきこと
「サポート報告」でもよく書いていますが、法人向けのITサポートをしていると、社内サーバやNASを設置して欲しいというご依頼をよく受けます。特にNASはサーバよりも費用が安価なため、小規模事業所などでは導入されるケースが多いようです。今回は「...
社内サーバをクラウド化するための課題、メリットとデメリットは
寿命がきたサーバを新しいサーバへ入れ替える際に、お客様より「社内サーバのクラウド化」についてよくご質問を受けます。 クラウドシステムはみなさんもご存知の通り便利ではありますが、社内のシステムをクラウド化しようとすると、越えなければなら...
古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】
今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。 こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなってきたことと、OSのバージョンも古くなっていたので、新しいサーバに取り替えることになりました。 W...
バックアップとRAIDの違いとは?社内データを守る方法【パソコン,NAS,サーバ】
「RAID」と「バックアップ」を利用して大切なデータを完璧に守る方法をご紹介。【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
社内データ(サーバ,NAS,パソコン,スマホ)を完全に保護するバックアップ方法
みなさんの会社ではデータのバックアップはどのようにやっているでしょうか? PCのHDDはいつ故障するか予想できないので、大切なデータは確実にバックアップしておきたいものです。このページでは、重要なデータ消失の危険性を回避し、データを完...
社内にNASを導入する時に注意しなければいけない事
意外に知られていないNAS導入時に注意しなければいけないことについて解説【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
ITサポート報告・古いサーバを使い続ける"コスト"と"リスク"を考える
古いサーバを使い続ける"コスト"と"リスク"について私なりの意見です。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
ITサポート訪問|社内データをクラウド上に自動バックアップ(SugarSync)する方法
出張サポート|社内データをクラウド上に自動的にバックアップするように設定してきました。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法
ノートパソコンにデスクトップパソコンのファイルをコピーしたい時、みなさんはどのようにしていますか?USBメモリを使うか、メールに添付して送信するか、Dropboxやグーグルドライブのようなクラウドストレージを使うか。方法は色々とありますが、...

コメント