当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

WindowsとMacが混在する環境で最適なファイル共有の方法

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

最近ではWindowsとmacOS、両方を利用する会社は少なくは無いと思われますが、過去両OSのファイル共有で、大変な経験をされた方も多いのではないでしょうか。

それには歴史的な経緯がありWindowsとMacOSの両方のOSから利用可能なファイル共有の仕組みがありませんでした。しかし2022年現在ではすでに過去の話となっております。

このページではWindows/macOSの仕様とその互換性や、対応NASについてを解説いたします。

メーカーごとにちょっとづつ違いがありNASに求める条件によって選ぶべき機種が異なってきます。どのような機種を選定すればよいのか準備はどうすればよいのか、とげおネットにご相談いただければ適したNASをご提案することが出来ます。お気軽に電話やフォームでお問い合わせください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

2023年現在WindowsとMacOSの共有で問題が起こることはほぼない

2023年となった現在ではWindowsでもMacOSでもSMBを利用してファイル共有を行います。

AFPはMacOSでもうサポートされていませんので基本的に使わないようにしましょう。

ただしMacOSでSMBを利用する場合もOSX10.14 Mojaveより新しいバージョンをお勧めします。それ以前のバージョンではSMB接続で上手く動かないことがあるからです。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

WindowsとmacOSのファイル共有の歴史について

WindowsとmacOSのファイル共有特性について

WindowsとmacOSの「ファイル共有」の歴史は、それぞれ別々の道をたどってきました。

Windowsにて標準的に使用されるファイル共有プロトコルはSMB(Server Message Block)が主流です。

macOSもようやく「Windowsに渋々対応するように」SMBへの対応が進められるようになってきました。

同じく、NAS(Network Attached Storage)についても、SMBプロトコルを使用して、ストレージの管理やデータの送受信をすることが殆どです。

なお、SMBプロトコルにはバージョン1,2,3のバリエーションが存在しています。

NASも、メーカーやモデルによって、対応するSMBプロトコルのバージョンが違うのです。

Windowsにおいては、元よりSMBプロトコルを利用した共有ファイル送受信が行われてきましたが、macOSではAFP(Apple Filing Protocol)が利用されてきました。

やがて、お互いのファイル共有プロトコルの仕様の取り込みが行われ、ようやく、Windows/macOS間でのファイル送受信が可能となった歴史があります。

その両OS間で架け橋となったプロトコルは、SMBが主流となりました。

ですが未だに、両OSにて、制約や特性がいくつか存在するのも事実なのです。

Windowsのファイル共有

Windowsにおいては、SMBバージョン1,2,3を経てきたことから、長い歴史があるのですが、現在では、SMB1.0は標準で使用できなくなりました。

SMB1.0には、重大な脆弱性があることがわかり、その脆弱性を利用した、ウィルスや攻撃が世界的に蔓延したのです。

かの有名なランサムウェア、Wannacryは、SMB1.0の弱点を正確に突き「セキュリティの甘い各PCを次々と暗号化し、身代金を要求する」という悪行をまき散らしていきました。

その流れからMicrosoftは、アップデートの中でSMB1.0の使用禁止を行うことになりました。

現在のWindows10などのOSについては、SMB1.0は原則で使用禁止となっています。一応使えるようにする設定はありますがお勧めは出来ません。

Windows10,11から共有フォルダが見えない時の確認点(SMBv1の設定)
Windows10のアップデート後に、社内の共有フォルダが見れなくなった(NASにアクセスできなくなった)というお問い合わせをよくいただきます。原因は様々ですが、多くのケースでSMBの設定が原因となっています。もし同様のトラブルに遭遇した際は、こちらの設定を確認してみてください

macOSのファイル共有

macOSのファイル共有プロトコルは、一昔前までAFPが主流でした。このころMacとWindowsで共通のファイル共有環境を構築するのは大変でした。

その後度々の不具合が発生しつつも、徐々にSMBプロトコルへの対応が行われるようになりました。現在のmacOSでは、AFPプロトコルのサポートが基本的に終了しています。

OS X 10.13 High Sierra以前のバージョンだと、SMB対応が不完全で不具合が発生することが報告されていました。

そしてOSX10.14 Mojaveで不具合なく利用できるようになりました。

しかし逆にOS X 10.15 CatalinaではSMB機能について不具合が多く出てしまい、その対応が待たれる状況となってしまいました。

その後MacOS 11 Big Sur, 12 MontereyとSMBで不具合なく利用できるようになっております。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Windows/MacOS対応のNAS

Windows/MacOS対応のNAS

両OSへおすすめしたいNASは、SMBのバージョン2以上に対応したものです。

下記、おすすめのNASをピックアップしてみました。

両OSに対応可能なNASをピックアップ

NASにおいて、いつも一番手に名乗りを挙げるのは、BuffaloのLinkstaion, Terastationシリーズです。

ライバルであるI-O DATAのLAN DISKとともに、お求めやすい価格で、Windows/macOS対応のNASを続々とリリースしています。

常に最新のネットワークドライブシステムを手がけている、Synology社のNASもすすめです。

Synology社はSSD向けにRAID F1を開発しています。

RAID F1とは、RAID5構成のSSDへの書き込みを更に分散させることで、SSDの耐障害性を向上させたシステムとなっています。

NASを導入する上での注意点1、動作保証の確認

いくら安価なNASを導入したいとはいえ、危険なのは、NASソフトウェアのテストや動作検証が満足にされていないメーカーを選んでしまうことです。

特にmacOSとの互換性については、新参メーカーであったり、リリース前に十分な動作検証をしていないメーカーなどは、度々の不具合が発生することもあります。

例えば過去、masOSとQNAP NASにて「ファイル閲覧不可」という事象を確認しています。

こういった場合、NASのOS(Firmware)の更新を待たなくてはならない事態となりますが、メーカーの中には「アップデートの開発が遅い」最悪「開発が終了してしまった」こともあり、多大な時間と労力が要される可能性があります。

以上のことから、メーカーや機種選びには、慎重になることを推奨したいです。

NASの中には、OSにWindows Serverを採用し、メーカーソフトウェアをミドルウェアとして搭載している構成もあります。

近年のWindows Serverは、macOSとの互換性も問題なくなってきており安心してお使いいただけるはずです。

NASを導入する上での注意点2、文字コードの違い

WindowsやMacでは文字コードの扱いが異なり最近では大きな問題が起きることは減っていますが、まだ一部問題が起こることがあります。以下のページもご参考ください。

ZIPファイルを文字化けせずに圧縮・解凍するための方法
ZIPファイルを解凍するとファイル名が文字化けすることがあります。サイトからダウンロードしたり、WindowsとMacの間でファイルをやり取りするときは注意が必要です。注意点をまとめましたのでご参考ください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    WindowsとMacが混在する環境でのファイル共有まとめ

    WindowsとMacOSが混在する環境で最適なNASを導入するにはどういったことを検討すればよいかまとめました。実際の導入に当たってご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

    ファイル共有に関する関連記事

    ファイル共有に関する記事もご参考ください。

    【2024年版】中小企業向け・ファイル保存への課題対処、NASの選び方
    中小零細企業ではどのようなNASを選ぶべき(購入すべき)か?そのポイントについて詳しく解説していきます。メーカごとにちょっとづつ違いがありNASに求める要件によって選ぶべき機種が異なってきますので選定の際の参考にしてください。
    Windowsパソコンで簡単にファイル共有する方法
    Windowsのパソコン同士で簡単にお手軽にファイル共有する場合の方法をまとめました。本格利用にはNASという機器を使った方が良いですが簡単にできる方法ですのでお試しください。
    USB外付けHDDをネットワークファイル共有で使う、3つの方法!
    パソコンにUSBの外付けHDDを接続し、データを保管することは、多くの方がやっていることかと思います。外付けHDDをネットワーク共有で使うために考えうる「3つの方法」について、考察し、手順を解説いたします。
    社内サーバをクラウド化するための課題、メリットとデメリットは
    新型コロナウイルス肺炎の影響でテレワーク、在宅ワークの導入、設定の問い合わせが増えています。リモートワークに必要なツールは「メール」「チャットツール」などありますがそのうち「ファイル共有のクラウド化」についてまとめてみました。
    バックアップとRAIDの違いとは?社内データを守る方法【パソコン,NAS,サーバ】
    突然ですが、「RAID」と「バックアップ」の違い、分かりますか? どうしてこんな質問をするかというと、「RAID」を「バックアップ」と勘違いされている方が結構いらっしゃるからです。加えて、「RAID」には、「RAID0」や「RAID1」デー...
    社外からNASの共有ファイルにアクセスする簡単な方法
    在宅勤務・テレワークに必要なデータ共有を、NASの設定ソフトだけで簡単に利用可能な方法について、主要メーカーの紹介も踏まえて紹介します。
    誤れば情報流出も!?NASの適切な廃棄方法
    NASの安全な廃棄方法について説明しています。ソフトウェアによる消去、物理的破壊、廃棄業者への依頼についての注意点や留意点を説明しております。

    弊社のファイルサーバ、NASに関わるサポート事例

    サポート報告 NASクラッシュのフォロー
    某専門商社様へサポートのお伺い 先月NAS(共有用のHDD)がクラッシュしてしまったお客様。 バックアップには大方のデータが残っていましたが 直近のバックアップが失敗していた上に復旧していたデータも一部欠損していました。 なるべく多くのデー...
    新規お客様のサポート(NASの入れ替え、データ移行、VPNの設定)
    先日、社内環境調査(詳しくはこちらをご覧ください)を行った会社へ再度サポート訪問。今回はNASの入れ替え作業とVPNの設定がメインの作業となりました。 NASの入れ替え(移行)設定作業 新しいNASに共有フォルダを作成し、ユーザ作成と各フォ...
    古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】
    今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。 こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなってきたことと、OSのバージョンも古くなっていたので、新しいサーバに取り替えることになりました。 Windo...
    【社内ファイル共有】法人向けNAS新規設定(入れ替え)サポートとデータ移行
    今回のITサポート報告は、古くなったNASの入れ替え作業です。こちらの会社のNASは、5年ほど前に弊社で設置したもので、データ容量的に厳しくなってきたので、新しいNASに入れ替えることになりました。 そもそも「NAS」って何? NAS(ナス...
    【NASの修理】IODATAのLANDISKが故障!!HDDを交換して復旧するまでを公開/サポート事例
    お客様のI-ODATA社のNAS、LANDISKで障害が発生しました。復旧するまでの記録を公開します。共有フォルダーとしてデータの共有をしていたNASです。内蔵HDDハードディスクを交換してデータを復旧する作業手順、設定方法をお伝えいたします。
    【サポート事例】故障して接続できないNAS Buffalo LinkStationからデータを取り出して復旧するまで
    弊社で以前導入させていただいたお客様のBuffalo社のNAS、NAS(Buffalo社製LinkStation LS220D0202G)で障害が発生しました。その記録を公開します。 パソコンと違ってRAIDを構築していたりする場合、下手に...

    土日祝日受付可能

    電話 05068776155受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する