当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

会社のPCを一元管理する「ActiveDirectory」とは?

会社のPCを一元管理する「ActiveDirectory」とは?

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

社内のパソコンの台数が増えると管理がとても大変になります。セキュリティも心配ですし、1台1台見て回るというのも限界があります。

Microsoft社はPCを一括管理するための仕組み「Active Directory」という仕組みが用意されております。この記事ではActive Direcotryについて説明します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

社内のパソコンを一括管理するActive Directoryとは

Windowsは昔からPCを管理するための仕組みとして「Active Directory」という仕組みを提供しており、社内の端末、ユーザアカウント、社内のその他リソースの管理を一元管理できるようになっておりました。

ただしActive Directoryは、その資料を読んでも「専門用語が満載」で、何が何だかよく分からないという印象をお持ちの方は非常に多いかもしれません。

ですので、仕組みそのものではなく、「導入して出来ること」に注目したらいかがでしょうか?マイクロソフト自身もたくさんの資料を出しています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Active Directoryの導入メリットを簡単に理解するための資料

Active Directory 簡単 資料

難しいところを省いて非常に簡潔に1枚の資料にまとめたものが以上の図になります。

Active Directory(AD)サーバを導入することで許可されたユーザアカウントと許可されたPC端末だけが共通のユーザやパスワードでただ一度のログイン処理だけ(シングルサインオン)で社内のファイルサーバー(共有ファイル)や様々な社内業務システム、社内リソース(Wifiやプリンタなど)にアクセスできるように設定可能になります。当然ですがユーザやその端末ごとに権限を設定することでその挙動を制御(グループポリシーやWSUSなど)することが出来ます。これらの許可、制御設定はADサーバで一括で設定が可能です(もちろん端末側でやらなければいけない設定もありますが)

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Active Directoryの導入デメリット

Active Directoryは技術的なハードルが高いため、導入には専門知識を持ったエンジニアが必要です。導入したら導入したでADサーバが壊れてしまうと社内のユーザ情報が全て飛んでなくなってしまうため安定的に運用するためにもエンジニアが必要です。場合によっては外部業者に委託しないといけないかもしれません。

またサーバ自体が高価であるため導入・運用費用がかかります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

MicroSoft社が提供しているActive Directoryに関する資料

Microsoft社のActive Directoryの公式の説明は以下のリンクからアクセス出来ます。

Active Directory(アクティブ・ディレクトリ)

【資料】Active Directoryのすすめ Microsoft

【資料】Active Directoryのすすめ Microsoft

資料をダウンロードする

Active Directoryはなぜ必要なのか

Active Directoryはなぜ必要なのか
基礎から分かるActive Directory再入門

Active Directoryでできること

Active Directoryでできること
Active Directoryの構築について

上記で紹介したサイトなどを参考に、まずは「Active Directory」の全体像を理解し、どんな事が可能になって、会社にとってどんなメリットがあるか確認してみるところから始めてみるといいかもしれません。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Active Directory導入時の注意点

Active Directoryを導入するにはいくつかの注意点がありますのでご注意ください。

Active Directory導入の事前準備

・Windows Serverが必要です。また利用人数に応じてライセンスもご購入いただく必要があります。Windows Serverのライセンス体系は複雑で分かりづらいですが必ずご準備ください。
・社内の様々な機器と認証を統合するには機器自体がActive Directory認証に対応している必要があります。機器の仕様をご確認ください。
・Active Directoryに参加するパソコンはProエディション(法人向けパソコン)である必要があります。HomeエディションのパソコンはActive Directoryで利用することはできません。作業前に利用中のパソコンのエディション確認を行い必要に応じて新しく購入いただく必要があるかもしれません。

Windowsのバージョン、エディションを確認する方法
PCを修理に出す時、トラブル解決の時など、様々なシーンでWindows PCのバージョン、エディションを知っておくと便利です。この記事ではWindows PCのバージョンとエディションとは何か解説し、PCからこれらを確認する方法をまとめています。
Windows10 HomeとProの違いについて
Windows10にはHome,Pro,Enterprise,Education,Sなどのエディションが用意されています。 今回解説するHomeとProは家電屋さんなどの量販店やメーカー直販サイトでも購入できるので、割と身近に感じることがで...

Active Directory導入作業時の注意

Active Directoryに参加させるパソコンについては利用ユーザを切り替える必要があります。台数によっては大きな作業になってしまいますので新しいパソコンを導入する時などと合わせて作業されると良いかもしれません。

1台のパソコンを複数人で使いたい!Windowsにユーザを追加する方法
Windowsパソコンに新しいユーザーアカウントを追加すると、1台のPCを複数人で利用できます。他ユーザーの設定に影響しないため、自分だけのパソコンのように使え便利です。この記事ではWindows10/11での設定手順を図解入りで解説します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

クラウドベースのMicrosoft Entra ID(旧Azure AD)

最近はクラウド中心で業務を進める会社も多いと思われます。Microsoftはクラウド時代に合わせたMicrosoft Entra IDという製品が展開されています。
Microsoft が提供するクラウドベースの ユーザ管理プログラムです。Microsoft Entra IDについては別記事にまとめましたのでご参考ください。

Microsoft Entra ID(旧Azure AD)とは?Microsoft365でも使われるクラウド時代の認証サービス
これまで組織管理をwindowsServerのActiveDirectoryで管理してきた組織にとって、クラウド認証基盤のMicrosoft Entra ID(旧Azure AD)は新しい選択肢となります。Microsoft Entra IDが従来の組織管理に、そして将来の社内システムにどのように関わるかまとめました。

Microsoft Entra IDの公式ページは以下の通りです(日本語表示しても一部英語のようですがご参考ください)

Microsoft Entra ID(旧Azure AD)

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

他社製の管理ツールもあります

Microsoft社以外の会社からもパソコン管理用のツールは多数販売されています。購入を検討なら「社内PC管理」などのキーワードで色々な会社の製品を比較してみるのも良いでしょう。監視のための独自サービスがついていたり、Active Directoryと連携して組み合わせて利用したり各社色々な機能が用意されています。

この記事では詳しく触れませんでしたがApple社も端末管理のためのプログラムを発売しています。元々は個人の利用を想定しており「複数台」まとめて管理する機能は、なかったのですが、近年になってApple Business Manager(ABM)」というApple製品を管理するためのプログラムが提供されるようになりました。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まとめ

正直な所、中小企業のシステム担当者が、細かなところまで「Active Directory」の設定を理解し、正しく導入するというのは非常に難しいです。

そういう時こそ、弊社の力をお使いください。全力でお手伝いさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

WindowsUpdateを管理したい!WSUSという選択
企業や組織がWindowsUpdateを適用するうえで注意すべき点を解決する方法にWSUSの導入があります。しかしWSUSの運用にも注意点があるため、WSUSの実用に基づいた情報を紹介しています。
パスワードを「管理」する!パスワードに関するまとめ
パスワードに関する基本的な考え方や存在するリスク、パスワードを管理する方式について説明しています。パスワード管理の代表的なサービスの紹介や、パスワードに変わる新しい認証についても解説をしています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!