Windows10 HomeとProの違いについて

Windows10 HomeとProの違いについて

Windows10にはHome,Pro,Enterprise,Education,Sなどのエディションが用意されています。

Windowsのバージョン、エディションを確認する方法
PCを修理に出す時、トラブル解決の時など、様々なシーンでWindows PCのバージョン、エディションを知っておくと便利です。この記事ではWindows PCのバージョンとエディションとは何か解説し、PCからこれらを確認する方法をまとめています。

今回解説するHomeProは家電屋さんなどの量販店やメーカー直販サイトでも購入できるので、割と身近に感じることができるかもしれません。

Windows10 HomeとProの主な違い

一番大きな違いは、Proの方には組織(会社等)での管理機能であるActive Directoryグループポリシーといった特徴がある点になります。Active Directory、グループポリシーについて詳しくは下の方で解説していきます。
これらの機能があることで、Proの方が「管理機能が充実している」ということになります。他にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

Windows Updateの時に表示される画面など、HomeとProの間に違いがあります。

Windows10 Proの特徴

HomeにはなくProにはある機能の特徴は以下になります。

・ドメインへの参加
・BitLockerの利用
・Hyper-Vの使用
・グループポリシーの管理
・リモートデスクトップ機能(ホスト)

それぞれどのような機能なのか詳細を説明していきます。

ドメインへの参加

Windowsネットワークの管理単位であるActiveDirectoryドメインに参加することで、ネットワーク上にあるファイルやサーバー、プリンターなどを利用することができます。ドメイン参加しているPCは共通のID,PWでログインなどを利用でき、また管理を行う方もドメイン参加したPCを一括管理できるので、会社などで使う時には利便性がよいことが特徴です。

Active Directoryの詳細については以下の記事もご参考ください。

会社のPCを一元管理する「ActiveDirectory」とは?
社内のパソコンの台数が増えると管理がとても大変になります。セキュリティも心配ですし、1台1台見て回るというのも限界があります。 Microsoft社はPCを一括管理するための仕組み「Active Directory」という仕組みが用意...

BitLockerの利用

暗号化をするソフトウェアのことです。情報を暗号化して漏れにくくします。ドライブ全体やUSBメモリも暗号化することができます。詳しくは以下のページをご参考ください。

「BitLocker回復」が起動時に表示される!原因や解除方法は?
PCを起動すると、通常のwindows起動画面ではなく、青い画面の「BitLocker回復」が表示されてしまう場合について、原因と対処方法、及びBitLockerの基本的な特徴と仕組みについて説明しています。

Hyper-Vの使用

Hyper-VはMicrosoftの仮想化ソフトのことです。仮想化をすることで、1台のPCの中に複数のOSを構築することができます。

グループポリシーの管理

PCに対して共通のセキュリティポリシーを一括で設定できるので多数のPCを統括するのに便利です。これはActive Directoryに付属する機能とお考え下さい。

リモートデスクトップ機能(ホスト)

Homeでも(遠隔操作)リモート接続のクライアント側のPCにはなることはできるのですが、Proしかホスト側にはなれませんという制約があります。

リモートデスクトップの機能については、以下の記事もご参考ください。

Windows10の標準機能リモートデスクトップ接続で安価にテレワークする方法
テレワーク推奨の動きですっかりリモート通信が主流になってきた昨今ですが、元々リモート機能が備わったPCがあることはご存知でしたか?今回は主にビジネス用で使われるWindows10Proのリモート通信の使い方について説明していきます。

HomeでもProと同等に利用できるか?

このような特色の違いはありますが、例えHomeを購入したとしても、フリーソフトや有償のアプリなどを購入することで、Proの機能もカバーできることが多くあります。

代表的なソフトを以下に挙げておきます。

Proにある機能   関連するソフトウェア
Hyper-V ・・・VMware Workstation
BitLocker・・・ED アタッシュケース セキュリティ・ウェアハウス

しかし、求める機能の精度やセキュリティ管理面を挙げていこうとするなら、それなりにコストがかかってしまうので、結果として「元々Proを購入しておいた方が安価であった」ということも多々あるでしょう。
でもそんな時でも心配することはありません。下で解説するようにアップグレードという方法で、windows10をHomeからProへアップグレードすることも可能です。

Windows10 HomeからWindows10 Proへアップグレードする方法

HomeとProの違いがわかったところで、Proの機能についてよくわかっていればProを購入したのに・・・と後悔する人がいるかもしれませんね。
でも心配いりませんよ。わざわざPCを買い直さなくても、HomeからProへアップグレードする方法もあります。もちろん有償とはなりますが、ProのPCをわざわざ買い直すよりは安価でしょう。

料金:¥13,824

 

購入の手順

スタートボタンから設定を開き「Windows の設定」を開きます。

Windows10の設定の画面で更新とセキュリティのボタンを四角で囲んでいる

Windows10の設定のWindows Updateの画面

「更新とセキュリティ」と進み「Windows Update」の画面を表示します。
左側に「ライセンス認証」という項目があるので、クリックをします。

Windows10の設定のライセンス認証の画面

この画面のエディションという欄で現在使っているエディションが「Windows10 Home」となっていることを確認してください。

次に真ん中の方にある「Microsoft Storeに移動」という箇所をクリックします。

画面が移ったら「購入」をクリックします。

Microsoftアカウントにサインインをし、次へ進んでいき、画面の流れに沿って決済手続きを済ませます。

Windows10 Proがインストールされるので、最後に再び「ライセンス認証」の画面でエディションの欄が「Windows10 Pro」になっていることを確認してください。

HomeとProアプリケーションの機能に違いはない

上に挙げたような特殊な機能についてHomeとProについて違いはありますが、それ以外のアプリケーションの処理などについて差はありません。アプリケーションとはWindowsなどのOSにインストールして使うソフトウェア全般を言います。私たちがPCに向かって何か操作をしている時は、アプリケーションを起動しています。

Windows10 HomeとProの違い、まとめ

いかがでしょうか。
無料ソフトでProの機能をHomeを補完できる点もありますが、ドメインへの参加多くのPCを一括管理する必要があるなら元々Proを購入しておいた方がよいです。業務用でお使いになる場合はProをお勧めします。
量販店などで販売されているプリインストールのWindows10のPCはHomeとProの価格差は8000円~9000円程度です。
もし家庭用であっても金銭的に余裕があり、暗号化ソフトウェアや仮想化ソフトウェアが必要であるなら、初めからProを購入するとよいでしょう。

Windows10に関する基本的な関連記事

Windowsの基本的な要素(キーワード)について以下の記事もご参考ください。

Windows10デスクトップの基本操作と設定の方法まとめ
Windows10での基本画面である「デスクトップ」は、従来のWindowsとほとんど同じですが、タスクバーの機能やアクションセンターなどが大きく異なります。最初は使いづらく感じてしまう人もいるかもしれませんが、このページを参考にしながら新しいデスクトップに慣れてください。
Windows10の基本操作:エクスプローラーの見方、使い方
エクスプローラーとは、ファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。ファイルを開く、コピーする、削除するなどの操作ができる重要なものだけに、使い方はしっかり覚えておきたいものです。 デスクトップの基本的な要素(キーワード)について知りたい...
Windowsのバージョン、エディションを確認する方法
PCを修理に出す時、トラブル解決の時など、様々なシーンでWindows PCのバージョン、エディションを知っておくと便利です。この記事ではWindows PCのバージョンとエディションとは何か解説し、PCからこれらを確認する方法をまとめています。
Windows 32bitと62bitの違いと確認方法
自分のPCのバージョン、エディションを調べた時に、bitという表記があることに気づいた人はいますか?今回はこのbitの意味や定義などについて解説をしています。ただの単位だと捉えてるよりも、意味を把握しておいた方がよりPCの理解が深まるはずです。

内容に関する注意事項

あくまで参考情報となりますので、本サイトの記述に従って設定をされるときは自己責任にてお願い致します。状況によって取るべき手段が異なり全てのケースを網羅出来ているわけではありませんので記述通りに設定すれば必ず設定出来るわけではございません。ご了承ください。

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区,
葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市,
武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

パソコン修理/ITサポートブログ
PC,LAN,WiFi,NASの出張トラブル解決,中小企業のITサポートは(株)とげおネット