Windows10でコントロールパネルを開く方法

windows10になり、よく使うコントロールパネルがすぐに開けなくなったり、方法がわからないという人がよくいます。
そんな人のためにコントロールパネルのわかりやすい開き方を挙げていきます。

Windows10でコントロールパネルを開く方法を、簡単な順にご紹介していきます。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

Windows8からは「設定」が用意されましたが・・・

Windows10の設定を開く

Windows8から新しく「設定」というメニューが追加されWindows10では基本的に「設定」からPCの各種設定をすることになりました。スタートボタンの「歯車」マークから開きます。

Windows10の設定

しかし「設定」では細かいところに手が届かず「コントロールパネル」からでないと設定できないことがあるのです。そういったときには「コントロールパネル」を開きましょう。

Winキー+Pauseキーで開く方法

Winキー+Pauseキー
で[システム]画面が開きます。

左上の赤い線で囲っている[コントロールパネルホーム]をクリックします。

この方法は簡単ですが、PCによってはPauseキーがないので使えないことがあります。

Pauseキーは実行中のプログラムを一時停止するためにあるのですが、PCによってはないケースもあります。なくてもメーカー、機種によっては代用キーでPauseキーの代わりとなることもあります。

一例として

・Fnキー+P

・ScrLkキー+Ctrlキー

※ScrLkキーはScrLook、ScreenLockと表記されることも有

などが一般的です。

まずはPuseキーを使って操作したいのにキーボードに見当たらない場合は、お使いのPCメーカーのHPや問い合わせサービスなどで確認をしたほうがよいでしょう。

コルタナ、エクスプローラの検索欄から開く方法

コルタナの検索欄またはエクスプローラのアドレス欄に「control」と入力します。

赤で囲ったところに「control」と入力します。

コマンドを入力する方法

Winキー+R
「ファイル名を指定して実行」に「control」と入力します。

 

エクスプローラから開く方法

エクスプローラをクリックします。

クイックアクセスと出ている欄の左↑上向きの矢印をクリックします。

この方法は意外と知られていませんが、簡単な方法なので、ぜひ覚えておくとよいですね。

代表的な方法は以上となります。

まとめ

コントロールパネルは、PCやOSの設定を変更したりする場所で、ユーザーアカウントの管理やセキュリティの設定などで使います。PCを扱っていくうえでよく使うので、どれか一つでもコントロールパネルの開き方を覚えておいて、いざというときにすぐに開けるようにしておきたいですね。

コントロールパネルを開く時間を少しでも削減して、肝心な作業に時間をかけられるようにしていけるとよいです。

コメント