当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

【解説】オンプレミスとクラウドの移行時の注意点

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

社内システムの取り扱いがテレワークの普及によって、企業が常に検討しなければいけない事項になりました。昔のサーバや社内システムをそのまま使っていませんか?

また最近話題にあがるから、社内システムをクラウドに移行しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

社内システムをクラウドとオンプレミスどちらで運用したらいいかは、システム規模や運用内容によって異なります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

オンプレミス・クラウドとは?


●オンプレミス
オンプレミス(自社サーバー)は、企業がサーバー、ネットワーク、ソフトウェアなどを自社で構築し、社内で管理・運用する形態を指します。

▼オンプレミスの特徴
・自社構築のためカスタマイズが自由にできる
・運用する際の安全性が高い
・セキュリティの強化が可能で、機密情報を扱う企業に向き
・社内ネットワークを利用するため、回線の速度や質も安定

●クラウド
クラウドはインターネットを通して必要なサービスにアクセスし、利用する形態を指します。

▼クラウドの特徴
・自社サーバで必要とされた機器をインターネット経由で利用できる仕組み
・必要な時に必要なだけサーバーリソース(CPUやメモリ、ディスクなど)やソフトウェアを利用できる
・物理サーバーの保守運用が必要がない

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

オンプレミスとはクラウドの違い

オンプレミスとクラウドの違いについて整理しておきましょう。6つのポイントでそれぞれ比較し、表にまとめました。

オンプレミス クラウド
インフラ機器の調達期間 機器調達に時間がかかる Web上でアカウント登録するとすぐに利用可能
カスタマイズ性 自前でカスタマイズが可能 クラウドサービスの範囲内でカスタマイズが可能
導入費用/維持費用 初期費用高い 初期費用低い
災害時の対応 自社の近くで地震などの災害が起こると、甚大な被害を被る可能性あり クラウド上にデータがあるため、環境を切り替えて対応することができる
障害発生時の対応 サーバーが置いてある現地に行き復旧しなければならない サービス提供をしている事業者が復旧作業を行う
ネットワークセキュリティ 自社内の環境下でシステム構築と運用ができる オンプレと比較するとセキュリティが弱い

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

オンプレミスからクラウドに移行するときの注意点

自社サービスにあったタイプか確認すること

自社サービスの移行は、どちらのタイプか確認すること
①環境ごとの移行か
②データ移行のみか

稼働が停止すると業務に支障がでるシステムは、どのくらいの日数で移行が可能か予備日程も含め確認し、スケジュールを組みましょう。

サーバー運用にかかるコストを確認すること

サーバー運用費用によっては、オンプレミスのままにするのも必要です。クラウドは使用するサービス体系や使用量によって、コストが変動します。

本当に必要なコストか確認しましょう。

セキュリティ面を考えること

オンプレミスとクラウドで考慮すべきセキュリティ項目の違いを挙げ、自社のセキュリティレベルにどちらが近い確認しましょう。

オンプレミス クラウド
自社開発が可能であること 提供しているシステムがどのようにリスク対応をしているか確認できること
技術力が高い企業である、リソースがあること クラウドシステムのサポート体制(連絡できる時間帯や方法)が自社とマッチしていること
災害時のサーバ対応が自社で決まっていること セキュリティ監査を定期的に実施すること

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

システムを移行する上で重要な手順

システム移行時の一番避けるべきことは、システム移行が失敗し自社の仕事に悪影響がでることです。
そのために一番大事なことは、「移行計画・手順・リスク回避」を明確にしておくことです。

①システムを停止する手順
②具体的な移行手順
③移行後の動作確認手順

システムの移行に困りごとがあったら、専門業者に依頼することも選択肢のひとつです。
システム移行についてお困りの方は、お問い合わせよりご連絡ください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

結局オンプレミスとクラウドどっちがいいの?

オンプレミスがおすすめな方

・自社開発が可能であること
・技術力が高い企業である、リソースがあること
・自社開発する際、必要なコストとインフラの負担ができること

その他、常にセキュリティサービスのキャッチアップができること

中小企業で使うNAS、ファイル共有サーバーの種類と選び方 | 必要な機能,おすすめ製品
中小零細企業ではどのようなNASを選ぶべき(購入すべき)か?そのポイントについて詳しく解説していきます。メーカごとにちょっとづつ違いがありNASに求める要件によって選ぶべき機種が異なってきますので選定の際の参考にしてください。
社内サーバは「Windowsサーバ」と「Linux(リナックス)サーバ」どちらを選ぶべきか?
先日、某不動産仲介会社に社内サーバを新規で設置してきました。そちらの会社では、主にファイル共有用としてNASを使われていたのですが、同時接続可能人数が30人程度のNASに100人以上がアクセスしていたため、速度が遅くなったり、ファイルが開け...
【法人用ファイルサーバー】業務でNASを使うときに注意すべきこと
「サポート報告」でもよく書いていますが、法人向けのITサポートをしていると、社内サーバやNASを設置して欲しいというご依頼をよく受けます。特にNASはサーバよりも費用が安価なため、小規模事業所などでは導入されるケースが多いようです。今回は「...

クラウドがおすすめな方

・社内で必要な機能を把握できていること
・低コストでシステムを構成するためにクラウドをいくつか比較すること

社内サーバをクラウド化するための課題、メリットとデメリットは
新型コロナウイルス肺炎の影響でテレワーク、在宅ワークの導入、設定の問い合わせが増えています。リモートワークに必要なツールは「メール」「チャットツール」などありますがそのうち「ファイル共有のクラウド化」についてまとめてみました。
大容量ファイルを高速にコピー、移動、削除、同期できるお勧めソフトfastcopy
大容量のファイルを転送する時に、途中で中断されたり、何度も繰り返さないといけないとイライラしますよね。それがフリーソフトを使うことで、イライラすることが少なくなりストレスが大幅に減るのなら使ってみたいですね。 今回は大容量のデータをコピーや...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まとめ

とげおネットは特にオンプレミスのサーバー運用に関する相談実績が多いです。

社内システムの移行の際に困ったいことがありましたら、ぜひとげおネットにご相談ください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!