中小企業で使うNAS、共有サーバの種類と選び方 | 必要な機能,おすすめ製品

中小企業で使うべきNASの選び方 | おすすめ製品と種類

社内やオフィス内にて、ネットワーク経由でファイル共有をしたり、データの保管場所として便利なNAS(network attached storage/読み方:ナス)ですが、みなさんの会社ではお使いでしょうか?社内サーバに比べ、値段も安く、設定コストも抑えられるため、最近多くの法人さまより「設置(入れ替え)依頼」をいただいており毎週のように設定作業を行っています。

そこで今回は、中小企業向けにどのようなNASを選ぶべき(購入すべき)か?そのポイントについて詳しく解説していきます。是非参考にしてください。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

NASの種類

まず、NASにはどんな種類があるかおおまかに把握しておきましょう。

内蔵HDDが1台

多くのNASは複数のHDDに分散してデータを書き込みますが、1台のHDDのみで構成されている低価格帯のNASもあります。量販店でも安く売っていることが多いですし小規模なネットワークで利用するのであれば機能的に十分なので、少人数(家庭規模)の会社でよく使われています。ただし会社で使うなら壊れたときにデータが消えてしまうリスクが高いのでHDDが2台以上積まれている機種をお勧めします。

内蔵HDDが2台以上(RAID機能搭載)

NASの中に2台以上のHDDを内蔵し、各ハードディスクにデータを分散して書き込むことによって、NASを冗長化するシステム(RAIDシステム)を搭載している機種。RAIDの構成によってHDDの故障によるNASの耐久性が変わります。RAIDについてはコチラをご覧ください。

完成品モデルとNASキット

HDDを搭載した状態で売っている完成品モデルと、HDDを別途購入し組み立てるNASキットの2種類があります。完成品モデルは購入後そのまま使えるため最初の労力がかかりませんが拡張性には乏しくなります。NASキットは環境を自由にカスタマイズできますがHDDを別途購入して自力で組み立てる必要があります。

NASキットでHDDを購入する場合NAS向けのHDDをお勧めします。HDDメーカー各社からパソコン向け、サーバ向けなど用途別にいくつかのHDDが販売されています。パソコン向けのHDDに比べると高価なのですがNAS対応のHDDの最大の特徴は24時間365日の稼働を想定した耐久性にありその分価格が高くなっています。以下は各社のNAS向けのHDDになります。

Western Digital Redシリーズ

Amazon | WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Red WD40EFRX SATA3.0 5400rpm 64MB 3年保証 | WESTERNDIGITAL | 内蔵ハードディスク 通販
WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Red WD40EFRX SATA3.0 5400rpm 64MB 3年保証が内蔵ハードディスクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

Seagate IronWolfシリーズ

Amazon | ST4000VN008 [NAS向けHDD IronWolf(4TB 3.5インチ SATA 6G 5900rpm 64MB)] | シーゲート | 内蔵ハードディスク 通販
ST4000VN008 が内蔵ハードディスクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

東芝 N300シリーズ

Amazon | 東芝N300 4TB NAS 3.5"SATA HDD「バルク」(HDWQ140UZSVA) | 東芝(TOSHIBA) | 家電&カメラ
東芝N300 4TB NAS 3.5"SATA HDD「バルク」(HDWQ140UZSVA)が家電&カメラストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

OSがLinux

NASはネットワークを経由してパソコンとやりとりをするため、NASにはOS(基本ソフト)が入っています。家庭用や小規模オフィス向けのNASには、Linux(リナックス)という無料のOSを各メーカーが使いやすいように独自の機能拡張して搭載されていることが多いです。

【LinuxOSのメリット】

  1. 無償で利用できるのでNASの価格も安い。
  2. Windows,Mac両方に対応している。
  3. ファイル共有に必要な機能を一通り備えている。
  4. 筐体が小さいため場所を取らない。

【LinuxOSのデメリット】

  1. 同時接続が少人数(30人程度まで)の機種が多くそれ以上の人数だと遅い。
  2. 古い規格しかないことが多い(USB3.0がついていない、等)。
  3. サーバとしては非力のため「機能はついているけど実運用に使えない」機能がけっこう多い。

OSがWindows Storage Server / Windows Server IoT for Storage

OSといえばWindowsですが、NASにも「Windows Storage Server」というOSがあります。無料のLinuxと比べるとライセンス費用がかかるので、価格は高くなりますが、LinuxOSのNASでは実現できない機能が搭載されています。「機能をストレージ用途に限定したサーバ」という位置づけでいいと思います。会社の規模が大きくなるとLinuxをベースにしたNASでは機能や性能が不足することも多く、その場合こちらのサーバが選択されることも多いです。

2016まではWindows Storage Serverという名称で2019からはWindows Server IoT for Storageという名称に変更されています。

【Windows Storage Serverのメリット】

  1. Windowsのネットワーク環境との親和性が高く、操作もWindowsとほぼ同じ。
  2. Active Directoryに対応。大規模社内ネットワークでのアクセス制限も設定可能。
  3. 多人数での同時アクセスに強く、パフォーマンスが落ちにくい。
  4. サーバとしては安価です。

【Windows Storage Serverのデメリット】

  1. 設定をするのにサーバ知識が必要になります。
  2. NASとしては高価格です。
  3. ファイル共有に特化しているので他の機能と併用は難しい。
  4. OS単体では購入できないため組み込まれたメーカー製品を購入する形になります。

法人向けのNASで必要な機能・選び方

NASのディスク容量を決める

まず一番始めに確認するのが、NASのデータ容量です。新規でNASを購入する際のデータ容量の計算方法ですが、保存するであろう全データ容量(現在お使いのNASに保存されている全データ量の2〜3倍の量が目安となります。

またHDDの容量は慣習で1000Byte=1KBとして計算されています。WindowsやMacでは1024Byte=1KByteで計算、表示されますのでご注意ください。

RAID(レイド)システムを搭載している

データ容量の次に確認するのが、NASにRAID機能が搭載されているかという事です。RAIDとは複数のHDDにデータを分散して書き込むことによって、NAS全体での故障リスクを減らし、より安定した運用を実現するシステムです。機種によって対応しているRAID形式が異なりますので仕様を確認ください。RAIDを利用すると搭載されているデータ容量より使える容量は減りますのでご注意ください

RAID機能が搭載されているNASの中にはホットスワップ機能を備えているものもあります。これはあるHDDが壊れたときもシステムを止めることなく、業務を続けたままでそのHDDを交換できる機能です。さらにあらかじめ予備用のHDDを装着しておきHDDの故障を検知して稼働するHDDを切り替えるホットスペアと言う機能を備えているものもあります。止められないシステムには必須の機能となります。

■主なRAIDの種類■

RAID0データを2つのハードディスクに分散して書き込む。そのため高速にデータを読み書きできますがどちらか一方のハードディスクが故障すると使えなくなってしまいます。
RAID12つのハードディスクに全く同じデータを書き込むミラーリング方式。書き込み速度は遅くなるが、どちらか一方のハードディスクが故障しても運用可能。
RAID53台以上のハードディスクで構成され、各HDDにデータを分散しながら書き込む。1台のHDDが壊れても運用可能。ただし、2台故障すると動作不可となり、データの再生・回復もできなくなります。ハードディスクの台数が増えれば増えるほど高速で読み書き可能です。
RAID6RAID5と似た方式ですが4台以上のハードディスクで構成されます。RAID6では2台目のハードディスクが故障しても稼働可能3台目の故障で動作・回復不可能となり、RAID5より耐障害性が向上しておりRAID5同様にハードディスクの台数が増えれば増えるほど高速で読み書き可能です。
RAID10RAID1とRAID0を組み合わせた方式で4台以上のハードディスクで構成されます。高い耐障害性と高速化の両方を狙う方式です。

※ RAIDで障害が起きた場合は、自己診断せず必ず専門家にご相談ください。最悪の場合、データ復旧不可能となります。以下、弊社によるサポート事例になります。
サポート報告 NASクラッシュのフォロー
■某専門商社様へサポートのお伺い 先月NAS(共有用のHDD)がクラッシュしたお客様。 バックアップには大方のデータが残っていましたが 直近のバックアップが失敗していた上に復旧していたデータも一部欠損していました。 ...
【サポート事例】故障して接続できないNAS Buffalo LinkStationからデータを取り出して復旧するまで
弊社で以前導入させていただいたお客様のBuffalo社のNAS、NAS(Buffalo社製LinkStation LS220D0202G)で障害が発生しました。その記録を公開します。似たような現象でお困りならお気軽にお問い合わせください。 ...
【NASの修理】IODATAのLANDISKが故障!!HDDを交換して復旧するまでを公開/サポート事例
お客様のI-ODATA社のNAS、LANDISKで障害が発生しました。復旧するまでの記録を公開します。共有フォルダーとしてデータの共有をしていたNASです。内蔵HDDハードディスクを交換してデータを復旧する作業手順、設定方法をお伝えいたします。

自動バックアップ機能がある

自動バックアップ機能に関しては、ほぼすべてのNASが対応しています。バックアップの方式には、「フルバックアップ」・「増分バックアップ」・「差分バックアップ」と3つの方法があり、データのサイズや重要度によってバックアップ方式を選択し設定します。またバックアップ方法としてファイル単位のバックアップ(ファイルバックアップ)とシステムを丸ごとバックアップ(イメージバックアップ)の2つの方式があり、購入前にどの方式、どの方法に対応しているのかご確認ください。実際にトラブルが発生したときの復旧方法や時間を考える時に違いが出てきます。
バックアップは外付けのUSBハードディスクや他のNASにデータをバックアップするので、NASとは別に購入していただく必要があります。ただしサーバほど高機能なバックアップ機能は用意されていないことが多いため、特にデータが大容量の場合はサーバも検討されることをお勧めします。

社外からNASの共有データにアクセス

最近は社内に置いてあるNASの共有データにアクセスしたいニーズが増えています。最近のNASは対応しているものも多いです。社外でも社内からと全く同じように利用したい場合にはVPNなどの技術を使うかそれともクラウドストレージサービスを使う方法をお勧めしますが「共有ファイルが見れればそれで充分」と割り切った方法で利用できるならNASは選択肢としてあり、だと思います。

デュアルコア、クアッドコアのCPUを搭載している

デュアルコアのCPUを搭載している
NASには、複数人が同時にアクセスするため、本体にもある程度の処理能力が求められます。そのため、高性能のデュアルコアCPU(コアが2つ)、クアッドコアCPU(コアが4つ)を搭載したモデルをおすすめします。また、CPU自体の性能も機種によってまちまちなので、できるだけ最新のモデルを購入しましょう。

LANの速度が速く、USB3.0に対応している

LANの速度が速く、USB3.0に対応している
LANポートは最低でも「1GBASE-T(1ギガビット・イーサネット)」対応の高速Gigabit対応のものを選んでください。最近は10GBASE-T(10ギガビット・イーサネット)に対応したNASやThunderbolt3(転送速度40Gbps)対応のNASもあります。またUSB3.0にも対応していることを確認しておきましょう。安価なモデルですとUSB2.0にしか対応していないNASもあります。(⚠バックアップ用の外付けHDDも「USB3.0」に対応したモデルを購入してください

クラウド連携について

最近はクラウドストレージとの連携機能が用意されているNASもあります。Amazon S3, Dropbox, Microsoft Azure, OneDrive, Boxなどにデータをアップロードしてクラウドバックアップとして利用することもできます。ただし大容量データになるとアップロード速度が遅いケースが多いのでストレスを感じることが多いかもしれません。その場合は最初のアップロードはパソコン等から行うことをお勧めします。

おすすめのメーカーと製品

社員数10人未満のSOHOや零細企業に適したおすすめのNAS

これらは全てLinuxを元にしてメーカー独自の拡張を加えたものです。

BUFFALO/TeraStation (バッファロー/テラステーション)

BUFFALO/TeraStation LinkStation (バッファロー/テラステーション リンクステーション)
BUFFALOのTeraStation/LinkStationは、国内シェアトップで多くの企業に採用されています。ラインナップが多く安価なモデルLinkStationから高機能なTeraStationまでそろっています。完成品として提供されているためすぐに使うことができます。SMB/CIFSをサポートし、Windows、Macが混在しているネットワークでもファイル共有可能。さらに、グループ・ユーザーごとににアクセス制限を設定でき、安全なデータ管理が行えます。RAID1/0に対応。CPUにAnnapurna Labs Alpine AL212 デュアルコアプロセッサーを採用し、高速化を実現。➡TS3210DN シリーズ

IODATA/LANDISK (アイ・オー・データ/ランディスク)

IODATA/LANDISK (アイ・オー・データ/ランディスク)
IO-DATAではNASのことを「LAN DISK(ランディスク)」という名前で販売している完成品です。基本的な機能はBUFFALO製品と変わりありませんが、シリーズのタイプによって多少機能が異なります。HDL-XRW/2Dシリーズは、HDDを2台増設すれば、4ドライブモデルとして多彩なRAID方式を設定することができます。
HDL2-AAシリーズ

QNAP/TS-431X2-2G (キューナップ/TS-431X2シリーズ)

QNAP/TS-431X2-2G (キューナップ/TS-431X2シリーズ)
QNAPのNASは、NASキットの形で提供されており自由にカスタマイズ可能で、HDDを別に用意し、自身で装着します。装着は難しくないです。動画ファイルなどの高速通信にも耐えられる「ファイルサーバとNASの中間」のような存在です。デュアルコアAnnapurnaLabs AL-212 1.7GHzプロセッサーと2GB/8GB DDR3 RAMを搭載。4台すべてのドライブでSSDキャッシングをサポート。内蔵10GbE SFP+ポートによる10GbE対応。➡TS-431X

Synology/DiskStation DS218play(シノロジー/ディスクステーション DS218play)


SynologyのNASは、NASキットとして提供しており筐体とHDDが別売りなのでHDDを用意し、自身で装着します。装着は難しくないです。その分構成を自由にカスタマイズ可能です。また管理画面からの初期設定はウィザードに従えば簡単に行えます。上記3つのモデルと違って外部からのアクセスQuickConnectがルータ設定の必要がなく簡単に行えます。➡Synology DiskStation DS218play

社員数30人を超える中小企業に適したおすすめのNAS

社員数が多くなるとLinuxベースのNASでは性能が不足してくるケースが多いです。Windows Storage Server / Windows Server IoT for Storage(WSS)のNASの検討をお勧めします。特にISMS(ISO27001、情報セキュリティマネジメントシステム)やプライバシーマーク制度を導入、検討されている場合に導入されることが多いActive Directoryとのスムーズな連携が可能です。

各社ともWindowsの標準機能に加えて簡単設定用のツールや監視ツールを独自に用意しています。すべて完成品として提供されています。

BUFFALO/TeraStation (バッファロー/テラステーション)


Buffalo社はTerastationのブランドでWSSのNASも販売しています。スタンドアローンタイプとラックマウントタイプがあります大容量HDDが搭載されたモデルがたくさん発売されています。
WS5420DNW9シリーズ

IODATA/LANDISK Z (アイ・オー・データ/ランディスク・ゼット)


IO-Data社はLANDISK ZのブランドでWSSのNASも販売しています。
LAN DISK Zシリーズ

ELECOM/Netstor(エレコム/ネットスター)


コンピュータの周辺機器メーカーとして有名なELECOM社もWSS搭載のNASを販売しています。
NSB-75S4DS6シリーズ

NASのセキュリティーについて

NASのセキュリティーについて
NASには重要なデータが保存されているため、社外だけでなく、社内の人間からも攻撃対象となります。そのため、しっかりとしたセキュリティー対策が必要となります。下記最低限のセキュリティー対策となるのでしっかりと確認し、運用してください。

  • ルーターのセキュリティー設定、ファイヤーウォールの設定
  • NASの管理画面にログインする時のIDとパスワードの設定(パスワードの管理)
  • NASのファームウェアは最新のバージョンに更新する
  • NAS専用のウイルスソフトがインストールされたモデルを購入する

Trend Micro NAS Securityは、セキュリティシステムがNASに組み込まれています。先程紹介した「BUFFALO」や「IODATA」のNASには、このセキュリティーシステムが搭載されたモデルがあるので、確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?NASを選ぶ際は、データ容量の確認RAID方式の確認バックアップ機能の確認その他機能の確認、最低限これだけ確認しておけば失敗はありません。ご不明点や不安な事がある場合は、弊社までお気軽にご相談ください。御社に最適のNASをお選びいたします。

【ITサポート】社内サーバ/NAS関連記事

【社内ファイル共有】法人向けNAS新規設定(入れ替え)サポートとデータ移行
今回のITサポート報告は、古くなったNASの入れ替え作業です。こちらの会社のNASは、5年ほど前に弊社で設置したもので、データ容量的に厳しくなってきたので、新しいNASに入れ替えることになりました。 そもそも「NAS」って何? ...
【サポート事例】故障して接続できないNAS Buffalo LinkStationからデータを取り出して復旧するまで
弊社で以前導入させていただいたお客様のBuffalo社のNAS、NAS(Buffalo社製LinkStation LS220D0202G)で障害が発生しました。その記録を公開します。似たような現象でお困りならお気軽にお問い合わせください。 ...
【NASの修理】IODATAのLANDISKが故障!!HDDを交換して復旧するまでを公開/サポート事例
お客様のI-ODATA社のNAS、LANDISKで障害が発生しました。復旧するまでの記録を公開します。共有フォルダーとしてデータの共有をしていたNASです。内蔵HDDハードディスクを交換してデータを復旧する作業手順、設定方法をお伝えいたします。
社内サーバは「Windowsサーバ」と「Linux(リナックス)サーバ」どちらを選ぶべきか?
先日、某不動産仲介会社に社内サーバを新規で設置してきました。そちらの会社では、主にファイル共有用としてNASを使われていたのですが、同時接続可能人数が30人程度のNASに100人以上がアクセスしていたため、速度が遅くなったり、ファイルが開け...
会社(パソコン)のデータを確実にバックアップする方法/やり方
私が言うまでもなく会社(パソコン)のデータをバックアップすることはとても大切なことです。多くの会社がバックアップの重要性は理解しているものの、「正しいバックアップの方法(やり方)」が分からず各社員に任せていたり、ほぼやっていないケースもある...
【法人用ファイルサーバー】業務でNASを使うときに注意すべきこと
「サポート報告」でもよく書いていますが、法人向けのITサポートをしていると、社内サーバやNASを設置して欲しいというご依頼をよく受けます。特にNASはサーバよりも費用が安価なため、小規模事業所などでは導入されるケースが多いようです。今回は「...
社内サーバをクラウド化するための課題、メリットとデメリットは
寿命がきたサーバを新しいサーバへ入れ替える際に、お客様より「社内サーバのクラウド化」についてよくご質問を受けます。 クラウドシステムはみなさんもご存知の通り便利ではありますが、社内のシステムをクラウド化しようとすると、越えなければなら...
古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】
今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。 こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなってきたことと、OSのバージョンも古くなっていたので、新しいサーバに取り替えることになりました。 W...
バックアップとRAIDの違いとは?社内データを守る方法【パソコン,NAS,サーバ】
「RAID」と「バックアップ」を利用して大切なデータを完璧に守る方法をご紹介。【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
社内データ(サーバ,NAS,パソコン,スマホ)を完全に保護するバックアップ方法
みなさんの会社ではデータのバックアップはどのようにやっているでしょうか? PCのHDDはいつ故障するか予想できないので、大切なデータは確実にバックアップしておきたいものです。このページでは、重要なデータ消失の危険性を回避し、データを完...
社内にNASを導入する時に注意しなければいけない事
意外に知られていないNAS導入時に注意しなければいけないことについて解説【パソコン/ITサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
ITサポート報告・古いサーバを使い続ける"コスト"と"リスク"を考える
古いサーバを使い続ける"コスト"と"リスク"について私なりの意見です。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
ITサポート訪問|社内データをクラウド上に自動バックアップ(SugarSync)する方法
出張サポート|社内データをクラウド上に自動的にバックアップするように設定してきました。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
LAN経由で簡単に社内のパソコン間でファイル共有する方法
ノートパソコンにデスクトップパソコンのファイルをコピーしたい時、みなさんはどのようにしていますか?USBメモリを使うか、メールに添付して送信するか、Dropboxやグーグルドライブのようなクラウドストレージを使うか。方法は色々とありますが、...

コメント