Azure ADとは?クラウド時代の認証サービス

クラウドOffice時代を見据えて AzureADの検討

自社でActiveDirectory(AD)を運用してアカウント管理を行っている企業は多いかと思います。ログイン認証の他、ファイルサーバのアクセス権やグループポリシーの配布など、組織内の管理として優れており、操作も比較的平易で、ActiveDirectory自体円熟した技術であることから日本語によるドキュメントも非常に揃っています。

一方で、インターネットを通じた通信技術が発達し、近年は自社でサーバを持たず、クラウドという形でサービス部分だけを利用するサブスクリプションモデルが生まれ、また、新型コロナウイルスのまん延により、テレワークが主要な働き方の一つとなってくることで、これまでの管理方式だけでは間に合わないケースも出てきているかと思います。

今回は、今まさに、技術やワークスタイルの転換期にある組織にとって、重要な選択の一つとなるAzure ADの導入についての概要についてとなります。

電話で相談
03-6869-0595
    メールで相談
info@togeo.net

オンプレミスADの限界が迫る?

現在でも、WindowsServerのActiveDirectory(オンプレミスAD、以下「オンプレAD」)は非常に強力なWindows管理システムです。組織の大小にかかわらず、必要な管理機能が柔軟に構築可能で、非常に安定しておりセキュリティも優れています。ただし、オンプレADのままだと時代の流れに合わなくなってきている部分があることも事実です。

Active Directoryについては別記事がありますのでご参考ください。

会社のPCを一元管理する「ActiveDirectory」とは?
社内のパソコンの台数が増えると管理がとても大変になります。セキュリティも心配ですし、1台1台見て回るというのも限界があります。 Microsoft社はPCを一括管理するための仕組み「Active Directory」という仕組みが用意...

テレワークが増え、管理は社内ネットワーク外へ

オンプレADは、組織内ネットワークでのみ有効です。これまで、組織は事務所へ出社し管理されたネットワーク内で使用することで統制が取れてきました。もちろん、一時的に社外を出て活動する、外回りの営業担当者もいたと思いますが、彼らも外回りを終われば一旦事務所に戻って、社内ネットワークに再接続をします。それも難しい場合はVPNを使ってインターネットから仮想的に社内ネットワークに接続するといったケースもあったかもしれません。

いずれにしても、これまでは物理的に固定された社内のネットワークに属することが前提でシステムが構築され、業務が定まっていました。オンプレADもそのような前提に基づいています。

しかし、新型コロナウイルスのまん延は、世界のテレワーク導入を一気に促進しました。これまでは少数派の働き方の一つでしかなかったテレワークが広く普及し、インターネットさえあれば働く場所を問わない時代が訪れました。中にはこれまで通りオフィス出勤に戻す組織もありますが、テレワークでも業務がこなせると判断できた組織では、固定費がかかるオフィスを縮小しテレワークを主流なスタイルへと変化した場合もあるでしょう。

その場合、これまで「特定のネットワークに接続することで管理」出来ていたオンプレADの前提が崩れることとなります。もちろんVPNを使ったり、ADに依存しないクラウド環境上に基幹システムを移行したり、リモートデスクトップ型を活用する等、これまでの土台は変えずにニューノーマルに適用する方法もありますが、もしこれらの方法で現状のオンプレAD管理を維持されている組織では、一旦、見直しをする段階にきているかもしれません。

買い切り版(永続版)Officeの終焉が来る…かも?

WindowsOSを使っているのであれば、かなりの人が利用しているであろう、買い切り版(永続版)Office(Word,Excel,PowerPointなど)も切っては切れない関係です。買い切り版(永続版)Officeとはそれぞれの製品名の後ろがリリースされた西暦になっているものです。現在サポート中の買い切り版(永続版)Officeは以下の通りです(2022/3/31現在)。

  • Office2013(メインストリームサポート終了済、延長サポート2023/4/11)
  • Office2016(メインストリームサポート終了済、延長サポート2025/10/14)
  • Office2019(メインストリームサポート2023/10/10、延長サポート2025/10/14)
  • Office2021(メインストリームサポート2026/10/13、延長サポートなし)

※最新のサポート情報は、以下Microsoft公式ページをご確認ください。

https://www.Microsoft.com/ja-jp/atlife/article-Office2010-eos.aspx?activetab=Office%3aprimaryr13

機能等の違いについては以下の記事をご参考ください。

Microsoft365とOffice2019の違いとは?選び方を紹介
Office365とOffice2019には料金面や機能面に違いがあり、どのような利用をするかによって選ぶべきサービスが変わります。Office365はサブスクリプション型、Office2019は買い切り型です。この記事を読んで、ニーズを明確にし最適なサービスを選びましょう。

直近では、2021年版買い切り版(永続版)Officeが出ているものの、Microsoftとしてはサブスクリプション版OfficeであるMicrosoft365への移行を推し進めており、かつてはサブスクリプション版が若干割高だったこともありましたが、今はほぼ価格的にも釣り合いが取れている状態です。

次期買い切り版(永続版)Officeが出るかどうかわからないことや、なぜかOffice2016とOffice2019の延長サポート期限が同じ日付であることなども考えると、買い切り版(永続版)Officeはあと10年続くかどうかわからない状況と言えます。逆を言えば、ここから計画的に買い切り版(永続版)Officeから脱却するかどうかの判断時期に来ているとも言えます。

これまで使ってきたwordやExcelから脱却することは難しい、でも買い切り版(永続版)が無くなるかもしれない…となると、必然としてMicrosoft365への移行を検討することとなります。実際のところ、Microsoft365の使用感はオンプレ版とほぼそん色がないうえにクラウド上での共有機能なども充実しているので、エンドユーザー的にはわりと歓迎されることが多いです。

ただし、問題は管理者側です。買い切り版(永続版)と違い、Microsoft365はクラウド上の認証機能を介します。あまり後先考えずに無料版Microsoftアカウントで発行してしまうと、後々、管理統合が大変なことになる可能性があります。一見直接は関係なさそうな買い切り版(永続版)OfficeとADは、Microsoft365への移行をする際に留意すべきポイントです。

電話で相談
03-6869-0595
    メールで相談
info@togeo.net

Microsoft365を導入するなら、AzureADをいれる

従来から、ActiveDirectoryサーバを、オンプレではなくクラウド化したいという要望があるかと思います。物理サーバは持たず、仮装サーバでオンプレADを稼働させている場合もあるかもしれません。詳細は後述しますが、単純にADをクラウド化するための、AzureADではメリットは多くなく、逆に制限が多くなります。

組織それぞれのシステム導入計画があるかと思いますが、オンプレADを見直し、AzureADを導入するかどうか、最も大きな転換点は「Microsoft365を導入する(Office20xxから脱却する)」タイミングが、最も適切かと思います。現在、オンプレOfficeを使っており、サポート期限が迫っているので、Microsoft365を導入しよう、と計画している組織では、その計画の中にAzureADの導入を含めると、効率よく、かつ、安全な立ち上げが可能です。

Microsoft365→AzureADだと都合が悪い?

正確に言うと、法人としてMicrosoft365を入れる段階で、認証システムとして必ずAzureADが使われています。Microsoft365導入時にAzureADに対する要請が特になければ、Microsoftのサブドメインのようなアドレス(例えば、会社名.onMicrosoft.comのような)が自動的に付与されます。このままでもMicrosoft365に対する管理権限も適切に設定はできるので、立ち上がりはそれほど不自由はなく、現状との連動無しに単独で運用する分には、AzureADの独自構築は必須ではありません。

しかし、将来的に管理を厳密に行いたいとなった時に、AzureADとは違う認証システムへの統合やある程度の規模になった場合の一括管理などがMicrosoft365と他システムで独立していると、管理工数が大きくなったり統合に大きな工数を費やす可能性があるため、できることならMicrosoft365を立ち上げる初期の段階でAzureADも適切に設定されることが望ましいです。

難易度は上がるものの、AzureADを後で整備すること自体は不可能ではないので、まずはMicrosoft365を急ぎ立ち上げたいという方針は間違いではありませんが、AzureADの詳細な構築も計画的に実施することを留意するのが良いでしょう。

電話で相談
03-6869-0595
    メールで相談
info@togeo.net

AzureAD、できること・できないこと

AzureADは、単にオンプレADがクラウド上で管理されることではなく、機能的にやや似ているというだけで、出来ることはオンプレADとかなり異なります。特に、オンプレADで出来たことで、AzureADで出来ない部分があり、もしその機能を重用しているのなら、オンプレADを維持するか、別のソリューションで代替するか(もしくはその機能の利用自体をやめるか)という判断が必要となる部分にご注意ください。

できること:アカウントの管理・グループ化・権限設定

AzureADでは当然ながらアカウントの管理が可能です。アカウントの有効無効化の一元管理はもちろんのこと、権限グループを設定することで、個人個人に設定しなくても所属するグループで一括に適用できるのも、オンプレADと同じ仕組みです。特にMicrosoft365の場合はインターネットにつながっていればデフォルトではいつでもどこでも使えてしまうので、適切な最小限度の権限に設定することが求められます。

できること:Microsoft系サイトのシングルサインオン

現状AzureADを導入していない場合であっても、OutlookやOneDriveなどを使っている場合はそれぞれのサービスでログインを実施しているかと思います。AzureADで管理することによって、Microsoft関連のサービスは一貫して認証され、毎回ログインをする手間が省けます。さらにオンプレADともつながっていれば、PCのWindows認証とも連携できるので、さらに手間が削減されます。

できること:機器制限ができるようになる(オプション:Intune)

特定の端末だけを許可したり、特定のグローバルIPでのみ利用可能な制限をかけることが可能です。これは標準の機能ではなく、Intuneという機能を併用する(もしくはIntuneが含まれるMicrosoft365プランを利用する)必要がありますが、セキュリティを高めるためには検討が必要となる機能かと思います。

できないこと:グループポリシーの配布

AzureADは、オンプレADの重要な機能であるグループポリシーの配布ができません。グループポリシーでは機能制限を行ったり、統一した設定にすることでシステムの安定性を高めていたかと思いますが、AzureADではクライアントPCのOSレベルの制御を行うことができません。

できないこと:kerberos認証・LDAP認証ができない

やや専門的になりますが、オンプレADを使ってWindows認証連携をしているローカルサービスがある場合、それがkerberos認証やLDAP認証を使っている場合、AzureADを通して認証を利用することができません。例えばバックアップシステムやNASなどでAD連携機能を使っている場合、AzureADでは利用できません。

電話で相談
03-6869-0595
    メールで相談
info@togeo.net

オンプレADとAzureADの併用(AzureADConnect)

AzureADという名前ながら、特に現状のローカル環境に関する連携はAzureADには含まれず、これらを代替する手段がない場合は、オンプレADとAzureADの併用という運用が考えられます。ただし、AzureAD単体でオンプレADとは連携できず、AzureADConnectというAzureのツールを介して、オンプレADと連携することとなります。

AzureADConnectがあると、ローカルWindows認証で使用しているIDパスワードがそのままMicrosoft365の認証で使えるようになります。

オンプレADとAzureADをつなぐADConnect

注意が必要なのは、AzureADConnectの同期の方向は、オンプレAD→AzureADの一方向であり、特定のプロパティ変更をAzureAD側で実施しても、オンプレADの内容に書き換わってしまう事です。AzureADにしか存在しないプロパティであれば問題ありませんが、オンプレ・Azure両方で持つプロパティ(例えば氏名や連絡先など)は、通常はオンプレAD側で管理します。

AD Connectの更新は一方向であることに注意

なお、個人アカウントのパスワードリセット・パスワード変更に関してのみ、AzureAD→オンプレADへの更新が可能です。

AD Connectはパスワードリセットのみ、双方向でやりとり可能

電話で相談
03-6869-0595
    メールで相談
info@togeo.net

まとめ

AzureADの導入を進めるうえで、簡単にまとめると以下の通りとなります。

  • テレワーク、サブスクリプション時代に向けた新しいMicrosoftサービスの認証方式、AzureAD
  • オンプレ版Office(Office20xx)からMicrosoft365への移行する場合にもAzureADが重要となる
  • Intuneと組み合わせるとセキュリティを高めることができる
  • オンプレADで出来て、AzureADではできない機能もある(グループポリシー等のローカル端末の管理)
  • AzureADConnectを使うとオンプレADと連携することができる(ただし同期方向はオンプレAD→AzureADとなる)

今後テレワーク推進やMicrosoft365への移行を検討している場合は重要な選択となりますので、ぜひ本記事を参考にAzureADの導入の検討も進めてみてはいかがでしょうか。

参考記事

office365 SharePointを使った感想とGoogleドライブ,Dropboxとの比較
少し前に、お客様より「office365」の導入についてのご相談を受けました。 特にクラウドストレージサービスについてお悩みのようで、office365の「SharePoint」、Googleドライブ、Dropboxの3つのサービスを...
会社のPCを一元管理する「ActiveDirectory」とは?
社内のパソコンの台数が増えると管理がとても大変になります。セキュリティも心配ですし、1台1台見て回るというのも限界があります。 Microsoft社はPCを一括管理するための仕組み「Active Directory」という仕組みが用意...
Microsoft Teamsの落とし穴!似て非なるMicrosoftのアカウント
Microsoft Teamsを使う上で、混乱しがちな「Microsoft365アカウント(法人用)」と「Microsoftアカウント(個人用)」の違いについて説明しています。
Microsoft365のメリットを個人、企業別に紹介!デメリットも
サブスクリプション型で提供されているOffice365のメリットとデメリットを個人、企業別に紹介いたします。この記事を参考にOffice製品の買い切り型とサブスクリプション型どちらのサービスを利用するといいか比較してみるといいでしょう。参考にしてください。
Microsoft365とOffice2019の違いとは?選び方を紹介
Office365とOffice2019には料金面や機能面に違いがあり、どのような利用をするかによって選ぶべきサービスが変わります。Office365はサブスクリプション型、Office2019は買い切り型です。この記事を読んで、ニーズを明確にし最適なサービスを選びましょう。

 

電話で相談
03-6869-0595
    メールで相談
info@togeo.net

内容に関する注意事項

あくまで参考情報となりますので、本サイトの記述に従って設定をされるときは自己責任にてお願い致します。状況によって取るべき手段が異なり全てのケースを網羅出来ているわけではありませんので記述通りに設定すれば必ず設定出来るわけではございません。ご了承ください。

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区,
葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市,
武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区,
葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市,
武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

Windowsの記事クラウドサーバ社内サーバ
PC,LAN,WiFi,NASの出張トラブル解決,中小企業のITサポートは(株)とげおネット

コメント