Windows365では何ができるのか?必要な準備は?

アイキャッチ

2021年8月2日、Microsoftから「Windows365」がリリースされました。

Microsoftのクラウドサーバー内にある自分だけのWindows環境に、PCやタブレットなど多様なデバイスを通じてアクセスし、作業できます。またいつでも作業を中断・即再開できるのが大きな特長です。

主にハイブリッドワーク(事務所への出勤とテレワークの両方を平行すること)をおこなうビジネスユーザーをターゲットにしたサービスです。

この記事ではWindows365について、何ができるか、使うために必要な準備は何かについて、中小企業向けの「Windows365 Business」を中心に解説します。

さまざまな環境でのデスクワークを考えていらっしゃる方は、参考になさってください。

Windows365は、より利用しやすいDaaS(Desktop as a Service)

Windows365

(画像出典:Microsoft Corp.

Windows365は”DaaS“と呼ばれるサービスです。DaaSは「Desktop as a Service」の略で、クラウド上に展開されたOSにアクセスし、利用するサービスを指します。

DaaSが出来るサービスは今までもありました(Azure Virtual Desktop/Amazon WorkSpaces)

今までにも、MicrosoftからはAzure Virtual DesktopAVD)というDaaSが提供されていました。またAmazonにもAWSを利用した、Amazon WorkSpacesというDaaSがあります。

既存のDaaSサービスとWindows365の大きな違い

これら既存のサービスとWindows365の大きな違いは、AzureやWindows Serverなどを使ったサーバー管理の知識や経験が少なくても、より簡単に仮想環境上のWindowsサービスのみを利用しやすくなっていることです。

社内のポリシーをIT部門で一括管理する必要がない場合や、難しく考えずすぐにWindows環境を用意したいケースなどに向いています。

Windows365で何ができる?

まずはWindows365で何ができるか、見ていきましょう。

PCだけでなく、タブレットやスマートフォンからも作業可能

Windows365ではPCだけでなく、タブレットやスマートフォンからも作業できます。MacBookやiPadなど、Windows以外のOSからでも大丈夫です。

具体的には、リモートデスクトップWebブラウザ経由の2種類の方法でアクセスできます。

リモートデスクトップで利用する場合には、PCやタブレットに別途、専用のアプリケーションをインストールして利用します。アプリケーションの対応OSは下記の4種類です。

  • Windows
  • MacOS
  • iOS
  • Android

Webブラウザを使う場合はHTML5に対応していれば、Microsoft製以外のWebブラウザからでもアクセスできます。

作業の中断・再開がいつでも可能

Windows365では作業の中断・再開がいつでも可能です。

たとえば出張先からタブレットで着手した作業を、帰社してからすぐにパソコンで再開できます。作業場所を変えるごとに必要なソフトを都度立ち上げ直したり、書類を開き直したりする手間がないため非常に楽です。

セットアップやメンテナンスが簡単

すべてがMicrosoftのクラウド環境にあるため、コンピューターの管理が楽になります。

新規セットアップの際、登録するだけで最初から環境ができあがっているため、WindowsやOfficeのインストールは必要ありません。ただしOfficeのライセンスは付属していないため、Officeを利用するにはMicrosoft365のライセンスを別途割り当てる必要があります。

Windows環境は英語表示ですが、コントロールパネルの「システム」から表示の日本語化、日本語入力の追加が可能です。

またセキュリティ面においても、Microsoftのサーバー内でシステムの修正パッチやウイルス対策ソフトのアップデートが常時適用されているため安心です。

Windows365のライセンスとコスト

ライセンス形態とコストは、以下のとおりです。

中小企業向けの「Business」と、大企業向けの「Enterprise」

Windows365のライセンスには、以下の2種類があります。

  • Windows365 Business・・・中小企業向け:ユーザー300人まで
  • Windows365 Enterprise・・・大企業向け:ユーザー無制限

Windows365 Businessを利用するには、クライアントPCが用意されていれば特別な準備は必要ありません。

それに対しWindows365 Enterpriseを利用するには、あらかじめユーザーに下記のライセンスが必要です。

  • Windows10 Pro サブスクリプション
  • Microsoftエンドポイントマネージャー
  • Azure Active Directory P1

EnterpriseはすでにMicrosoft365 E3など、大企業向けのMicrosoft365サブスクリプションを導入済みの企業が対象ということになります。

ここから先は中小企業向けの、Windows365 Businessを中心に解説を進めます。

月額料金は仕様によって変わる

Windows365 Business ライセンス

(画像出典:Microsoft Corp.

Windows365 Businessでは、プランはBasic/Standard/Premiumの3つに分かれます。

[プランと仮想ハードウェア構成]

プランBasicStandardPremium
料金¥4,210/月
(税込 ¥4,631/月)
¥5,570/月
(税込 ¥6,127/月)
¥8,970/月
(税込 ¥9,867/月)
CPU2 vCPU2 vCPU4 vCPU
RAM4GB8GB16GB
ストレージ128GB128GB128GB

すでにWindows10 Proのライセンスをお持ちの方は、上記のライセンス料金から最大16%割引になる「Windowsハイブリッド特典」もあります。

OSは現在のところWindows10のみですが、Windows11のリリース後はWindows11の利用も可能です。

Windows365のメリット・デメリット

Windows365のメリットとデメリットは以下のとおりです。

Windows365のメリット

  • 仕事上で場所を移動することが多い方に便利
  • パソコンやタブレットが多少古くなっても作業できる
  • 仮想ハードウェア要件を自由に変更できる(Enterpriseの場合)

前述しましたが、出先や事務所、自宅などさまざまな環境で、端末を選ばずセキュリティを保って作業できるのがWindows365の大きなメリットです。

また仮想環境のスペックが十分なら、PCやタブレットのハードウェアが多少古くなっても作業を行えます。

さらにライセンスがEnterpriseであれば、同じユーザーのまま仮想環境のスペックを変更できます。

たとえば社員に画像編集の仕事をアサインしたい場合、Windows365の契約を画像編集に必要な要件を満たしたプランに変更すれば、画像編集のために新しくパソコンを用意する必要はありません。

Windows365のデメリット

  • 個人向けのサービスではなく、コストが高い
  • ネットに接続できないところでは使えない
  • 十分な通信速度を得られない場合は、動作がもたつく可能性がある

Windows365はビジネスユーザー向けのサービスで、個人向けのサービスではありません。Windows365のサブスクリプション料金に加えMicrosoft365も利用する前提では、今までよりも月々のコストは高くつきます。

また、ネットの通じない場所ではMicrosoftのサーバーにアクセスできないため、Windows365を利用できません。

ネット環境があっても、通信速度が遅い場合には動作がもたついてしまいます。Windows365はリモートデスクトップ(RDP)のしくみを利用しているためです。RDPではMicrosoftのサーバーで処理されている画面を都度、画像データとしてパソコンやタブレットで受け取り、表示しているのです。

このため大量の画像を受信するのに十分な通信速度が得られない場所では、思うような速度で作業できない場合も出てきます。

利用を考えているなら、試用版で使ってみてから

Windows365の利用を考えているなら、まずは試用版で利用してみるのがおすすめです。

長い目で予想すると、将来的にWindows365のデメリットや通信環境の問題は解消され、Windows365のようなクラウドOSの利用の普及が進む可能性は大です。

ただ日本においては、現在5Gなども普及しておらず、いま実用的に使うには時期尚早と思われます。

もし利用を考えている場合には試用版(現在申し込み停止中)の利用受付再開を待ち、実際に使ってから決めたほうがよいでしょう。

試用版は最初の2ヶ月の料金が無料なので、いきなり申し込むより利用料が安く済みます。また実用に値しなければ、無料期間のうちに契約を終了できます。

内容に関する注意事項

あくまで参考情報となりますので、本サイトの記述に従って設定をされるときは自己責任にてお願い致します。状況によって取るべき手段が異なり全てのケースを網羅出来ているわけではありませんので記述通りに設定すれば必ず設定出来るわけではございません。ご了承ください。

サポートエリア続々拡大中!

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区, 葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市, 武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
北海道
【札幌市】厚別区,北区,清田区,白石区,中央区,手稲区,豊平区,西区,東区,南区
小樽市,石狩市,岩見沢市,江別市,北広島市,恵庭市,千歳市,苫小牧市
大阪府
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

サポートエリア続々拡大中!

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区, 葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市, 武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
北海道
【札幌市】厚別区,北区,清田区,白石区,中央区,手稲区,豊平区,西区,東区,南区
小樽市,石狩市,岩見沢市,江別市,北広島市,恵庭市,千歳市,苫小牧市
大阪府
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

パソコン,インターネットの設定トラブル出張解決,データ復旧,ITサポートなら株式会社とげおネット
パソコン修理/ITサポートブログ
とげおネットをフォローする
パソコン,インターネットの設定トラブル出張解決,データ復旧,ITサポートなら株式会社とげおネット

コメント