当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

【徹底比較!!】企業に適しているのはMicrosoft365とGoogle Workspaceどちらか?

企業に適しているのは、G Suite(旧Google Apps for Work)とOffice365のどちらか?

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

「そろそろうちの会社もクラウドを導入しようと思っていますが、どこがいいですか?」

お客様より、よく受ける質問です。そのような時にご提案させていただくのが、「Google Workspace(旧G Suite)(旧Google Apps for Work)」か「Microsoft365(旧Office365)」です。クラウド化する目的や、企業としてどのようなことを実現したいのか?さらに、現在の業務状況などにより、どちらを選んだ方がいいかは変ってきます。

今回は、Google Workspace(旧G Suite)(旧Google Apps for Work)Microsoft365(旧Office365)の機能や料金を比較し、両者の違いについて解説していきたいと思います。あなたの会社に適したグループウェアはどちらなのか?その判断材料になれば幸いです。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

主な機能の比較

主な機能 Google Workspace(旧G Suite) Microsoft365(旧Office365)
メール機能 Gmail Exchange Online, Outlook.com
スケジュール機能 Googleカレンダー Outlookカレンダー
ビデオ会議
インスタントメッセージ
ハングアウト Teams(旧Skype)
オンラインストレージ Googleドライブ OneDrive for Business
Webドキュメント編集 Googleドキュメント Office Online
社内サイト Googleサイト Yammer, SharePoint Online

大雑把にみると機能として大きな違いはなく、できることも大きな差はありません。もちろん使い勝手や設定方法など細かなところを見ると大分違いがあります。Google Workspaceと比べるとMicrosoft365はより大企業向けでその分設定が複雑です。

Google Workspace(旧G Suite)はどのアプリもブラウザ上(完全クラウド)で利用するため、OSの環境に依存しません。そのため、どんなディバイスからでもスムーズに利用可能。これに対し、Microsoft365(旧Office365)はアプリを端末ごとにインストールして使う「半クラウド」で、更新などの手間があります。ただ、1つのアカウントで「PC」,「タブレット端末」,「スマホ」と異なったデバイスにインストールできるようになっています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

料金(businessプラン)の比較

通常プラン 上位プラン
Google Workspace(旧G Suite) 1アカウント 500円 1アカウント 1200円
(ストレージ容量無制限)
Microsoft365(旧Office365) 1アカウント 540円 1アカウント 1360円
(Office完全版付き)

料金についても、価格差はそれほどありませんが、プランの内容で多少の違いがあります。

両者ともに、通常プランでさきほど紹介した「主な機能」は全て使えます。ストレージの容量がプランによって異なり、通常プランで「Google Workspace(旧G Suite)」が30GBなのに対し、「Microsoft365(旧Office365)」は1TBもあります。ただ、上位プランになると「Microsoft365(旧Office365)」の1TBに対し、「Google Workspace(旧G Suite)」はストレージ容量が無制限と逆転します。

その他では、利用可能な最大ユーザー数が、「Microsoft365(旧Office365)」は300人、「Google Workspace(旧G Suite)」は無制限となっております。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

決定的な違い

機能面や料金プランで大きな差はありませんでしたが、両者には決定的な違いもあります。この違いが、選択する際の重要なポイントになっているのではないでしょうか。では具体的に見ていきましょう。

【Microsoft365(旧Office365)は、Word/Excel/PowerPointが使える!】

Microsoft365(旧Office365)は、Word/Excel/PowerPointが使える!

当たりの事ではありますが、ここがMicrosoft365(旧Office365)最大のストロングポイントです。業務でOfficeを使っていな企業などあるのでしょうか?そのくらいOfficeは多くの会社で使われています。そのOfficeをそのままクラウド上で使うことができるのです。Google Workspace(旧G Suite)でもWordやExcelファイルの編集は可能ですが、レイアウトの崩れ等の不具合は必ず起こります。

つまり、業務でOffice(Word/Excel/PowerPoint)をよく使う会社ほど、Microsoft365(旧Office365)を選んだ方がいいということになります。

【G mailは世界最高のクラウドメール】

G mailは世界最高のクラウドメール

会社のアドレスとは別に個人でG mailを使っておられる方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?PCでもスマホでも簡単にアクセスできて、いつでもどこでもメールができる。迷惑メールやスパムメールのフィルタリング機能も優れていますし、その他アプリとの連携もされています。おそらく、G mailより優れた(クラウド)メールシステムは無いのではないでしょうか?現時点では世界最高だと思います。

Google Workspace(旧G Suite)の最大の強みはこのG mailが使えるということだと思います。ちなみに私もG mailを使っていますが、現状、G mail以外の選択肢は見当たりません。使わない理由がないです。

【データセンターが”国内”or”国外”】

データセンターとは、サービスを提供している大元のコンピューターが置いてある場所です。つまり、ここで全てのデータを保管・管理しています。

Google Workspace(旧G Suite):「国外(全世界数カ所)」  Microsoft365(旧Office365):「国内(関東と関西)」

データセンターが国内or国外

データセンターの場所が違うとどんな影響があるのか?

Google Workspace(旧G Suite)のように世界各国に数か所もデータセンターがある場合、災害や事故などによるデータ消失の可能性がほぼ0%に近いです。Microsoft365(旧Office365)の場合、国内のみとなっているので、東日本大震災のような災害が起こった場合は心配です。ただ、関東と関西に分かれているので、被害を受ける可能性はかなり低いと考えられます。

重要なデータは国内で管理したい

金融機関や、官公庁、一部の大企業は会社の重要なデータを海外のデータセンターに置くのを嫌います。それは当然の判断です。そういった意味で、このような社会的責任の大きな組織や会社はMicrosoft365(旧Office365)を選択する傾向が強いと言われています。

【準拠法が”日本法”or”カリフォルニア州法”】

準拠法が日本法orカリフォルニア州法

これは、何か問題が起こった時に適用される法律がMicrosoft365(旧Office365)は”日本法”Google Workspace(旧G Suite)はカリフォルニア州法であるという事です。グローバル経済といっても、やはり日本の法律が適用される方が企業としては安心ですよね。

【Google Workspace(旧G Suite)は中国での利用不可】

Google Workspace(旧G Suite)は中国での利用不可

Google Workspace(旧G Suite)というわけではなく、Google自体が中国からブロックされているのです。中国本土でビジネスを展開している企業は注意してください。Microsoft365(旧Office365)は中国を含め、全世界で利用可能です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

両者に共通する問題点

クラウドシステム導入にあたっては、「Microsoft365(旧Office365)」「Google Workspace(旧G Suite)」問わず、様々な壁が待ち受けています。


・会社で利用する独自ドメインとの連携
・メールの設定情報やメールデータの移行
・業務システムの移行もしくは連携
・社内データの移行、その他設定

クラウドシステムは、契約すればサービス自体は使えるようにはなりますが、自分たちが使えるように様々な設定をしていかなければなりません。この設定作業を自社でやるのはほぼ不可能だと思います。弊社では、クラウドシステム移行時のお手伝いもしております。導入事例はこちらからご覧いただけます。

ITサポート訪問:法人向けクラウドサービスG Suite(旧Google Apps) の導入をお手伝い
今回のサポートは、火事や地震などの災害に備えて、社内データをクラウドにバックアップしておきたいというお客様の元へお伺いし、クラウド化のお手伝いをして参りました。 オフィスのビル火災は本当に起こる 実は、先月こちらのオフィスが入っているビルで...

ドメインの移行に失敗してしまうと色々な問題が発生してしまいます。ご注意ください。

独自ドメインの移行、移管したらトラブった!その原因と対処方法
サイトやメールサーバ移転の際に、最も注意が必要なのは、ドメインの移行です。ドメイン移行時にありがちな各種トラブルと、その対処方法、未然防止策について、まとめました。

クラウド化についてご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

メール設定に関して追加Tips

Google WorkspaceもMicrosoft365もメール設定がPOP3/IMAP/SMTP形式から新しいAOuth形式に変わりつつあります。以下の記事もご参考ください。

POP・IMAPはもう使えない!法人向けメールシステムのOAuth対応について
Google WorkspaceやMicrosoft Exchange Onlineで採用されている「OAuth認証」のしくみについて、図解入りで解説します。OutlookとGmailを使い、OAuth認証のアカウントを利用する手順も紹介します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

結論とまとめ

「Google Workspace(旧G Suite)」と「Microsoft365(旧Office365)」の違いを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?似ているようで、実は結構違いがあるという事が分かっていただけたと思います。

では、私なりの結論です。「Google Workspace(旧G Suite)」と「Microsoft365(旧Office365)」のどちらが企業に適しているか?
上記のことを踏まえ総合的に判断すると、現時点ではややMicrosoft365(旧Office365)の方が優勢かなという印象です。ただ、企業と言ってもいろんな会社があると思うので、全ての会社に当てはまるかと言えばそうではないと思います。

イメージとしてこんな感じで捉えていただけると解りやすいかもしれません。

Microsoft365(旧Office365): 業務でOfficeソフトをがっつり使い、企業規模が大きく、歴史のある会社
Google Workspace(旧G Suite): 創業間もないベンチャー企業や中小企業(Officeへの依存度が低い)

最後に両者のシェアについてですが、2014年の調査ではGoogle Workspace(旧G Suite)がMicrosoft365(旧Office365)に対して2倍以上もの差をつけてリードしていましたが、現在はMicrosoft365(旧Office365)が逆転しています。この1〜2年で、Microsoft365(旧Office365)を導入した企業が大幅に増えたようです。

クラウド化へのスムーズな移行をお手伝いします

法人様のクラウド化で一番やっかいな作業が設定作業です。

「メールの設定」「アカウントの追加」「データ移行」など、使えるようにするまでに時間と労力がかかります。これを日常の業務を行いながら同時並行でやるのはほぼ不可能だと思います。

弊社では、そのような作業を一括でサポートしております。また、法人様ごとに最適なクラウドサービスを選択し(例えば、基本ベースはMicrosoft365(旧Office365)で、メールはGmailを使うなど)、ご提案させていただきます。

社内のクラウド化でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

Microsoft365関連記事

以下のMicrosoft365関連記事もご参考ください。

Microsoft Entra ID(旧Azure AD)とは?Microsoft365でも使われるクラウド時代の認証サービス
これまで組織管理をwindowsServerのActiveDirectoryで管理してきた組織にとって、クラウド認証基盤のMicrosoft Entra ID(旧Azure AD)は新しい選択肢となります。Microsoft Entra IDが従来の組織管理に、そして将来の社内システムにどのように関わるかまとめました。
Microsoft365とOffice2021, 2019の違いとは?選び方を紹介
Office365とOffice2019には料金面や機能面に違いがあり、どのような利用をするかによって選ぶべきサービスが変わります。Office365はサブスクリプション型、Office2019は買い切り型です。この記事を読んで、ニーズを明確にし最適なサービスを選びましょう。
Microsoft365のメリットを個人、企業別に紹介!デメリットも
サブスクリプション型で提供されているOffice365のメリットとデメリットを個人、企業別に紹介いたします。この記事を参考にOffice製品の買い切り型とサブスクリプション型どちらのサービスを利用するといいか比較してみるといいでしょう。参考にしてください。
Microsoft365/Office2021:ライセンス種類とインストール方法まとめ
分かりづらいMicrosoft365(Office)の導入方法、インストールについてのまとめ記事となります。それぞれの導入方法のメリット・デメリット、および再インストール・機器入替の際の注意事項もまとめています。
パスワードを「管理」する!パスワードに関するまとめ
パスワードに関する基本的な考え方や存在するリスク、パスワードを管理する方式について説明しています。パスワード管理の代表的なサービスの紹介や、パスワードに変わる新しい認証についても解説をしています。
Teamsでログイントラブル!Microsoftのアカウントに起因する不具合について
Microsoft Teamsを使う上で、混乱しがちな「Microsoft365アカウント(法人用)」と「Microsoftアカウント(個人用)」の違いについて説明しています。
クラウドPC仮装環境「Windows365」で何ができるのか?必要な準備は?
2021年8月に、Microsoftのビジネス向けクラウドOSであるWindows365がリリースされました。この記事ではWindows365でできることや、ライセンス形態の概要について解説します。利用を考えている方はぜひお読みください。
サポート事例:office365 SharePointを使った感想とGoogleドライブ,Dropboxとの比較
少し前に、お客様より「office365」の導入についてのご相談を受けました。 特にクラウドストレージサービスについてお悩みのようで、office365の「SharePoint」、Googleドライブ、Dropboxの3つのサービスを利用し...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!