【徹底比較!!】企業に適しているのはMicrosoft365とGoogle Workplaceどちらか?

企業に適しているのは、G Suite(旧Google Apps for Work)とOffice365のどちらか?

「そろそろうちの会社もクラウドを導入しようと思っていますが、どこがいいですか?」

お客様より、よく受ける質問です。そのような時にご提案させていただくのが、「Google Workplace(旧G Suite)(旧Google Apps for Work)」か「Microsoft365(旧Office365)」です。クラウド化する目的や、企業としてどのようなことを実現したいのか?さらに、現在の業務状況などにより、どちらを選んだ方がいいかは変ってきます。

今回は、Google Workplace(旧G Suite)(旧Google Apps for Work)Microsoft365(旧Office365)の機能や料金を比較し、両者の違いについて解説していきたいと思います。あなたの会社に適したグループウェアはどちらなのか?その判断材料になれば幸いです。

主な機能の比較

主な機能Google Workplace(旧G Suite)Microsoft365(旧Office365)
メール機能GmailExchange Online, Outlook.com
スケジュール機能GoogleカレンダーOutlookカレンダー
ビデオ会議
インスタントメッセージ
ハングアウトSkype for Business
オンラインストレージGoogleドライブOneDrive for Business
ドキュメント編集GoogleドキュメントOffice Online
社内サイトGoogleサイトYammer, SharePoint Online

機能として大きな違いはなく、できることも大きな差はありません。

両者の違いは、Google Workplace(旧G Suite)はどのアプリもブラウザ上(完全クラウド)で利用するため、OSの環境に依存しません。そのため、どんなディバイスからでもスムーズに利用可能。これに対し、Microsoft365(旧Office365)はアプリを端末ごとにインストールして使う「半クラウド」で、更新などの手間があります。ただ、1つのアカウントで「PC」,「タブレット端末」,「スマホ」と異なったディバイスにインストールできるようになっています。

メールで相談    電話で相談

料金(businessプラン)の比較

通常プラン上位プラン
Google Workplace(旧G Suite)1アカウント 500円1アカウント 1200円
(ストレージ容量無制限)
Microsoft365(旧Office365)1アカウント 540円1アカウント 1360円
(Office完全版付き)

料金についても、価格差はそれほどありませんが、プランの内容で多少の違いがあります。

両者ともに、通常プランでさきほど紹介した「主な機能」は全て使えます。ストレージの容量がプランによって異なり、通常プランで「Google Workplace(旧G Suite)」が30GBなのに対し、「Microsoft365(旧Office365)」は1TBもあります。ただ、上位プランになると「Microsoft365(旧Office365)」の1TBに対し、「Google Workplace(旧G Suite)」はストレージ容量が無制限と逆転します。

その他では、利用可能な最大ユーザー数が、「Microsoft365(旧Office365)」は300人、「Google Workplace(旧G Suite)」は無制限となっております。

メールで相談    電話で相談

決定的な違い

機能面や料金プランで大きな差はありませんでしたが、両者には決定的な違いもあります。この違いが、選択する際の重要なポイントになっているのではないでしょうか。では具体的に見ていきましょう。

【Microsoft365(旧Office365)は、Word/Excel/PowerPointが使える!】

Microsoft365(旧Office365)は、Word/Excel/PowerPointが使える!

当たりの事ではありますが、ここがMicrosoft365(旧Office365)最大のストロングポイントです。業務でOfficeを使っていな企業などあるのでしょうか?そのくらいOfficeは多くの会社で使われています。そのOfficeをそのままクラウド上で使うことができるのです。Google Workplace(旧G Suite)でもWordやExcelファイルの編集は可能ですが、レイアウトの崩れ等の不具合は必ず起こります。

つまり、業務でOffice(Word/Excel/PowerPoint)をよく使う会社ほど、Microsoft365(旧Office365)を選んだ方がいいということになります。

【G mailは世界最高のクラウドメール】

G mailは世界最高のクラウドメール

会社のアドレスとは別に個人でG mailを使っておられる方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?PCでもスマホでも簡単にアクセスできて、いつでもどこでもメールができる。迷惑メールやスパムメールのフィルタリング機能も優れていますし、その他アプリとの連携もされています。おそらく、G mailより優れた(クラウド)メールシステムは無いのではないでしょうか?現時点では世界最高だと思います。

Google Workplace(旧G Suite)の最大の強みはこのG mailが使えるということだと思います。ちなみに私もG mailを使っていますが、現状、G mail以外の選択肢は見当たりません。使わない理由がないです。

【データセンターが”国内”or”国外”】

データセンターとは、サービスを提供している大元のコンピューターが置いてある場所です。つまり、ここで全てのデータを保管・管理しています。

Google Workplace(旧G Suite):「国外(全世界数カ所)」  Microsoft365(旧Office365):「国内(関東と関西)」

データセンターが国内or国外

データセンターの場所が違うとどんな影響があるのか?

Google Workplace(旧G Suite)のように世界各国に数か所もデータセンターがある場合、災害や事故などによるデータ消失の可能性がほぼ0%に近いです。Microsoft365(旧Office365)の場合、国内のみとなっているので、東日本大震災のような災害が起こった場合は心配です。ただ、関東と関西に分かれているので、被害を受ける可能性はかなり低いと考えられます。

重要なデータは国内で管理したい

金融機関や、官公庁、一部の大企業は会社の重要なデータを海外のデータセンターに置くのを嫌います。それは当然の判断です。そういった意味で、このような社会的責任の大きな組織や会社はMicrosoft365(旧Office365)を選択する傾向が強いと言われています。

【準拠法が”日本法”or”カリフォルニア州法”】

準拠法が日本法orカリフォルニア州法

これは、何か問題が起こった時に適用される法律がMicrosoft365(旧Office365)は”日本法”Google Workplace(旧G Suite)はカリフォルニア州法であるという事です。グローバル経済といっても、やはり日本の法律が適用される方が企業としては安心ですよね。

【Google Workplace(旧G Suite)は中国での利用不可】

Google Workplace(旧G Suite)は中国での利用不可

Google Workplace(旧G Suite)というわけではなく、Google自体が中国からブロックされているのです。中国本土でビジネスを展開している企業は注意してください。Microsoft365(旧Office365)は中国を含め、全世界で利用可能です。

メールで相談    電話で相談

両者に共通する問題点

クラウドシステム導入にあたっては、「Microsoft365(旧Office365)」「Google Workplace(旧G Suite)」問わず、様々な壁が待ち受けています。


・会社で利用する独自ドメインとの連携
・メールの設定情報やメールデータの移行
・業務システムの移行もしくは連携
・社内データの移行、その他設定

クラウドシステムは、契約すればサービス自体は使えるようにはなりますが、自分たちが使えるように様々な設定をしていかなければなりません。この設定作業を自社でやるのはほぼ不可能だと思います。弊社では、クラウドシステム移行時のお手伝いもしております。導入事例はこちらからご覧いただけます。

ITサポート訪問:法人向けクラウドサービスG Suite(旧Google Apps) の導入をお手伝い
今回のサポートは、火事や地震などの災害に備えて、社内データをクラウドにバックアップしておきたいというお客様の元へお伺いし、クラウド化のお手伝いをして参りました。 オフィスのビル火災は本当に起こる 実は、先月こちらのオフィスが入っ...

クラウド化についてご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

メール設定に関して追加Tips

Google WorkplaceもMicrosoft365もメール設定がPOP3/IMAP/SMTP形式から新しいAOuth形式に変わりつつあります。以下の記事もご参考ください。

Google Workplace(旧G Suite), Microsoft ExchangeでPOP3,IMAPで送受信できない件
今回は、OAuth2.0の仕組みと、それらの導入に向けたG SuiteやMicrosoft Exchangeの動向などをご紹介していきます。Outlookは2010, 2013, 2016等ではOAuth認証をご利用できませんので注意が必要です。

メールで相談    電話で相談

結論とまとめ

「Google Workplace(旧G Suite)」と「Microsoft365(旧Office365)」の違いを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?似ているようで、実は結構違いがあるという事が分かっていただけたと思います。

では、私なりの結論です。「Google Workplace(旧G Suite)」と「Microsoft365(旧Office365)」のどちらが企業に適しているか?
上記のことを踏まえ総合的に判断すると、現時点ではややMicrosoft365(旧Office365)の方が優勢かなという印象です。ただ、企業と言ってもいろんな会社があると思うので、全ての会社に当てはまるかと言えばそうではないと思います。

イメージとしてこんな感じで捉えていただけると解りやすいかもしれません。

Microsoft365(旧Office365): 業務でOfficeソフトをがっつり使い、企業規模が大きく、歴史のある会社
Google Workplace(旧G Suite): 創業間もないベンチャー企業や中小企業(Officeへの依存度が低い)

最後に両者のシェアについてですが、2014年の調査ではGoogle Workplace(旧G Suite)がMicrosoft365(旧Office365)に対して2倍以上もの差をつけてリードしていましたが、現在はMicrosoft365(旧Office365)が逆転しています。この1〜2年で、Microsoft365(旧Office365)を導入した企業が大幅に増えたようです。

クラウド化へのスムーズな移行をお手伝いします

法人様のクラウド化で一番やっかいな作業が設定作業です。

「メールの設定」「アカウントの追加」「データ移行」など、使えるようにするまでに時間と労力がかかります。これを日常の業務を行いながら同時並行でやるのはほぼ不可能だと思います。

弊社では、そのような作業を一括でサポートしております。また、法人様ごとに最適なクラウドサービスを選択し(例えば、基本ベースはMicrosoft365(旧Office365)で、メールはGmailを使うなど)、ご提案させていただきます。

社内のクラウド化でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

内容に関する注意事項

あくまで参考情報となりますので、本サイトの記述に従って設定をされるときは自己責任にてお願い致します。状況によって取るべき手段が異なり全てのケースを網羅出来ているわけではありませんので記述通りに設定すれば必ず設定出来るわけではございません。ご了承ください。

サポートエリア続々拡大中!

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区, 葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市, 武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
北海道
【札幌市】厚別区,北区,清田区,白石区,中央区,手稲区,豊平区,西区,東区,南区
小樽市,石狩市,岩見沢市,江別市,北広島市,恵庭市,千歳市,苫小牧市
大阪府
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

サポートエリア続々拡大中!

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区, 葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市, 武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
北海道
【札幌市】厚別区,北区,清田区,白石区,中央区,手稲区,豊平区,西区,東区,南区
小樽市,石狩市,岩見沢市,江別市,北広島市,恵庭市,千歳市,苫小牧市
大阪府
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

パソコン,インターネットの設定トラブル出張解決,データ復旧,ITサポートなら株式会社とげおネット
インターネット、社内LANパソコン修理/ITサポートブログ
とげおネットをフォローする
パソコン,インターネットの設定トラブル出張解決,データ復旧,ITサポートなら株式会社とげおネット

コメント