Microsoft Teamsの落とし穴!似て非なるMicrosoftのアカウント

テレワークに限らず、様々な働き方を促進するうえで、様々なコラボレーションツール(グループウェア)が誕生しています。古くからはskypeやsharepoint、近年ではgoogle Workspace、LINE WORKS、Chatwork、Slackなどが大小問わず多くの組織・企業で利用されています。

電話やEメールも必要によっては便利なツールですが、応対者の時間を占有しがちなコストの高いコミュニケーション方法です。コストをかけずコミュニケーションの頻度・スピード感を高めるかにおいて、特にチャットツールは非常に有用です。

この記事ではMicrosoft Teamsを使うときに必要な注意点について記述します。特にWeb会議にゲスト参加するだけなら多くの注意はいりませんが主催する場合アカウントに注意を払う必要があります。

今や企業活動に不可欠、コラボレーションツール

これらのコラボレーションツールの一つとして、Microsoft 365があります。Microsoft 365は従来の買い切り型ライセンス(Microsoft Office 2019など)ではなく、課金型のサブスクリプションサービスとなります。

世界中で広く利用されているword、Excelをはじめとした、様々な業務ソフトが含まれています。Microsoft 365のコンポーネントの一つであるTeamsは、Skypeのようなビデオ通話・チャットツール、One drive、Sharepointと連動するファイル共有機能、Outlookと連動するweb会議やウェビナーなど、Microsoftの持ち味を生かした非常に強力なコラボレーション機能を有しています。

Microsoft Teamsを有するMicrosoft365サービス群

既にOfficeソフトをサブスクリプション型Microsoft365を利用されている場合、Teamsはほぼ標準サービスで提供されており、利用されている方も多いのではないでしょうか。

Microsoft365は、従来の買い切り型Officeパッケージとは違い、初期導入費用はなく、継続の課金サービスとなります。最短で月単位での契約が可能です。費用は、月額・1ユーザー540円~です。これを5年間利用するとなると、1ユーザー32,400円となります。月額540円プランとほぼ同じ構成であるOffice Personal 2021は、32,784円で、5年間利用ならほぼ同じ価格ですが、Microsoft365であれば常に最新のアップデートが適用されるほか、1TBのOne Driveストレージサービスを通じてファイル共有によってリモートワークにも活用できます。一部機能は制限されますがMicrosoft EdgeやGoogle Chromeといった一般のwebブラウザでもwordやExcelを使用できます。これらを自前の環境で用意するコストを考えれば、Microsoft365を使う方が費用面でも非常に優れていることがわかります。

Microsoft365のプランについては、以下のサイトをご確認ください。

Microsoft 365 のすべてのプランを比較 | Microsoft
家庭でも業務でも、用途に最適な Microsoft 365 プランが見つかります。

Microsoft365のデメリット…煩雑なアカウント形態

Microsoft365は、Microsoftが買い切りライセンスからの脱却を目指す重要な戦略でありつつ、クラウド・モバイル連携といったユーザーの利便性からも非常に注目すべきサービスとなっています。新型コロナウイルスに伴うリモートワークの増加も後押しし、2021年7月~9月期でMicrosoft365の全世界売り上げが20%近く増加、今後もオンプレ版からの切り替えによる導入によって継続して売り上げが伸びていくと思われます。

しかし、ここではMicrosoft365やTeams導入をするにあたり直面するデメリットについて説明をします。利便性は大きなメリットでありつつ、逆に自由で便利すぎるが故のデメリットで、Microsoft365運用管理者の悩みの種自体は数多く存在します。その一つとして、微妙なアカウント形態があります。

よく分からない「Microsoftアカウント」と「Microsoft365アカウント」の違い

Microsoft365はクラウドで管理するサブスクリプションサービスです。管理するためにはアカウントが必要となります。Microsoft365で使うのは、Microsoft365アカウントです。

こう書くと、意味が良くわからないかと思いますが、Microsoft365アカウントとは別に、従来hotmailやskypeなどで使われていたMicrosoftアカウントというものもあります。

Microsoft365アカウントとMicrosoftアカウントは別物です。

Microsoft365アカウントは以前はOffice365アカウントという名称でしたが、Microsoftが提供するサブスクリプションコラボレーションツールの名称がOffice365からMicrosoft365に変わってしまったことで、非常にややこしいことになってしまいました。

もう少しかみ砕いて説明をします。

Microsoft365(Office365)アカウントは、ビジネス用

組織で使うMicrosoft365アカウントはビジネス用途に特化しています。ビジネス用途とは、つまり、管理者がいて、組織配下で展開することにメリットがあります。導入するライセンスによって異なりますが、アクセス制限や使用するツールの選択などのセキュリティ機能、長期契約や大規模導入によるディスカウントも可能です。

Microsoft365アカウントの場合、独自ドメインを設定することもできますが、通常はMicrosoft365独自の個別ドメインを自動的に付与されます。例えば、「(会社名など).onmicrosoft.com」といった形式です。

一般利用者のMicrosoft365アカウントは、管理者によって発行しますが、管理用アカウントは、Microsoft365のExchange(メールサービス)を利用する前・あるいはExchangeサービスを利用しない場合、もともと自社で持っているメールアドレスを利用することとなります。

Microsoftアカウントは個人用で、Microsoft365と互換性がない

「もともとMicrosoftのアカウントをもっていたような気がする」という方は、多くの場合、個人用Microsoftアカウントと思われます。古くはhotmailやBing(MSN)の個人設定用として、最近でもwindows10/11のサインアップやゲーム機Xboxのアカウントなどでも使われています。

Microsoft365を使うにあたり、引っかかるのがこの2つのアカウントの存在です。

個人用Microsoftアカウントと法人用Microsoft365は別物であり、相互に互換性はありません。また、MicrosoftアカウントとMirosoft365アカウントの移行や統合も一切できません

↑上記の部分は重要ですので繰り返します。

個人用Microsoftアカウントと法人用Microsoft365は別物であり、相互に互換性はありません。MicrosoftアカウントとMirosoft365アカウントの移行や統合も一切できません。

これらのMicrosoftアカウントが作成される方法は、以下のようなケースがあります。

ケース1:Microsoftアカウントを新規メールでサインアップした場合

Microsoftアカウントを新規に取得する場合に、同時にメールアドレスを発行することが可能ですし、過去にMicrosoftを作成した場合はMicrosoftアカウントに紐づくメールを作成している可能性があります。

ドメイン(メールアドレスの@以降)が「hotmail.co.jp」「outlook.com」「outlook.co.jp」の場合は、Microsoftアカウントです。

ケース2:Microsoftアカウントを既存メールでサインアップした場合

Microsoftアカウントを作成する際、プロバイダメールアドレスや会社メールアドレスなどでサインアップすることも可能です。Microsoftアカウントは、登録したときのメールアドレスとなるため、メールアドレスだけでMicrosoftアカウントかどうかは判断することができず、Microsoftアカウントのログインやパスワードリマインダーで確認するしかありません。

ケース3:Microsoft365アカウントを管理アカウントから発行した場合(非独自ドメイン)

Microsoft365アカウントを管理アカウントから発行した場合はMicrosoft365用のメールアドレスも用意されます。非独自ドメインを持っていない場合は、任意の文字列を指定したMicrosoftのサブドメインとなります。具体的には「(任意の文字列).onmicrosoft.com」となります。任意の文字列は会社名などが指定できます。

onmicrosoft.comのドメインを持つメールアドレスは、Microsoft365アカウントです。

ケース4:Microsoft365アカウントを管理アカウントから発行した場合(独自ドメイン)

企業などで独自ドメインを持つ場合はメールアドレスも会社専用に用意されていることがあります。もしドメインがMicrosoft365に統合されている場合、会社メールアドレスがそのままMicrosoft365アカウントになることが可能です。

なお、もし会社メールアドレスがMicrosoftアカウント(個人用)で使用していた場合、ログインする入り口が違うので、明確に区別できていること、もしくは職場でMicrosoftアカウントを一切使わなければ問題はありませんが、もしMicrosoftアカウントも使用していると正常にログインができない、ページ遷移でエラーが出るなど支障が出る場合があります。ログインが正常にできなくなった場合はブラウザのキャッシュをクリアして、Microsoft365アカウントか、Microsoftアカウントどちらか使いたい方だけ、該当の端末で使うようにし、両アカウントの共存をさせないようにしてください。

 

Microsoft365のログインページは login.microsoftonline.com

Microsoftアカウントのログインページは login.live.com

となります。以下に示す通りログインページにほとんどデザインに違いはありません。

なお、もしMicrosoft365ログインページでMicrosoftアカウントを指定すると自動的にMicrosoftアカウントログインページに遷移します。

しかし、Microsoftアカウントのログインページ(login.live.com)で、Microsoft365アカウントを指定しても「アカウントは存在しません」と表示され、ログインエラーとなります。

Teamsにおけるアカウント種別の注意点

同じTeamsでも、上記のMicrosoft365のTeamsと、MicrosoftアカウントのTeams(Microsoft Teams Free、クラシック)とは、機能面の違いもあります。Microsoft365のTeamsでは様々なことができますが、MicrosoftアカウントでのTeamsではできないことが多くあるため注意が必要です。

アカウントの種別に関わらず同等に使える機能

どちらのアカウントでも使用可能なTeamsの基本的な機能ももちろんありますので、下記用途に限っての活用で間に合うのであれば、Microsoftアカウント・Microsoft365アカウントで特別意識する必要はないかもしれません。ただし、MicrosoftアカウントとMicrosoft365アカウントが共存する環境はセキュリティや管理面でデメリットが多いため、会社組織であればMicrosoft365アカウントに統一することをおすすめします

以下の機能は、Microsoftアカウント(個人用)でも使用可能です。

  • ゲストアクセス
  • 1:1、グループによるオンライン会議
  • 画面共有
  • 会議の予約

Microsoftアカウント(個人用)ではできないTeams機能

以下の機能はMicrosoftアカウントでは使用できません。ある程度の規模の組織で運用する場合には必要となってくる機能ですので、これらの機能を使いたい場合は早い段階でMicrosoft365を使うよう促す必要があります。また、Microsoft365アカウントであってもライセンス形態によっては使用できない機能もありますのでご注意ください。

  • オンライン会議の録音・録画
  • オンライン会議の履歴
  • 電話回線も含む音声会議
  • ウェビナー機能(単方向・大人数が参加するwebイベントの主催)
  • ユーザー管理機能
  • 使用状況レポート
  • サービスレベルアグリーメント(SLA、障害発生時の返金制度)

組織活用では早めのMicrosoft365の導入を!

個人が無料でサインアップできるMicrosoftアカウントも便利ですが、TeamsなどのMicrosoft365を取り巻くコラボレーションツールとして活用するには、そもそも成り立ちが異なるため、管理もできず、移行や統合もできず、そのわりに名前が似ていて混乱の原因となる、厄介な存在です。やはり個人用で無料のアカウントのため、できることは限られています。既にMicrosoft365を使用している組織ではもちろん、今はまだオンプレ版を使っている場合も、将来的にサポートが終了することも決まっていますので、このアカウント問題については早い段階で把握し問題に着手することに越したことはありません。

Officeのサポート終了は、Microsoftで既に告知済みです。

ご存じですか? Office にはサポート期限があります - Microsoft atLife
セキュリティ更新をせずにソフトウェアを利用し続けることは、セキュリティ上、非常に危険な状態になりますので、最新バージョンへの移行をご検討ください。
  • Office2016・Office2019のサポート終了は2025/10/14
  • Office2021のサポート終了は2026/10/13

これまでのOfficeシリーズに比べて明らかにサポート可能な期間が短く設定されており、Microsoft365への移行を暗に促しているようにも思えます。クラウドを利用したMicrosoft365はセキュリティにも優れており、企業内の特定のソフトウェアや業務システムの都合がなければ、オンプレ版を使うメリットは弱く、Microsoft365を使ったほうが同じコストでも、デメリットよりメリットの方が多いはずです。

Microsoft365の導入の判断をする際は、個人用Microsoftアカウントの利用を排除しMicrosoft365アカウントで統一できるように準備しておく必要があります。Microsoftアカウントの管理責任者は作成したユーザ自身にあり、システム管理者がアクセス権を制御することはできません。個人用のMicrosoftアカウントを使うことは、組織内における部署異動・退職後の情報の取り扱いといった部分でもリスクがあります。

管理者の方は、これらの情報を踏まえて、早い段階で対処をし、利用者への混乱をできる限り軽減させるようにしましょう。

メールで相談
info@togeo.net
    電話で相談
03-6869-0595

内容に関する注意事項

あくまで参考情報となりますので、本サイトの記述に従って設定をされるときは自己責任にてお願い致します。状況によって取るべき手段が異なり全てのケースを網羅出来ているわけではありませんので記述通りに設定すれば必ず設定出来るわけではございません。ご了承ください。

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区,
葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市,
武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区,
葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市,
武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

パソコン修理/ITサポートブログ
パソコン,インターネットの設定トラブル出張解決,データ復旧,ITサポートなら株式会社とげおネット

コメント