Windows7からWindows10への買い替え、データ移行方法について

買い替え、データ移行について

Windows7のサポートは2020年1月に終了しました。サポート期間が終了する前に、Windows10へ移行する必要があります。

この記事ではWindows10のPCを買い替えた際、Windows7からWindows10へデータを移行する時の事前準備や注意事項、PCの設定方法についてまとめました。

準備はどのようにすればよいのか、作業に不安を感じている方はお気軽に電話やフォームでお問い合わせください。

電話で問い合わせ  メールで問い合わせ

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】現在一時的に電話での問い合わせを停止させていただいております。ご了承ください。

パソコンの買い替えで事前に確認すること

事前準備として、次の事を確認してください。

1. 現在利用中のソフトはWindows10に対応していますか?

Windows7で利用していたソフトが、Windows10でも対応しているのか、確認しましょう。

2. そのまま移行可能ですか?

Windows7からWindows10へ移行した際、自動的にアップグレードされるのか公式HPを見て、確認しましょう。

3. 新しく買う必要がありますか?

Windows10に移行した際、新しくライセンス購入が必要な場合があります。公式HPから確認し必要であれば、ライセンスを購入しましょう。

データ移行ソフトについて

量販店の店頭やチラシ、メールの宣伝等で「パソコン入れ替えもこのソフトで楽々!データ移行」と宣伝されているデータ移行ソフトを目にすることも多いと思います。以下のように各社からデータ移行ソフトが発売されています。

おまかせ引越 Pro 2

ファイナルパソコン引越し Win10特別

EaseUS Todo PCTrans 11 Professional

とげおネットではこれらのデータ移行ソフトを利用することはお勧めしておりません。本当に宣伝通りで実行ボタン一つで問題なく行こう出来ればよいのですがうまく行くケースが限られ、失敗することが良くあるからです。とげおネットで試して成功したときも以下のような現象が起こったことがありました。

  • ライセンス認証をもう一度やらないといけないソフトが発生した。
  • 一部ソフトがアンインストールされてしまい再インストール。
  • 起動時にエラー表示される。
  • 画面表示が一部おかしくなる。

それでも使いたい方は注意書きをよく読んでみることをお勧めします。以下はいくつかのソフトで注意書きに書いてあることを一部抜粋したものです。

  • Windowsが正常に動作していない、またはWindowsのサブコンポーネントが壊れている場合、転送が正常に動作しない場合があります。
  • 転送先のOSで動作環境外のアプリケーションについては移行できません。対応しているアプリケーションは以下の通りです(「以下」については省略)
  • アプリケーションによっては転送後の環境で正常に動作しない場合があります。その際は、対象の再インストールを行なってください。
  • アプリケーションは移行できますが、ライセンスを移行することはできませんので再認証が必要です。また、移行したアプリケーションの動作保証はいたしかねます。

いかがでしょうか。うまく行くケースが限られる理由がなんとなくわかったのではないでしょうか。うまくいったらラッキーと思って使っていただくのがよろしいかと思われます。

新しいWindows10マシンの初期設定、セットアップ

以下の順でWindows10に移行した際、基本設定を行う必要の項目をまとめました。

1.起動時の初期ウィザード

2.初期ウィザード後の設定

3.各種ソフトのインストール

起動時の初期ウィザード

Windows10に移行して、一番最初に初期ウィザードが表示されます。初期ウィザードの設定を行いましょう。

ユーザ/パスワードの設定

Windows10のアカウントには、2種類あります。

①Microsoftアカウント

②ローカルアカウント

Microsoftアカウントを選択した場合

①-1.Microsoftアカウントを選択した場合、フォームに登録したメールアドレスを入力して、「次へ」のボタンを押しましょう。

①-2.Microsoftアカウントのパスワードを入力すれば、設定完了です。

Microsoftアカウントのパスワードを入力しても、次の設定へ移行しない場合は入力したパスワードが間違っています。

ローカルアカウントを選択した場合

②-1.ローカルアカウントを選択する場合、オフラインアカウントを選択してください。

②-2.その後、パスワードを設定しましょう。

次の手順は、Microsoftアカウント、ローカルアカウントどちらも共通の設定手順です。

3.次の「PINを作成します」は、Microsoftアカウント、ローカルアカウントどちらを選択しても設定しなければいけません。

パソコンへログインする際に、パスワードではなく、数字と英字と記号を用いてログインできる設定をPINと言います。

初期の設定は、数字列の簡易的な設定になります。

PINの入力フォームの下に「英字と記号を含める」というチェックボックスがあります。このチェックボックスにチェックを入れると、英字と記号も含めたPINを作成できます。

PINを設定し、下の欄にもう一度PINの確認をして、OKを押しましょう。

ネットワーク設定

1.青い背景の画面に「ネットワークに接続しましょう」という文言が冒頭に表示されます。

そして、無線ネットワークに接続できる構成一覧が、表示されます。

接続したい無線ネットワークを選択し、「接続」ボタンを押します。

自動的にPCに接続というチェックボックスがありますが、一度チェックを外しておきます。

2.選択した無線ネットワークのネットワークセキュリティキー(パスワード)を入力する欄が表示されるので、

該当のネットワークセキュリティキーを入力します。(Wi-Fiルーターに記載されている暗号キーの事です。)

「接続済み」という表示になれば、ネットワーク設定は成功です。

初期ウィザード後の設定

初期ウィザードの設定が完了したら、手動で以下の設定をしましょう。

・コンピュータ名(ドメイン)の設定

・プリンタ設定

これらの設定は、「スタート」→「設定」から、設定できます。

コンピュータ名(ドメイン)の設定

Windowa10への初期ウィザードが終了したら、コンピュータ名(ドメイン)の設定をしましょう。

1.画面左下の「スタート」ボタンを選択し、「設定」歯車の形をしたボタンを選択します。

コンピュータ名変更1

2.Windowsの設定から「システム」を選択します。

コンピュータ名変更2

3.システム画面、左側の一覧からスクロールし、「バージョン情報」を選択します。

コンピュータ名変更3

4.バージョン情報のデバイスの仕様から「このPCの名前を変更」を選択する。

コンピュータ名変更4

5.PC名を変更するという画面が表示されるので、現在のPC名の下にあるテキストボックスに新しいPC名を入力し、次へを選択します。

コンピュータ名変更5

※注意
PC名は、最大15文字の半角英数字(a~z、A~Z、0~9)を設定しましょう。スペースや特殊文字(` ~ ! @ # $ % ^ & * ( ) = + _ [ ] { } \ | ; : . ‘ ” , < > / ?)が含まれた名前は、設定することができないので、注意しましょう。

6.再起動後にPC名は次のように変更されます。(新規PC名)というメッセージが表示されるので、「今すぐに再起動する」を選択します。

※注意
編集中のファイル、まだ保存していないファイルなどがある場合、「後で再起動する」を選択し、保存して全て終了してから、パソコンを再起動させましょう。

複合機、プリンタ設定

Windows10の初期ウィザードによる設定が終わり、通常画面が表示されたらプリンター設定の設定を行いましょう。

まず複合機、プリンタに付属のドライバをインストールしてください。機種によって設定方法が異なりますので各メーカのサイトやマニュアルをご参照ください。インストール後、必要に応じて既定のプリンタを設定します。設定方法は以下の通りです。

1.画面左下の「スタート」ボタンを押し、歯車の形をした「設定」ボタンを選択します。

プリンター設定1

2.Windowsの設定から「デバイス」を選択します。

プリンター設定2

3.左の一覧から、「プリンターとスキャナー」を選択します。

プリンター設定3

4.画面右側にプリンターとスキャナーの一覧が表示されます。該当プリンターを選択します。

プリンター設定4

5.「管理」ボタンを選択し、既定のプリンターに設定します。

プリンター設定5

各種ソフトをインストール

Windows10に移行した際、自動的にインストールされないソフトがあります。その場合、手動でインストールし設定しなければいけません。

以下に有償ソフトと無償ソフトの一覧を記載しました。

有償ソフト

【1】セキュリティソフトインストール

企業で決められたセキュリティソフトをインストールが義務付けされている場合、初期ウィザードの設定後セキュリティソフトのインストールをしましょう。

【2】Office製品

Windows7で使用していた「Office 2010」は、2020年10月17日以降、更新プログラムが提供されません。

最新版「Office 365」に移行するのがおすすめです。

Office製品を公式サイトからダウンロードしましょう。

Microsoft Office | 家庭とビジネスのための生産性向上ツール
Mac や Windows PC 向けのデスクトップから Web にいたるまで、Office はさまざまな環境での作業に必要なツールを提供します。製品情報をご覧ください。 Office 365 にサインインすることもできます。

【3】Adobe Creative Cloud

1.公式HPにサインインし、ダウンロードするアプリケーションを選択しましょう。

アドビ:クリエイティブ/マーケティング/文書管理ソリューション
アドビは、コンテンツおよびアプリの作成、配信、最適化を支援し、デジタルエクスペリエンスを通じて世界を変革します。

2.ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、「Set-Up.exe」のインストーラーを起動します。

3.インストーラーが起動したら、ウィンドウが表示されます。Adobe IDとパスワードを入力して、アンケートに答えましょう。アンケートの記入が終了したら、「続行」を選択します。

4.「インストール開始」をクリックして、アプリケーションがインストール完了するまで待ちます。インストール完了後、自動的にアプリケーションが起動します。

【4】会計ソフト

企業で決められた会計ソフトをインストールが義務付けされている場合、初期ウィザードの設定後会計ソフトのインストールをしましょう。

【5】それぞれの会社の業務システムの設定

会社ごとに業務システムの設定が定められていると思います。Win10に買い替え後、設定をしましょう。

無償ソフト

【1】Adobe Acrobat Reader

1.Adobe Acrobat Reader DC ダウンロードサイトに移行します。

Adobe Acrobat Reader DC ダウンロード | 無料の Windows、Mac OS、Android 向け PDF ビューア
Download free Adobe Acrobat Reader DC software for your Windows, Mac OS and Android devices to view, print, and comment on PDF documents.

2.オプションのプログラムのチェックを外し、「右下の今すぐインストール」をクリックしす。

AdobePDF1

3.「実行」ボタンを押します。

4.インストール終了後、「終了」ボタンを押します。

5.ブラウザを再起動して、電子書面の閲覧をし正しく作動しているか確認しましょう。

【2】Google Chrome

1.Windowsに搭載されているMicrosoft Edgeから、Googleのページに移動します。

Google Chrome ウェブブラウザ
Google の最先端技術を搭載し、さらにシンプル、安全、高速になった Chrome をご活用ください。

2.「Chrome」をダウンロードのボタンを押します。

Chromeダウンロード

3.Chromeの利用規約が表示されます。利用企画を確認し、「同意してインストール」を押しましょう。インストールが開始されるので、インストール作業が終えるまでインターネットに接続した状態を保ってください。

4.インストール完了後、インストーラがダウンロードされるので、「実行」を押しましょう。

5.インストーラの指示に従い、操作を実施していきます。インストール完了後、Chromeが自動で起動します。

データ移行

データ移行については古いパソコンのUserフォルダの中身をコピーしてそのまま新しいパソコンのUserフォルダに貼り付けすればよいです。コピーできなかったファイルはシステムファイルだったりするので上書きしないようにしましょう。以下のページをご参考ください。

【故障】Windowsが起動しないPCのデータを取り出し、別のPCに移行する方法。
昨日のことです。私が仕事で使っているノートパソコンが故障してしまいました。電源を入れてもWindowsが起動せず真っ暗な画面しか表示されない状態です。何度再起動しても症状は改善されません。 「やってしまった。。。」 普段、みなさ...

またCドライブの直下などにデータを保存している場合などはそのフォルダ、ファイルも新しいパソコンにデータを移行する必要があるでしょう。

古いパソコンで2TBを超える大容量HDDを使っており、取り外して新しいパソコンに直接つないでデータコピーしようとするとHDDそのものを認識しなくなるケースがあります。回避方法がなくもないですが面倒ですので素直に上記の方法でコピペすることをお勧めします。

※Win7との大きな違い

Windows Live Mailをお使いの方はもうサポートされていませんので他のメーラーを使う必要があります。Windows Live MailからOutlookにデータ移行したい方には以下のページもご参考ください。

【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへデータを移行する方法【Outlook2010,2013,2016,2019,365対応】
Windows Live MailにはOutlookにデータを移行するツールがついているのですがうまく動かないことが多くちょっと手間がかかりますがツールを使って確実に移行できる方法を書きましたので参考にしていただければと思います。

Windows10のキッティング方法まとめ

パソコンを買い替えて必要なソフトをインストールして今までのデータも移行してスムーズに入れ替える方法をお伝えしました。とはいえ、失敗せずに入れ替えるのは結構大変です。パソコンの入れ替えにお困りの方はとげおネットにお気軽にお問い合わせください。

コメント