当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへデータを移行する方法

Windows Live MailのデータをOutlookへ完全移行する方法

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

2017年1月10日で、Windows Live Mailを含む「Windows Essentials 2012」のサポートが終了になりました。

それにともない、「Windows Live Mail」から「Outlook」へメールデータを移行したいというご依頼を沢山いただいております。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

Windows Live Mailはもう使えないの?

現在パソコンにインストールされている「Windows Live Mail」はサポート終了後も使えますが、今後新規に「Windows Essentials」をインストールすることは出来なくなっています。

更に注意していただきたいのが、サポートが終了したということは、「Windows Live Mail」に関するセキュリティープログラムが更新されないため、基本的に「Windows Live Mail」を使い続けることは避けてください。別のメールソフトに移行する必要があります。

結論:Windows Live Mailは、別のメールソフトに移行する必要がある!!

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どのメールソフトにすればいいの?

移行先のメールソフトとして、一番オススメなのはやはり「Microsoft Outlook」です。

オススメする理由として、ビジネス用のパソコンであれば、既にOfficeがインストールされている可能性が高いので、Outlookをすぐに使える状態であるということです。あとは、他にこれといってオススメできるメールソフトがないということも理由の1つです。

どうしてもOutlookを使いたくないという方は、「Thunderbird」や「Gmail」といった選択肢もあります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Windows Live MailからOutlookに移行するときの注意点

Outlookの標準機能では上手くいかないことが多い

OutlookにはWindows Live Mailから直接データをインポートするツールがついているのですがインポートがエラー(※)となってうまく動かないことが多いためフリーのソフトを使って確実に移行できる方法を書いておきますので、ご自分でやりたいという方は参考にしていただければと思います。

※Windows Live Mailのメールデータが最適化されていないとエラーになってしまうようです。

作業するパソコンにはOutlookがインストールされている必要あり

このページの方法で移行作業をするパソコンにはOutlookがインストールされている必要があります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Windows Live MailからOutlookへのデータ移行方法

ここからは、Outlookへのデータ移行手順をご紹介していきます。

Windows Live Mailのデータの場所を確認する

Windows10のエクスプローラーのドライブの画面
「エクスプローラー」または、「マイコンピュータ」から「C:ドライブ」へ移動してください。

Windows10のエクスプローラーのOSの画面
次に、「ユーザー」フォルダを選択します。

Windows10のエクスプローラーのユーザーの画面
「ユーザー」フォルダの中に、現在ご自分がログインしているユーザー名のフォルダがあるので、そちらをダブルクリックします。

Windows10のエクスプローラーのユーザーデータの画面
こちらがユーザーデータになります。この中にWindows Live Mailのデータも保存されています。まず、隠しファイルを表示させます。

Windows10のエクスプローラーの画面でメニューバーとフォルダーオプション(O)のボタンを四角で囲んでいる
キーボードの「Alt」キーを押すとメニューバーが表示されるので、そこから「ツール」→「フォルダーオプション」と選択していきます。

Windows10のフォルダーオプションの画面で表示のボタンと隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示するのチェックボックスを四角で囲んでいる
表示タブを選択して、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れて、OKボタンを押します。

Windows10のエクスプローラーの画面でAppDateのフォルダを四角で囲んでいる
すると、今まで表示されなかった隠しフォルダー「AppDate」が見えるようになります。こちらを開きます。

Windows10のエクスプローラーの画面
次に「Local」フォルダーを開きます。

Windows10のエクスプローラーの画面
次に「Microsoft」フォルダーを開きます。

Windows10のエクスプローラーの画面でWindows Live Mailのフォルダを四角で囲んでいる
「Microsoft」フォルダーの中に 「Windows Live Mail」フォルダーが見つかると思います。このフォルダー内にWindows Live Mailの全てのデータが入っています。パソコンを入れ替える場合などは、このフォルダーを外付けHDDなどに保存して別PCにコピーください。

【MailStore Home】メールデータ変換ソフトをダウンロード・インストールする

MailStore Homeのソフトのダウンロードボタンを四角で囲んでいる
Windows Live Mailのデータの場所を確認したら、次はWindows Live MailのデータをOutlookのデータに変換するソフトをインストールします。変換に使うソフトは「MailStore Home」というソフトです。ファイルをダウンロードし、パソコンにインストールしてください。

MailStore Homeの画面でEメールのアーカイブのボタンを四角で囲んでいる
インストールが完了したら、MailStore Homeを起動し、Eメールのアーカイブをクリックします。

MailStore Homeの画面でEMLファイルおよびMSGファイルのボタンを四角で囲んでいる
次に「EMLファイルおよびMSGファイル」の項目を選択します。

MailStore Homeの画面で参照のボタンとWindows Live Mailのボタンを四角で囲んでいる
フォルダ選択画面にて、参照ボタンを押し、先程確認したWindows Live Mailのフォルダを指定します。(場所:Cドライブ→ユーザー→自分が使っているユーザー名→AppDate(隠しフォルダ)→Local→Microsoft→Windows Live Mail)

MailStore Homeのプロファイルの作成の画面で実行のボタンを四角で囲んでいる
フォルダを指定したら、画面右下の実行ボタン押します。アーカイブが完了するまでしばらく待ちましょう。

MailStore Homeの進捗表示のダイアログボックス画面
アーカイブが完了しました。次は、このデータをOutlook用のpstファイルにエクスポートします。

メールデータをOutlook用PSTファイルにエクスポートする

MailStore Homeの画面でEメールのエクスポートとMicrosoft Outlook PSTファイルとすべてのフォルダのボタンを四角で囲んでいる

画面左のメニューより、「Eメールのエクスポート」を選択し、右側のEメールファイルから「Microsoft Outlook PSTファイル」をクリックしてください。エクスポートするメールフォルダ(受信フォルダ,送信済みフォルダ等)を選択する画面が表示されます。基本的に全てのフォルダをエクスポートすると思うので、出来るだけ上の階層のフォルダを選んでください。分からない人は「すべてのフォルダ」を選択して「次へ」を押します。

MailStore Homeの画面でEメールを新規または既存のPSTファイルにエクスポートのチェックボックスとボタンを四角で囲んでいる

次に、PSTファイルをエクスポートする場所を指定する画面が表示されます。「Eメールを新規または既存のPSTファイルにエクスポート」のチェックボックスをクリックし、エクスポートする場所を指定します。場所は「C:\ユーザー\ユーザー名\ドキュメント\Outlook ファイル\ 」にします。ファイル名はお好きな名前で結構です。最後に「保存」ボタンを押します。

MailStore Homeの進捗表示のダイアログボックス画面
アーカイブの時と同様に「実行」ボタンを押すと、エクスポートがスタートします。こちらもアーカイブと同じぐらの時間がかかります。終わるまでしばらく待ちましょう。

MailStore Homeの画面でPSTファイルを四角で囲んでいる
書き出したPSTファイルを確認して、Outlookのアイコンになっていれば正常にエクスポートが完了しています。Outlookのアイコンになっていない時は、拡張子「.pst」をご自分で追加してあげてください。拡張子を追加すれば正常なファイル形式として認識されます。

OutlookにPSTファイルを紐付ける(設定する)

Outlookの起動時の画面で次へ(N)のボタンを四角で囲んでいる
最後に、今エクスポートしたPSTファイルをOutlookに設定します。Outlookを起動し、「次へ」ボタンを押します。

Outlookの電子メールアカウントの追加の画面でチェックボックスと次へ(N)のボタンを四角で囲んでいる
「はい」を選択し、「次へ」ボタンを押します。

Outlookの自動アカウントセットアップの画面でチェックボックスと次へ(N)のボタンを四角で囲んでいる
「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」ボタンを押します。

Outlookのサービスの選択の画面でチェックボックスと次へ(N)のボタンを四角で囲んでいる
「POPまたはIMAP」を選択し、「次へ」ボタンを押します。

Outlookのアカウントの追加の画面で既存のOutlookデータファイルのチェックボックスを四角で囲んでいる
メール設定画面にて、左側の設定情報を入力した後、画面右側の「既存のOutlookデータファイル」を選択し、参照ボタンをクリックします。

MailStore Homeの画面でPSTファイルを矢印で指している
ここで、先程「MailStore Home」でエクスポートしたPSTファイルを選択し、「次へ」ボタンを押します。メールの送受信をテストする画面に変わります。問題がなければアカウントの設定が完了となります。もし、ここで送受信に不具合が起きた場合は、入力した設定情報が間違っているか、詳細設定の設定情報が間違っているので、もう一度確認してください。

Outlookの画面で受信フォルダとフォルダ内メールを四角で囲んでいる
Windows Live Mailで使っていたフォルダ構成で受信メールや送信メールが復元出来ました。多少、受信フォルダの構成が変わっている場合があるので、目的のフォルダをドラッグ・アンド・ドロップして、以前のフォルダ構成と同じになるように調整してください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?メールの量が少なければ移行も簡単ですが、数万・数十万通となるとバックアップやアーカイブ、エクスポートする時間だけで、3時間以上かかることもあります。また、メールの量が多くなると、PSTファイル自体が不具合を起こす可能性も高くなるので、普段から必要のないメールは削除するように心がけましょう。また残念ながらこの方法では仕訳ルールを移行することはできません。

アドレス帳も移行したい方は以下のページもご参考ください。

Windows Live Mailのアドレス帳をOutlookに完璧に移す方法
Windows7ではWindows Live Mailを使っていた方は多いと思いますがWindows10ではサポートされてません。 Windows10には「メール」というメーラーアプリが付属していますがあまり使い勝手はよくないので使っている...

自力でやるのは難しいという方は、お気軽にお問い合わせください。迅速・丁寧に対応させていただきます。

Outlookの様々な設定に関する記事

Outlookの様々な設定については、下記の記事をご参考ください。

Outlookで迷惑メールを除外し、フォルダーへ自動振り分けする設定
仕事でのメールはOutlookをお使いの方が多いと思いますが、迷惑メール対策の設定はされていますか?この設定、意外にやられていない方が多いので、もしご自分のOutlookで設定されていない場合はすぐに設定してください。迷惑メール以外にも受け...
Outlookメールを簡単に振り分け!「自動仕分けウィザード」の使いかた
Outlookの「受信トレイ」を整理するには、「仕分けルール」機能を使った自動処理がおすすめです。この記事では、仕分けルールを設定する「自動仕分けウィザード」の設定手順と、設定する前に決めておきたい項目について、画像入りで詳しく解説します。
1つのOutlookを複数人で共有して安全に使う方法について解説
「プロファイル」機能を使えば、Outlookを複数のユーザーで共有して利用できます。この記事ではOutlookに複数ユーザーを作成し、起動時にユーザーを選択可能にする方法について解説します。各ユーザーにパスワードを設定する方法についても、関連記事をご紹介します。
パソコンの引っ越しで、Outlookのメール・アドレス帳をスムーズに移行する方法
パソコン交換でデータの引っ越しをされる場合には、Outlookのデータ(メールやアドレス帳)も移行可能です。この記事ではOutlookのインポート・エクスポート機能を使ったデータ移行手順を、図解入りでわかりやすく解説しています。
Outlookでメールの暗号化(SSL/TLS)設定を確認する方法
Outlookでのメールの暗号化設定(SSL/TLS)についてまとめました。 おそらく皆さんは意識せずにメールを使っていると思います。一昔前までは暗号化せずにメールの送受信(「平文(ひらぶん)」での通信)をしていたのが主流でした。もしかした...
Windows Live Mailのアドレス帳をOutlookに完璧に移す方法
Windows7ではWindows Live Mailを使っていた方は多いと思いますがWindows10ではサポートされてません。 Windows10には「メール」というメーラーアプリが付属していますがあまり使い勝手はよくないので使っている...
Outlook起動時にパスワード入力画面を表示させ、メールを見られないようにする設定方法
Outlookを起動したときに、パスワード入力画面が表示されるようになる設定の手順を、図解入りで解説しています。Outlookでは通常、起動時に新着メールがすぐ開くため、セキュリティ上の心配があるのです。設定は10分もあれば終わります。
Outlookの仕分けルールを使いこなす!フォルダ分け以外の便利な活用方法5選
Outlookの仕分けルールには、フォルダ分け以外にもメール処理を自動化できる、便利な活用方法があります。この記事では送受信・通知など、5種類の活用方法と設定手順をご紹介します。一度だけ設定すればそれ以降は自動処理できます。ぜひ活用してみてください。
Outlook仕分けルール、エクスポート・インポートの手順とコツを解説
Outlookの仕分けルールのインポート・エクスポートにはコツがあり、手順によってはエラーが出る場合もあります。この記事では必要な準備を含め、仕分けルールのインポート・エクスポート手順、エラーからの回復方法を図解入りで詳しく解説します。
Outlookの予定表を便利に使ってみよう!共有の手順も解説
Outlookはメールの作成・送受信だけでなく、スケジュールの管理にも最適なツールです。この記事ではOutlook予定表の初歩的な使い方から、Outlook.comを使った他のメンバーとの予定共有方法、メール画面からの利用法について図解入りで解説します。

Outlookトラブルシューティングについては以下のページをご参考ください。

Outlookで起こる不具合の解決方法まとめ【Windows Update / Windows10】
アウトルックはとても便利なツールですが時に様々な不具合が起こることがあります。このページを参考に対応してみてください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!