【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへ移行する方法【Outlook2010,2013,2016対応】

Windows Live MailのデータをOutlookへ完全移行する方法
スポンサーリンク

2017年1月10日で、Windows Live Mailを含む「Windows Essentials 2012」のサポートが終了になりました。

それにともない、「Windows Live Mail」から「Outlook」へ移行したいというご依頼を沢山いただいております。

Windows Live MailにはOutlookにデータを移行するツールがついているのですがうまく動かないことが多くこちらに確実に移行できる方法を書いておきますので、ご自分でやりたいという方は参考にしていただければと思います。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

Windows Live Mailはもう使えないの?

現在パソコンにインストールされている「Windows Live Mail」はサポート終了後も使えますが、今後新規に「Windows Essentials」をインストールすることは出来なくなっています。

更に注意していただきたいのが、サポートが終了したということは、「Windows Live Mail」に関するセキュリティープログラムが更新されないため、基本的に「Windows Live Mail」を使い続けることは避けてください。別のメールソフトに移行する必要があります。

結論:Windows Live Mailは、別のメールソフトに移行する必要がある!!

どのメールソフトにすればいいの?

移行先のメールソフトとして、一番オススメなのはやはり「Microsoft Outlook」です。

オススメする理由として、ビジネス用のパソコンであれば、既にOfficeがインストールされている可能性が高いので、Outlookをすぐに使える状態であるということです。あとは、他にこれといってオススメできるメールソフトがないということも理由の1つです。

どうしてもOutlookを使いたくないという方は、「Thunderbird」や「Gmail」といった選択肢もあります。

Windows Live MailからOutlookへのデータ移行方法

ここからは、Outlookへのデータ移行手順をご紹介していきます。

Windows Live Mailのデータの場所を確認する


「エクスプローラー」または、「マイコンピュータ」から「C:ドライブ」へ移動してください。


次に、「ユーザー」フォルダを選択します。


「ユーザー」フォルダの中に、現在ご自分がログインしているユーザー名のフォルダがあるので、そちらをダブルクリックします。


こちらがユーザーデータになります。この中にWindows Live Mailのデータも保存されています。まず、隠しファイルを表示させます。


キーボードの「Alt」キーを押すとメニューバーが表示されるので、そこから「ツール」→「フォルダーオプション」と選択していきます。


表示タブを選択して、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れて、OKボタンを押します。


すると、今まで表示されなかった隠しフォルダー「AppDate」が見えるようになります。こちらを開きます。


次に「Local」フォルダーを開きます。


次に「Microsoft」フォルダーを開きます。


「Microsoft」フォルダーの中に 「Windows Live Mail」フォルダーが見つかると思います。このフォルダー内にWindows Live Mailの全てのデータが入っています。データをバックアップしておきたい方は、このフォルダーを外付けHDDなどに保存してください。

【MailStore Home】メールデータ変換ソフトをダウンロード・インストールする


Windows Live Mailのデータの場所を確認したら、次はWindows Live MailのデータをOutlookのデータに変換するソフトをインストールします。変換に使うソフトは「MailStore Home」というソフトです。ファイルをダウンロードし、パソコンにインストールしてください。


インストールが完了したら、MailStore Homeを起動し、Eメールのアーカイブをクリックします。


次に「EMLファイルおよびMSGファイル」の項目を選択します。


フォルダ選択画面にて、参照ボタンを押し、先程確認したWindows Live Mailのフォルダを指定します。(場所:Cドライブ→ユーザー→自分が使っているユーザー名→AppDate(隠しフォルダ)→Local→Microsoft→Windows Live Mail)


フォルダを指定したら、画面右下の実行ボタン押します。アーカイブが完了するまでしばらく待ちましょう。


アーカイブが完了しました。次は、このデータをOutlook用のpstファイルにエクスポートします。

メールデータをOutlook用PSTファイルにエクスポートする

画面左のメニューより、「Eメールのエクスポート」を選択し、右側のEメールファイルから「Microsoft Outlook PSTファイル」をクリックしてください。エクスポートするメールフォルダ(受信フォルダ,送信済みフォルダ等)を選択する画面が表示されます。基本的に全てのフォルダをエクスポートすると思うので、出来るだけ上の階層のフォルダを選んでください。分からない人は「すべてのフォルダ」を選択して「次へ」を押します。

次に、PSTファイルをエクスポートする場所を指定する画面が表示されます。「Eメールを新規または既存のPSTファイルにエクスポート」のチェックボックスをクリックし、エクスポートする場所を指定します。場所は「C:\ユーザー\ユーザー名\ドキュメント\Outlook ファイル\」にします。ファイル名はお好きな名前で結構です。最後に「保存」ボタンを押します。


アーカイブの時と同様に「実行」ボタンを押すと、エクスポートがスタートします。こちらもアーカイブと同じぐらの時間がかかります。終わるまでしばらく待ちましょう。


書き出したPSTファイルを確認して、Outlookのアイコンになっていれば正常にエクスポートが完了しています。Outlookのアイコンになっていない時は、拡張子「.pst」をご自分で追加してあげてください。拡張子を追加すれば正常なファイル形式として認識されます。

OutlookにPSTファイルを紐付ける(設定する)


最後に、今エクスポートしたPSTファイルをOutlookに設定します。Outlookを起動し、「次へ」ボタンを押します。


「はい」を選択し、「次へ」ボタンを押します。


「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」ボタンを押します。


「POPまたはIMAP」を選択し、「次へ」ボタンを押します。


メール設定画面にて、左側の設定情報を入力した後、画面右側の「既存のOutlookデータファイル」を選択し、参照ボタンをクリックします。


ここで、先程「MailStore Home」でエクスポートしたPSTファイルを選択し、「次へ」ボタンを押します。メールの送受信をテストする画面に変わります。問題がなければアカウントの設定が完了となります。もし、ここで送受信に不具合が起きた場合は、入力した設定情報が間違っているか、詳細設定の設定情報が間違っているので、もう一度確認してください。


Windows Live Mailで使っていたフォルダ構成で受信メールや送信メールが復元出来ました。多少、受信フォルダの構成が変わっている場合があるので、目的のフォルダをドラッグ・アンド・ドロップして、以前のフォルダ構成と同じになるように調整してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?メールの量が少なければ移行も簡単ですが、数万・数十万通となるとバックアップやアーカイブ、エクスポートする時間だけで、3時間以上かかることもあります。また、メールの量が多くなると、PSTファイル自体が不具合を起こす可能性も高くなるので、普段から必要のないメールは削除するように心がけましょう。

自力でやるのは難しいという方は、下記連絡先までご連絡ください。迅速・丁寧に対応させていただきます。

◆◆◆その他、Outlook関連の記事◆◆◆

【Outlook迷惑メール対策】迷惑メールを除外し、フォルダーへ自動振り分けする設定
仕事でのメールはOutlookをお使いの方が多いと思いますが、迷惑メール対策の設定はされていますか?この設定、意外にやられていない方が多いので、もしご自分のOutlookで設定されていない場合はすぐに設定してください。迷惑メール以外にも受け...
Outlookでメールの暗号化(SSL/TSL)設定を確認する方法
Outlookでメールの暗号化がちゃんと設定されているか確認する方法を解説しています。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
出張サポート|Outlookのデータファイルを変更
Outlookがおかしい時は「データファイル」に不具合があります。データファイルの追加、設定変更方法などを説明しています。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595

その他のOutlook不具合について

Outlookでメールの検索ができなくなった時の対処方法(2010,2013,2016対応)
先日、お客様よりこのようなお問い合わせがありました。 お世話になっております。 株式会社◯◯ Hです。 現在、私が使用しているパソコンのOutlook(2013)で メールの検索が突然出来なくなってしまいました。 ...
Outlookが重い、遅い原因は?改善するための対策は?
Outlookをずっと使っていると調子が悪くなったりします。Outlookが重くなり、遅くなることがあります。 今回Outlookが重い時の対処方法を効果があった方法とあまり効果がなかった方法を解説いたします。 原因 Outloo...
Outlook2016 アカウント追加できないエラーや問題が発生した時の手動設定方法
サポート先で、Outlook2016にメールアカウントを追加しようとしたところ、下記エラーが表示されました。 問題が発生し、Outlookはアカウントを設定することができませんでした。もう一度やり直してください。問題が解決しない場合は、メ...
Outlookで送信(受信)メールの文字化け解消!! (2007,2010,2013,2016対応)
Outlookのメールが文字化けしてしったということでサポートに行ってきました。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595
【図解】Outlookで送信メールの添付ファイルが消える時の対処法 2016,2013,2010,2007
Outlookで送信したはずの添付ファイルが見えない、消えている等の不具合が起こるようです。原因を追求したところ、送信側のパソコンで「レジストリファイル」というものをいじってあげると解決することが分かりました。 ただ、パソコンの知識が...
「Outlookは動作を停止しました」というエラーで強制終了し起動しない時の対応策
定期契約のお客様より、Outlook2016が急に開けなくなったとのご連絡をいただき、サポートへ行ってきました。 こちらのOutlookは以前にも何度かクラッシュして、その度に修正していたのですが、また起こったかぁ。。。という感じです...
【Windows10】Outlook,Word,ExcelでハイパーリンクやURLがクリックできないエラー
先週のサポート先でお客様より次のような質問がありました。 「Outlookのメール本文内のURLをクリックすると、変なエラー表示が出て、リンク先に移動できない」ということです。色々と試行錯誤しながら解決しましたので、こちらにその手順を...
Outlookで起こる不具合の解決方法まとめ【Windows Update / Windows10】
今回のテーマはOutlookの不具合についてです。 おそらく、多くの方がお使いになっているであろう、このOutlookですが、最近、Windows10の更新があるたびに、トラブルが起きています。そこで、問合せの多い順に項目をピックアッ...
Outlookで特定のアドレスにメールが送信できない原因と対処法 【2010,2013,2016対応】
先週のことです。お客様より「突然、ある取引先にメールが送れなくなってしまいました。」というご連絡をいただきました。ネットで色々と調べてみましたが、同じような症状で困っている方が結構いるようです。 翌日、訪問サポートにて無事に解決しまし...
Outlook.comで添付ファイルがダウンロードできない時の対処法
先日、サポート先のお客様に、「Outlook.com」についての質問をお受けしました。 内容は、「Outlook.com」で受信したメールの添付ファイルがダウンロードできないといったことでした。会社に戻り、色々と試してみた結果をこちら...
Outlookでメールが送信できない…ブラックリストに登録されているかも!?
ある日突然、特定のメールアドレスにメールが送れなくなってしまった…なんて経験ありませんか? 私はあります。その時に色々調査したところ、なんと自分の使っているメールサーバがブラックリストに登録(スパム認定)されており、それが原因でセキュ...
出張パソコン修理,データ復旧,インターネット設定,パソコンサポート,ITサポートなら株式会社とげおネット/東京,神奈川,埼玉,千葉
パソコン修理/ITサポートブログ
togeo.netをフォローする
出張パソコン修理,データ復旧,インターネット設定,パソコンサポート,ITサポートなら株式会社とげおネット/東京,神奈川,埼玉,千葉

コメント

  1. […] 参考URL:https://togeonet.co.jp/post-7310 […]

  2. 鈴木 より:

    こんにちは、鈴木です。

    丁寧な記載があり自分で実行するのにとても参考になりました。
    実際に実行してメッセージの移行は成功しました。

    そこでアカウントが複数(3)あったため、次のアカウントを追加作成し、
    新しいOUTLOOKデータを設定すると追加したアカウントが表示されました。
    さらに別アカウントを追加し既存のOULOOKデータに設定すると追加したアカウントが表示されません。アカウントが複数ある場合の新しいメッセージの配信先の設定がわからず途中になってしまいました。

    win7無償アップグレードでliveメールからOUTLOOK2010 64Bit版に
    移行しようとしました。

    ご指南いただけると助かります。

    鈴木

    • togeo.net より:

      >鈴木さま
      コメントありがとうございます。メッセージでの説明は難しいですので、お電話いただければ可能な限りサポートさせていただきます。電話サポートは無料ですので、お気軽にご連絡ください。

  3. イチロー より:

    こんにちは。イチローと申します。
    ご質問させて下さい。
    MailStore Homeをダウンロードしたのですが、インストールできないのです。
    ダウンロードしたファイルをクリックすると、警告音とともにエラーになってしまってそれ以上進みません。エラーの内容がお送りできればいいのですが・・・なにとぞよろしくお願いいたします。

    • togeo.net より:

      >イチロー様

      コメントありがとうございます。ダウンロードできない理由はおそらくイチロー様のパソコンにインストールされている、ウィルス対策ソフトがブロックしているのではないでしょうか?そちらの機能を一時的に停止すればダウンロードできると思います。もし原因が分からないようでしたら、hiraide@togeo.net までエラー表示のスクリーンショット画像をお送りください。今後とも何卒よろしくお願いいたします。