当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Outlook起動時にパスワード入力画面を表示させ、メールを見られないようにする設定方法

アイキャッチ

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

Outlookを起動すると、すぐに新着のメールが表示されるため、周囲の人に内容が見えるおそれがあります。とくに朝礼前や出張先など人の多い環境では、セキュリティを保ちづらくなりますね。

こんな時は裏ワザを使って、起動時に毎回パスワード入力画面を出し、いきなりOutlookを開かないよう設定してみましょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

Outlookの起動時にパスワードを求めるようにする方法

Outlook本体の認証は自動的に行われ、通常は表示されません。このため、起動時にパスワードを求めるようにするには、ちょっとした奥の手が必要です。

Outlook本体ではなく、Outlookのデータファイルである.pstファイルにパスワードをかけ、起動時に開くようにするのです。

具体的な手順は、以下のようになります。

  1. OutlookでOutlookデータファイル.pstファイル)を新規作成する
  2. .pstファイルにパスワードを設定する
  3. Outlookの起動時に、パスワードのかかった.pstファイルが開くよう設定を変更する
  4. Outlookが起動すると、.pstファイルのパスワードを求められるようになる

.pstファイルとは

ふだん使っている受信トレイとは別に、Outlookに届いたメッセージや予定表、連絡先やタスクのデータをバックアップしておけるデータファイルです。ファイル名の拡張子が「.pst」となります。

さっそく手順を見ていきましょう。10分もあれば設定できます

この記事ではMicrosoft365(Outlook365)の画面を使い説明します。バージョンが2019/2016/2013でも手順は変わりません。

1..pstファイルを作成

最初に、pstファイルを作っていきましょう。

Outlookを開き[ホーム]→[その他のアイテム]→[Outlookデータファイル]を選択します。

Outlook データファイル 作成

.pstファイルを作成していきます。
Outlook データファイル 保存

①ファイルの場所を、コンピューター上のわかりやすい場所に指定します。

②ファイル名を指定します。ここでは「maildata.pst」としました。

③設定できたら[OK]ボタンを押します。

これで.pstファイルができました。ファイル名(ここではmaildata.pst)は次の設定で使うので、覚えておいてください。

また、.pstファイルの置き場所も忘れないようにしましょう。とくに.pstファイル内にメールなどデータをバックアップしていた際には、コンピューターの交換時に必要になります。

場所を忘れた場合、ファイルを探すのが意外と大変なため、最初からわかりやすい場所に作っておくのがベターです。

2..pstファイルの一覧を表示する

いま作成した.pstファイルを開くために、pstファイルの一覧を表示させます。

画面左上[ファイル]を選択します。

Outlook メニュー ファイル

[アカウント設定]ボタン→[アカウント設定]を選択します。

Outlook アカウント設定

[データファイル]タブを選択します。

Outlook データファイル 一覧

[データファイル]タブを選択すると、このアカウントで使えるデータファイルが表示されます。

 

3..pstファイルを開き、パスワードを設定する

以下の手順で、メールのデータファイル(.pstファイル)にパスワードを設定します。

データファイルの一覧から設定していきます。

Outlook データファイル 選択

①パスワードを設定したい.pstファイル(この例では「maildata」)を選択します。

②[設定]を押します。

次の画面で[パスワードの変更]を押します。

Outlook データファイル パスワード

パスワードを設定します。

Outlook データファイル パスワード 変更

  1. 使用中のパスワード」は空欄です(今回、新規に.pstファイルを作成したため)。
  2. 新しいパスワード」に、Outlook起動時に入力したいパスワードを設定します。
  3. パスワードの確認」に、2.と同じパスワードを入力します。
  4. すべて入力できたら「OK」ボタンを押します。

「パスワードをパスワード一覧に保存」のチェックは入れないでください。パスワードを設定しても、Outlookの起動時にパスワードを聞かれないようになるためです。

以上で、.pstファイルにパスワードを設定できました。

※「1つのOutlookに複数のアカウントを作成」作業をされている方は、下記の記事に戻り手順を進めてください。

1つのOutlookを複数人で共有して安全に使う方法について解説
「プロファイル」機能を使えば、Outlookを複数のユーザーで共有して利用できます。この記事ではOutlookに複数ユーザーを作成し、起動時にユーザーを選択可能にする方法について解説します。各ユーザーにパスワードを設定する方法についても、関連記事をご紹介します。

4.起動時に.pstファイルが開くよう設定する

引き続き「アカウント設定」画面から設定をすすめていきましょう。

パスワードを設定した.pstファイルが、起動時に開くよう設定します。

Outlook データファイル 既定に設定

①先ほどパスワードを設定した.pstファイルを選択します。

②[既定に設定]を選択します。

下記の画面がポップアップしますので「はい」ボタンを押します。

Outlook 既定 データ 変更

ふたたびデータファイルの一覧画面が表示されます。
Outlook 既定のファイル 変更

①.pstファイル(この例ではmaildata)の前に黒いチェックマークが付いているのを確認します。

②[閉じる]ボタンを押します。

これで全ての設定が終わりました。

Outlookを再起動し、パスワードを求められるか確かめる

それでは、Outlookを一度終了し、再起動してみましょう。

下記のように、パスワードを求められる画面が表示されます。.pstファイルにかけたパスワードを入力し、[OK]を押せばパスワードロックが解除され、Outlookが開きます。

Outlook データファイル パスワード 変更

Outlookを開くと、ふだん使っているメールアドレスが、.pstファイルのデータの下に表示されています。メールアドレスをドラッグして上に移動すれば、元通りのレイアウトになります。

Outlook データファイル 移動

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まとめ

Outlookの起動時にパスワード入力の画面を出して、メールを表示させないよう設定する方法について解説しました。

データファイルにパスワードをかけて起動時に開くようにすれば、周囲にメールを見られることはありません。

1台の共有端末上で、Outlookを複数人数で使いたい場合にもパスワードをかけられます。このときは「ユーザープロファイル」の設定が必要になるため、以下の記事を参考にされてください。

1つのOutlookを複数人で共有して安全に使う方法について解説
「プロファイル」機能を使えば、Outlookを複数のユーザーで共有して利用できます。この記事ではOutlookに複数ユーザーを作成し、起動時にユーザーを選択可能にする方法について解説します。各ユーザーにパスワードを設定する方法についても、関連記事をご紹介します。

Outlookの様々な設定に関する記事

Outlookの様々な設定については、下記の記事をご参考ください。

Outlookで迷惑メールを除外し、フォルダーへ自動振り分けする設定
仕事でのメールはOutlookをお使いの方が多いと思いますが、迷惑メール対策の設定はされていますか?この設定、意外にやられていない方が多いので、もしご自分のOutlookで設定されていない場合はすぐに設定してください。迷惑メール以外にも受け...
Outlookメールを簡単に振り分け!「自動仕分けウィザード」の使いかた
Outlookの「受信トレイ」を整理するには、「仕分けルール」機能を使った自動処理がおすすめです。この記事では、仕分けルールを設定する「自動仕分けウィザード」の設定手順と、設定する前に決めておきたい項目について、画像入りで詳しく解説します。
パソコンの引っ越しで、Outlookのメール・アドレス帳をスムーズに移行する方法
パソコン交換でデータの引っ越しをされる場合には、Outlookのデータ(メールやアドレス帳)も移行可能です。この記事ではOutlookのインポート・エクスポート機能を使ったデータ移行手順を、図解入りでわかりやすく解説しています。
Outlookでメールの暗号化(SSL/TLS)設定を確認する方法
Outlookでのメールの暗号化設定(SSL/TLS)についてまとめました。 おそらく皆さんは意識せずにメールを使っていると思います。一昔前までは暗号化せずにメールの送受信(「平文(ひらぶん)」での通信)をしていたのが主流でした。もしかした...
【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへデータを移行する方法
Windows Live MailにはOutlookにデータを移行するツールがついているのですがうまく動かないことが多くちょっと手間がかかりますがツールを使って確実に移行できる方法を書きましたので参考にしていただければと思います。
Windows Live Mailのアドレス帳をOutlookに完璧に移す方法
Windows7ではWindows Live Mailを使っていた方は多いと思いますがWindows10ではサポートされてません。 Windows10には「メール」というメーラーアプリが付属していますがあまり使い勝手はよくないので使っている...
Outlookの仕分けルールを使いこなす!フォルダ分け以外の便利な活用方法5選
Outlookの仕分けルールには、フォルダ分け以外にもメール処理を自動化できる、便利な活用方法があります。この記事では送受信・通知など、5種類の活用方法と設定手順をご紹介します。一度だけ設定すればそれ以降は自動処理できます。ぜひ活用してみてください。
Outlook仕分けルール、エクスポート・インポートの手順とコツを解説
Outlookの仕分けルールのインポート・エクスポートにはコツがあり、手順によってはエラーが出る場合もあります。この記事では必要な準備を含め、仕分けルールのインポート・エクスポート手順、エラーからの回復方法を図解入りで詳しく解説します。
Outlookの予定表を便利に使ってみよう!共有の手順も解説
Outlookはメールの作成・送受信だけでなく、スケジュールの管理にも最適なツールです。この記事ではOutlook予定表の初歩的な使い方から、Outlook.comを使った他のメンバーとの予定共有方法、メール画面からの利用法について図解入りで解説します。

Outlookトラブルシューティングについては以下のページをご参考ください。

Outlookで起こる不具合の解決方法まとめ【Windows Update / Windows10】
アウトルックはとても便利なツールですが時に様々な不具合が起こることがあります。このページを参考に対応してみてください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!