当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

1つのOutlookを複数人で共有して安全に使う方法について解説

アイキャッチ

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

この記事では1台の共有パソコンに入った1つのOutlookを、複数ユーザーで安全に共有して使う方法をご紹介します。

Outlookの「プロファイル」機能を使えば、ユーザーごとにメールやデータの振り分けが可能です。

ログインするときユーザーごとにパスワードで認証する方法や、新しいメール送受信方法であるOAuth認証を設定するための記事も合わせてご紹介します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

Outlookのプロファイルとは

Outlookのプロファイル(電子メールプロファイル)とは、電子メールの送受信・管理に必要なデータのことです。

プロファイルには、以下のようなデータが保存されています。

  • ユーザー名
  • メールサーバー名
  • プロバイダー(あるいはシステム)のアカウント情報
  • メールデータ(.pstファイル)の保存場所

ユーザーごとに1つずつプロファイルを作成すれば、Outlookの複数ユーザーでの利用が可能です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

1つのOutlookを複数ユーザーで利用するための手順

Outlook 設定

Outlookに複数のプロファイルを設定し、複数ユーザーで利用できるよう設定する手順について解説します。

大まかな手順は以下のとおりです。

  1. プロファイルの作成
  2. プロファイルにメールアカウントを設定
  3. Outlookの起動時に、プロファイルを選択できるよう設定
  4. プロファイルにひもづくメールデータ(.pstファイル)にパスワードを設定
  5. Outlookを起動し、複数人で共有できることを確認

さっそく始めていきましょう。

プロファイルの作成

まずはじめに、ユーザ別の受け口であるプロファイルを作成します。

プロファイルは、Outlookを共有利用するユーザーの数だけ必要です。以下の手順ではひとつのプロファイルにつき、ひとつのメールアカウントをひも付けていきます。

■設定手順

Outlook プロファイル 管理

①Outlookを開き、メニューから「ファイル >アカウント設定 > プロファイルの管理」を開きます。(画面左)

②「メール設定」ウィンドウが開きますので「プロファイルの表示」を押します。(画面右下、上から3番目のボタン)

次画面「メール」ウィンドウが開きます。

Outlook プロファイル 作成

①「追加」ボタンを押します。

②「新しいプロファイルの作成」画面がポップアップしますので、プロファイルの名前を入力します

この画面ではプロファイル名を仮に「Outlook2」としましたが、実際にはプロファイルを使うユーザーの名前がわかるようなプロファイル名を付けておくと便利です。

例)名前(佐藤太郎、佐藤、Sato)、社員番号(11100)など

Outlookへのログイン時に、ここで設定したプロファイル名が表示されるため、ユーザーを判別するのに役立ちます。

③プロファイル名を入力したら「OK」ボタンを押します。

プロファイルにメールアカウントを設定

次画面で「アカウントの追加」ウィザードが展開されます。

Outlook アカウントの追加 ウィザード

これからプロファイルにメールアドレスを設定しますが、メールの送受信方法により設定方法が違います。

  1. POP・IMAPを使う場合
  2. OAuthを使う場合

※上記2種類のどちらをお使いかわからない場合は、利用しているプロバイダーのヘルプを見たり、詳しい方(システム管理者の方など)に問い合わせたりして調べてみてください。

1.POP・IMAPを利用する場合

開いた「アカウントの追加」ウィザードに、メールアドレスやパスワードを入力し、メールアカウントを設定します。

必要な場合には、メールサーバー名やポート番号も設定します。

プロバイダーをお使いの場合には、ヘルプにOutlookでの設定方法が説明されていることがあります。参照して設定してみてください。

ウイザードを先に進めてメールアドレスの設定が終わると、同時にプロファイルが作成されます。

2.OAuthを利用する場合(Outlook2019/365)

OAuth対応のメールアドレスを使う場合には、内容が空のプロファイルを作成し、後の手順でメールアカウントをプロファイルに追加します。

「アカウントの追加」ウィザードが、OAuth認証に対応していないためです。

ウィザード画面の右下「キャンセル」ボタンを押し、ウィザードを閉じます。

以下のような画面がポップアップしますので「OK」ボタンを押してください。メールアカウントが設定されていない、空のプロファイルが作成されます。

Outlook プロファイル 作成

※「OK」を押さず「キャンセル」ボタンを押してしまうと、先ほど名付けたプロファイルは作成されません。もう一度プロファイルの作成操作をおこなってください。

以降の手順については、下記の記事を参照ください。

POP・IMAPはもう使えない!法人向けメールシステムのOAuth対応について
Google WorkspaceやMicrosoft Exchange Onlineで採用されている「OAuth認証」のしくみについて、図解入りで解説します。OutlookとGmailを使い、OAuth認証のアカウントを利用する手順も紹介します。

OAuth対応のメールアドレスにGmailを使い、メールアカウントの設定方法を解説しています。

Outlookの起動時に、プロファイル選択画面を表示させる設定

プロファイルの一覧に戻ります。

Outlookを閉じてしまった場合は、以下の手順でプロファイルの一覧に戻ります。

  1. 「ファイル > アカウント設定 > プロファイルの管理」を開きます。
  2. 「メール設定」ウィンドウが開くので、「プロファイルの表示」を押します。

プロファイルの一覧から「使用するプロファイルを選択する」を選択します(画面左側中段)。

Outlook プロファイル 選択

この設定をおこなうと次回のOutlook起動時に、プロファイル選択画面が表示されるようになります(画面右側)。

プロファイルにパスワードを設定する

設定したプロファイルに、パスワードをかけていきます

正しくはプロファイルにパスワードをかけるのではなく、プロファイル内のデータファイル(.pstファイル)にパスワードをかけます。

Outlook プロファイル データファイル

①プロファイルの一覧画面(上記画像の左側)から、パスワードを設定したいプロファイルを選択し「プロパティ」ボタンを押します。

②「メール設定」ウィンドウで「データファイル」ボタンを押します(上記画像の右側)。

③「アカウント設定」ウインドウが表示されます。

これ以降のパスワード設定手順は、以下の記事を参考になさってください。

Outlook起動時にパスワード入力画面を表示させ、メールを見られないようにする設定方法
Outlookを起動したときに、パスワード入力画面が表示されるようになる設定の手順を、図解入りで解説しています。Outlookでは通常、起動時に新着メールがすぐ開くため、セキュリティ上の心配があるのです。設定は10分もあれば終わります。

設定方法は、以下2つに分かれます。

■データファイルの末尾が「.pst」となっている場合

Outlook pstファイル

.pstファイルには、そのままパスワードを設定可能です。リンク先記事の「3..pstファイルを開き、パスワードを設定する」の手順から設定をおこなってください。

■データファイルの末尾が「.ost」となっている場合

Outlook ost

Outlook2013以降で採用されている.ostファイルには、パスワードを設定することができません。

少し込み入った手順になりますが、上記記事を最初から参照し、.ostファイルとは別に.pstファイルを作成し、パスワードを設定してください。

Outlookを起動し、複数ユーザーで利用できることを確認する

以上で、設定は終わりです。

Outlookを閉じて再度起動します。

Outlook 複数人 使用 確認

  • 複数のプロファイルが選べるようになります(画面左側)
  • プロファイルを選択すると、パスワードを要求されます(画面右側)

ユーザー(プロファイル)ごとにパスワードを入力し、ログインできることを確認してください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まとめ

一つの共有端末に複数のメール利用者を追加したい場合には、「プロファイル」を作成し、個別にパスワードを設けるように設定が可能です。

Outlookの起動時にプロファイルを選択できるため、ユーザー間でセキュリティが確保でき、プライバシーが保たれます。

Outlookの様々な設定に関する記事

Outlookの様々な設定については、下記の記事をご参考ください。

Outlookで迷惑メールを除外し、フォルダーへ自動振り分けする設定
仕事でのメールはOutlookをお使いの方が多いと思いますが、迷惑メール対策の設定はされていますか?この設定、意外にやられていない方が多いので、もしご自分のOutlookで設定されていない場合はすぐに設定してください。迷惑メール以外にも受け...
Outlookメールを簡単に振り分け!「自動仕分けウィザード」の使いかた
Outlookの「受信トレイ」を整理するには、「仕分けルール」機能を使った自動処理がおすすめです。この記事では、仕分けルールを設定する「自動仕分けウィザード」の設定手順と、設定する前に決めておきたい項目について、画像入りで詳しく解説します。
パソコンの引っ越しで、Outlookのメール・アドレス帳をスムーズに移行する方法
パソコン交換でデータの引っ越しをされる場合には、Outlookのデータ(メールやアドレス帳)も移行可能です。この記事ではOutlookのインポート・エクスポート機能を使ったデータ移行手順を、図解入りでわかりやすく解説しています。
Outlookでメールの暗号化(SSL/TLS)設定を確認する方法
Outlookでのメールの暗号化設定(SSL/TLS)についてまとめました。 おそらく皆さんは意識せずにメールを使っていると思います。一昔前までは暗号化せずにメールの送受信(「平文(ひらぶん)」での通信)をしていたのが主流でした。もしかした...
【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへデータを移行する方法
Windows Live MailにはOutlookにデータを移行するツールがついているのですがうまく動かないことが多くちょっと手間がかかりますがツールを使って確実に移行できる方法を書きましたので参考にしていただければと思います。
Windows Live Mailのアドレス帳をOutlookに完璧に移す方法
Windows7ではWindows Live Mailを使っていた方は多いと思いますがWindows10ではサポートされてません。 Windows10には「メール」というメーラーアプリが付属していますがあまり使い勝手はよくないので使っている...
Outlook起動時にパスワード入力画面を表示させ、メールを見られないようにする設定方法
Outlookを起動したときに、パスワード入力画面が表示されるようになる設定の手順を、図解入りで解説しています。Outlookでは通常、起動時に新着メールがすぐ開くため、セキュリティ上の心配があるのです。設定は10分もあれば終わります。
Outlookの仕分けルールを使いこなす!フォルダ分け以外の便利な活用方法5選
Outlookの仕分けルールには、フォルダ分け以外にもメール処理を自動化できる、便利な活用方法があります。この記事では送受信・通知など、5種類の活用方法と設定手順をご紹介します。一度だけ設定すればそれ以降は自動処理できます。ぜひ活用してみてください。
Outlook仕分けルール、エクスポート・インポートの手順とコツを解説
Outlookの仕分けルールのインポート・エクスポートにはコツがあり、手順によってはエラーが出る場合もあります。この記事では必要な準備を含め、仕分けルールのインポート・エクスポート手順、エラーからの回復方法を図解入りで詳しく解説します。
Outlookの予定表を便利に使ってみよう!共有の手順も解説
Outlookはメールの作成・送受信だけでなく、スケジュールの管理にも最適なツールです。この記事ではOutlook予定表の初歩的な使い方から、Outlook.comを使った他のメンバーとの予定共有方法、メール画面からの利用法について図解入りで解説します。

Outlookトラブルシューティングについては以下のページをご参考ください。

Outlookで起こる不具合の解決方法まとめ【Windows Update / Windows10】
アウトルックはとても便利なツールですが時に様々な不具合が起こることがあります。このページを参考に対応してみてください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!