当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Windows10でスクリーンショットを取る4つの方法と保存方法

Windows10でスクリーンショットを取る4つの方法と保存方法

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

Windows10のスクリーンショットを取る方法は画面全体を取りたいのか一番上の選択されている画面だけを取りたいのか、その後編集、加工をするのかによって4種類の方法から選ぶことが出来ます。

Windows10ではスクリーンショットを取る方法が4種類に増えました。ここではその方法を一度に紹介しますので、複数の方法を覚えて用途に応じて画面キャプチャの方法を選んでいけるとよいですね。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

スクリーンショットを取る方法

Windowsキー+PrintScreen(PrtSc)キー

2つのキー、WindowsキーとPrintScreenキーを同時に押すだけで、表示中の全画面のキャプチャ画像がピクチャフォルダの中にある「スクリーンショット」フォルダに保存されます。

自動的に保存されますのでキャプチャした画像に文字を入れたり線を引いたり加工をする予定がない場合に適した方法です。

Windows10では従来通りPrintScreenキーだけ押して画面全体をキャプチャする方法もありますが、こちらは画像を取り出すのに、他のアプリで貼り付けをする必要があるため少々面倒です。これについては後程記述します。

Windowsのフォルダ画面で「スクリーンショット」ボタンを四角で囲んでいる

切り取り&スケッチ(Snip&Sketch) とSnipping Tool

Snipping ToolはSterterとHomeBasicを除くWindowsVistaから搭載されている画面キャプチャのツールです。

WIndows10 Creators Update 2017/4にアップデートをした後は、切り取り&スケッチというアプリが追加されました。二つまとめて簡単に解説をします。

Snipping Tool

起動すると白い画面になるので、希望の選択範囲を切り取り、指定の場所に保存した後に別のソフトで文字入れをしたり加工をすることができます。

Windowsのデスクトップ画面

切り取り&スケッチ(Windows+Shift+Sキー)

切り取り&スケッチは、Windows+Shift+Sキーを同時に押すことで、呼び出すことができ、画面が暗くなります。

Windowsのスクリーンショット撮影時のデスクトップ画面

画面が暗くなりなり、そこで選択範囲を自由に決めることができます

全画面も保存することができ、キャプチャ後はクリップボードに画像が保存されます。さらにキャプチャ後右下の通知センターに通知が出るのでそこをクリックすると、画像を編集できる画面へと進みます。

Windowsのデスクトップ画面で「クリップボード」を四角で囲んでいる

通知が消えてしまった場合は、通知センターをクリックすると出てくるので、そこからアクセスしても問題ありません。

Windowsのキャプチャ画面で「編集と作成」ボタンを丸で囲んでいる

Snipping Toolは画像をキャプチャし保存するだけでしたが、切り取り&スケッチは画像保存後、上のバーにある「編集と作成」の隣の下向き▼や、その他のボタンを押すことで、そのまま切り取り&スケッチで像の加工や文字入れができることが特徴です。

その他の「切り取り&スケッチ」の起動方法としてはSnipping Toolを起動すると、「切り取り&スケッチを使ってみる」というボタンが現れるので、それをクリックしても遷移することができます。

PrintScreenキーのみ

昔からよく知られている方法です。PrintScreenキーのみは覚えやすくて画像を取るまでは簡単なように思えますが、それからが少し手間がかかります。

PrintScreenキーのみの操作ではクリップボードに画像が貼り付けられるのみなので、そこから画像をファイルとして保存をし、加工をしたり画像を取り出すことになります。手順の詳細は以下のページをご覧ください。

超絶簡単!!パソコン画面をコピー(スクリーンショット、キャプチャー)する方法
プレゼン資料などを作る時、写真やイラスト等の画像データを挿入し、分かりやすい資料を作成することは社会人として必須スキルですよね。 しかし、この画像データの扱い方を知らない人が意外に多いのです。今回はサラリーマンが最低限身に付けておくべきPC...

Alt+PrintScreenキー

こちらも昔からよく知られた方法です。

このキャプチャ方法の場合はデスクトップの全画面ではなく、今アクティブな画面のみがキャプチャされます。

例えばスタートボタンからWindowsシステムツールをクリックしコマンドプロンプトを右クリックし、と進んでいく中でWindowがいくつか出てきますが、Snipping Toolなどを使い画面をキャプチャしようとすると、選択の画面が消えてキャプチャできなくなってしまいます。

かといってWindows+PrintScreenキーのように全画面も必要ないという時はAlt+PrintScreenキーでキャプチャする方法が適しているでしょう。

ただし、Alt+PrintScreenキーでキャプチャした時、隣接しているウィンドウも映ってしまったり、親ウィンドウと子ウィンドウがある場合は単独で取ることができないなど、細かい規則があるので希望の箇所だけ取れないこともあります。

キャプチャ画像はクリップボードに保存されるので、他のアプリを使って画像をファイル化し取り出すことが必要です。手順の詳細は以下のページをご覧ください。

【早技!!】WordやExcel、PowerPointにWEBの画像を挿入する方法
前回の記事「超絶簡単!!パソコン画面をコピー(スクリーンショット、キャプチャー)する方法」でお話しした通り、今回はペイントのような画像ソフトと使わずに、WEBページなどをスクリーンショットした画像を貼り付ける方法をご紹介します。 貼り付けた...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

スクリーンショットをOne Driveに保存

Windows10からは保存方法としてMicrosoft提供のOne Driveといった記憶容量を使うことも出来ます。クラウドストレージサービスオンラインストレージサービスと呼ばれています。もし利用している方は設定しておくと便利です。

これに保存をするためには、あらかじめスクリーンショットをOne Driveに保存できるように設定しておくことで、画像をpng形式でOne Driveに保存することができます。設定の仕方を説明していきます。

スクリーンショットを自動的にOne Driveに保存する設定

One DriveはWindows10に標準搭載されているので、アンインストールしていなければ存在しています。一番下のタスクトレイにある雲の形のマーク右クリックします。→①

Windowsのデスクトップ画面で雲マークを四角で囲んでいる

表示されるメニューの中から設定を選択してください。→②

出てくる画面の上の方のタブは「バックアップ」か「自動保存」をクリックします。
スクリーンショット」という項目のところに「作成したスクショをOne Driveに保存
」という箇所があるので前にあるチェックボックスに☑を入れます

WindowsのOneDrive画面で「バックアップ」ボタンを丸で囲んでいる

あらかじめこのように設定しておくことで、上で説明した「Alt+PrintScreenキー
と「PrintScreenキーのみ」で画面をキャプチャした場合は、One Driveに自動的に保存されるようになります

One Driveを使った保存方法のよいところは複数のデバイスからOne Driveにアクセスし、同時に画像を見ることができることです。会議などでも役立ちますね。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Windows10でスクリーンショットを取る方法まとめ

以前からWindowsを使ってスクリーンショットを取っていた方は驚いたかもしれませんが、Windows10ではスクリーンショットを取得する方法が増えました。
WindowsXPや7の時のようにPrintScreenキーのみでスクリーンショットを取得してもよいのですがWindowsキー+PrintScreenキー切り取り&スケッチを使う方が便利ではないかと思います。

また記事では紹介しませんでしたが専用のアプリを使う方法ももちろんあります。Microsoft社以外のアプリも多数出ております。
例えばScreenpressoなどがあります。Screenpressoの中でも無料で使える機能があったり、特に連続して画像をキャプチャしたい時には便利です。他にも無償で使えるソフトがあるので、探してみるとよいです。

キャプチャーに関する関連記事

超絶簡単!!パソコン画面をコピー(スクリーンショット、キャプチャー)する方法
プレゼン資料などを作る時、写真やイラスト等の画像データを挿入し、分かりやすい資料を作成することは社会人として必須スキルですよね。 しかし、この画像データの扱い方を知らない人が意外に多いのです。今回はサラリーマンが最低限身に付けておくべきPC...
【早技!!】WordやExcel、PowerPointにWEBの画像を挿入する方法
前回の記事「超絶簡単!!パソコン画面をコピー(スクリーンショット、キャプチャー)する方法」でお話しした通り、今回はペイントのような画像ソフトと使わずに、WEBページなどをスクリーンショットした画像を貼り付ける方法をご紹介します。 貼り付けた...

Windows10に関する基本的な関連記事

Windowsの基本的な要素(キーワード)について以下の記事もご参考ください。

Windows10デスクトップの基本操作と設定の方法まとめ
Windows10での基本画面である「デスクトップ」は、従来のWindowsとほとんど同じですが、タスクバーの機能やアクションセンターなどが大きく異なります。最初は使いづらく感じてしまう人もいるかもしれませんが、このページを参考にしながら新しいデスクトップに慣れてください。
Windows10の基本操作:エクスプローラーの見方、使い方
エクスプローラーとは、ファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。ファイルを開く、コピーする、削除するなどの操作ができる重要なものだけに、使い方はしっかり覚えておきたいものです。 デスクトップの基本的な要素(キーワード)について知りたい方は以...
Windowsのバージョン、エディションを確認する方法
PCを修理に出す時、トラブル解決の時など、様々なシーンでWindows PCのバージョン、エディションを知っておくと便利です。この記事ではWindows PCのバージョンとエディションとは何か解説し、PCからこれらを確認する方法をまとめています。
Windows 32bitと62bitの違いと確認方法
自分のPCのバージョン、エディションを調べた時に、bitという表記があることに気づいた人はいますか?今回はこのbitの意味や定義などについて解説をしています。ただの単位だと捉えてるよりも、意味を把握しておいた方がよりPCの理解が深まるはずです。
Windows10 HomeとProの違いについて
Windows10にはHome,Pro,Enterprise,Education,Sなどのエディションが用意されています。 今回解説するHomeとProは家電屋さんなどの量販店やメーカー直販サイトでも購入できるので、割と身近に感じることがで...

Windows10の便利な使い方

Windows10の便利な使い方については以下の記事もご参考ください。

Windows基本操作:IMEパッドを使った様々な入力方法まとめ
Windowsパソコンを使っている方は良く使う単語は登録していつも使えるようにしたい!とか読み方の分からない漢字だけど使いたい!などと思うことがよくあると思います。 それらはIMEをいうWindows標準のツールで実現が可能です。このページ...
Windowsでコントロールパネルを開く方法
2022年3月、Windows11でコントロールパネルを開く方法を追記しました。 Windows10になり、よく使うコントロールパネルがすぐに開けなくなったり、方法がわからないという人がよくいます。 そんな人のためにコントロールパネルのわか...
Windows10でスクリーンショットを取る4つの方法と保存方法
Windows10には、画面上のスクリーンショットを取る機能が複数用意されています。画面全体か一部の画像が撮りたいのか、その後加工をするかなど用途によって使用する方法を変えるといいでしょう。
Windowsパソコンの画面を動画で簡単に録画したい時の操作方法
PCで動画を鑑賞する人は多くいると思いますが、動画で気になった内容をサッと録画しようとしたいと思っても、すぐに通り過ぎてしまい機会を失くしていた人も多いのでないでしょうか。今回の記事はそんなチャンスをも逃さないためにサッとすぐにできる操作なので、簡単です。ぜひ覚えておいてください。
Windowsでタッチパッドを使いこなす!マウスがなくても便利なタッチジェスチャー
この記事ではWindowsでのタッチパッド(トラックパッド)操作の基本から、操作に慣れるコツまでを図解入りで解説します。3本・4本指のマルチジェスチャを使えばマウスでもできない操作が可能です。タッチパッドの設定変更方法もご紹介しています。

Windowsのカスタマイズ関連記事

他にもWindowsを自分好みにカスタマイズすることが可能です。以下の記事もご参考ください。

Windows10のスタートメニューをカスタマイズする方法
Windows10のスタートボタンを押したときに表示される画面、自分好みに設定を変更することが出来ます。このページではスタートメニューをカスタマイズする方法をまとめました。ご参考ください。 デスクトップの基本的な要素(キーワード)について知...
Windows10で自分好みのデスクトップにカスタマイズする方法
Windows10のデスクトップを自分好みの便利で使いやすい画面にカスタマイズするための設定方法を色々とご紹介しています。ご参考ください。 デスクトップの基本的な要素(キーワード)について知りたい方はまずは以下の記事をご参考ください。デスク...
Windows10でタスクバーにピン留めをする方法
タスクバー、ピン留めというがよくわからない人もいると思うので詳しく解説しました。PCを起動しデスクトップ画面を表示したときから下の方にあるタスクバーによく使うアイコンが表示されていたらとても便利ですね。是非ピン留め機能を使ってくださいね。
Windows10でのクイック起動(Quick Launch)の設定方法
忙しくPCで作業をする人にとってソフトなどを「すぐに起動できる」ということは作業の時間を短縮させ、オフィスでも必要とされることかと思います。クイックlaunchはあまり知られていないかもしれませんが、便利で目的の作業をしやすいので、ぜひ取り入れてみてください。
Windows10基本操作:スリープ状態になる時間を変更する|電源の設定
Windows10を使っていて特にノートパソコンで「パソコンがスリープ状態になるのが早すぎる!!」と感じている方はいませんか?パソコンへの操作が行われずに一定時間が経過すると、パソコンは自動的に「スリープ状態」に入り、画面が真っ暗になります...
Windows10 ショートカットの作り方 4つの方法
Windows10ではショートカットを4つの方法で作成することが出来ます。ショートカットの作成方法を知り、アクセスする時間を短縮し作業の効率を上げてください。
WindowsのDドライブ、Eドライブ(ドライブレターの割り当て)を変更する方法
何かの操作方法を調べている時に「ドライブレターの変更」が出てくることがあります。意味がわからなくても操作はできるかもしれませんが、少しでもわかることがあるともっと難易度が高い操作が必要になった時に、対応できることがあります。是非学んでいってください。
Windows 10の文字コード(システムロケール)をUTF-8に変更する方法
WindowsのシステムロケールをShift-JISからUTF-8に変更する方法について、図解入りで解説します。「メモ帳」アプリ既定の文字コードがUTF-8に試用変更されたため、システムロケールを変更しない場合には文字化けが起こります。
Windows 10でDVDを再生する方法まとめ
Windows7まではDVD再生アプリが標準搭載されていたのに、Windows10からは標準搭載でなくなりました。DVDを見たいのに困っていた人はこの記事を参照してください。無料で視聴できる方法もご紹介していますよ。
Windows10でいつも使うソフトをスタートアップに登録。自動起動する方法
スタートアップとは、PCの電源を入れたときに一緒にアプリが起動することです。 立ち上げと共に何をまずはじめに確認したいかは人それぞれですが、よく使うメールソフトであったり、その日やるべきことなどが示されると便利ですね。 ではその設定方法を見...
windowsの起動が遅い!スタートアップを速くする5つの方法
パソコンを起動しWindowsが立ち上がった後自動的に開くソフト。自動的に開く必要のないアプリについては、無効にして起動させないようにしておくと起動は速くなるし都度閉じる手間が省けます。5種類の設定方法を画像付きで説明します。
Windows10の「高速スタートアップ」機能を無効にする設定方法【PC不具合を回避】
Windows8から、パソコンの起動やシャットダウンの時間を速くする「高速スタートアップ」機能というものがデフォルトで設定されています。ただ、この機能を有効にしておくことで、様々な不具合も報告されています。今回は、「高速スタートアップ」機能...
Windows10でWindowsUpdateを先延ばしする方法(※停止は出来ません)
Windows10ではWindows Updateが強制的に行われ、非公式で無効化するのにいろいろなやり方がありましたが全ていたちごっこでした。ですがWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)以降は公式にWi...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!