当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Windows10を初期化する一番簡単な方法「このPCを初期状態に戻す」

Windows10 初期化の方法

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

Windowsのパソコンを長く使っていると調子が悪い、途中でフリーズするなどして正常に動かない、どうにも動作が遅い、などトラブルに見舞われることもあると思います。パーツ(部品)が壊れているわけでもなく不要なファイルを削除、不要なソフト(アプリ)をアンインストールしたりして環境をきれいに掃除してみても状況が改善しない場合は初期化(リカバリ)しようと考えることも多いことでしょう。

Windows10ではさまざまな種類の再インストール、初期化方法が用意されています。この記事ではその中で一番簡単な方法をお伝えします。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

パソコンを長く使っていると必ず訪れる不調

パソコンを長く使っていると調子が悪い、途中でフリーズするなどして正常に動かない、どうにも動作が遅い、などトラブルに見舞われることは必ずあると思います。

そんな時、ゴミ箱を空にしてみたり、自動修復の機能を利用してみたり今ある環境を残したままなんとか対応しようと思いますがそれでも購入した時の速さが戻ることがない場合の手段がWindowsの初期化になります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Windows10に標準搭載の初期化「PCを初期状態に戻す」

初期化する際にはどのデータが残りどのデータが削除されるのか理解しておくことが重要です。データを削除するつもりではなかったのに削除されてしまった、などという悲劇を避けるためです。

パソコンを初期状態に戻す時にはどういったデータやシステムを残し、削除されるのかをまとめます。

「PCを初期状態に戻す」とクリーンインストールとは少し違いますのでその違いについては後述しますが、クリーンインストールをお考えの方は以下のページもご確認ください。

Windows10でクリーンインストール(再インストール)する方法
クリーンインストールは一度まっさらな状態にしてからWindowsを再インストールしていく方法です。今までのPC内のデータを残したくない場合や、新品購入状態にしたい時に行う方法です。もう一度使う場合はソフトの再インストールから必要になります。

残すことができるデータ

ユーザー情報(ユーザーアカウント、パスワード)
周辺機器のドライバ

削除されるデータ

システムフォルダやインストールしたソフト、アプリWindowsの設定、コントロールパネルの設定は初期値に戻ります。
重要なデータはバックアップしておきましょう。

Windows10でおすすめのデータバックアップ方法(標準機能とその他の方法)
備えあれば患いなし、パソコンが壊れてデータを亡くしてしまわないようにデータのバックアップを取っておきましょう。Windows標準機能で出来る方法とその他の方法についてご参考ください。
Windowsの標準バックアップ機能からデータを復元する方法(システムイメージ、ファイル履歴)
Windowsの標準バックアップ機能「バックアップと復元」「ファイル履歴」で実際にファイルを復元する方法を紹介しますので必要なデータを削除してしまったり、Windowsの調子がおかしくなった時にご活用ください。

削除するのか残すのか選択できるデータ

個人データ(デスクトップや「ドキュメント」フォルダ、「ピクチャ」フォルダ、またはインストールしたソフトの設定情報など)は残すか削除するか選択できます。

すべて削除」を選択した場合、ドライブがCドライブとDドライブに分かれている時は、Windowsがインストールされているドライブの方だけを削除するのかどちらとも削除するのか選択することが出来ます。

初期化できるWindowsの状態

Windowsが正常に起動している時はもちろん、正常に起動しなくなった時でも利用可

初期化を行うにあたって事前の注意事項

・作業の途中で待ち時間が長い時がありますが、強制終了や電源を切ってしまわずに、更新が終わるのを待つ必要があります。途中で強制終了をすると、Windowsが起動しなくなってしまうこともあります。とくに「このPCを初期状態に戻す」を「開始する」のボタンは十分に準備が整ったことを確認してからクリックするようにしてください。パソコンによっては数時間かかる可能性もあります。気長にお待ちください。
・念のためキーボード、マウス以外の周辺機器を外しておきましょう。
個人ファイルを残すか削除するのか選択できる画面がありますが、残す選択をする場合でも消えてしまうことがあるので、取れるなら事前にバックアップを取っておいた方が安心です。

正常起動しなくても自動修復画面が表示できれば実行可能

「PCを初期状態に戻す」はPCの電源さえも入らない状態だと使えませんが「Windowsが正常に起動しないけれど、自動修復画面の画面が現れる」なら、初期化することができます。具体的な方法は後述します。

自分でインストールしていたソフト、アプリは削除されてしまうので、初期化後にインストールが必要です。

具体的に初期化を検討するのは以下のような場合になるでしょう。

・パソコンを廃棄処分する時
・Windowsが正常に動作しない時
・Windowsの起動に必要なファイルを誤って削除してしまった時
・パソコンが不調、不安定、遅いとき

▼上記にかかわる参考記事になります。

パソコンの廃棄・処分方法と注意点まとめ【個人と法人の場合】
最近、頻繁にパソコンの廃棄処分について聞かれますのでまとめてみました。個人と法人では多少異なりますのでご注意ください。 パソコンは粗大ゴミ・不燃ゴミとして回収されない 「資源有効利用促進法(リサイクル法)」という法律の施行により、パソコンや...
【パソコン廃棄・処分】PCのハードディスク内データを完全消去する方法
数ヶ月前に、パソコンの入れ替えサポートをした会社様より、古いパソコンを廃棄する前に、PC内のデータを消去して欲しいとのご依頼がありました。専門の業者に頼む事もいいですが、自分でも簡単に出来るので、パソコンの廃棄や処分を考えている方は参考にし...
パソコンが遅くなる4大原因とPCを速くする簡単な方法
パソコンの起動が遅い、動作が重いというのは、パソコンを使っていると最も直面しやすいトラブルの一つだと思います。弊社でもよく問い合わせを受ける質問の一つでもあります。 最新記事を更新しました↓↓こちらもご覧ください。 パソコンが急に遅くなった...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

「クリーンインストール」との違い

Windows10にはクリーンインストールという再インストール方法もあります。似ていますが少し違います。

▼クリーンインストールに関する記事はこちらから

Windows10でクリーンインストール(再インストール)する方法
クリーンインストールは一度まっさらな状態にしてからWindowsを再インストールしていく方法です。今までのPC内のデータを残したくない場合や、新品購入状態にしたい時に行う方法です。もう一度使う場合はソフトの再インストールから必要になります。

クリーンインストールの特徴

・インストールメディアの作成が必要
・インストールメディアを作成した時点のバージョン(※)になります。
・ユーザ情報(アカウント・パスワード)も削除される。
・クリーンインストール後は最低限のWindows構成になります。

PCを初期状態に戻すの特徴

・インストールメディアの作成は不要
・そのパソコンで現在動いているバージョン(※)、もしくは最新バージョンを選択できます(後述)
・ユーザ情報(アカウント・パスワード)は残る。
・各メーカーの工場出荷状態になります。

▼Windows10のバージョンについては以下の記事をご参考ください。

Windowsのバージョン、エディションを確認する方法
PCを修理に出す時、トラブル解決の時など、様々なシーンでWindows PCのバージョン、エディションを知っておくと便利です。この記事ではWindows PCのバージョンとエディションとは何か解説し、PCからこれらを確認する方法をまとめています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

「新たに開始」との違い

Windows10のバージョン1703から1909までのバージョンでは「新たに開始」という初期化方法がありました。2004以降のバージョンでは「新たに開始」は使えなくなっており「このPCを初期状態に戻す」を使うようにしてください。

▼もしまだ古いWindows10のバージョンを使っており「新たに開始」を使用してWindowsの環境を戻したい場合は以下の記事をご参考ください。

Windows10をリセットして環境をリフレッシュ「新たに開始」
Windowsの初期化で「新たに開始」を知らない人が多いかもしれません。Windows10のバージョン1703で初めて搭載された初期化の方法です。個人ファイルとWindowsの設定も残したまま、Windowsをリフレッシュ、リセットする方法です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

「このPCを初期状態に戻す」の操作方法

「Windowsが起動できる場合」と「Windowsが起動できない場合」で操作方法が異なります。2つのパターンに分けて説明します。

Windowsが起動できる場合

スタートから設定をクリックします。

Windowsの設定」から「更新とセキュリティ」をクリックし、左の項目にある「回復」を選択します。

このPCを初期状態に戻す」という項目の「開始する」ボタンを押します。

このPCを初期状態に戻す 開始する
次に個人用ファイルを保持するか、削除するのかという「オプションを選択してください」の画面が開きます。違いは以下の通りです。

・個人用ファイルを保持する・・・デスクトップなどのデータは残せます。インストールしたソフトは消えてしまいます。
・すべて削除する・・・データも含めてすべて削除し、初期設定状態に戻します。

ここでは「すべて削除する」を選択して次に進むことにします。
このPCをリセットする オプションを選択してください
さらにWindowsを再インストールする方法を選択します。違いは以下の通りです。

・クラウドからダウンロード・・・最新のWindowsで再インストールします。
・ローカル再インストール・・・現在動作しているWindowsで再インストールします。

ここでは「クラウドからダウンロード」を選択して次に進むことにします。できる限り最新版をお勧めしますが環境に応じて(ダウンロードが難しい、最新版では不具合が出ることが分かっている、など)状況に応じて選択ください。

このPCをリセットする Windowsを再インストールする方法を選択します
確認画面が表示されますので選択した内容をご確認ください。今回は「アプリとファイルを削除する。ドライブのクリーニングはしない」「Windowsをダウンロードして再インストール」と表示されています。

もしやっぱり選択を変更したい、と言う場合には「設定の変更」から変更することが可能です。

このPCをリセットする 追加の設定
「準備しています」と表示される間は次の画面が表示されるまで待ちましょう。

このPCをリセットする 準備しています
「このPCをリセットする準備ができました」という最終画面になります。「初期状態に戻すと次の処理が行われます」に表示された内容でOKであれば「リセット」を選択します。「リセット」ボタンを押下すると処理が進んでしまいますのでお気を付けください。

このPCをリセットする このPCPCをリセットする準備が出来ました
初期化が始まります。Windowsのダウンロードが始まります。ここからしばらく時間がかかりますがそのままお待ちください。

このPCをリセっとする リセットの準備中 ダウンロード中
このPCをリセットする リセットの準備中 再起動する準備をしています

その後PCが何度か再起動します。「このPCを初期状態に戻しています」という画面になり、次の画面に進むのに時間を要します。「このPCを初期状態に戻しています」という画面になり進捗度合いが(〇%)で示されます。再び時間を要した後、自動で再起動が行われます。

windowsをインストールしています」という画面で再インストールが始まり、時間を要したあと、再起動が自動で数回実行されるので、そのまま自動に任せます。

更新プログラムがあれば、インストールが始まりますので、途中でキャンセルなどせず気長に待ちます。

Windowsの初期設定画面が表示されたら、インストールは完了です。

購入時の初期設定と同じ画面になりますので以下の記事などを参考に設定を進めてください。

Windows7からWindows10への買い替え、初期設定、データ移行の方法
Windows7のサポートは2020年1月に終了しました。サポート期間が終了する前に、Windows10へ移行する必要があります。この記事ではWindows10のPCを買い替えた際、Windows7からWindows10へデータを移行する時の事前準備や注意事項、PCの設定方法についてまとめました。

Windowsが正常に起動しない場合

「Windowsが正常に起動しない場合」、と言っても最低限自動修復画面が表示される状態であることが必要です。

Windows10 自動修復

Windowsが正常に起動しない場合、「自動修復を準備しています」という画面の後「PCを診断中」という画面が表示される時があります。この時はこの方法が利用できます。

Windows10 PCを診断中

その次に現れる「自動修復」という画面から「詳細オプション」を選択し、「トラブルシューティング」を選択してください。
(下の図のように「PCが正常に起動しませんでした」と表示されることもあります)

Windows10 自動修復 PCが正常に起動しませんでした

Windows10 オプションの選択 トラブルシューティング

次に「このPCを初期状態に戻す」という項目を選択します。

Windows10 トラブルシューティング このPCを初期状態に戻す

次に個人用ファイルを残すかどうかの選択画面が現れます。「個人用ファイルを保持する」を選択するとデータが残ります。「全て削除する」を選択するとユーザ情報も削除されて購入時とほぼ同じ状態になります。
Windows10 このPCを初期状態に戻す 個人ファイルを保持する 個人用ファイルを保持する 全て削除する

さらにWindowsを再インストールする方法の選択画面が現れます。「クラウドのダウンロード」とはWindowsの最新版をインターネット経由でダウンロードして再インストールする方法です。ダウンロードに時間がかかりますので注意しましょう。「ローカル再インストール」とは現在のWindowsのバージョンで再インストールします。

Windows10 このPCを初期状態に戻す クラウドのダウンロード ローカル再インストール

最後にドライブを完全にクリーンアップするかどうかの選択画面が現れます。引き続きこのパソコンを使う場合は「ファイルの削除のみ行う」を選択しましょう。廃棄する場合は「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択するとより安心かもしれません。
Windows10 このPCを初期状態に戻す ファイルの削除のみ行う ドライブを完全にクリーンアップする

選択が終了すると、確認画面が表示されます。「初期状態に戻す」という表示になると、初期化実行への画面へ進んでいきます。

注意事項に書いたように、途中での強制終了などはWindowsのシステムに害を与える可能性があるので、準備が未完了である時はここでキャンセルをクリックします。

Windows10 このPCを初期状態に戻す 確認画面

初期状態に戻す」からは時間がかかることがあるので、焦らず待つ必要があります。どんなに時間がかかっても強制終了をしてしまうと完全にWindowsが壊れてしまう可能性が高いためです。

このPCを初期状態に戻しています」という表示になり初期化が始まります。

Windows10 このPCを初期状態に戻しています

途中で何度か自動で再起動が行われることがありますが、異常ではないので、そのまま自動に任せておきます。

ここで更新プログラムのインストールが始まることがありますが、途中で中止などせずに終了を待ちます。

Windowsの初期設定画面が表示されたら、インストールは完了です。

購入時の初期設定と同じ画面になりますので以下の記事などを参考に設定を進めてください。

Windows7からWindows10への買い替え、初期設定、データ移行の方法
Windows7のサポートは2020年1月に終了しました。サポート期間が終了する前に、Windows10へ移行する必要があります。この記事ではWindows10のPCを買い替えた際、Windows7からWindows10へデータを移行する時の事前準備や注意事項、PCの設定方法についてまとめました。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

初期化に失敗したときの対処方法

残念ながら初期化に失敗することもあります。「PCを初期状態に戻す」の方法で初期化ができない時は以下の可能性が考えられます。

Cドライブの容量不足

20GBほどの空き容量が必要になります。以下の記事を参考にCドライブに空き容量を確保してください。Windowsをダウンロードするときは5GBほどさらに容量が必要になります。

Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする12の方法
Windowsを長く使っているとCドライブがいっぱいになってしまうことがあります。Cドライブの空き容量を増やし、容量不足を解消する方法をまとめましたのでご確認ください。

Windowsデータの破損

もう一度実施することで上手くいく可能性もありますが再度失敗してしまう場合は「クリーンインストール」が必要になることが多いです。

Windows10でクリーンインストール(再インストール)する方法
クリーンインストールは一度まっさらな状態にしてからWindowsを再インストールしていく方法です。今までのPC内のデータを残したくない場合や、新品購入状態にしたい時に行う方法です。もう一度使う場合はソフトの再インストールから必要になります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

「PCを初期状態に戻す」のまとめ

それぞれの初期化の特徴を捉えて、柔軟に考えて、初期化を選択していけるとよいですね。残したいデータと削除したいデータを選ぶことができたり、多種多様な選択が可能になった初期化をうまく活用していけるとよいですね。

実際の作業をするとなると考慮するべき点も多く結構大変です。お困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

Windows10の初期化、再インストールの関連記事

Windowsの初期化、再インストール方法は複数あります。以下のページもご参考ください。

Windows10再インストール - 回復ドライブを使って初期化する方法
Windows10の回復ドライブを用いた初期化の方法です。Windowsが起動しない時でも使える方法なので覚えておくと便利です。それぞれの初期化の特徴などを捉えて、うまく使い分けましょう
Windows10をリセットして環境をリフレッシュ「新たに開始」
Windowsの初期化で「新たに開始」を知らない人が多いかもしれません。Windows10のバージョン1703で初めて搭載された初期化の方法です。個人ファイルとWindowsの設定も残したまま、Windowsをリフレッシュ、リセットする方法です。
Windows10上書き再インストール-現在のデータを残しながらPC快適化
Windowsの調子が悪いがインストールしたソフトやデータはそのまま残したい!ということは皆さんも思いつくと思います。そして実際にそれは可能です。ここではWindows10の上書きインストール方法について紹介します。 Windows10の上...
Windows10でクリーンインストール(再インストール)する方法
クリーンインストールは一度まっさらな状態にしてからWindowsを再インストールしていく方法です。今までのPC内のデータを残したくない場合や、新品購入状態にしたい時に行う方法です。もう一度使う場合はソフトの再インストールから必要になります。

Windows11の初期化、再インストールの関連記事

Windows11を再インストールする色々な方法まとめ
Windows11を初期状態にする方法のまとめ記事となります。「PCのリセット」を利用した初期化の種類や手順、インストールメディアによる初期化の方法を紹介します。また、windows再インストールにあたってどのようなオプションを実施すべきかについても説明をしています。

その他の関連記事

Windowsが自動修復となって起動できなくなった時の対処法
ハードウェアの故障、WindowsUpdateの失敗などによりWindowsが正常に起動できなくなった場合の切り分けに関する紹介です。対処方法によっては最小限の被害で復旧できる可能性もあるため、Windowsの起動に問題が発生した場合ぜひ本記事の内容をご確認ください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!