Windows10 HomeでWindowsUpdateを無効には出来ないけど延期する方法

Windows10 HomeでWindowsUpdateを無効には出来ないけど延期する方法

Windows 10 HomeではWindows Updateが強制的に行われ無効化するのはいろいろやり方がありましたら非公式でいたちごっこでした。

そもそもWindows Updateを無効化するのはセキュリティ上の問題になるのでお勧めしません。ですが延期出来ることはHomeユーザにとって朗報になると思います。

Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)以降はWindows Updateを延期することが可能になりました。

 

【こちらの記事も必ずチェック】

【Windows10】Windows Update自動更新を無効化・停止して手動更新にする方法【Pro版/Home版】
Windows10では、Windows Updateの半強制的な自動更新により、時に様々な不具合が起こることがあります。先日も大規模なアップデートがあり、Officeソフトや、動画視聴ソフト、Bluethooth、Wi-Fiまわりで不具合が...
【Windows10】Windows Updateを更新しないでシャットダウン・再起動する方法
Windows10では、更新が一旦定義されてしまうと、「更新してシャットダウン/更新して再起動」という項目しか表示されません。「素直に更新すればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、Windows Updateによるトラブルが多発してい...
【必須!!】Windows10 Updateの自動アップデートを遅らせてパソコンの不具合を防ぐ設定方法
Windows10 Updateを更新した後、パソコンに何らかの不具合が出たという方、かなり多くいると思います。最悪の場合、電源ボタンを押しても「Windowsが起動しなくなり」OSを再インストールしなければならない状況にまで陥ることもあり...
Windows10 Homeでアップデートの自動更新を完全に停止/無効化し手動更新にする方法【2018/12/12追記】
こちらのページでは【Windows10 Homeエディション】のWindows Update自動更新を停止して、手動更新にする方法をご紹介します。Professional版をお使いの方はこちらのページをご覧ください。 【こちらの記事も必ず...
パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

Windows Update の種類は?

Windows Updateには、2種類のアップデートがあります。

1.毎月第2週目の水曜日に配信されるQuality Update(品質更新プログラム)

2.半年に一度の大型アップデートFeature Update(機能更新プログラム)

 

Quality Update(品質更新プログラム)は、セキュリティに関する更新プログラムを指します。

Feature Update(機能更新プログラム)は、Windows 10 に関する機能拡張アップデートです。年に2回実施され、春と秋に配信されます。

 

Windows10 アップデートを遅らせる設定

1.Windows画面の設定ボタンをクリックします。

延期1

 

2.Windowsの設定から「更新とセキュリティ」を選択します。

延期2

 

3.Windows Update の「詳細オプション」を選択します。

延期3

 

4.詳細オプションから「更新の一次停止」からアップデートを延長する日にちを選択しましょう。

延期4

 

5.Windows 10 Homeでは、「最大35日」まで延期が可能になります。

延期5

 

Windows Updateは1903以降のバージョンを推奨

1903以前のバージョンは推奨しません。(バージョンの1703,1709,1803,1809)

Windows 10 May 2019 Update 1903Windows 10 November 2019 Updateまでアップデートを実施してください。

 

次に1903以降のバージョンの特徴を簡単にまとめました。

・ライトテーマを設定して画面を見やすくできる

・マウスポインターのサイズや色を変更できる

・アクションセンターの改良された

・検索機能が強化された

・Windows Update が改良された

 

これら機能を使う場合、1903以上にバージョンをアップグレードしてください。

Windows Updateの更新は必要なのか?

更新を嫌う人はいると思いますが、セキュリティ上更新を推奨します。ただしすぐに適用すると不具合が起こることがありますので2週間経過したら更新することをお勧めします。

Windows Updateをすぐにアップデートしたときの不具合事例

一部のパソコンで不具合が発生する事例やアップデートしたとき新たな問題を引き起こす事例もあります。

Windows 10 May Update(1903)のアップデート時、いくつかのトラブルが報告されました。ここではいくつか事例を紹介したいと思います。

  1. Intelの古いストレージドライバーとの間で互換性問題が発生しアップグレードが失敗する
  2. リモート デスクトップ接続を初期化しても黒い画面しか受信できず接続できない
  3. ドライバーの一部のバージョンで、Bluetoothデバイスを検出もしくは接続できない
  4. カメラアプリが起動できず、エラーが発生する
  5. Wi-Fi接続が断続的に切断する

上記のような事例がありました。

アップデート直後は様子を見て、不具合が修正され安定した状態になってからアップデートするといいでしょう。

Windows Update の更新を行わなかったことによって生じた問題

hacker-4031973_1280

ここでは古いバージョンを使用していたことによって、問題になった例を紹介します。

「WannaCry」というランサムウェアをご存知ですか?

「WannaCry」はWindowsを標的にした悪意のあるソフトウェアで、2017年5月12日に大規模なサイバー攻撃が行われました。

被害は150か国に及び、23万台以上のコンピュータが感染しました。感染後、「WannaCry」によって暗号化されたデータを戻す条件として、ビットコインを要求するという内容でした。

「WannaCry」は、「SmBv1」というファイル共有のプロトコルの脆弱性を利用しています。

この脆弱性はWindows Updateで解消されていたため、定期的なアップデートを行っているコンピュータは「WannaCry」に感染しませんでした。

*Microsoftが2017年3月14日にセキュリティパッチを公開しています。

 

みなさん定期的にWindows Updateを実施しておきましょう。

まとめ

Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)以降、Windows 10 Homeのアップデートを完全に停止することができません。

今回はアップデートを延長させる方法をご紹介いたしました。参考にしていただければ幸いです。

Windows 10 アップデート関連やIT・パソコンのトラブルでお困りの方は弊社へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

Windows10アップデート バージョン1903の不具合と対処方法
Windows10には毎月ある品質更新と半年に一度ある大型のアップデートである機能アップデートの二種類があることはご存知ですね。 今回は半年に一度の大きなアップデートであるバージョン1903をアップデートする時に起こりうる不具合とその対処...

コメント