Windows7(8.1)→Windows10での変更点と特徴を理解する

現在、多くの方がWindows10へアップデートされたと思いますが、操作方法や変更点を理解する間もなく日々お使いだと思います。

そこで、今回からしばらくWindows10から搭載された新機能についてや、操作方法、Windows7やWindows8からの変更点などをふまえた操作方法をご紹介していきたいと思います。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

基本は「デスクトップ」画面、アプリも利用可能に

基本は「デスクトップ」画面、アプリも利用可能に

基本的な操作は、従来のWindowsと同じく「デスクトップ」画面で行うことになります。使用できるソフトもほとんど変わりませんが、以前使っていたソフトが使えなくなるケースもあるようですので、使用する前にWindows10に対応しているか必ず確認してください。

大きく変った点は、Windows8で登場した「アプリ」です。Windows10でもアプリを利用できますが、全画面表示だけでなく、デスクトップ画面の中でもウインドウを開いて使えるようになりました。複数表示したり、従来のデスクトップ用ソフトとの混在も可能です。

アプリの名称も、「Windowsストアアプリ」から「ユニバーサルWindowsアプリ」へと変更したそうですが、ユーザにとっては正直どうでもいいですよね。ちなみに、デスクトップ用ソフトのことは「デスクトップアプリ」と呼ばれています。

復活した「スタート」メニュー!!

復活した「スタート」メニュー!!

Windows8でいったん廃止され、Windows8.1では復活したものの、機能が変ってしまっていた「スタート」メニューでしたが、Windows10では、よりWindows7以前に近い「スタート」メニューとして復活しています。

クリックすると、ソフト(アプリ)やフォルダ、設定などを起動できる点は同じです。Windows8の「スタート」画面のように、アプリのタイル表示もされていますが、こちらは好き嫌いが分かれるのではないでしょうか?右クリックすると「コントロールパネル」などのメニューも表示されるので確認してみてください。

これは便利!?Windows10からの新機能

仮想デスクトップ機能:デスクトップ画面を切り替えられる

仮想デスクトップ機能

Windows10から新しく採用された機能に「仮想デスクトップ」があります。これは、デスクトップ画面を複数作成し、それぞれのデスクトップで別のウインドウ(アプリ)を開いて作業ができる機能です。

例えば、「仕事用」のほかに「休憩用」のデスクトップ画面を用意しておけば、休憩時間の時は仕事で使っているソフトのウインドウを閉じなくても、休憩用のデスクトップで作業すればいいというわけです。

デスクトップの切り替えはショートカットキー:Ctrl + Windows + or でも出来るので、一緒に覚えておきましょう。

スナップ機能:ウインドウを2分割or4分割して使える

スナップ機能

デスクトップ用ソフトやアプリのウインドウを、ぴったり2分割、又は4分割して配置できる機能が「スナップ」です。複数の作業をしている時にすばやく整理ができるので便利かもしれません。

◆画面を2分割にする方法

スナップ機能で画面を2分割にする方法

画面を2分割する場合は、分割したいウインドウをデスクトップ画面の左右どちらか一方へドラッグ&ドロップします。すると、自然とウインドウがデスクトップ画面の丁度半分に表示されます。

◆画面を4分割にする方法

スナップ機能で画面を4分割にする方法

画面を4分割にしたい場合は、4分割したいウインドウをデスクトップ画面の四隅へドラッグ&ドロップします。すると、ウインドウがデスクトップ画面の1/4の大きさに表示されます。

同様の操作がショートカットキー:Windows + or or or でも出来るのでキーボードでも試してみてください。

スナップ機能をオフする

便利なスナップ機能ですが、中には勝手に画面が配置されてわずらわしいと感じる方もいるでしょう。私もそのひとりです(笑)。そういった人のために、スナップ機能をオフにする方法をご紹介しておきます。

「スタート」 → 「システム」 → 「マルチタスク」 → 「スナップ」(ウインドウを画面の横または隅にドラッグしたときに自動的に整列する)をオフ

スナップ機能をオフにする方法

スナップ機能をオフにする方法

Microsoft Edge:ウェブページに書き込みができる

Microsoft Edge:ウェブページに書き込みができる

Windows10にはインターネットをするためのソフト(ブラウザ)として、「Microsoft Edge(マイクロソフト・エッジ)」というソフトがインストールされています。

このソフト、Microsoftが次世代のブラウザとして開発したものですが、お客様の評判はとても悪いです。IEに設定を変更してくれと頼まれることがほとんどです。さらに、PDFファイルを開く時もこのEdgeが起動するようになっているので、そちらの設定変更も合わせてやるのが定番となっております。

同様でお困りの方は、こちらのページに設定方法を詳しく載せておきましたのでご参考にしてください。

Windows10|Edge:ブラウザはIEへ,PDFはAcrobat Readerに設定
Windows10から新たに「Microsoft Edge(マイクロソフト・エッジ)」というソフトがインストールされています。これはIE(I...

Cortana:音声でパソコンに指示が出来る

Cortana:音声でパソコンに指示が出来る

パソコンのマイクに話しかけることで、その単語を検索したり、指示したアプリを起動したりする機能だそうですが、これってあきらかにAppleのSiriと同じですよね。。。先程の仮想デスクトップもMacOSのパクりだし。まぁどうでもいいんですけど。

まとめ

というわけで、多少早足でしたが、Windows10の特徴や新機能について解説してみました。いかがでしたでしょうか?まだまだ色んな機能があるので今後もご紹介していきます。どうぞお楽しみに。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加