【Windows7】デスクトップのショートカットが消えてしまう時の対処法

【Windows7】デスクトップのショートカットが消えてしまう時の対処法

先日、お客様よりこのようなお問い合わせメールがありました。

株式会社 とげおネット
代表取締役 針生様

平素よりお世話になっております。
本年も宜しくお願い申し上げます。

◯◯事業部のYと申します。
PCに関する質問が有りまして、教えて頂ければと思いましてメールさせて頂きました。

・デスクトップ上のショートカットが消える。
 スリープ状態になり、再開した時に毎回では無いのですが、
 デスクトップに置いてある、「マイドキュメント内ファイルのショートカット」が
 消えてしまう時があります。どうしたら良いでしょうか?

同様の症状でお悩みの方は下記、解決方法を参考にしてください。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

デスクトップ上のショートカットが消える理由

そもそも、なぜデスクトップに配置したショートカットが消えてしまうのか?

Windowsにはパソコンの状態をキレイに保とうとする「保守機能」というものがあり、そのシステムが勝手にデスクトップの整理をしてしまい、このような事が起こります。

ショートカットが消される条件とは?

この保守機能ですが、ランダムにショートカットを選んで適当に消しているわけではありません。ある条件に当てはまるショートカットのみ消しています。その条件がこちらです。

・デスクトップ上に破損したショートカットが「4つ以上」ある場合

破損したショートカットとは

破損したショートカットとは、参照先のファイルやフォルダが存在しないショートカットのことです。つまり、リンク切れを起こしているショートカットです。

リンク切れを起こしやすいショートカットとして一番多いのが、「社内サーバの共有フォルダやファル」のショートカットです。パソコンがスリープ状態から復旧する時や再起動した時にスムーズにネットに繋がらないことがあると思います。その時、パソコンはオフラインの状態になっているので、Windowsは先ほどのショートカットを破損扱いにし、消してしまうという感じです。

ショートカットが消えないようにするための対処法

対処方法は簡単です。Windowsの保守機能をオフにすれば解決します。

設定方法

【Windows7】デスクトップのショートカットが消えてしまう時の対処法/設定方法
スタートメニュー →「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」項目の一番下にある「問題の発見と解決」をクリックします。コントロールパネルの表示方法は「カテゴリ」を選択してください。

【Windows7】デスクトップのショートカットが消えてしまう時の対処法/設定方法
次に、画面左の項目から、「設定の変更」をクリックしてください。

【Windows7】デスクトップのショートカットが消えてしまう時の対処法/設定方法
コンピューター保守のチェックボックスを「無効」にしてください。最後に「OK」ボタンを押して設定完了です。

参考サイト

Windows 7 でデスクトップ ショートカットが消える

まとめ

いかがでしたでしょうか?こちらの設定をしていただければ、デスクトップ上のショートカットが勝手に消される現象は起こらなくなると思います。ITやパソコンのトラブルでお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加