注意!新型コロナウイルス(COVID-19)によるパソコン調達関連への影響

※この記事は随時更新します。

もうすぐ3月期末になり、パソコンを購入しようと思っている企業の方も多いでしょう。今年は1月にWindows7のサポートも終了し、Windows10への入れ替えとして購入を検討している企業や期内に予算を使おうと検討している方もいらっしゃると思います。

しかし新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、現在パソコン調達に支障が出始めています。

この記事では新型コロナウイルス(COVID-19)によって、パソコン調達関連に与える影響をまとめました。

5月も中旬を過ぎてパソコンの調達についてはだいぶ落ち着いてきたようです。4月中などはパソコン販売代理店等でも全く在庫が見当たらず納品時期が不明な状況が続いていましたが5月中旬ごろからメーカ、パソコン販売代理店等で在庫モデルが復活し始めました。弊社でも取り扱えるモデルが増えました。もし法人用モデルを急ぎでお探しならお気軽にお問い合わせください。

ただしWebカメラについては相変わらず品薄が続いている模様です。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

新型コロナウイルスによってパソコン調達に支障が出る?

家庭向けは量販店の店頭在庫がなくなったら欠品が続く可能性があります。

すでに秋葉原とかでは一部部品がすでに欠品し始めているおり、Appleも中国で作ってて業績予想に影響すると発表しています。

 

▼参考HP iPhone Mania
新型コロナウイルスの影響でノートパソコンの生産台数が3割減少

新型コロナウイルスの影響でノートパソコンの生産台数が3割減少
  中国国内のノートパソコンの生産台数は、新型コロナウイルスの影響で29%〜36%減少する見込みと伝えられています。 3月に部品が足りなくなる可能性 ノートパソコンのODM(他社ブランドの製品を製造する企業)は

 

▼参考HP NHK NEWS WEB
新型ウイルス パソコン修理に影響も 中国から一部部品届かず(リンク切れ)

▼参考HP IT media PC USER_
板モノからPCケースまで――全方位で“危機”がチラ見えしてきたアキバ

板モノからPCケースまで――全方位で“危機”がチラ見えしてきたアキバ
新型肺炎は物流にも大きな影響を与えている。PCパーツショップでも穴の開いた棚を見かけるようになった。そして、祝日月曜のau Pay祭りに身構える店員さんの声が聞こえる。

メモリやSSDの値上がり、PCパーツの品薄が新生活準備シーズンを直撃する恐れも

メモリやSSDの値上がり、PCパーツの品薄が新生活準備シーズンを直撃する恐れも
春節休みの延長は、秋葉原電気街にも影響を与えている。今週末はまだ目立った品切れ傾向は見られないが、「新生活準備シーズンはまずいかも……」との声が、深刻なトーンで聞こえてくるようになってきた。

 

なぜコロナウイルスでパソコン調達に影響が出るのか?

日本に流通しているパソコンのパーツは基本的に「台湾メーカーが中国で生産している」ことが多いです。世界的に見るとIT製品における中国生産は世界生産の25%ほどを占めています。

Windows 7からWidows 10への入れ替えを3月末までにしようとしてた法人は多いと思われますが、納品が遅れ期内に間に合わないかもしれません。

【発表まとめ】各社新型コロナウイルスによるパソコン製品への影響について

現在新型コロナウイルスによって影響が出ている製品や部品について情報をまとめました。
(2020年3月04日時点)

Apple

すでにニュース等で報道されているように「Designed in California. Assembled in China」であるAppleは2月17日、2020年1-3月期の業績に大きな影響が出そうだという発表をしました。もともと一部の製品(AirPods Proなど)は大人気で納品待ちでしたがこれらの製品については納期に大きな影響が出そうです。

Appleのプレスリリースより、1~3月期の業績予測を達成できない見込みと発表し、2つの要因について報告されました。
要因1:世界中へのiPhoneの供給が一時的に制限されるため
要因2:中国でのApple製品の需要に影響が出ているため

Dell

Dell社は中国本土で組み立てています。元々3月末にかけて法人向けパソコンの需要が高まるのに加えて今回の肺炎の影響で納品見通しが不明になっているようです。

Microsoft

新型コロナウイルスの影響で1月~3月期売上高への影響を予告しています。影響を受ける部門は、More Personal Computing部門。

この部門は、PCのSurfaceやXboxなどのハードウェア、Windowsなどを扱っています。
Windows OEMとSurfaceが予想より大きな影響を受けるとのことです。

▼参考 IT media NEWS (2020年3月3日時点)

Microsoftも新型コロナウイルスの1〜3月期売上高への影響を予告
Appleに続き、Microsoftも1〜3月期業績がCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で達成できないと発表した。SurfaceやWindows OEMが影響を受けるとしている。

HP

一部の製品は東京で組み立てているため、部品在庫がある限り1週間ほどで対応できるようですが欠品に対しては納期見通しが不明になっているようです。

Panasonic


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による在庫切れのお詫び

平素はPanasonic Storeをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大による経済活動混乱の影響を受け、レッツノートの製造に必要な部品入荷時期が現時点で不透明な状況となっており、当店で取り扱いの商品において在庫切れが発生しております。
お客様には在庫切れによりご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。入荷状況ほか進展がございましたら、サイト上にてご案内をさせていただきます。ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、ご理解を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。
2020年02月19日更新

 

※Panasonic Storeのページから引用させていただきました。最新の正確な情報はメーカーサイトでご確認ください。

EPSON


中国新型コロナウイルスの影響に伴うPC商品在庫切れのお詫び

2020年2月12日平素はエプソン製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
各メディアで報道されている通り、中国における新型コロナウイルス発生の影響で、春節の休暇延長期間終了後も一部の部材入荷時期が不透明な状況です。これに伴い、一部商品について在庫切れが発生しております。
お客様には在庫切れによりご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
一刻も早い挽回に全力を尽くして参りますので、ご理解賜ります様、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

※EPSONダイレクトショップのページから引用させていただきました。最新の正確な情報はメーカーサイトでご確認ください。

 

サン電子株式会社

Roosterシリーズ向けに使用されている一部外部アンテナにおきましても、部材の調達先が中国国内であり、その調達先部材メーカーで工場操業の遅れが発生している関係で、2020年2月12日現在操業再開および貨物の輸送が行えるかの目途が立っていない状況です。

以上のことから、現在ご注文いただいております分および、今後のご注文について、下記製品におきましては納期が未定になる場合がございます。
2020年2月12日現在
コード          品名
11S-ANTJ0Y05     LTE YWX-6141SADX-697
11S-ANTJ0Y04     LTE YWX-6141SACX-697
11S-ANTJ0Y02     CWX-614XSABX-891
1P184-YWX-6231SAEX LTEロッドアンテナ -502

なお、上記製品以外のRoosterシリーズおよび対応ACアダプタ、上記製品以外の外部アンテナにつきましては今現在、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響はございませんが、日々状況が変わってまいります。納期遅延製品、機種につきましては、営業担当へお問合せください。

※サン電子株式会社のページから引用させていただきました。最新の正確な情報はメーカーサイトでご確認ください。

Links

2020年2月25日   お知らせ
新型コロナウイルス 「COVID-19」による商品出荷遅延のお知らせ平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

現在、新型コロナウイルス「COVID-19」の感染拡大を受け、中国国内の生産、輸送に大幅な遅延が発生しております。
多くの弊社取扱製品につきましても生産・出荷スケジュールの影響が避けられず製品の納期や、修理対応に通常より長期間お待ちいただく状況となっております。

お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんが少しでも早く状況の改善に努めてまいりますのでご理解いただけますようお願い申し上げます。

※Linksのページから引用させていただきました。最新の正確な情報はメーカーサイトでご確認ください。

リコー

2020年2月28日
お客様先でお使いいただくリコー機器の消耗品やサービス部品の供給においては現在十分な在庫を保有しており、ご迷惑をお掛けしない体制となっておりますが、中国国内のサプライヤー企業様からの一部の部品調達に支障が出ているため、一部の機器において供給が不安定になる可能性が生じています。

現在、さまざまな方面からの状況把握に努めるとともに、機種・部品ごとの在庫状況の確認、代替部品の手配など、生産への影響を最小限にすべく、あらゆる対応策の検討と実施を進めています。今後、影響が予測されるお客様への対応を進め、影響の極小化にグループ総力をあげて全力を尽くします。

また、弊社が取り扱っておりますパートナー企業の商品につきましても、同様の影響を受ける商品がございます。在庫不足によりご希望納期に提供ができない場合は担当営業より案内させていただきます。

※RICOH(リコー)のページから引用させていただきました。最新の正確な情報はメーカーサイトでご確認ください。

新型コロナウイルスによるパソコン納品遅延の可能性

3月末にパソコンを購入しようと検討している法人企業は、各メーカーから発表されている情報の確認もしくは販売会社に問い合わせてから購入を検討しましょう。

購入する場合は、2月から早めに購入することをおすすめします。

以上、ご参考まで。

コメント