自分のメールアドレスが流出したかどうか調べられるサイト

自分のメールアドレスが流出したかどうか調べられるサイト
パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

FacebookTwitterInstagramなどのSNSサイト。Amazon楽天市場に代表される通販サイト。GmaildropboxEvernoteなどのクラウドサービス。みなさんもいくつか登録していますよね?

これらのサービスを使うにはメールアドレスでの会員登録が必要です。今日は、そのメールアドレスが流出する危険性についてお話します。

メールアドレスの流出は本当にある

先日このような記事を見つけました。⇒「Amazonから「パスワード変えといた」メールが来た」

内容を簡単に説明しますと、ある日、Amazonから「あなたのメールアドレスとパスワード情報が流出した可能性があるので、私どもの方で一時的にパスワードを変更しておきました。」というメールが来たとのこと。どこから情報漏洩したか調べると「Tumblr」というサービスだったという内容でした。

つまり、Amazonは会員のメールアドレスとパスワードが流出しているのを見つけたので、不正アクセスな防ぐためにユーザーに代ってパスワードを変更したということです。Amazonの対応は素晴らしいのですが、ユーザー情報が流出してネット上に公開されているなんて本当に恐い話ですよね。

メール情報が流出していないか調べるサイト

先程紹介したサイトにも書かれていますが、自分のメールアドレス情報が流出していないか調べることができるサイトがあります。

Have I been pwned?」というサイトで、自分のメールアドレスを入力すれば簡単に調べることができます。ちなみに私のメールアドレスを調べたところLinkedinというサイトから流出していることが判明。。。

みなさんも確認してみてください。

メールアドレスやパスワードの管理

今回のケースでは、メールアドレスと一緒にパスワード情報もネットに公開されていたようです。複数のサービスに登録する際、パスワードを変えるのが面倒で、同じパスワードを何度も使っている方が多いのでは?そういう方はどこかのサイトで情報漏洩すると、今お使いの全てのサイトが不正アクセスの危険にさらされます。

その様な事態を防ぐために、サイトごとにパスワードは変更しておいた方が良いでしょう。複数のパスワードを一元管理できる「RoboForm」という便利なソフトがあるので、こちらの導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

詳しい使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。
https://togeonet.co.jp/roboform

とげおネットITサポートブログ便利な無料ソフト
togeo.netをフォローする
出張パソコン修理,データ復旧,インターネット設定,パソコンサポート,ITサポートなら株式会社とげおネット/東京,神奈川,埼玉,千葉

コメント