当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

インターネットに繋がらない場合の、トラブルシューティングご用達ツール集

インターネットに繋がらない場合の、トラブルシューティングご用達ツール集

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

ネットワークに繋がらない!そんな時には原因切り分けを実施していくものですが、何から手をつけるべきかがわからないのが大変な処です。

そこで今回は、ネットワークの仕組みの観点から、原因切り分けの方法と、その点で有効なツールをご紹介していきたいと思います。実際に弊社でも使っているものが多数含まれております。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

ネットワークに繋ぐための、基本的な3層の観点

ネットワークに繋ぐための、基本的な3層の観点

ここでいう「3層の観点」とは、OSI参照モデルに基づく、レイヤー1「物理層」レイヤー2「データリンク層」レイヤー3「ネットワーク層」の事を指します。

この3層の機能をレイヤー1から順番に充足させる事で、その端末は、ネットワークへ繋ぐ事が出来るようになります。

レイヤー1「物理層」

物理層とは、電気信号のことを指します。

端末で言えば、NIC(Network Interface Card)とそれらを繋ぐLANケーブルが発する信号やWireless信号のことです。

有線LANであれば、端末とスイッチ機器のポートがリンクアップしているか?(ポートのLEDランプが点灯しているか)ということになります。

これは視認することで確かめられます。

その際、LANコネクタがしっかりと接続されているかを確認しましょう。特に、LANケーブルの『爪(ラッチ)』が折れている場合、簡単にコネクタから抜けてしまいます。ケーブルそのものが損傷していないかどうかも確認してみてください。

LANケーブルの『爪(ラッチ)』

無線LANで言えば、端末がシグナルを受け入れ準備できているか?であり、下記コマンドにて確認ができます。

【Windowsの場合】

netsh wlan show interfaces

【MacOSの場合】

airport -I

【Linuxの場合】

/sbin/iwconfig

Windowsのコマンドプロンプト画面

上記は無線LANの認証を行っていない状態で、ハードウェア/ソフトウェアともにオンの状態であることが確認できます。

これは、認証さえすれば、接続できる状態です。

Windowsのコマンドプロンプト画面

上記は、ワイヤレスボタンをOFFにした状態です。

ソフトウェア的にオフの状態であることが確認できます。

ハードウェア的にオフの状態は、無線NICドライバが正常に動作していないか、未インストールの状況ですので、そちらを疑うべきです。

レイヤー2「データリンク層」

レイヤー1の状況に問題がないことを確認出来たら、今度はレイヤー2を調査する形となります。

データリンク層は、端末同士がコネクションするために必要な「ハードウェア情報」「認証情報」をやりとりするレイヤーです。

ここでいうハードウェア情報とは、MACアドレスのことをさします。

端末は有線LANネットワークを確立するために、そのネットワーク内で、MACアドレス認証があれば認証を行い、Captive-Portalがあればその初回処理と手動での認証を行います。

無線LANでは、無線LANのSSIDに対して認証を実施します。

更に、固定IPであればその情報で直接接続しにいき、指定がなければ、DHCPサーバから貰った情報をもとに接続しに行きます。

もしそれらが認証出来ていない場合、ツール「ipconfig /all」の中で「169.254.*.*」から始まるリンクローカルアドレスが割り振られています。

【Windowsの場合】

ipconfig /all

【MacOS/Linuxの場合】

ip a

Windowsのコマンドプロンプト画面

この場合、認証の状況とDHCPサーバへの接続を疑うことになります。

レイヤー3「ネットワーク層」

いよいよネットワーク層では、固定IPあればPingが実施でき、DHCP接続であれば、一時的なIPが振られている状態となります。

ipconfigによってデフォルトゲートウェイが表示されるかと思いますが、そのデフォルトゲートウェイが、ネットワークの外に向けた出入口のネットワーク機器となります。

【Windowsの場合】

ipconfig

ping <デフォルトゲートウェイ>

【MacOS/Linuxの場合】

ip a

ping <デフォルトゲートウェイ>

Windowsのコマンドプロンプト画面

デフォルトゲートウェイに向けてPingを実施して応答があれば、その「セグメント内では接続できている」ことになります。

しかしながら、ここまで来ておいて「インターネットに繋がらない」「他のセグメントへ疎通が確認できない」という状況は何故でしょうか。

それは「端末において、IPに対するデフォルトゲートウェイが設定されていない」可能性があります。

[デフォルトゲートウェイが設定されている場合のGoogleへのPing]

Windowsのコマンドプロンプト画面

[デフォルトゲートウェイが設定されていない場合のGoogleへのPing]

Windowsのコマンドプロンプト画面

デフォルトゲートウェイが設定されていない場合、デフォルトゲートウェイ(192.168.1.1)までのPingは通るものの、外部へ接続できないことがわかります。

この状況は、中間のネットワーク機器でもあり得る状況(中間ネットワーク機器において、デフォルトゲートウェイやルーティングが設定されていない)なので、端末だけでなく、広義に解釈して考察したほうが良いでしょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

インターネット調査に役立つツールたち

通常であれば上記の内容で原因切り分けが済むのですが、それでも解決できない場合は「ルーティングが正確ではない」「ファイアウォールによって遮断されている」「アップリンクがそもそもインターネット接続されていない」などの原因が考えられます。

それらを更に追及していくために、もっとテクニカルな切り分け方法を解説いたします。

IPが取得できているのに、外部に接続できない場合

デフォルトゲートウェイまで到達しておきながら外部接続できない場合、ネットワーク機器のルーティングやファイアウォールやACLを疑います。

しかし、ネットワーク機器へ管理アクセスするには、そのネットワーク機器のIPアドレスから検索しなくてはなりません。

端末が接続された状態で、隣接するネットワーク機器が不明である場合「arp -a」コマンドが役に立ちます。

arp -a

Windowsのコマンドプロンプト画面

自分のIP(172.19.21.60)以外にも、有効となる端末が複数台あることがわかります。

なお、*.255及びff-ff-ff….の付く端末は、必ず「ブロードキャストアドレス」といい、無用のアドレスですので、無視して構いません。

この状況で、Altキーを押しながらMacアドレスをマウスでドラッグ選択し、Enterキーでコピーが実施できます。

(Windows8以前の端末は、コマンドプロンプトウィンドウの頭を右クリックして編集→範囲指定→Enterでコピーしてください)

コピーができたら、MACアドレス検索サイト(uic.jpなど)へ検索をかけます。

MACアドレス検索サイト「UIC」

Windowsのコマンドプロンプト画面とUIC画面

MACアドレスの先頭6桁(**-**-**)はベンダーコードといい、NICの製造メーカーが持つコードです。

実際にはこちらを利用して「arpで拾ったMACアドレスがどういう機器なのか?」を探ることができます。

MACアドレス検索結果表

上記の結果では、複数台のVMwareによるクライアントと、恐らくVMwareのホストと思しきDell製サーバ、Fortinetという会社名が確認できました。

Fortinetは、Fortigateという超有名なファイアウォールを作っているメーカーなので、こちらがデフォルトゲートウェイであることがわかりますね。

ネットワーク機器の切り分けの際は、こちらから探りを入れていくことになります。

実際には、こちらの端末へ管理アクセスし、状態を確認していくことになります。

認証で躓いている?ファイアウォール?どうしても接続できない場合

原因切り分けが難航している場合、パケットモニタリングツールが有効かもしれません。

LinuxやMac、WindowsではWiresharkと呼ばれるツールが利用できます。

WireShark

Wireshark · Download
Wireshark: The world's most popular network protocol analyzer

Windowsユーザに対しては、近年では、ネットワークモニター3というツールがMicrosoftから提供されています。

Microsoft ネットワークモニター3

ネットワーク モニター 3 に関する情報 - Windows Server
ネットワーク モニター 3 について説明します。 ダウンロードとサポート情報、インストール ノート、および一般的な使用情報が含まれています。

パケットモニタリングツールは、認証プロトコルからHTTPによるコンテンツ取得に至るまで、全てのパケットを監視してくれるツールです。

このツールを用いてトラブルシューティングを実施することにより、認証状況やパケットのやり取りを把握することができるため、テクニカルな方法としては最善かもしれません。

しかし、その利用方法やパケット個別の情報については、多岐にわたってしまうため、効果的な利用には、ある程度の習熟が必要かもしれません。

ipref

iPerf - Download iPerf3 and original iPerf pre-compiled binaries
iPerf3 binaries for Windows, Linux, MacOS X

ネットワークに関する問題は、特定の端末だけで障害が発生するのか、ネットワーク配下で平等に障害が発生しているのかの切り分けが必要になる場合があります。

通信はできるが極端に遅い、不安定になる場合は、特定の端末でネットワークを多大に使用し、帯域が占有されてしまっている場合があります。容量の大きいファイルのアップロードなど、原因が判明している場合は良いですが、ウイルスやマルウェアなどで、想定していないネットワークへの負荷がかかっている可能性を判断する一つとして、iprefがあります。

iprefは、複数台の端末を使用します。もっとも単純な構成は、1台のサーバ端末と、1台のクライアント端末で実行できます。クライアント端末とサーバ端末の間で通信を行い、スループット(一定時間内に送信できるデータ量)を測定することができます。

備えあれば憂いなし、フリーで使える監視ツール

NetEnum5

https://www.e-realize.com/netenum5.html

ネットワーク上のコンピューターを取得し、ネットワークの監視を簡単に設定できるツールとなります。細かな設定が不要で簡単に検出が可能です。また、ネットワーク上の機器に関する簡易的な情報(OS、MACアドレス、IPアドレス)を取得したり、簡易的なパケットキャプチャも行うことができます。

異常時に緊急で使うというよりも、平常時のステータスを事前に取得しておき、異常発生時の切り分けに使うほうが、より正確なネットワークのトラブルシューティングを行うことが可能です。

TWSNMP

Twise Labo. Inc. | TWSNMP公式サイト
TWSNMP公式サイト

ネットワーク監視プロトコルであるSNMP(Simple Network Management Protocol)を利用して、主にネットワーク機器(L2・L3スイッチ、ONUなど)の監視ができるフリーツールです。こちらも、異常時に緊急で使うというより、平常時にあらかじめネットワーク機器の管理IPやSNMPサービスの有効化を行っておき、障害発生時の切り分けを簡易化することに役立ちます。やや設定が難しいですが、ネットワーク機器が複数配置されている環境では大変有用なツールとなります。

ネットワーク構成図のように、ネットワーク同士のつながり(ノード)を表現することも可能で、複数階層でネットワークが構成されている場合も、どこで障害が発生したかが見つけやすいです。

ネットワーク機器の監視だけでなく、IPアドレスの死活監視も可能なため、サーバーやNASの異常停止への把握にも活用することが可能です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

ネットワーク調査ツールまとめ

「そのネットワークになぜ繋がらないのか?」は、大抵の場合、ISO参照モデルの物理層、データリンク層、ネットワーク層を疑うことになります。

結線やシグナルの状況を確認し、認証やDHCPの状態を確認し、最後にデフォルトゲートウェイやルーティングの状況を確認して、と言った具合です。

パケットキャプチャはそのインストールなどの手間と扱い方に時間を要されるため「それでも繋がらない場合」の手段として認識した方が良いかもしれません。

その他ネットワーク設定やトラブル対応に関する記事を以下にまとめましたので併せてご参考ください。

LAN設定に関する記事

家庭内LAN、社内LAN設定に関する記事については以下の記事をご参考ください。

社内LANが遅い!1Gbpsに対応するための確認方法と具体的手順
オフィスのインターネットが遅くて困っていませんか?現在の主流は1Gbps(1000Mbps)の通信速度ですが古いオフィスの場合100Mbpsまでしか対応していないことがあります。通信速度を上げたい場合にどのような手順で対応すればよいかまとめました。
超高速!最大10Gbps対応の社内LANを構築する方法と機器について
業務効率が劇的に改善する10Gbpsの社内LANを構築する方法を機器の選定方法含めて詳しく解説してきます。
PPPoEはもう古い?IPoE, IPv6, IPv4 over IPv6などの高速インターネット回線事情
PPPoE方式・IPoE方式、IPv6、IPv4over IPv6は、すべてインターネットの通信方式のことです。 PPPoE方式・IPoE方式は、インターネットに何をどうやってつなぐのか、接続方式を指しており、IPv6,IPv4 over ...
VPN接続とは?VPNの基本や仕組みについて
新型コロナウイルスの影響で政府からテレワークの普及がすすめられています。しかしテレワークは会社より情報漏洩のリスクが高くなります。この記事ではテレワークでのセキュリティ対策として「VPN接続」について、分かりやすくまとめました。
ゲスト用LANを構築する方法(無線LANゲストWifi、VLANについて)
ゲスト用インターネット回線を用意する際は、社内ネットワークとは独立して構築するほうが安全です。そのための便利なテクニックである「ゲスト用SSID(無線LAN用)」と「VLAN」について説明しています。
様々なネットワークスイッチ機器。その特別な性能と機能について
単純にネットワークスイッチと言っても、実に様々な用途と場所によって、そのパフォーマンスと機能が違ってきます。 ネットワークスイッチは、OSI参照モデルに基づき、大きく分けて3つの種類があります。 レイヤー1基準であれば、ハブやスイッチングハ...
高価なセキュリティ装置UTMの役割。導入で得られるメリットデメリットとは
UTMの導入について頻繁に相談いただくことがあります。セキュリティ機器として勧められた経験がある方も多いかもしれません。どのような役割でどのように役立つのかまとめましたのでご参考ください。 小さな会社向けのセキュリティー対策は別ページにまと...

無線Wi-Fi設定に関する記事

LANの中でも無線Wi-Fiの設定に関しましては以下のページをご参考ください。

無線Wifi・無線LANを社内オフィスに導入するメリット&デメリットと注意点について
一昔前までは、社内LANといえば有線で繋ぐことが当たり前でしたが、最近では無線LAN/無線Wifiを導入する企業が増えてきました。 増えてきた理由としては、スマートフォンだけでなくタブレットや超薄型ノートパソコンなど、業務でモバイル系の端末...
【Wifi導入】家庭用・業務用アクセスポイントの機能的な違いと注意点
Wifiを導入するにあたり、機器の選択として家庭用と業務用の機器選択があります。家庭用機器でも近年は性能が向上しており、小規模事務所や仕様版を制限しているなら家庭用機器でも十分要件を満たしますし、安全性や安定性であれば業務用の性能の高さがメリットとなるなど具体的な選定策の案内。
最新の無線技術Wi-Fi6、Wi-Fi6Eの高速アクセスポイント導入の進め方と注意点
Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは、IEEE 802.11axに基づく無線通信規格です。Wi-Fi 6Eは2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用することで、Wi-Fi 6よりも大容量の通信が可能になりました。
便利に電波拡大!Wi-Fi中継器について知っていこう
「お風呂でテレビや動画が見れたらな・・・」そんなあなたの要望をかなえてしまうのがWI-Fi中継機です。今まで電波が届かなくてトイレやお風呂で動画などを見てストレス解消ができなかったとしても、WI-Fi中継機があればこれからは動画が途切れず楽しめますよ。気になる人は一読くださいね。
Wi-Fiの利用範囲を気軽に便利に拡張!メッシュWifiとは?
Wifiを拡張するための新しい技術として、メッシュWifi(Easy-Mesh)の普及が進んでいます。本記事では、従来のWifiが抱えていた課題とメッシュWifiの特徴とメリット、よくある質問についてまとめています、。
インターネットなんでもQ&A:Wi-Fiや公衆無線LAN、テザリングの使い方
Q.外出先でもパソコンでインターネットを使うには? A.用途に合わせて使い分けましょう 外出先でパソコンをインターネットに接続する方法は大きく分けて2つあります。ひとつは自分で用意したモバイルルーターなどから接続する方法で、もう1つは外出先...

インターネットトラブルに関する記事

インターネットトラブルにお困りの場合は以下の記事をご参考ください。

インターネット接続が切れる、繋がらない原因と解決方法
インターネットがつながらない原因は多岐にわたります。そこでIT初心者の方でもできる解決手順をケース別に解説していきます。まずは冷静に状況を確認しましょう。関連記事と合わせてご参考ください。
「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」とは?原因と対応方法
WiFi接続において、PC~無線LANルータ間の接続は正常なものの、無線LANルータより先のネットワークやインターネットに接続できないときに表示されるメッセージ「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」が発生する状況と、それを解消する方法について説明しています。
Googleと、YouTubeしかつながらなくなった!原因と解決法
インターネットで特定のサイトにしかつながらくなったというトラブルに対する基本的な対処法や調査に利用できるツール等の紹介となります。
「有効なIP構成がありません」でネット接続できない原因と直し方
「イーサネットには有効なIP構成がありません」「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示され、ネットワークにつながらないことがあります。接続に必要な設定値が取得できていないことが原因です。ネットワーク機器やパソコンの設定を見直して、接続する手順を解説します。
Windowsネットワークで他のパソコンや共有サーバ、プリンタが表示されない原因と対処法
共有フォルダやサーバー・プリンターが見つからない時の対処法をまとめました。共有設定の他、ファイアウォールなどのセキュリティやルーターのモードが原因であることもあります。ネットワークブラウジング機能についてもわかりやすく、詳しく解説しています。

無線Wi-Fiトラブルに関する記事

特に無線Wi-Fiのトラブルにお困りの場合は以下の記事が有効です。

Wifiがつながらない、切れる時にチェックすべきポイントと対応方法について
Wifiが切れたりつながらない場合について、確認すべきチェックポイントや原因の切り分けと基本的な対処方法について記載しています。
無線プリンターの設定・接続方法/つながらない・印刷できない時に確認すべき事
プリンターを無線(WiFi)で接続して、パソコンやスマホからプリントアウトしたいけど、設定方法が分からない、又は、設定してみたけど印刷できない、そのような経験をされた方はたくさんいらっしゃると思われます。こちらのページにて無線プリンターの接...

弊社ネットワークサポート事例

弊社のネットワークサポート事例は以下のとおりです。

サポート事例:10年前のルーターから10Gbps対応の超高速なWi-Fi6 APへの切り替え
とげおネットで社内ネットワーク環境の整備作業として古くて遅い社内環境を10Gbps対応の超高速Wi-Fi環境の構築を行いました。サービス事例として公表します。
サポート事例:パソコンがインターネットに繋がらない意外な理由
パソコンサポートの仕事をしていると、「急にネットが繋がらなくなってしまった!!」というサポート依頼をたくさんいただきます。 先日も、お客様より同様のメールが来ました。電話サポートでお客様のパソコンの設定状況や、ルーターの状況を確認しましたが...
定期ITサポート|インターネット速度が不安定?社内ネットワーク調査
本日は、不動産投資事業を行っている会社へ定期のITサポートでした。 以前より、インターネットの速度が遅くなることがあり調査して欲しいとのことで、社内のネットワークまわりを調べてきました。 インターネット回線の速度を測定 まずは、社内の複数の...
サポート事例:社内ネットワークケーブル配線がぐちゃぐちゃな会社様のサポート
某広告代理店業様へサポートのお伺い 古い友人に紹介された新規のお客様。 今のオフィスに10年以上と長く当時担当?だった人はもうおらず設計図もなくITに明るい人もおらずで絶妙なバランスの上に社内ネットワークが成り立っているようでした。 インタ...
サポート事例:ネット接続できないパソコンでIPv6を無効にして解決
Windows10アップグレード後にインターネットの接続が不安定になるケースがあるようです。私のお客様の中でもそのようなパソコンが数台あり、サポートのご連絡をいただいております。 他にもおそらく同様の症状でお悩みの方がいると思われますので、...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!