Windows10アップデート バージョン1903の不具合と対処方法

Windows10には毎月ある品質更新半年に一度ある大型のアップデートである機能アップデートの二種類があることはご存知ですね。
今回は半年に一度の大きなアップデートであるバージョン1903をアップデートする時に起こりうる不具合とその対処法について解説していきます。

バージョン1903は配布された直後でも、急にPCが起動しなくなったり動かないといった致命的な不具合はほとんど報告されなかったのですが、特定のハードウェアやいつも使っているデバイスに関する不適合などの不具合が多く報告されました。
今は2019年の春にアップデートが配布がされてから現在まで時間が経っているので、ほとんどの不具合は解消されていますが、どのような不具合が起こったのか振り返っていきたいと思います。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

ソフトウェアやPC周辺機器各社との互換性などの問題により起きた不具合

クアルコム社製品

バージョン1903にアップデート後Wi-fi接続が途切れてしまうという不具合が報告されました。原因を調べるとクアルコムドライバが原因であったようです。こちらの問題はドライバの製造元のHPなどから最新のドライバに更新することで、不具合が起こることを避けることができました。

クアルコム、Realtek社

Realtek社の時はバージョン1909でも起こった不具合ですが、Bluetoothドライバが突然機能しなくなり、マウスなどのBluetoothを使っている機器を検出したり、Bluetooth接続ができなくなる不具合が報告されました
これらも同様にRealtek社の場合はバージョン1.5.1011.0以上、クアルコム社の製品はv10.0.1.11に更新を行うことで不具合を解消することができました。

Intel

バージョン1903にアップデートできない

1903にアップデートしている最中に「Intel(R)RSTドライバのバージョンと15.5.2.1054以降のバージョンに更新する必要があります」と表示がされ、バージョン1903にアップデートできないと報告がありました。こちらは「15.3.2.1054」以降のバージョンならアップデートしても問題ないようですが、それより古いバージョンだと互換せずアップデートが中断してしまうエラーが起こります。
ドライバを指定のバージョン以上に更新できればそれでよいですが、難しい場合は「Intel(R)RSTドライバアンインストールするのもひとつです。「Intel(R)RSTドライバ」を外すとWindows10の標準ドライバに戻ってしまいますが、アップデートによる不具合はなくなると考えられます。アップデートが終わってから、Intel(R)RSTドライバをインストールし直す方がよいでしょう。

カメラアプリが起動しない

こちらもIntel 社の製品であるIntel Real Sense SR300,SR200との互換性に問題がありバージョン1903インストール後にカメラアプリを起動するとエラー番号0XA00F4243というエラーが起こる不具合が報告されました。不具合解消にはいくつかの方法が提示されれています。そのうちのひとつはデバイスマネージャーでドライバーを一旦無効にしてから再度有効にすることで解決した例があります。
またその対処が難しい時はカメラを取り外して再び差し込むことで不具合が解消するケースも見られました。最終的にはMicrosoftから発表された修正ファイルKB4501375をインストールすることで、不具合は解消されると発表されています。

AMO社

AMORAIDドライバ9.2.0.10未満のバージョンでバージョン1903をアップデートすると夜間モードが使えないと報告されました。この不具合はディスプレイモードを設定変更した場合など特定のケースにおいて起こったと言われています。

解決策としてはAMO社のHPからバージョン9.2.0.10以降のバージョンのドライバをインストールし更新することで夜間モードが使えるようになります。
またはMicrosoftから発表される修正更新KB4505903をインストールすることで、不具合は解消されると発表されました。

Microsoft,OSに起こった不具合

Windowsサンドボックスが立ち上がらない

Windowsサンドボックスはバージョン1903から追加された便利な機能です。これはネット上に存在する怪しいファイルがたくさんありますが、それらをいきなり自分のPCにインストールをして不具合が発生してしまうことを防ぎます。出所不明な怪しいソフトをいきなり自分のPCにインストールするのではなく、Windows10上に別のWindowsデスクトップ環境が作り、そこでダウンロードをしファイルの安全性を試すことができるのです。仮に不具合が起こったとしても、ホスト側のOSには影響が及ばないというメリットがあります。Windows10Pro,WindowsEnterpriseで利用が可能です。

前置きが長くなりましたが、今回のバージョン1903にアップデートする時に生じるエラーはOSのシステム言語を変更しているとWindowsサンドボックスが起動しないという不具合です。この不具合に対しては修正ファイルとして出されたKB4512941をインストールすれば解決することが確認されました。

スタートメニュー、コルタナ検索ボックス、Edgeなどが応答しない不具合

こちらはPC周辺機器が関連する不具合と異なりダイレクトにどのユーザーも影響を受けやすい不具合であったのではないでしょうか。バージョン1903では目立つ不具合であったと思われます。
これらの不具合は「Activation Store.datというファイルの欠損より起こっていることが確認されました。これらの重要な不具合を見てMicrosoftからは同年10月24日に不具合修正が含まれたKB4522355がリリースされました。
このファイルをインストールすることで、不具合は解消されたと報告されています。

外付けHDDやメモリを接続したままアップデートができない

バージョン1903にアップデートをする時に、外付けHDDやメモリを接続したまま行うと、ドライブを再度割り当てる動きが起こってしまい、外付けHDDなどを取り付けるドライブ部や内臓されているハードドライブなどに影響を与えてしまうことがあります。このエラーはバージョン1909でも挙げられ詳細などについてはまだMicrosoftで確認中とされています。

解決策としては可能であれば装置をすべて外してからアップデートを行うか、現在修正プログラムがMicrosoft側で作られているので、その配信を待ってからアップデートを行ったほうが安全です。

まとめ

このように配布当初は様々な不具合が報告され、ユーザーを戸惑わせる部分があったかもしれませんが、バージョン1903からはアップデートが配布されてもアップデートする時期を延期したり、アップデートの日付を365日の間で指定する機能など便利な新機能もたくさん追加されました。今後のアップデートにおいても、いずれば強制的にアップデートが行われることがありますが、今回から追加されたアップデートの延長機能などで不具合やバグが出ていないか確認をしてから安心感を持ってアップデートをしていくこともひとつの選択ですね。

アップデートの延期について、詳しくは別記事があります。興味のある人は参照してください。

Windows10 HomeでWindowsUpdateを無効には出来ないけど延期する方法
Windows 10 HomeではWindows Updateが強制的に行われ無効化するのはいろいろやり方がありましたら非公式でいたちごっこでした。 そもそもWindows Updateを無効化するのはセキュリティ上の問題になるのでお...

関連記事

2020年春の大型アップデート2004の機能や配信時期を紹介(Windows 10 April 2020 Update)
Windows10はその上のWindowsが存在しない最後のWindowsだと言われていますが、代わりに半年に一度大きなアップデートにより、新しくバージョンが更新されていきます。 今回2020年の4月に行われるアップデートが次の最新のバー...
Windows10アップデート バージョン1909の不具合と対処方法
Windows10のアップデートには2種類あります。毎月行われる品質更新と半年に一度ある大きな機能更新があるアップデートです。 規模はもちろん半年に一度の大型アップデートの方が大きく、毎月の更新は少しの改良や変化がメインです。もちろんアッ...
2019年秋のWindows10大型アップデート1909の機能や配信時期を紹介(Windows 10 November 2019 Update)
2019年11月12日にWindows 10 の大型アップデート(1909)が配信されたのはご存知ですか。今回のアップデート(1909)で何が変わったのか、アップデートの方法をまとめました。 不具合や対処方法については別の記事にまとめ...
2018年秋の大型アップデート(バージョン1809)の新機能と不具合のまとめ
Windows10は半年に一度大型のアップデートがあり、それにより更新されていくOSであることは依然お話ししましたが、2018年秋に配布されたバージョン1809についてどんな点が新しく変更されるのか見ていきます。 初めに明記しておくと、こ...
【Windows10】2018年4月の大型アップデート(Ver1803)起こる不具合と対処法まとめ
遅れに遅れた「Windows10 April Update 2018」ですが、4月30日にようやく配信されました。ただ、予想通り更新プログラムを実行した多くのユーザーから、アップデート後パソコンに不具合が出てしまったとの報告が多数あがってい...
【2018年4月30日頃リリース】Windows10 Spring Creators Update 新機能と不具合を防ぐ方法
Windows10の次期大型アップデートがもうすぐリリースされます。Microsoft内では既に開発完了を意味するサインオフが行われたようで、「build 17133」というビルドナンバーが正式版になります。いつ配信されるのか?どんな仕様変...
【Windows10 Fall Creators Update】変更点とアップデート後の不具合を防ぐ方法
Microsoftは、9月1日に次期大型アップデートWindows10 Fall Creators Update を2017年10月17日より配信すると発表しました。 今回のアップデートではどのような変更点があるのか確認していきます。...

コメント

  1. カイ ハツエ より:

    2020年10月13日にWindows10サービス終了と言うメッセージが来ましたので、Windows7の時のように変え変えなければいけないのかと思っていました。。が、バージョンアップをすれば良いと言うことが分かりしらべました。
    「1903」と言うことだったのですが・・・別に新たに何かしなければいけないことありませんか?

    • user より:

      コメントありがとうございます。サポートをご希望の場合は問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますようよろしくお願い申し上げます。