当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

情報システムの仕事内容とは?仕事の形態や課題の解決策を紹介

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

ITが必要不可欠になった現代社会では、情報システム部門は企業にとって非常に重要です。その一方で、情報システム部門は多くの課題を抱えており、時代の変化に合わせた解決策が求められています。

ここでは、情報システムの仕事内容や課題の解決方法について解説します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

情報システムとは?


情報システムとは、企業のシステム戦略や保守・運用、トラブル対応などの仕事全般をさす言葉です。情報システム部門のスタッフはパソコンやネットワークなど、ビジネスに欠かせないシステムやIT機器を社内に構築・整備して運用するだけでなく、構築したシステムを社員が問題なく使用できるようにサポートを行います。人事管理から顧客管理、問い合わせ対応などさまざまな場面で活躍するのが情報システムです。

システムに不具合などのトラブルが生じたときは適切に対応して、業務に支障が出ないようにすることも重要な任務です。社内のサポート役としてイレギュラーな案件にも柔軟に対応し、社内の環境整備を改善します。社員が仕事に集中して取り組めるような環境を構築し、業務効率を高めて、組織全体の生産性向上に貢献します。

ビジネスにITが活用されることが多い現代社会において、情報システムは必要不可欠な存在です。テレワークなど新しい働き方が求められる今後は、情報システムの役割も増大していくでしょう。

多くの企業から必要とされる存在ですが、業務範囲が多岐にわたることから、人手不足などの多くの課題を抱えているのも事実です。人材不足に悩む企業では、情報システムの業務を外部委託するなどして対応しているケースもあります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情報システムの具体的な仕事内容


情報システムの仕事内容は多岐にわたります。プログラミングなど専門的な技術・知識が必要になる仕事もあれば、社員のサポートを行う仕事もあります。企業によって仕事内容に違いはありますが、システムの根幹を担う重要なポジションであることに変わりありません。

ここでは、情報システムの代表的な仕事内容を確認しておきましょう。

IT戦略の企画・立案

昨今のビジネスにはIT化が欠かせません。情報システムは社内インフラをどう整備するのか、どうやって業務効率化を実現するのかなど、ITを活用した戦略を掲げて中長期の経営戦略を立てます。

IT戦略を企画・立案するときは、IT関連の業務だけでなく、会社の各部門の業務内容を理解しておかなければなりません。各部門で働いている人にヒアリングを行いながら、業務の問題点を洗い出し、業務を効率化できる新しいシステムを構築していきます。

情報システムの構築・運用・保守

顧客情報や在庫管理など、企業に適した情報システムを構築します。一度構築したら終わりというわけではなく、現場の声に応じて使いやすいシステムに改良するなど、日々ブラッシュアップが必要です。

情報システムが安定稼働すれば業務が効率化され、ビジネスの生産性を向上します。しかし、システムが停止するとビジネス全体がストップしてしまい、業務に支障が出るだけでなく、顧客からの信頼喪失にもつながりかねません。

情報システムは社員の業務に欠かせないものなので、トラブルが起きないように対策することも大切です。24時間365日稼働しているシステムでは、土日勤務や夜間勤務などを行いながら社員が交代で監視・運用をすることもあります。

社内インフラの開発・運用・保守

インターネットやパソコン、プリンターなどの社内インフラを整えることも情報システムの重要な仕事です。WAN・LANなどのネットワークを社内に構築してIT機器に接続し、構築した社内インフラを効率よく稼働させるために運用・保守を行います。

また、社員がすぐにパソコンを使用できるように、Office製品などのソフトウェアを事前にインストールしておくのも情報システムの仕事です。IT機器を一度にまとめて導入する場合は、使用前の準備に大変な労力がかかります。

在宅勤務やテレワークを推進するための環境づくりも情報システムの役割です。Web会議システムやビジネスチャットの導入、ワークフローシステムの構築などを行い、テレワークでも生産性が低下しないようなインフラづくりを行います。

社内のヘルプデスク

パソコン操作や最新機器の使い方などがわからない社員のために、情報システムは適切なサポートを行います。社員によってITに関する知識は異なるため、それぞれのレベルに合わせてサポートしなければなりません。

システムにトラブルが起きたときの窓口になるのも情報システムです。ネットワークやIT機器などを利用していると、不具合や故障などのトラブルが発生しますが、その際に速やかに対応してサポートします。

社員が困らないように、あらかじめQ&A集を作成しておくなど、ヘルプデスクの業務は多岐にわたります。トラブルや問い合わせなどはいつ入ってくるかわからないイレギュラー案件なので、担当者に最も負荷がかかりやすい仕事だといえるでしょう。

社内のセキュリティ対策

不正アクセスやサーバー攻撃など、企業は常に外部からの攻撃に晒されています。万一攻撃を受けて顧客情報などが外部に流出してしまうと、企業の信用問題になりかねません。そのようなリスクから企業を守るためにも、情報システムは必要なセキュリティ対策を行う必要があります。

どんなセキュリティ対策をするかを検討・判断するのは情報システムの大切な役割です。また、導入後もセキュリティ対策がうまく機能しているかどうかを監視して、企業の大事な機密情報を外部の侵入・攻撃から防ぎます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情報システムの仕事形態は4種類


ビジネスにITが欠かせなくなった昨今は、多くの企業で情報システムが必要とされています。

情報システム部門のある企業も多いですが、実際の仕事形態は企業によってさまざまです。資金のある大企業と体力の乏しい中小企業では、情報システムの仕事形態に大きな違いが見られます。

ここでは、情報システムの主な4つの仕事形態について確認しておきましょう。

1.一人で担当する

情報システムは多くの企業で必要不可欠な存在ですが、システムエンジニアの絶対数が足りていないのが現状です。そのため、人材不足の課題を抱えている企業も多く、一人の担当者が情報システム全般の業務を担うことも珍しくありません。

体力の乏しい中小企業やベンチャー企業だけでなく、社員が100人を超える企業でも担当者が一人しかいないというケースがあります。会社の規模が大きくなるにしたがって、スタッフの人数を増やすことが一般的です。しかし、システムエンジニアの数自体が少ないこともあり、比較的大きな会社であっても情報システム部門の人数が少ない現状があります。

2.複数の人員がいる

大企業など資金に余裕のある企業では、複数人で情報システム部門を担当していることが多いです。システム開発部門やネットワーク構築・監視部門、ITサポート部門というように、部門が細かく分かれる場合もあります。

あらかじめ担当を決めて業務を行うケースが多いため、トラブルが起きたときもきめ細やかな対応ができます。一人の担当者で対応できない仕事も、複数人でカバーすることが可能です。ただし、人件費がかかるため、情報システム部門に複数の人員がいる企業は限られます。

3.他の仕事と兼任する

情報システム部門を作らずに、総務部などの他の部署が情報システムを兼任しているケースもあります。この場合、システムベンダーやIT機器会社と社内とつなぐ窓口としての役割を担うことが多いです。

しかし、人手不足に陥っている中小企業では、十分な人材がいないといった理由から、やむを得ず他の仕事と兼務させている場合もあります。このようなケースでは、通常の業務にも支障が出ないような対策が求められます。

4.業務を委託する

社内に情報システム部門を作ったり、システムエンジニアを雇ったりせず、外部の会社に業務を委託する企業も多いです。最近は情報システムを代行するサービスや会社も登場しており、人材不足に悩む企業などに利用されています。

どこまで業務を委託するかは企業によって異なります。情報システムの業務を丸ごと委託するケースもあれば、システムの運用代行やヘルプデスク業務など部分的な業務を委託するケースなど、さまざまです。担当者が常駐したり定期訪問したりするなど、サービス内容も委託先によって異なります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情報システムの仕事が抱える課題


情報システムは企業の業務遂行に欠かせない存在ですが、それゆえに担当者の負担も多く、さまざまな課題を抱えています。課題を解決しないまま放っておくと、社内のシステムやインフラがうまく機能しなくなり、企業の生産性にも大きな影響が出てしまいます。

具体的にどのような課題を抱えているかを、ここで確認しておきましょう。

業務過多になりやすい

システムの開発や保守・運用に加えて、社内のヘルプデスクやトラブル対応など、情報システムの仕事は多岐にわたります。人員の少ない企業では、一人で多くの業務をこなさなければならないため、過労によって担当者が離職するケースも多いです。

専門的な知識・スキルを求められる仕事なので、変わりに対応できる人がいないゆえに、業務過多になるケースもあります。

業務過多に陥ってしまうと、本来企業が注力すべき業務改善やIT戦略の設計に手が回らなくなるため、組織全体の生産性が下がるといった問題にもつながります。

人手不足に陥りやすい

ITの発展に伴い、幅広い業界でITエンジニアの需要が増しています。しかし、高い需要に対してITエンジニアの数は足りていないため、優秀なエンジニアは高い給料を提示できる会社に流れやすい状況が起きています。中小企業やベンチャー企業など資金の乏しい会社では、情報システム部門を少ない人員で担当するケースが多いです。

そもそも情報システムは売り上げに直結しにくい仕事なので、企業内で軽視されるケースが多く、人員を削られやすい傾向にあります。業務内容が不明確であることからコスト部門と捉えられやすく、コスト削減のために人員の補充が行われないことも多いです。

情報システムは専門性が高いゆえに、その重要性を正しく理解してもらない傾向があります。そのような企業側の理解不足も情報システムが人手不足に陥る要因になっています。

他部署とのトラブルに発展する可能性がある

情報システムは社内システムにエラーや障害が発生しないように時間をかけて設計し、あらゆるケースを想定したテストを行います。営業部門はすぐに成果に結び付けたいと考えているため、システム構築に多くの時間をかける情報システムと衝突する可能性があります。

このような相互理解の不足によるトラブルは、いつ起きてもおかしくありません。各部署との連携が必要になる場合は、各部門のリーダー同士が間に立つなどして対処する必要があります。

将来について不安を感じやすい

情報システムに求められる業務は、経営戦略などによって変化します。求められるスキルや役割も常に変動するため、将来のキャリアパスを描きにくいことが難点です。どのスキルを身につければよいのか迷ってしまい、将来について不安を感じることもあるでしょう。

IT技術は日々進化しているため、一度スキルを身につけたら終わりというわけではありません。スキルや知識のアップデートが欠かせないため、時代の変化に対応できるかどうかという不安も感じやすいです。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情報システムの課題を解決する方法


業務過多や人手不足などの情報システムが抱える課題を解決するために、新しいサービスやツールの導入を検討してみましょう。自社に適したサービス・ツールを導入することで、現場の業務負担を減らすことができ、組織全体の業務効率化につなげられます。

ここでは、課題解決に役立つ2つの方法を紹介します。課題が深刻化してしまう前に、早めに導入を検討しましょう。

アウトソーシングする

システム運営・管理やトラブルサポート、サポートデスクなど、情報システムの業務はすべてアウトソーシングすることが可能です。

トラブル対応やヘルプデスクなどの業務を外部に委託すれば、担当者の負担を大幅に減らせるため、優秀な人材が離職するリスクを回避できます。情報システムの担当者が社内に一人しかいない場合でも、日常的なシステム管理をアウトソーシングすれば、必要な業務に注力できるでしょう。万が一社内システムにトラブルが起きても、契約次第ではリモート操作で復旧まで請け負ってくれるので、担当者が対応する必要はありません。

アウトソーシングによって、情報システムの担当者がIT戦略など、本来の業務に打ち込める環境を整備できるため、社内環境や業務環境も改善され企業に大きな恩恵をもたらします。情報システムの業務過多や人材不足に悩んでいる企業にとって、アウトソーシングするメリットは大きいといえるでしょう。

ITツールを組織的に活用する

企業の業務を効率化するには、ITツールが必要不可欠です。組織全体でITツールを活用すれば、情報システムの負担も軽減されるとともに、組織全体の生産性向上につながります。

ただし、先進的なITツールに対応できない社員もいるため、導入時は社員全員に対してITリテラシー教育を行う必要があります。一人一人のレベルを高めることで、ヘルプデスクやサポートデスクの負担を軽減できます。

また、社員一人一人のマインドチェンジも必要です。単にITツールの使用方法を教えるだけでなく、ITツールを活用した新しいワークスタイルを普及するための啓蒙活動なども大切でしょう。

限られたリソースの中で組織全体に働きかけることが難しい場合は、ITベンダーに支援を仰ぎましょう。豊富な支援実績と高い技術力を持つITベンダーなら、ITツールの導入から組織改革まで幅広くサポートしてくれます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情報システムの仕事は進化が必要


情報システムは会社の運営を担う重要なポジションです。それだけに業務負担が大きく、人手不足に陥りやすい課題を抱えています。多くの企業で人員を削られやすい傾向にありますが、情報システムが存在しなければ業務は成り立ちません。

大切なことは、時代の変化とともに情報システムの在り方を変化させることです。すでに情報システム部門がある企業でも、体質を日々進化させて企業成長につなげていく必要があります。

情報システムの業務をこなすだけの人材が足りてない場合は、アウトソーシングを検討してみましょう。外部に業務を委託して担当者の負担を軽減し、本来の業務に打ち込める環境を用意すれば、企業の生産性もアップします。

ITシステムを発展させなければ、激しい企業競争に勝つことはできません。企業の成長のためにも、情報システムの今後の在り方を考え、仕事内容や仕事形態を進化させていきましょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!