当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

ITサポート事務の業務内容やキャリアパス!一般事務との違いも解説

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

ITサポート事務とは、ITの専門的な知識が必要とされる業務にも携わる事務職をさします。実際には、IT関連業務だけではなく、一般的な事務作業もこなす必要があるのが特徴です。ITサポート事務の仕事内容や求められるスキル、キャリアパスを紹介します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

ITサポート事務と一般事務の違い


ITサポート事務とは、エンジニアと事務の中間に位置する仕事だといえるでしょう。

エンジニアほど高度な知識が求められないIT関連の仕事を、エンジニアの代わりに行います。経験を積んだITサポート事務は、IT知識やスキルが求められる仕事が多くなる傾向があります。

一方では、ITとは関係のない一般的な事務もこなす必要があるのがITサポート事務です。

もともとITサポート事務は、一般的にテクニカルサポートと呼ばれていました。現在は一部の企業でITサポート事務という名称を利用していますが、テクニカルサポートも継続して使われています。

両者は同じ仕事内容だと考えて問題ないでしょう。

ここからは、ITサポート事務と一般事務の違いを紹介します。

一般的な事務処理は両者共通

ITサポート事務と一般事務に共通している仕事内容として、ITスキルや知識を必要としない一般的な事務処理が挙げられます。

例えば、書類や資料の作成、顧客とのやりとり、データ入力、会議の準備などの業務があります。未経験のITサポート事務の採用が行われているのも、一般的な事務処理能力が必要とされることが関係しています。

一般事務と比べると、同じような業務をこなしていても、ITサポート事務の方がIT専門用語に触れる機会は多いといえるでしょう。

システム開発現場に常駐する場合も多い

一般事務は基本的に自社の事務所で仕事をしますが、ITサポート事務の場合はシステム開発現場に常駐しなければならない場合が多くなります。

派遣先は顧客であるメーカーや通信会社、金融機関など多岐にわたります。

IT関連の業務をこなさなければならないITサポート事務であるからこそ、実際のシステム開発現場に派遣される可能性が高いのです。

給与は事務職としては少し高め

ITサポート事務の年収は、一般事務と比較すると少し高めに設定されている場合が多いようです。

一般的な事務処理に加えて、IT知識を駆使した業務をこなすITサポート事務は、事務職の中では安定した給与が見込める職だといえるかもしれません。ただし、ITサポート事務の年収には上限があるため、より収入のアップを狙う場合には、事務仕事からマネジメント職やエンジニア職へのキャリアチェンジが必要となるでしょう。

ITサポート事務のキャリアパスについてご紹介している章で、より詳しく説明します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

ITサポート事務の業務内容


ITサポート事務がこなさなければならない主な業務内容は次の4つです。

  • ネットワークやサーバーの保守・管理
  • IT機器の手配や管理
  • IT関連マニュアルの整備
  • 一般的な事務処理

一般的な事務仕事に加えて、IT関連の知識が必要とされる仕事に携わります。ITサポート事務を目指すなら知っておきたい仕事内容を紹介します。

ネットワークやサーバーの保守・管理

ネットワークやサーバーの保守と管理は、ITサポート事務が任される仕事の1つです。現代の企業活動において、IT技術の活用は欠かせない要素となっています。

ネットワークやサーバー、システムなどが業務に滞りなく安全に利用できる状態を保つために、サポートを行います。

ネットワークやサーバーに関わるITインフラの整備は、エンジニアの知識が必要とされる仕事です。つまり、未経験のITサポート事務の場合はすぐにITインフラの整備や管理を任されることはないでしょう。

経験を積んだ後に、専門性のある仕事に携われるチャンスが広がります。

IT機器の手配や管理

業務に必要になるIT機器の手配や管理もITサポート事務の仕事です。IT知識に乏しい人がIT機器の設定をする場合は、初期設定を終えるだけでもかなりの時間を浪費してしまうでしょう。

そこで、ITサポート事務は、ソフトウェアインストールやデバイスの組み立てなど、IT機器にまつわるサポートを行います。

IT知識に詳しい存在として、周りから頼られることもあるでしょう。

また、社員の入れ替わりで新たにITツールの発注が必要になる際は、機器の選定や発注、導入後の整備を任されることもあります。

IT関連マニュアルの整備

ITサポート事務の派遣先となる企業は、ITを専門とする社員が不足しているために、ITサポート事務を受け入れていると考えられます。

つまり、IT技術を活用した円滑な業務体制を整えるには、社員が参考にできるIT関連マニュアルの整備が必要です。

完成度の高いIT関連マニュアルがあれば、IT知識に自信のない社員でもマニュアルを参考にしながらツールを使いこなせるでしょう。作業効率向上のため質の高いITマニュアルを整備するのも、ITサポート事務の仕事です。

派遣先企業のIT教育に関与できるのも、ITサポート事務ならではのやりがいとなります。

一般的な事務処理

一般事務との違いでもご紹介したとおり、ITサポート事務も一般的な事務処理をこなす必要があります。

業務内容がIT寄りになるため、多少のIT知識は求められますが、データ入力や顧客対応など一般的な事務と変わらない仕事も任されます。特に未経験でITサポート事務の職に就いた場合は、こういった一般事務をこなすことから徐々に仕事に慣れていくケースが多いようです。

これまでにデスクワークの経験がある場合は、一般的な事務処理能力は問題ないと判断され、ITサポート事務の仕事に就きやすくなるかもしれません。ITサポート事務に従事し、IT知識が深まったところで、よりエンジニア寄りの仕事をする機会が巡ってくるでしょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

ITサポート事務に求められる3つのスキル


ITサポート事務の仕事に就くには、次の3つのスキルが求められます。

  • ITスキル
  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル

特にITスキルに関しては、IT関連の仕事を経験していなければ習得が難しいと感じる方も多いでしょう。しかし、実際には完全未経験のITサポート事務を受け入れている企業もあり、仕事をしながらITの知識を付けられる可能性があります。

ITサポート事務に必要とされる3つのスキルについて紹介します。

ITスキル

ITサポート事務は、エンジニアを始めとする実際にシステム開発に携わる人々との関わりが多い職種です。

業務中の会話の中にIT関連の専門用語が飛び交うことも予想できます。エンジニアほどの高度なITスキルが必要ないとはいっても、IT関連知識に長けている方が重宝されるのは間違いないでしょう。

特にネットワークやサーバーに関する、ITインフラの知識を身に付けておくと、ITサポート事務として活躍の幅が広がるはずです。

コミュニケーションスキル

事務職として仕事をこなすのに欠かせないのが、やはりコミュニケーションスキルです。

ITサポート事務は、顧客やエンジニアとやりとりをしながら、円滑に仕事を進めなければなりません。そこで、IT業界が未経験であっても、コミュニケーションスキルが必要な営業や接客の経験者が優遇されることもあります。

派遣先となる企業も、しっかりとコミュニケーションが取れ、効率よく仕事を回せる人材を受け入れたいと考えるでしょう。

マネジメントスキル

状況を整理して、正しい方向にプロジェクトを進められるマネジメントスキルは、ITサポート事務にも必要なスキルです。

前職でリーダーとして企画を完結させた経験などがあれば、ITサポート事務の就職にプラスに働くはずです。ITサポート事務からステップアップしたいと考えている場合も、マネジメントスキルが認められることで事務員をまとめる立場に立てる可能性があります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

ITサポート事務の辛いところ


ITサポート事務は、働きながらITスキルを身に付けられる仕事であり、年収も一般的な事務よりは高い傾向があります。

しかし、ITサポート事務には次のようなデメリットもあるようです。

  • 客先常駐が多い
  • 単純作業が多い
  • 継続的にIT技術を学ぶ必要がある

ITサポート事務への転職を進める前に、ITサポート事務にまつわる問題点も知っておきましょう。

客先常駐が多い

職場が顧客のシステム開発現場となることが多いのが、ITサポート事務の特徴であり、デメリットでもあるでしょう。

客先にITサポート事務が1人だけ派遣される場合もあり、自分だけが周囲の人々と違う組織の人間ということで疎外感を感じるかもしれません。また、客先では自分の活躍を見守ってくれる上司がいないため、適切な評価を受けられないと感じてしまう可能性もあります。

単純作業が多い

意外に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、ITサポート事務はマニュアルに沿った単純作業の繰り返しが多い仕事です。

毎日同じ作業を繰り返すのが辛いという場合は、ITサポート事務の仕事が苦痛に感じられてしまうかもしれません。

もちろん、本人の持っているスキルによっては、より高度な仕事に携われる可能性もあるでしょう。

継続的にIT技術を学ぶ必要がある

IT業界は、一般的にプロジェクトごとに仕事が進んでいきます。

ITサポート事務の仕事も例外ではなく、プロジェクトが変わるたびに違った知識が求められる場合もあるでしょう。継続してITスキルを磨きながら、次のプロジェクトに取り掛かる必要があります。

IT技術は成長が早く、ITの世界で活躍するには知識吸収に意欲を持って取り組める人が向いています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

ITサポート事務のキャリアパス


ITサポート事務のキャリアパスとしては、ITプロジェクトを率いるマネジメント職とIT知識を極めたエンジニア職があります。

ITサポート事務としては、関われる業務に限界があるため、マネジメントやシステム開発という新しいフィールドでの活躍を目指してキャリアチェンジする場合もあるようです。

ITサポート事務のキャリアパスについて、詳しくご紹介します。

マネジメント職

ITサポート事務の主要なキャリアパスとして、ITプロジェクトチームのマネジメント職があります。

プロジェクトを仕切る立場の人は、SV(スーパーバイザー)とも呼ばれます。長くITサポートとして勤め上げた経験を買われ、マネジメント職の打診をされる場合もあるようです。

ITサポート事務として培った、ITスキルとマネジメント力を存分に発揮できるキャリアパスだといえるでしょう。

エンジニア職

ITサポート事務での経験を活かして、エンジニアにキャリアチェンジする方も多いのが特徴です。

ITサポート事務の仕事は、ITインフラとも関りが深いため、後にサーバーエンジニアやネットワークエンジニアとして活躍するケースもみられます。実際にITサポート事務を、エンジニアへの登竜門だと考えて仕事に就くエンジニア志望者もいるようです。

しかし、最初からエンジニアを目指している場合は、新人エンジニアとしてキャリアをスタートさせた方が有利であるケースもあるでしょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    ITサポート事務はスキルアップも可能な仕事


    ITサポート事務は、テクニカルサポートととも呼ばれる、事務とエンジニアの業務を兼任する仕事です。

    一般事務と比較して、ITサポート事務の仕事にはITスキルや知識が求められるため、給与も一般事務より少し高めである場合が多いでしょう。ITサポート事務の仕事は、一般的な事務処理はもちろん、ネットワークやサーバーの管理、ITツールの導入サポート、IT関連マニュアル整備などがあります。

    未経験で就職した場合には、データなどIT知識の必要がない業務が多く、経験を積むことでより高度な業務に携わることができます。

    客先常駐が一般的で、単純作業の多く、最新のIT知識が求められる点が、ITサポート事務の仕事の難しいところです。

    ITサポート事務は、一般の事務と違い働きながらITスキルを養成できます。マネジメント職やエンジニア職という専門性の高いキャリアパスも可能なITサポート事務は、将来的なスキルアップを考える方にも合った仕事といえるでしょう。

    中小企業の中には、ITサポート事務を雇用するのが難しい会社もあるかと思います。即戦力が必要になった場合はぜひ、とげおネットまでお問い合わせください。

    また、とげおネットではITエンジニアを募集しています。現場での経験を積みたい方にぴったりの職場です。

    土日祝日受付可能

    電話 05068776155受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する