当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

情シスにおすすめな資格を一挙ご紹介!スキルアップに繋がる情報多数

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

情シスに求められる資格は、明確に定められているわけではありません。しかし、今回ご紹介するようなITスキルやマネジメントに関わる資格を取得すれば、業務の中で役立つ日が来るはずです。情シスの仕事内容や求められるスキル、スキルアップに繋がる情報をご紹介します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

情シスの仕事内容と資格


情シスは、社内の情報システム関連業務を担うポジションです。現代では企業活動にIT技術は欠かせない要素となっていますが、社員全員が十分なIT知識を持っているとは限りません。

そこで、IT関連のトラブルに対応したり、会社のIT環境を整えたりするのが情シスの役目です。また、幅広い業務にあたっている情シスの仕事に就くために、必ずしも何らかの資格が必要というわけではありません。

情シスの詳しい仕事内容と資格についてご紹介します。

情報シス4つの仕事内容

情シスの仕事は、大きく分けると次の4つの仕事に分けられます。

  1. 社内のITサポート
  2. 情報システムの運用と保守
  3. インフラの構築と運用
  4. IT機器の資産管理

情シスは企業の専属IT担当として、さまざまな仕事を任されています。IT企業のエンジニアとは少し違った仕事を担っている点が特徴です。

情シスの4つの仕事内容について解説します。

1.社内のITサポート

情シスは、ITを活用した企業活動を、円滑に行うためのサポートを担当しています。社員からの問い合わせに対応したり、トラブル解決にあたったりします。

ときには社内全体のITスキル向上のために、IT教育を担当する場合もあるでしょう。特に、社員数が多い会社では、サポート対応だけで業務時間が終了してしまうかもしれません。

社員が自分でアクセスして確認できるマニュアルを作成するなど、業務を効率化する工夫も必要です。

2.情報システムの運用と保守

社内で使用するシステムのバージョンを更新するなど、社内システムの運用も情シスの仕事の一環です。新規にシステムを導入する際の検討や、環境整備も行います。

また、システムにエラーや問題が発生した場合は、一刻も早く通常業務が再開できるよう対応にあたります。社内の情報システムがダウンしてしまうと、社員全員の業務が滞ってしまう可能性があり、迅速な対応が欠かせません。

3.インフラの構築と運用

ITにおけるインフラ構築とは、業務に必要なシステムを稼働させるために、サーバーやネット環境などの基盤を整えることです。企業活動において、インターネットにアクセスして行う業務を遂行するために欠かせない仕事です。

インフラ構築は、外部からの攻撃や情報漏洩などに対応するためにも、正しい知識を持った担当者が取り組む必要があります。インフラ構築が終わった後も、適宜点検やトラブルの対処を行います。

4.IT機器の資産管理

会社は、さまざまなIT機器が集まっている場所です。コンピューターにプリンター、スキャナー、タブレット、スマホなど業務に欠かせない機器の管理は情シスが行います。

会社にとってIT機器も大事な資産です。しっかりと管理して、経理処理のためIT機器の状況を報告する必要があります。

新しい機器の導入計画や点検スケジュールの管理を行い、社内のIT機器の状態を正しく維持し、資産状況を把握しておくのが仕事です。

資格は情シスに必須ではないがプラスに働く

情シスには、必ず必要な資格やスキルなどはありません。特に中小企業の場合は、他の人よりIT機器の扱いに慣れているという理由で、情シスに任命されることもあるでしょう。

しかし、IT関連の資格を持っていることで情シスの仕事をするうえで役に立ったり、就職の際に有利になったりという可能性は大いにあります。資格を取得することで、その過程で学んだことが実践に活きる場面もあるでしょう。

情シスとして、またはより広いIT関連の仕事を見据えて、活躍したいと考えているのであれば、資格取得をおすすめします。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情シスに求められるスキル


多くの社員からITの専門家として頼られることになる情シスには、次の3つのスキルが求められます。

  1. ハードウェアに関する知識
  2. サーバー・ネットワークに関する知識
  3. コミュニケーション・マネジメントスキル

ITスキルといっても、主にハードウェアに関する知識とサーバー・ネットワークに関する知識とに分けられます。両方の知識があってこそ、情シスとして問題なく業務をこなすことができるでしょう。

また、情シスは多くの人と関わる仕事であるため、コミュニケーションスキルとマネジメントスキルが欠かせません。各スキルについて詳しくご紹介します。

ハードウェアに関する知識

情シスに必要なスキルの1つ目は、コンピューターやタブレットなどIT機器自体に関する知識です。機器の初期設定も情シスが担当し、すぐに使える状態にして社員に提供することになります。

ハードウェアのバージョンごとの違いなども把握しておかなければなりません。社内の誰よりも、さまざまな機器に触れる機会が多いため、ハードウェアに関する広い知識が求められるでしょう。

サーバー・ネットワークに関する知識

次に情シスに必要な知識として、社内のネットワークやサーバーに関する知識が挙げられます。いくらハードウェアに詳しくても、サーバーやネットワークの知識が乏しくては、社内の業務サポートはままなりません。

業務中にインターネットの接続が悪くなった場合や、システムが上手く起動しない場合などにも、率先してトラブル対処にあたる必要があります。

社内システムを一から構築することはめったにありませんが、仕事内容の章でご紹介した通り運用やトラブル対応は情シスの仕事であるため、関連知識は必須です。

コミュニケーション・マネジメントスキル

情シスは、全社員のIT関連サポートデスクとして日々多くの人と関わりながら業務をこなします。抱えている仕事が多い方には、優先順位をつけてチーム内で上手く仕事をまわすためにも、マネジメントスキルが欠かせないでしょう。

情シスに連絡が入るのは、IT関連の要望があるとき、または何らかの問題が発生した時が多いです。焦っている社員と上手くコミュニケーションを取って、確実に問題を解決していくスキルが求められます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情シス向けおすすめIT関連資格


情シスの業務において欠かせない要素であるIT知識は、IT関連の資格取得をすることでも強化できます。
数あるIT関連資格のなかから、6つの資格を取りあげてご紹介します。

  • ITパスポート
  • ITILファンデーション
  • 基本・応用情報技術者
  • システムアーキテクト試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • システム監査技術者試験

IT関連資格は多く存在しているため、資格の概要を把握し自分に必要な資格を選べるようにしましょう。

ITパスポート

ITパスポートを取得すれば、情報機器やセキュリティや情報処理を主軸に基礎的なIT知識をつけられます。ITパスポートは、情報処理の促進に関する法律に基づく、れっきとした国家資格であるため、基礎的なIT知識を証明するにはおすすめの資格です。

幅広い層の人々に正しいIT知識が必要であるという認識から、平成21年4月に新設され、以来多くの受験者が挑戦し認知度が高まっています。

情シスとしても、日々の業務の基本となる、基本の情報リテラシーやセキュリティ対策の知識を付けておく必要があります。IT知識獲得の登竜門としても活用できるでしょう。

受験者数 97万人(平成30年度基準)
合格率 50.4%(平成29年度基準)
受験費用 5,700円(税込み)

参考:情報処理推進機構/ITパスポート試験

ITILファンデーション

ITIL(アイティル)とは、英国政府機関出版のITシステム運用管理を目的としたフレームワークの名称です。ITILファンデーション資格は、ITサービスマネジメントについての知識を証明できる、世界共通のITシステムマネジメント資格です。

ITILファンデーション資格の重要性が高まっている理由として、ITILを採用したシステム運用業務を行う企業の増加が挙げられます。資格試験では、ITILフレームワークへの基礎的な考え方への理解が問われます。

特に、SEやインフラエンジニアの間で認知度が高いとされている資格です。

受験者数 非公開
合格率 非公開
受験費用 43,890円(税抜)

参考:eopleCert/ITILファンデーション試験

基本・応用情報技術者

経済産業省が認定している国家試験である基本・応用情報技術者資格は、IT知識と技術の証明に役立つ資格です。

情報技術者の資格は難易度で2つに分けられていますが、まず基本情報技術者試験に挑戦しましょう。主にプログラミング歴1~2年程度の技術者向けといわれています。

基本情報技術者試験に合格したら、より実践に基づいた専門性のある内容が出題される応用情報技術者資格に進みましょう。技術面のみならず、IT戦略の立案やシステム設計、開発に至るまで幅広い内容が出題されます。

受験者数 基本情報技術者試験:約15万人(令和元年基準)
応用情報技術者試験:約5万人(平成30年度基準)
合格率 基本情報技術者試験:20~30%
応用情報技術者試験:23.4%
受験費用 基本情報技術者試験:5,700円(税込み)
応用情報技術者試験:5,700円(税込み)

参考:情報処理推進機構/基本情報技術者試験
参考:情報処理推進機構/応用情報技術者試験

システムアーキテクト試験

情報処理技術者試験の一区分であるシステムアーキテクト試験は、システム開発において上流工程を担当するエンジニアを対象とした資格です。日々の業務において、システムテストを担う可能性がある場合には、システムアーキテクト試験を取得するメリットがあるでしょう。

情報処理技術者試験のなかでも高いレベルの知識と技術が必要とされます。

受験者数 約5千人(平成30年度基準)
合格率 12~15%
受験費用 5,700円(税込み)

参考:情報処理推進機構/システムアーキテクト試験

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験も、上記にご紹介したシステムアーキテクト試験と同様に情報処理技術者試験の一部です。ITエンジニアとして活躍するのに必要な、知識や技能を有することを証明できる国家資格です。

安全なネットワークシステムの構築や、運用に関する知識は、SEのみならず社内のネットワークを管理・運営する情シスにも求められます。

受験者数 約1万2千人(平成30年度基準)
合格率 10%
受験費用 5,700円(税込み)

参考:情報処理推進機構/ネットワークスペシャリスト試験

システム監査技術者試験

コンプライアンスの確保やITガバナンスの向上に必要な知識を身に付けられるものが、システム監査技術者試験です。システム監査とは、情報処理システムの信頼性や安全性、保全性などを総合的に点検・評価することです。

企業のセキュリティ担当としてのキャリアにもプラスの効果をもたらすでしょう。昇給や採用の条件に、システム監査技術者の資格を定めている会社もあるようです。

自身のスキルアップやステップアップにも有効な資格です。

受験者数 約2千8百人(平成30年度基準)
合格率 14.4%
受験費用 5,700円(税込み)

参考:情報処理推進機構/システム技術者試験

その他の資格

IT関連資格は、全てを紹介することが難しいほど、多くの種類の資格が存在しています。ここで大切になってくるのは、似たように思える資格でも、それぞれの資格の違いを知ってから受験を決めることです。

自分に必要な資格を見極めることがスキルアップの第一歩です。

【その他IT資格の一覧】

  • 情報処理安全確保支援士試験(SC):サイバーセキュリティに関する知識や技術を認定する国家資格
  • データベーススペシャリスト:情報システムの要件定義・開発・運用・保守技術を認定する国家資格
  • エンベデッドシステムスペシャリスト:組込みシステム開発基盤構築やシステムの設計・構築に関する国家資格
  • 情報セキュリティマネジメント(SG):情報セキュリティ知識を認定する国家資格
  • Java SE 11 認定資格(Oracle):プログラミング言語Javaのスキルを認定する民間資格
  • Microsoft認定資格プログラム:マイクロソフト製品に関する知識を認定する民間資格
  • シスコ技術者認定プログラム:Cisco製品に関する知識やネットワーク技術を認定する民間資格

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情シス向けマネジメント資格2選


情シスの業務に欠かせない、コミュニケーションスキルとマネジメントスキルの向上に役立つ資格2つをご紹介します。

  • プロジェクトマネージャ試験
  • ITストラテジスト

特に経験年数を重ねてスキルアップを考えている方や、チームをまとめる立場になった方におすすめの資格です。豊富なITの知識にプラスしてマネジメント能力が保証されていれば、ビジネスにおいて重宝される人材となれるでしょう。

プロジェクトマネージャ試験

1つ目にご紹介するマネジメント関連資格は、IPA(情報処理推進機構)が実施している国家資格である、プロジェクトマネージャ試験です。プロジェクトマネージャーは、IT関連のプロジェクトの全体管理を担っているため、状況を把握し正しい方向へ導くスキルが求められます。

同試験の目的は、プロジェクトマネージャーの立場で、高度IT人材として専門分野を活かしながらスケジュールや予算、品質管理に必要な知識を得ることです。受験に年齢や知識の制限はないため、実際にプロジェクトマネージャーとしての経歴がなくても受験可能です。

IT関連の仕事をしながら、ゆくゆくはプロジェクトマネージャーとして活躍したい方にもおすすめします。

外部のベンダーと連携してシステム開発を行う機会が多い情シスにとっても、プロジェクトマネージャー資格は取得して損はない資格だといえるでしょう。

受験者数 1万1千人(平成30年度基準)
合格率 7.3~9.2%
受験費用 7,500円(税込み)

参考:情報処理推進機構/プロジェクトマネージャ試験

ITストラテジスト

ITストラテジストは、情報処理技術者試験の区分の中でも最も難易度の高い国家資格です。企業の経営戦略に基づき、情報技術の観点に立って戦略を提案、推進していく能力を有していることの証明となります。

合格率は15%程度で、ITストラテジストの前身であったシステムアナリスト試験と比べると、合格率が低下しているのが現状です。難易度は高いですが、システム開発の上流工程において、経営者目線でIT戦略の立案と実行を主導する業務に就く場合には、ITストラテジストの資格が大いに活きてくるでしょう。

仕事の幅を広げて、システム開発のより上流業務に関わりたいと考えている方にもおすすめです。IT技術だけではなく、経営的な視点も学べるため、IT技術者としての差別化にも優位に働く資格だといえます。

受験者数 約3,700人(令和3年度基準)
合格率 約15%
受験費用 5,700円(税込み)

参考:情報処理推進機構/ITストラテジスト試験

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

情シスに役立つ資格を取得して選択肢を広げよう


情シスは社内のIT担当として、ネットワーク環境や情報システム、IT機器の整備や、社員のIT関連の疑問・要望に応えるのが仕事です。情シスとして働くのに特定の資格は必要ないですが、IT関連の資格やマネジメントの資格は持っておいて損はありません。

資格を取得することは、昇進や転職に有利に働く場合もある以外に、なにより自身のスキルアップが図れ、業務効率も改善するはずです。IT関連の仕事を続けていきたいと考えている場合は、数ある資格の中から今の自分に最適な資格を探してみましょう。

試験合格や資格取得のために勉強することで、今後のキャリアにおける選択肢を広げるチャンスにつながります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!