【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへ移行する方法【Outlook2010,2013,2016対応】

Windows Live MailのデータをOutlookへ完全移行する方法

2017年1月10日で、Windows Live Mailを含む「Windows Essentials 2012」のサポートが終了になりました。

それにともない、「Windows Live Mail」から「Outlook」へ移行したいというご依頼を沢山いただいております。こちらに移行方法を書いておきますので、ご自分でやりたいという方は参考にしていただければと思います。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

Windows Live Mailはもう使えないの?

現在パソコンにインストールされている「Windows Live Mail」はサポート終了後も使えますが、今後新規に「Windows Essentials」をインストールすることは出来なくなっています。

更に注意していただきたいのが、サポートが終了したということは、「Windows Live Mail」に関するセキュリティープログラムが更新されないため、基本的に「Windows Live Mail」を使い続けることは避けてください。別のメールソフトに移行する必要があります。

結論:Windows Live Mailは、別のメールソフトに移行する必要がある!!

どのメールソフトにすればいいの?

移行先のメールソフトとして、一番オススメなのはやはり「Microsoft Outlook」です。

オススメする理由として、ビジネス用のパソコンであれば、既にOfficeがインストールされている可能性が高いので、Outlookをすぐに使える状態であるということです。あとは、他にこれといってオススメできるメールソフトがないということも理由の1つです。

どうしてもOutlookを使いたくないという方は、「Thunderbird」や「Gmail」といった選択肢もあります。

Windows Live MailからOutlookへのデータ移行方法

ここからは、Outlookへのデータ移行手順をご紹介していきます。

Windows Live Mailのデータの場所を確認する


「エクスプローラー」または、「マイコンピュータ」から「C:ドライブ」へ移動してください。


次に、「ユーザー」フォルダを選択します。


「ユーザー」フォルダの中に、現在ご自分がログインしているユーザー名のフォルダがあるので、そちらをダブルクリックします。


こちらがユーザーデータになります。この中にWindows Live Mailのデータも保存されています。まず、隠しファイルを表示させます。


キーボードの「Alt」キーを押すとメニューバーが表示されるので、そこから「ツール」→「フォルダーオプション」と選択していきます。


表示タブを選択して、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れて、OKボタンを押します。


すると、今まで表示されなかった隠しフォルダー「AppDate」が見えるようになります。こちらを開きます。


次に「Local」フォルダーを開きます。


次に「Microsoft」フォルダーを開きます。


「Microsoft」フォルダーの中に 「Windows Live Mail」フォルダーが見つかると思います。このフォルダー内にWindows Live Mailの全てのデータが入っています。データをバックアップしておきたい方は、このフォルダーを外付けHDDなどに保存してください。

【MailStore Home】メールデータ変換ソフトをダウンロード・インストールする


Windows Live Mailのデータの場所を確認したら、次はWindows Live MailのデータをOutlookのデータに変換するソフトをインストールします。変換に使うソフトは「MailStore Home」というソフトです。ファイルをダウンロードし、パソコンにインストールしてください。


インストールが完了したら、MailStore Homeを起動し、Eメールのアーカイブをクリックします。


次に「EMLファイルおよびMSGファイル」の項目を選択します。


フォルダ選択画面にて、参照ボタンを押し、先程確認したWindows Live Mailのフォルダを指定します。(場所:Cドライブ→ユーザー→自分が使っているユーザー名→AppDate(隠しフォルダ)→Local→Microsoft→Windows Live Mail)


フォルダを指定したら、画面右下の実行ボタン押します。アーカイブが完了するまでしばらく待ちましょう。


アーカイブが完了しました。次は、このデータをOutlook用のpstファイルにエクスポートします。

メールデータをOutlook用PSTファイルにエクスポートする

画面左のメニューより、「Eメールのエクスポート」を選択し、右側のEメールファイルから「Microsoft Outlook PSTファイル」をクリックしてください。エクスポートするメールフォルダ(受信フォルダ,送信済みフォルダ等)を選択する画面が表示されます。基本的に全てのフォルダをエクスポートすると思うので、出来るだけ上の階層のフォルダを選んでください。分からない人は「すべてのフォルダ」を選択して「次へ」を押します。

次に、PSTファイルをエクスポートする場所を指定する画面が表示されます。「Eメールを新規または既存のPSTファイルにエクスポート」のチェックボックスをクリックし、エクスポートする場所を指定します。場所は「C:\ユーザー\ユーザー名\ドキュメント\Outlook ファイル\ 」にします。ファイル名はお好きな名前で結構です。最後に「保存」ボタンを押します。


アーカイブの時と同様に「実行」ボタンを押すと、エクスポートがスタートします。こちらもアーカイブと同じぐらの時間がかかります。終わるまでしばらく待ちましょう。


書き出したPSTファイルを確認して、Outlookのアイコンになっていれば正常にエクスポートが完了しています。Outlookのアイコンになっていない時は、拡張子「.pst」をご自分で追加してあげてください。拡張子を追加すれば正常なファイル形式として認識されます。

OutlookにPSTファイルを紐付ける(設定する)


最後に、今エクスポートしたPSTファイルをOutlookに設定します。Outlookを起動し、「次へ」ボタンを押します。


「はい」を選択し、「次へ」ボタンを押します。


「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」ボタンを押します。


「POPまたはIMAP」を選択し、「次へ」ボタンを押します。


メール設定画面にて、左側の設定情報を入力した後、画面右側の「既存のOutlookデータファイル」を選択し、参照ボタンをクリックします。


ここで、先程「MailStore Home」でエクスポートしたPSTファイルを選択し、「次へ」ボタンを押します。メールの送受信をテストする画面に変わります。問題がなければアカウントの設定が完了となります。もし、ここで送受信に不具合が起きた場合は、入力した設定情報が間違っているか、詳細設定の設定情報が間違っているので、もう一度確認してください。


Windows Live Mailで使っていたフォルダ構成で受信メールや送信メールが復元出来ました。多少、受信フォルダの構成が変わっている場合があるので、目的のフォルダをドラッグ・アンド・ドロップして、以前のフォルダ構成と同じになるように調整してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?メールの量が少なければ移行も簡単ですが、数万・数十万通となるとバックアップやアーカイブ、エクスポートする時間だけで、3時間以上かかることもあります。また、メールの量が多くなると、PSTファイル自体が不具合を起こす可能性も高くなるので、普段から必要のないメールは削除するように心がけましょう。

自力でやるのは難しいという方は、下記連絡先までご連絡ください。迅速・丁寧に対応させていただきます。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加