デスクトップが勝手に初期化…破損したユーザプロファイルを修復する

Windowsを起動したら、デスクトップ画面やお気に入りが初期化されてしまったというトラブルが何件か起こっています。

今までインストールしてきたソフトは無事起動できる状態ですが、ブラウザのお気に入りや、スタートアップさせていたソフトが起動しなくなっているようです。

原因としては、ユーザー情報を管理している「ユーザープロファイル」に何らかの障害が起こっていると思われます。今回はユーザープロファイルの修復について説明しようと思います。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

ユーザープロファイルとは?

ユーザープロファイルとは、コンピュータを自分の思いどおりに表示・動作させるための設定の集合ファイルみたいなものです。

ユーザープロファイルには、デスクトップの背景、スクリーンセーバー、ポインタ、サウンド、およびその他の機能の設定が含まれています。ユーザープロファイルを使用することで、Windowsにログオンすると常に個人用の設定が確実に使用されます。

例えば、1台のパソコンを複数人で使う場合、各自の設定をそれぞれのユーザーファイルが保存しています。そのため、自分のユーザー名でログインすることで、あなたがいつも使っている画面が表示されるのです。

しかし、このユーザープロファイルが何らかの原因で破損してしまうと先程の様な症状が現れます。

破損したユーザープロファイルを修復する3つの方法

1、ユーザーアカウントプロファイルを修正する

こちらの方法は「レジストリファイル」というモノを編集するので、万が一の場合、パソコンに深刻な問題が生じてしまう可能性があります。ですので、あまりオススメできません。

それでもチャレンジしたいという方は、下記サイトの「方法1: ユーザーアカウント プロファイルを修正する」をクリックしてください。やり方を解説しています。

“ユーザープロファイルサービスによるログオンの処理に失敗しました”エラーメッセージが表示される時の対処法

ユーザーアカウントプロファイルを修正する

2、データを新しいアカウントにコピーする

3つの中でこの方法が一番確実で簡単だと思います。それでは詳しく解説していきます。

デスクトップが初期化されデータが消えてしまった!と思われたかもしれませんが、データはパソコンの中にあります。ではなぜ初期化されているかというと、今現在、ログインしているユーザーは「Windowsが一時的に作った仮のログインユーザー」だからです。よくあるパターンとして、再起動すると元の正しいユーザーデータに戻ることがあります。再起動しても戻らない場合は下記方法をお試しください。

一時プロファイルでログオンしています

■■作業のおおまかな手順■■

  1. 新しいアカウントを作成する
  2. 元々使っていたアカウントのデータをコピー
  3. 新しく作ったアカウントにデータを移行

①新しいアカウントを作成する

まず、パソコンに新しいユーザーアカウントを作成します。
新しいアカウントを作成する
「スタートボタン」「コントロールパネル」

新しいアカウントを作成する
「ユーザーアカウントの追加または削除」(※右上の表示方法は「カテゴリ」を選択)

新しいアカウントを作成する
「新しいアカウントの作成」をクリック

新しいアカウントを作成する
まず、新しいアカウント名を入力します。次に、下の項目から「管理者」を選択し「アカウントの作成」をクリックします。

新しいアカウントを作成する
新しいユーザーアカウントが作成されました。

新しいアカウントを作成する
デスクトップに戻り、「スタートボタン」から「シャットダウン」メニューを開き、「ユーザーの切り替え」を選択します。

新しいアカウントを作成する
画面が切り替わるので、新しいアカウントのアイコンをクリックします。

新しいアカウントを作成する
新規ユーザーアカウントでログインできました。作ったばかりのアカウントなので、デスクトップには何もありません。ここに、元々使っていたユーザープロファイルのデータを移動することで、今までと同じ環境でパソコンが使えるようになります。

②元々使っていたユーザーアカウントのデータをコピー

元々使っていたユーザープロファイルのデータをコピー
「マイコンピューター(PC)」「Cドライブ(Windows:C)」「ユーザー」の中にいくつかユーザーフォルダがあります。その中から、以前自分が使っていたユーザー名のフォルダを見つけてください。その中に今まで使っていたユーザープロファイルのデータが格納されています。ファイルの更新日なども参考にしてください。

「Temp」という名前は「一時プロファイル」のユーザーなので無視してください。

元々使っていたユーザープロファイルのデータをコピー
ユーザーフォルダをダブルクリックすると、このような表示が出ます。「続行」で開いてください。

元々使っていたユーザープロファイルのデータをコピー
こちらが、元々使っていたユーザーのデータファイルです。

元々使っていたユーザープロファイルのデータをコピー
次に、キーボードの「Alt」ボタンを押します。すると、フォルダの上部にメニューが表示されます。そこから「ツール」「フォルダオプション」と選択してください。

元々使っていたユーザープロファイルのデータをコピー
【表示タブ】を選択し、項目の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れます。さらに、項目の一番下にある「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」チェックを外します。


すると、今まで表示されなかったフォルダーやファイルが表示されます。この中から、フォルダーだけを選択してコピーしてください。※フォルダーの下に表示されているファイルはコピーないでください。外付けHDDなどにコピーしておけば、バックアップにもなります。

③新しいアカウントにコピーしたユーザーデータを移行

新しいアカウントにコピーしたユーザーデータを移行
先程のユーザーフォルダに戻り、今度は新しく作成したアカウントのフォルダを開きます。

新しいアカウントにコピーしたユーザーデータを移行
フォルダー内の何も無い空白の部分で右クリックし、メニューから「貼り付け」を実行してください。


すると、以前使っていたデスクトップ画面が表示されます。デスクトップだけでなく、ブラウザのお気に入りや、その他設定やファイルなど、以前使っていたパソコンの環境がそのままの状態で復元されます。

3、エラーの「SID」を削除して、新しいプロファイルを作成する

こちらのエラーは、グループポリシーで”一時プロファイルでログオンできないようにする”が構成されている場合に発生することがあるようです。【方法1】同様にレジストリファイルを編集するので、必ずレジストリをバックアップしてから行ってください。

下記サイトの「方法3:エラーのSIDを削除して、新しいプロファイルを作成する」をクリックしてください。やり方を解説しています。

エラーの「SID」を削除して、新しいプロファイルを作成する

“ユーザープロファイルサービスによるログオンの処理に失敗しました”エラーメッセージが表示される時の対処法

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. とのもり より:

    はじめまして、こんにちは!Windows7を使用しているのですが、ある日PCを起動した際、「C:\Windows\system32\config\systemprofile\Desktop は利用できない場所を参照しています」と表示されて、ゴミ箱以外のデスクトップアイコンやスタートアップの設定が消えてしまいました。ネットで同じ症状の方の質問を検索してみると「再起動してみる」「システムの復元を行う」「レジストリエディタで該当箇所を修正する」という答えをいただいているものが多かったのですが、私の場合は効果が無く困っていました。以前も同じ症状になったときは再インストールをしたのですが、現在は修正プログラムが膨大になっていたこともあり、本当に助かりました。ありがとうございました!

    • togeo.net より:

      とのもり様
      コメントありがとうございます。お役に立てて良かったです。今後ともよろしくお願いいたします。