「RAID」と「バックアップ」の組み合わせて大切なデータを守る!!

本日はRAIDとバックアップのについてお話します。

どうしてこんな記事を書くかといえば、「RAID」を「バックアップ」と勘違いされている方が結構いらっしゃるからです。それに「RAID」って「RAID0」とか「RAID1」など色々種類があって解りづらいですよね。そのあたりの事についてサクッと解説してみます。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

そもそも「RAID」とは何か?

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、レイド)は、複数台のハードディスクを組み合わせることで、仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術」とウィキペディアには書いてあります。要するにハードディスクの耐障害性を高める為の技術です。

なぜ「RAID」の技術が必要なのか?

RAIDはそもそもサーバ用に開発された技術です。サーバは24時間365日稼動し続けなければなりません。なぜか?

例えば、銀行のシステムサーバが止まってしまったどうでしょう?ATMなど全ての銀行業務がストップし、お金のやり取りが出来なくなってしまいます。これは社会にあたえるインパクトはとてもデカいです。数年前、みずほ銀行のシステム障害が起こった時も大きなニュースになりました。

もちろん、サーバというのは複数台で稼働しているものなので、予備のシステムサーバもありますが、基本的にサーバは止まることが許されません。1度スタートしたら動き続けなければなりません。そのために開発された技術が「RAID」というわけです。

「RAID」の特徴

「RAID」は複数のHDDにデータを分散して保存する仕組みです。なので、1台HDDが故障したとしてもデータは保存されています。一般的に、「RAID」は最新のデータを残しておくのに適していると言われています。更に、1〜2台の故障が起こっても別のハードディスクは動き続けてくれるので、ハードディスク全体として止まる可能性が非常に低くなります。

ただし、操作を間違ってデータを削除したときの復旧は「RAID」では不可能です。間違って消したファイルは、ミラーリング先でも同じように消えているからです。そのような場合はバックアップの方が有効です。

「バックアップ」の特徴

バックアップというのは、稼働中のシステム(HDD)のデータを別のハードディスク等にコピーして保存することです。全く別の機器に保存するため、データを安全に保管できますし、持ち運びも可能になります。

ただ、バックアップをとった時点までのデータしか保存出来ないという欠点もあります。たとえば、毎日深夜1時に自動バックアップが走るようにしておくとします。翌日の午後5時にシステム障害が起こりデータが消えてしまったとすると、深夜1時〜午後5時までのデータは消えてしまうということです。

「RAID」と「バックアップ」でデータを守る!!

上記で解説した通り、「RAID」と「バックアップ」はそれぞれに長所があり、お互いの短所を補う機能があります。「RAID」と「バックアップ」、2つの機能を上手く組合わせることにより、より強固なデータ管理システムを構築することが可能です。

とげおネットではそのような「データ管理の仕組みを構築するサービス」も行っております。お気軽にご相談ください。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加