【Windows10 Update】2018年4月の大型アップデートは延期?いつ配信されるの?正式名称は?

【Windows10 Update】2018年4月の大型アップデートは延期?いつ配信されるの?正式名称は?
パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

2018年4月に配信予定の次期Windows10大型アップデートが、4月24日現在でまだ配信されていません。IT関連のニュースサイトによると、更新プログラムにパソコンをクラッシュさせてしまう重大な欠陥(バグ)が見つかったため、リリースが遅れているとのことです。そこで、今回は「Windows10春の大型アップデート」に関する最新の情報についてまとめてました。

【こちらの記事もチェック!!】

【注意!!】2018年4月Windows10大型アップデート|不具合を回避するためにやるべき事
【ビジネスマン必読!!】Windows10のアップデート後に起こるパソコンの不具合を防ぐために、更新する前に絶対にやっておかなければならない事がいくつかあります。これをやらずにアップデートしてしまうと、トラブル後に対応できなくなり、最悪の場合はデータ消失なんてことになります。必ず確認してください。

延期理由:ブルースクリーンになる欠陥が発見される!!

ブルースクリーン(Blue Screen of Death, BSoD

Microsoftには「Windows Insider Program」というサービスがあり、こちらに参加することで、Windowsの最新プログラムがすぐに使えるようになります。このWindows Insider Programユーザーに向け「Build 17133」という、ほぼ完成したであろう、最終段階のWindows10次期大型アップデートの更新プログラムを配信したところ、ブルースクリーンが発生するエラー(Blue Screen of Death)が確認されたため、一旦リリースを中断しました。

現在は、「Build 17133」の修正版である「Build 17134」が配信されています。

いつ配信されるのか?正式リリースのタイミングは?

Windows Insider Programでは、Windows 10 Insider Preview ビルドの更新頻度によって、ユーザーを3つのリングに分けています。

  • Fast Ring:開発されたばかりのプログラムを使える。バグが多いため少数で検証。
  • Slow Ring:「Fast Ring」で修正されたプログラムを検証する。
  • Release Preview Ring:製品版とほぼ同じレベルの更新プログラムを検証する。

リング名プログラムの危険度参加するユーザー数
Fast Ring高い少ない
Slow Ringやや高いやや少ない
Release Preview Ring低い多い

※上のリングで配信されるプログラムほど、未完成で不具合が多い。

Windows開発チームによると最終段階でリリース間近!!

Windows Insider Programの窓口を担当する開発チームのDona Sarkarさんは自身のTwitterやWindows公式Blogsで、最新ビルド「Build 17134」を最終段階の「Release Preview Ring」でリリースしたと発表しています。つまり、このまま大きなの不具合が起こらなければ、このビルドを「Build 1804(次期大型アップデートの正式版ビルド)」としてリリースすることになります。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 17134 for Fast
UPDATE 4/20: We have released Windows 10 Insider Preview Build 17134 (RS4) to Windows Insiders in the Slow ring and Release Preview ring. Hello Windows Insiders...

配信日はゴールデンウィーク前後

現状、明日にも配信がスタートでもおかしくない状態ではありますが、おそらくリリース日は「ゴールデンウィーク前後」が有力と見られます。幸いにもゴールデンウィーク中であれば、パソコンの電源は切れているので勝手にアップデートされることもありません。普段、パソコンの電源を入れっぱなしの方は、電源を切ってゴールデンウィーク休暇をお過ごしください。

Spring Creators Update? April 2018 Update?

これまで、次期大型アップデートの名称は「Windows10 Spring Creators Update」というのが有力でした。ところが、Microsoftが公開した動画の中で、同アップデートの名称を「Windows10 April 2018 Update」と言っているという報告がTwitterで拡散され注目を集めています。

また、現在「Windows Insider Program」参加者向けに公開されている最新ビルド「Build 17134」のEdgeではウェルカムページにしっかりと「April Update」と書かれています。

ただ、名称は「Windows10 Spring Creators Update」でも「Windows10 April 2018 Update」でも構わないので、パソコンの不具合を最小限に抑えるアップデートプログラムの完成を願うばかりです。

Windows10大型アップデートによる不具合を防ぐには?

ゴールデンウィーク前後に配信されるであろう、2018年春の次期大型アップデートに備えて、今から各種設定をしておきましょう。こちらのページに全てまとめてありますので上から順に設定していってください。
https://togeonet.co.jp/post-12229

Windows10アップデート関連のお困りごとや、パソコンの不具合、インターネットトラブルは株式会社とげおネットにお任せください。迅速・丁寧に対応いたします。

コメント