タスクバーにピン留めをする方法

よく使うアプリやファイルなどをすぐに呼び出せるように、下のバーにアイコンを常に表示させておくことを「タスクバーにピン留めをする」といいます。タスクバーとはデスクトップ画面を表示させた時に下の方にアイコン(小さなマーク)が表示されている箇所です。ここによく使うアイコンを表示させておくとワンクリックで目的のページまでいくことができ、とても便利です。
このアイコンを起動と同時にいつも表示させておくことを「ピン留めをする」と言います。今回はWindow10で下のタスクバーにピン留めする方法をご紹介します。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

ピン留めをする方法

①アプリの一覧からピン留めをする

この方法が一番簡単だと思われますので初めにご紹介します。
Windowsマークをクリックしたときに表示されるWindowsメニューのアプリ一覧に入っていればこちらの方法でピン留めすることができます。

まずWindowsマークをクリックして、アプリ一覧を表示させてください。
目的のアプリを右クリックをし、「スタートにピン留め」という箇所を選択します。
タスクバーのところにアイコンが表示されていることを確認してください。

右クリックをした時に「スタートにピン留め」という表示がないことが稀にあります。
そんな時は異なる方法でピン留めする必要があるので、以下のように進んでください。

①-2「ピン留めする」が見当たらない時

a.まず実行ファイルのある場所を調べる
b.次に実行ファイルからショートカットアイコンを作成する。
c.作成したショートカットアイコンを右クリックしスタート画面にピン留めをする。

このような手順でピン留めへとたどり着きます。詳細を下に記していきます。

a.実行ファイルのある場所を調べる

アプリが起動したり動いているということは、右クリックメニューで「ピン留め」が見つからなくても、実行ファイルが存在していることがわかります。「実行ファイル」からピン留めできる可能性を探っていき、ピン留め作業へと入っていきます。

だいたい実行ファイルがある場所は決まっています。

A.インストールなしでダウンロードをするだけで使えるアプリはダウンロードフォルダに入っています。

B.インストールして使うタイプのアプリは

「C:\Program Files」「C:\Program Files (x86)」

の中に実行ファイルがあります。

実行ファイルは主にexeファイルです。

b.実行ファイルからショートカットアイコンを作成する

実行ファイルが見つかれば、一度右クリックをしてみます。この段階で「スタートにピン留め」があれば、それで作成されますが、まだ「スタートにピン留め」がなければ次の「ショートカットアイコンを作成する」という工程に進みます。

ショートカットアイコンの作成
実行ファイルを右クリックし、「ショートカットアイコンを作成」を選択し、ショートカットアイコンを作ります。

c.ショートカットアイコンを右クリックしスタート画面にピン留めする

ショートカットアイコンが作成できれば、ショートカットアイコンを右クリックをして、「スタートにピン留め」を選びピン留めを作ってください。

 

※スタートメニューからピン留めできないアプリがあるのはなぜ?
ショートカットをクリックするとリンク先に飛んでいきますが、リンク先の設定がピン留めで開かない場合、ピン留めの作業ができなくなっています。

②スタートメニューのフォルダにダイレクトに移動する

スタートメニューのフォルダの中にはピン留めされている情報が入っています。
そのフォルダの中に希望のアプリを入れてしまえば、ピン留めが完了します。

以下の場所は隠しファイルを表示する設定に修正しないと表示がされません。設定の仕方は以下です。
隠しファイルの表示方法
エクスプローラを開き上の方の「表示」をクリックし、右にある「オプション」を選択します。
フォルダーオプションのウィンドウが表示されるので、「表示」タブをクリックします。
「詳細設定」の中の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を適用しOKをクリックしてください。

ピン留めアプリ一覧がある場所は以下です。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\

 

この場所を開いて、希望のショートカットをドラッグアンドドロップしてください。

タスクバーにピン留め、まとめ

いかがでしょうか。ピン留めという表現はWindows8以降使われるようになりましたが、ワンクリックという手軽さと見やすさはとても便利になりますね。
似たようなアイコン表示に「クイックLaunch」もあります。タスクバーに表示させることで1回クリックをすると開くようになります。気になる人はこちらも参照してみてください。

Windows10でのクイック起動「クイックlaunch」の設定方法
忙しくPCで作業をする人にとってソフトなどを「すぐに起動できる」ということは作業の時間を短縮させ、オフィスでも必要とされることかと思います。クイックlaunchはあまり知られていないかもしれませんが、便利で目的の作業をしやすいので、ぜひ取り入れてみてください。

コメント